格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

mineoのフリータンク機能の申し込み方法や利用方法、注意点について

mineoユーザー全員で共有??フリータンクとは?

  • 最大1GB分の容量が引き出せる
  • 利用料金は無料
  • 引き出しが行えるのは毎月21日から月末まで

こういった特徴があります。容量が引き出せるとは言っても、mineoユーザーがパケット寄付をしなければ始まらないシステムですので、余裕があるときには積極的に寄付をしていくことも重要です。

フリータンクの申し込み方法について

特別な申し込みは必要ありませんが、利用条件を挙げるならば次のようになっています。

  • mineoの格安SIMを利用している
  • マイネ王のアカウントを所有している(もしくは新規作成しても良いと考えている)
  • マイネ王のアカウントとeoIDを連携している

フリータンクの利用手順

  1. (マイネ王のアカウントがない場合)マイネ王のアカウントを登録
  2. マイネ王サイトにログイン
    手順1~2を経ている場合にはすでにログイン状態になっているため手順3はパスできます。ログインは定期的に自動ログアウトされるので、マイネ王サイトにアクセスしてみて画面右上の「ログイン」ボタンが見えている場合にはログアウトされていますのでマイネ王アカウントでログインを行ってください。
  3. (eoID連携を行っていない場合)マイネ王アカウントにeoIDを連携

画面右上からeoID連携というボタンがありますので、そちらをクリックします。そうするとeoID・eoIDパスワードを入力するフォームがありますのでそちらを入力し連携を行います。さらにフリータンクを扱う電話番号を選択する必要があるので、そちらを決定します。mineoのSIMカードを複数所有している方は慎重に選択を行ってください。

  1. 画面上部の「フリータンク」ボタンをクリック
  2. 「OUT」をクリック
  3. パケットを引き出す容量入力(MB)とコメントを残します
    コメント入力は必須となっています。他のmineoユーザーが善意で預け入れをしている容量をもらう形になりますので感謝の気持ちを入力しておくと良いでしょう。
  4. 引き出しした容量は手続きをした翌日中に反映されます
  • フリータンクにパケットを預けたい場合

上記手順5を「IN」をクリックして預け入れたい容量を入力するだけです。パケットを預ける場合、コメント入力は任意です。

どれくらいのパケットが利用できるのか?

引き出せる最大容量は1GBです。これはmineoのデータSIMですと800円分相当の金額です。また、1GB分のパケットチャージをした時の1620円分に相当します。こうして考えるとかなりお得に使えるサービスであることが分かります。

フリータンク機能の注意事項について

  • 必ずしも容量を引き出せるという保証はない

フリータンクから引き出せる容量というのは、同じmineoユーザーの有志がパケットの有効期限が切れてしまう前にフリータンクに預けておいたものの合計量です。このようにフリータンクに預けていくのも引き出すのもすべてmineoユーザー同士で行われるので、必ずしもフリータンクに引き出せる容量があるとは限らないのです。このため、あくまで補助として考えておくことが重要です。

  • 容量引き出しは毎月21日から月末まで
    フリータンクへパケットを預ける場合には「預けることが可能なパケット容量は10GBまで」と容量の上限はありますがタイミングの制限はありません。しかし、引き出すタイミングとなると話は別で毎月21日から月末までと決められています。実質10日間程度の限られた期間内でしか引き出せないため、計画的な利用が求められます。もし、1日から20日の間にパケットを使い果たしてしまった場合には他の方法を使う必要があります。代替となる方法は次の通りです。

    • パケットギフト
    • パケットシェア
    • パケットチャージ(有料:162円/100MB)
    • 低速通信の状態で翌月またはフリータンク利用可能な21日まで待つ
  • 引き出し可能な容量は最大1GB、引き出し回数は毎月2回まで

フリータンクから引き出せる容量は1GBですが、1GBの容量以内であれば何回でも引き出せるわけではないことに注意しておきましょう。容量とは関係なく引き出し回数は毎月2回までと決められています。

  • 有効期限が切れそうな容量はフリータンクに預ける
    フリータンクの容量がmineoのユーザー同士で維持されていることは説明した通りです。フリータンクの仕組みをうまく維持するためにも有効期限が切れそうな容量がある場合はタンクに入れておきましょう。フリータンクに入ったパケットは有効期限の制限を受けません。たとえば「後1日で無効になってしまうパケット100MB分」をフリータンクに入れたとします。さらに、1日が経過した場合、フリータンクに入れたパケット100MB分がタンクから消失するかというと残ったままなのです。フリータンクは誰かが引き出しを行った時から有効期限の制限を受けるようになるわけです。
  • フリータンクから引き出したパケットの有効期限は翌月の末日まで

フリータンクから引き出せる期間を考えると最大で1ヶ月と10日程度維持できます。たとえば引き出しを行ったのが21日だとすると、その月の月末までに使い切らないといけないわけではなく、翌月の末日まで維持できます。