格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

mineo プレミアムコースについて解説!料金や評判について

mineoのプレミアムコースとは?

mineoが2017年2月1日から始めた通信速度で悩まないサービス

mineo(マイネオ)が2月1日から募集を開始したプレミアムコースは、一般のユーザーと異なる専用帯域を設けることで通信の混雑を防ぐサービスです。

確かに、mineoは格安SIMの中では悪くない速度を発揮するものの大手キャリアに比べれば見劣りし、お昼時や、17時以降など通信料が増える時に混雑しやすいといういわば「格安SIMの宿命」からは逃れられませんでした。そこで、プレミアム回線はただ周波数帯を別に設けるだけでなく加入できる人数も制限します。

そもそも格安SIMはdocomoやauの回線を使っているMVNOで、かつての大手キャリアのように「通信設備が足りずに混雑する」ことはありません。しかし、借りている回線が少なければ増加するデータ通信量に耐えられません。これが、MVNOが大手キャリア以上に回線が混雑しやすい理由です。もちろん、同じ回線を使っている以上は大手キャリアもMVNOも通信速度のMAXは変わりません。

だからこそ「回線量とユーザーのバランス」という課題は大きく、mineoのプレミアムコースは人数を決めることで回線の混雑を無くそうとする試みです。トライアルの段階でも混雑する時間帯でも問題なく通信でいるという声はネット上でいくつも見ることができました。

もちろん、プレミアムコースはdocomo回線を使うDプランとau回線を使うAプランの両方で加入できます。現在の定員はどちらも50名ずつなので申し込みはお早めに行いましょう。

プレミアムコースの選択肢と基本使用料は?

プレミアムコースの値段は今までの料金に月額800円(税抜)加算されます。また、コースは5GBと10GBの2種類です。

具体的には以下の価格になります。mineoにおけるデュアルタイプは音声通話SIMのことで、シングルタイプはデータ専用SIMのことです。

Aプラン(au回線) [税抜価格]

 

月額通信量

5GB

10GB

月額
基本料金

デュアルタイプ

2990円

3930円

シングルタイプ

2380円

3320円

※AプランはSMS基本料無料で、送信は1通3円かかります。

Dプラン(docomo回線) [税抜価格]

 

月額通信量

5GB

10GB

月額
基本料金

デュアルタイプ

3080円

4020円

シングルタイプ
(SMS付)

2500円

3440円

シングルタイプ

2380円

3320円

なお、通話料に関しては30秒20円と変わりません。

プレミアムコースの申し込みと開始時期

プレミアムコースは2月1日~2月12日に第一回の応募が行われ、2月13日と2月14日に抽選。そして2月15日に当選者が発表されます。

そして、3月1日からプレミアムコースがスタートします。

申し込みのためにはこのような手順を踏んでください。

1.mineoのコミュニティサイトであるマイネ王のアカウントを取得する

2.mineoのeoIDをマイネ王アカウントと連携させる

3.マイネ王内の「プレミアムコースの応募はこちらから」という記事にアクセスするhttps://king.mineo.jp/magazines/special/511

4.この記事のコメントがアンケート形式になっているので「条件に同意して応募する」にチェックし、プレミアムコースへの期待などを一言コメントする。

この4つの手順で申し込みます。なお、公式サイトには注意事項として当選した場合、

「応募コメントの記入時点でマイネ王アカウントに連携している電話番号の回線をプレミアムコースに変更することが可能です。」と書かれていますがシングルタイプには利用番号を使って応募できます。

実は、2016年の7月からトライアルを重ねてきました

このプレミアムコースは2016年の7月から2回の無料トライアルと、2回の有料トライアルが行われてきました。この時の経験やマイネ王会員のコメントなどを参考に改良した結果、現在の正式サービス開始が実現しました。

プレミアムコースの内容は有料トライアルの仕様から変化はありませんがユーザーの需要が大きかった5GBと10GBのみのプランを残すことにしました。

mineoプレミアムコースのメリット

混雑時でも通信速度が速い

プレミアムコースの最大のメリットは混雑しないことです。専用の帯域を使っているため回線の込みやすい8時台、12時台、17時台以降も問題なく使えます。目標実行速度は昼休み、いわゆる12時~13時前後に10Mbpsを実現することです。10Mbpsといえば格安SIMの通常速度くらいなので、かなり高い水準です。

フリータンクやチップも使える

プレミアムコースに変更した後も引き続きフリータンクやチップといった機能が使えます。よって、いざという時はデータ容量を借りられますし、こちらからタンクにデータを移すこともできます。ただし、フリータンクもプレミアム回線専用です。

急な混雑もまず起きない

プレミアムコースは人数を制限しているため急激なユーザー増加がありません。また、これからも抽選で加入者が増えるので回線容量を超えたデータ通信が起きる場合は少ないです。もし、回線容量を超えてしまった場合はプレミアムコースから通常コースに切り替わるだけなので通信が途切れる心配はありません。

一方で、プレミアムコースの回線に余裕があるときは一般利用者もプレミアム回線に切り替わることがあります。

テザリングも困らない

mineoプレミアムコースはテザリングにも対応しています。つまりPCを接続する時も安定した高速通信が可能なので、作業がはかどります。ただ、便利だからと長時間利用するとバッテリー消耗が大きくなる点は気を付けてくださいね。

mineoプレミアムコースのデメリット

800円値段が上がる

プレミアムである以上、基本料金が上がります。800円というとデータ通信量にして3GB分ほどなので高いと見るか安いと見るかは人次第と言えます。よって、mineoの混雑が問題ないという人は無理にプレミアムコースを使う必要はなさそうです。

5GBと10GBしか選べない

また、プレミアムコースは5GBと10GBのコースしか選ぶことができません。これはユーザーからの需要が多いからで、2016年に行ったトライアルの結果からこの方針になりました。よって、500MB、1GB、3GBコースの人はプレミアムコースに切り替えると自動的に5GBコースの値段になります。

人数が限られている

mineoのプレミアムコースは2月の応募でもDプラン、Aプランそれぞれ50名ずつ(計100名)と利用できる人は非常に少ないです。よって、プレミアムコースを希望したからと言ってすぐに切り替えづらいのが現実です。ただし、そのおかげで快適な通信が保たれている点は明らかです。

ちなみに、今回の募集人数が少ないのは有料トライアルに当選したユーザー(最大200名)が継続してプレミアムコースを使っているからであることから3月1日以降のプレミアムコースの利用者は多くて300名ということになります。

プレミアム回線がいっぱいになると一般回線に変わる

もちろん、プレミアム回線がいっぱいになると一般回線に変わるのは通信が途切れないメリットである一方、急に通信が遅くなるデメリットと言えます。

mineoプレミアムコースの評判は?

mineoプレミアムコースは2017年3月1日なのでまだ評判を聞くことはできません。そこで、正式サービスと同じ仕様だった有料トライアルを利用したユーザーの評判を調べてみたいと思います。これはネット上でレビュワーを探すだけでなくマイネ王のコメント欄を見ることもおすすめです。

マイネ王 有料トライアルの感想

https://king.mineo.jp/magazines/special/433?page=2#comments

mineoは混雑していない時の速度(下り)は10~30Mbps出るのですが、混雑した時間帯は1~2Mbpsになっていました。しかし、ユーザーのレビューを見るとプレミアムに切り替えたらデータが途切れなくなったという評判がたくさん見られます。また測定結果でも無料トライアルの時点で6Mbps程度は達成できていますし、より最近のものであれば10~20Mbpsという速度を達成した例も見られました。駅(首都圏)のようにあえて混雑する場所に行っても3Mbps以上は保たれるようです。

ユーザーが限定されているため、混雑している時もそうでない時も同じ速度が保てるのは嬉しいポイントですよね。

ただし、中には混雑時に1Mbps程度に落ち込んだというユーザーもいるので絶対にプレミアム回線が保証されているわけではないのが注意点と言えます。これは通信量が多すぎて通常回線に切り替わったことが原因でプレミアム回線そのものの遅さではありません。

mineoプレミアムコースの速度を実際に計測する

こちらでも、プレミアムコースの速度を調べてみるために有料トライアルに応募していました。3GBコースで11月に計測した通信速度ですが概ねユーザーレビューと同じような速度が出ていました。

速度に変動はありましたが、最も込み合う12時台でも5~10Mbpsは安定して出すことができました。しかもネット応答速度は通常プランのおよそ2倍です。これは画面の切り替わる速度に関わるので、コンマ数秒の差でもサクサク利用できる気分になります。

ちなみに、アップロード速度は大して変わりませんでしたがそもそも動画をこちらからアップロードすることはめったにないので、気にするべきはダウンロード(下り)の速度です。

速度計測ってどうやるの?

よく、速度の計測レビューをネット上で見かけますが速度の計測ってどのようにやっているのでしょうか?

実は速度の計測は「スマホ 速度 計測」と検索するだけでも専用のサイトがいくつも出てきます。そこで、通信速度を計ればアップロード速度(上り)ダウンロード速度(下り)、またPING(応答速度)も出せるものがあります。わざわざブラウザを開くのがめんどくさいという人は、スピード計測のアプリをダウンロードするのも一つの手段です。

スマホの速度計測はウェブでもアプリでも無料で行えますが、Wi-Fi接続にしたらWi-Fi回線のスピードが出てしまうので、必ずWi-Fiがオフになっていることを確認してテストしましょう。

格安SIMはまだ発展途上のため速度に変化が見られます。mineoプレミアムコースも速度が速くなるのか、遅くなるのかをこまめにチェックした方が良いですし場所による変化も無視できません。恐らく、地方ではもう少し遅めになることが予想されます。

mineoプレミアムコースに関する注意点

プレミアムコースの募集は不定期

プレミアムコースの募集は2017年の2月1日から2月12日まで行われていますが、それ以降の募集は未定です。つまり、一度抽選に漏れてしまった場合は次にいつプレミアムコースに応募できるのかが分からない状況です。よって過度な期待はせず、しかしmineoの動向は注意深く見守るようにしてください。

公式サイトを確認すると、年間3~4回の募集を目指しているようですが開始時の定員も200名の予定でした。よって、本当に今回を含め3~4回の募集があるかもわからない状況です。

当選した時は、指定の日付までにプレミアムコースに切り替えなくてはいけない

また、プレミアムコースに当選した人はサービス開始前にプレミアムコースに切り替えないといけません。切り替えは、mineoのマイページにてプラン変更と同様に行います。プレミアムコースへの変更を取りやめる時も同様の操作でキャンセルします。

今回の募集に関しては2月15日に当選結果の発表で2月25日までにマイページから希望するプレミアムコースに切り替えます。