格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

MNPを利用すれば一括0円で最新スマホ格安SIMを導入できる!

キャリアのおトクなMNPを活用して最新端末を一括0円でゲットする!

mnp

日本に携帯電話が登場して20年以上が経過し、モバイル市場はすっかり飽和状態になってしまいました。今後、日本の人口は減少していくことが予想されていますので、回線契約が増加していくとは考えにくい状況です。そのような状況で大手キャリアを含め、限られた既存のユーザーを取り合うという市場環境に陥っています。そのため、新規契約や機種変更よりも「MNPによる転入」に重点をおいて、大規模な施策やキャンペーンを展開することが多くなっています。

今回のテーマである「一括0円」での端末販売などは代表的なものです。街頭のキャリアショップ店頭で目にすることも多いと思います。中には端末を0円で販売した上に、さらに高額のキャッシュバックまで用意されている場合があります。キャリアにとっては苦肉の策ですが、ユーザーにおトクでおいしいキャンペーンです。

キャリアが提供する「実質0円」と「一括0円」はぜんぜん違います!

The number zero as a polished golden object with clipping path

先ほど触れたようにキャリア間をMNPで乗り換えることによって、最新端末を一括0円でゲットできる場合があるのですが、似たような言葉で「実質0円」という言葉があります。言葉自体は似ているのですが、実際は全く異なりますので注意してください。まず、「一括0円」ですが、これは言葉通り”無料(タダ)で”端末がもらえるということ。これらの端末を入手それば、その後は月々の使用料金のみで保有することができます。ところが、「実質0円」の場合は、「端末代金+使用料金-端末代金相当の割引」ということです。「同じじゃないの?」と思った方、全然違うのです。計算しやすくするために月額使用料金を6,500円、端末の分割支払い分を月々2,500円としましょう。すると「一括0円」と「実質0円」は以下のように差が出てくるのです。

【一括0円の場合】

(端末代金0円+使用料金6,500円)-月々割引(2,500円程度)=4,000円(月々の負担金額)

【実質0円の場合】

端末分割月額2,500円-端末割引2,500円+使用料金6,500円=6,500円(月々の負担金額)

つまり、キャリアが長期契約者(2年程度)優遇のために月々割り引く金額が「実質0円」の場合は端末金額の割引に使われ、「一括0円」の場合は純粋に月々の使用料金から割り引かれる仕組みなのです。いざ、他キャリアへ移行しようと現在契約中のキャリアのサポートセンターに電話連絡すると、よく「今なら実質0円で最新端末に機種変更していただくことができます」と引き留められる場合があるのですが、MNPして他キャリアへ乗り換えて「一括0円」で最新端末をゲットする方がかなりおトクです。

大型キャッシュバック付きの「一括0円」なら、その後格安SIMに乗り換えてもOK!

ご紹介したような「一括0円」に15,000円〜50,000円の大型キャッシュバックが付随してくる場合なら、その後さらにMNPして格安SIMを導入しても総額でかなりおトクになります。

例えば現在auやソフトバンクユーザーだとしたら、上記のような「一括0円+大型キャッシュバック」を探してドコモにMNPして最新端末をゲットします。その後一定期間(6ヶ月以上が無難)経過後MNPでMVNOの格安SIMに乗り換えるのです。

まず、最初のドコモにMNPした際にキャッシュバックが20,000円あったとしましょう。最初のドコモにMNPした際にかかる費用はMNP転出手数料2,000円+新規契約手数料3,000円=5,000円。6ヶ月経過後にさらにMNPでMVNOへ乗り換える際にかかる費用は同じくMNP転出手数料2,000円+新規契約手数料3,000円=5,000円に加えて途中解約料が9,500円かかります。格安SIMに行き着くまでに総額で19,500円かかりましたが、キャッシュバックの20,000円で相殺されました。しかも手元には最新端末が。MVNOはmineoのAコース、UQMOBILE以外はドコモ回線を使用するドコモ系MVNOですので、手元のドコモ端末はそのままでMVNOの格安SIMを挿入するだけで使用できます。

もし、現在ドコモ契約のユーザーはauへMNPで転出し、最終的にau系MVNOにMNPすることで同様のやり方が可能です。その後は割安なMVNOで運用すればよいだけです。

au/ソフトバンク→ドコモ→ドコモ系MVNOへのMNPでかかる費用イメージ

○ドコモへのMNPでゲットするキャッシュバック

20,000円

○ドコモへのMNPでかかる費用

MNP転出手数料2,000円

新規契約手数料3,000円

○ドコモ系MVNOへの転出費用

MNP転出手数料2,000円

新規契約手数料3,000円

途中解約違約金9,500円

○費用総額19,500円-キャッシュバック20,000円で相殺

その後のランニングコストでは明らかに格安SIMにメリットが

ドコモでスマホを運用する場合、最も安価なデータSパック(2GB)を契約しても月々6,500円の使用料がかかります。一方MVNOの音声通話付きプランで3GB程度のプランであれば1,600円の月額使用料(楽天モバイル通話SIM3.1GBパック)です。4,900円の料金差は明らかなメリットです。

mnp一括0円

 

⇒TOPページに戻る