格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

mineoの回線を即日開通する方法と手順、注意点について

mineoで即日開通する方法

mineoの即日開通の方法は次の2種類があります。

  • MNPを使うことを前提とする即日開通
    他のMVNOやキャリアの携帯電話の契約を電話番号そのままにmineoの回線契約に移行させるMNP転入を前提とした即日開通の方法です。電話番号を変えたくないという方は必然的にこちらを選択する必要があります。こちらの方法ではmineoの申込み手続きをする前の契約先にてMNP転出手続きを行い、MNP予約番号をもらっておかなければなりません。さらに、mineoの申込み時点でMNP予約番号の有効期限が10日以上残っている必要もあるので、移行手続きを行うタイミングを見計らって予約番号の発行手続きを行いましょう。

    • 回線を合わせる必要はない
      mineoにはau系の回線を使うサービスとドコモ系の回線を使うサービスの2つがあります。移行元の契約先の回線とmineoの回線を合わせる必要がないのが特徴です。たとえば、移行元ではドコモ回線のMVNO、もしくはドコモのキャリア契約を行っていたという場合でもmineoのau回線プラン(Aプラン)を選択しMNP転入をするこができます。もちろん、ドコモ系の回線を使うサービスであるDプランを選択してもかまいません。
  • 新規契約を前提とした即日開通

新しく格安スマホ・格安SIMを使ってみようという人向けにはこちらです。

mineo(Aプラン)で即日開通する方法と手順について

  • MNPを利用する方法
    1. 現在の契約先(mineoへの移行元)にてMNP予約番号発行手続きを行う
      mineoのMNP転入手続きには有効期限が10日以上残っているMNP予約番号が必要となります。MNP予約番号の有効期限は発行してから15日間ですので、実質発行日から5日以内にmineoの転入手続きをする必要があります。
    2. mineoの公式サイトからMNPを利用して回線を申込む
      必ず「MNPする」を選択してください。MNP転入に必要な情報「MNP予約番号」「MNPを希望する携帯電話番号」「MNP予約番号の有効期限」の3つが求められます。ここでは入力間違いをしないように気をつけましょう。
    3. SIM到着を待つ

手順2を終えるとSIMカード配送待ちとなります。SIMカード到着まで数日かかりますので待ちましょう。

  1. (SIMカード到着後)mineoマイページにアクセス

eoIDとeoIDパスワードを求められます。忘れてしまった方はmineo契約内容通知書に記載されていますのでそちらを参照してログインをしましょう。

  1. 「登録情報の変更・サポート」から「MNP転入切替」を選択
    画面右下に「MNP転入切替/回線切替手続き」というメニューがあるのでこれを選択してください。
  2. ICCID/製造番号の下4桁を入力

ICCID/製造番号はSIMカードの台紙に記載されています。そちらを参照し、下4桁を入力しましょう。「回線切替」をクリックすることで切替が開始されます。

  • mineoショップでの即日開通(新規契約)

mineo大阪・mineoショップ名古屋その他mineo販売店では店頭で即日開通が可能です。

  • 必要なもの
    • 契約者名義のクレジットカード
    • 本人確認書類
    • 受信可能なメールアドレス
    • 契約者名義の回線で発行したMNP予約番号(MNP利用の際)
    • eoID・eoIDパスワード(所有している場合)
  • 来店する際に行っておくと良いこと
    来店予約をしておくと優先的に店頭での案内を受けることができる手続きです。2週間先まで予約できるようですので店頭へ行くタイミングが明確な場合には利用しておくと良いでしょう。
  • 注意点:店頭で当日端末受取り受付は19:00まで
    手続き終了までの時間を考慮するともっと早くに受付開始するのが望ましいです。あまりぎりぎりに受付を行うと終了時間がかなり遅くなることや、最悪当日受け渡しができない可能性も見えてきます。各店舗により営業時間が異なりますので、公式サイトで確認の上できるだけ早めに受付ができるようにしましょう。

mineo(Dプラン)で即日開通する方法と手順について

以前はAプランとDプランでは開通方法が異なっていましたが、2016年9月現在、異なるプランであっても手続き方法はどちらも同じです。Aプランと同様の手続きを行ってください。

即日開通のポイント

従来のMNPによるSIMカードの切替えは回線の不通期間があるのが当然の話でした。普通期間は1~3日程度でしたが、携帯電話やスマホによる電話やメール、アプリによる連絡が全く取れなくなるため、それが原因でMVNOの契約を躊躇する方も多かったと思われます。しかし、mineoも含めて即日開通のシステムを採用するMVNOが増えたことにより回線の不通期間が最小になり、より気軽に格安SIMへの移行がしやすくなったと言えるでしょう。即日開通のメリットをまとめると次のようになります。

  • 回線の不通期間が短くなり(30分~1時間程度)ので気軽にMNPしやすい

従来の一般的なMNP手続きでは数日間、回線の不通期間がありました。

  • すべてオンラインの申込みで完結できるので手軽

mineo側ではすべてオンラインの手続きで完結できます。

  • au系携帯電話サービスを利用していた方も安心
    mineoではau回線のAプランにMNPすることで、カバーエリアや品質など従来の契約先と同じような使い勝手で移行可能です。もちろん、今までドコモ系のMVNOやドコモのキャリア契約をしていた方はDプランを選択すればカバーエリアと品質はそのままでサービスが受けられます。ただし、データ通信速度の実測値については契約先により速度が異なりますので注意が必要です。

即日開通の注意点

  • (MNPの場合)MNP予約番号の有効期限がmineo申込み時点で10日以上残っていること

MNPを利用する方はこの点に注意しておきましょう。もし、有効期限が10日を下回ってしまった場合には一度MNP予約をキャンセルしてから再度MNP番号を取得しなおしましょう。こうすることで有効期限をリセットすることが可能です。

  • (MNPの場合)MNP利用対象となる電話番号の契約者名義とmineoの名義は同一でないといけない
    MNP転出元の契約者とMNP転入先(本記事ではmineo)の名義が同一でなければいけません。これはMNPを利用する際の鉄則とも言えることなので例外はありません。
  • (MNPの場合)mineoの回線を有効にすると以前のSIMカードは使えなくなる

mineoへのMNP転入を完了させると同時にMNP転出元のSIMカードが利用できなくなります。MNPでは転出元と転入先のSIMカードを共存させることはできませんので注意が必要です。具体的な注意点を下記に挙げておきます。

  • 契約先提供のメールアカウント

MVNOによってはSIMカード回線経由でのみメールのアクセスを許可しているタイプも存在します。mineoに転入することによりメールアクセスができなくなる可能性もありますので、転入前にメール関連の移行を済ませておくと良いでしょう。

  • 転出元のデータ容量などは移行できない
    当然ですが、転出元の契約内容はmineoの契約に引き継ぐことはできません。引き継げるものは電話番号のみとなります。データ容量に関してもそうですのでMNP転入を完了させてしまうと転出元のデータ容量がいくら残っていたとしても利用・引き継ぎもできなくなります。MNP転入を完了させる前にデータ量をできるだけ消費しておいた方がお得です。
  • (MNPの場合)新しい端末にする際にはアプリ引き継ぎなどにも注意

おサイフケータイ、LINE、Skype、Twitter、ゲームアプリや認証アプリなど引き継ぎが必要なアプリについて引き継ぎ準備を整えておくことが重要です。アプリによって引き継ぎの方法や条件が異なりますので、アプリ毎に公式サイトを確認し手続きを進めておく必要があります。

  • MNP転入切替をしてから30分~1時間程度回線不通期間がある

即日開通でも回線の不通期間は存在します。手続きを行ってからドコモプランの場合は1時間、auプランの場合は30分程度で回線が切り替わります。切り替わるまでは以前のSIMカードが有効ですが、いつ切り替わるか確実に分からないので基本的には回線の不通期間として認識しておくべきでしょう。また、サポート店で手続きを行う際には来店予定時間の1時間前には手続きを行っておきましょう。

  • WEB閲覧のできる個人用のPCで手続きを行うことを推奨

これはmineo公式もPCで手続きを行うことを推奨しています。

  • 申込みからSIMカードが届くまでの間、mineoの回線は使えない
    “即日開通”イコール“mineo申込み当日から使える”ということではないことに注意です。特にオンライン申込みでは申込みからSIMカードが自宅に配送されるまでタイムラグがあります。

途中でやり方は分からなくなった時は

mineoの公式サイトにアクセスすると画面右下にチャットツールが表示されます。こちらでオンラインの問い合わせが可能です。また、公式サイトのサポートから「よくあるご質問」を確認することでメジャーな質問内容であれば解決することができます。もし、これらの方法でも解決しない場合には電話サポートを利用しましょう。