格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

MVNOへのMNP(ナンバーポータビリティ)、初期費用はいったいいくら?

格安SIMへの乗り換えに必要な初期費用

大手キャリアでスマホを使い続けていたユーザーが格安SIMに乗り換える場合、料金プランについては十分比較検討するでしょうが、意外と見落としがちなのが料金プラン以外の「乗り換え費用」です。せっかく安い通信料金の格安SIMに乗り換えるのに、想定外の費用がかかってしまっては期待はずれのスタートになってしまいます。今回はMNPを利用して、電話番号そのままで格安SIMに乗り換える際の諸経費について、詳しく解説します。

大手キャリアからMVNOへMNPの際は総額5,000円程度の出費が必要

大きくは転出元の携帯電話会社で「MNP予約番号発行手数料」がかかることと、転出先携帯電話会社で「契約事務手数料」の費用負担が発生します。まずは、MNP予約番号発行手数料についてです。MNPでの乗り換えには、「MNP予約番号」が必要です。この予約番号を転出元の携帯電話会社で発行してもらい、転出先の携帯電話会社で手続きすることで電話番号をもったまま移転することができます。この予約番号を発行してもらうと「MNP予約番号発行手数料」がかかるのです。携帯電話会社によって多少異なりますが、2,000円程度です。手数料は転出元の携帯電話会社の翌月請求で清算されます。

また、新たに契約する携帯電話会社(今回の場合はMVNO)では「契約事務手数料」が必要となります。こちらは3,000円程度が相場です。

合計すると、約5,000円程度が「乗り換え費用」となります。

タイミングによっては解約手数料(違約金)の発生が

日本の携帯電話会社は長期契約を前提とした割引施策を展開してきました。「2年契約」はその代表的なものです。多くのユーザーはこの「2年契約」を利用することで、端末代金等を割り引いてもらっていると思います。2年契約の期間中に解約やMNPで転出してしまうと「契約解除料(違約金)」を請求されてしまいます。勘違いしがちなのが2年が経過するとどうなるかということ。実は自動的に更新される仕組みになっていて、また新たに「2年契約」がスタートしてしまい、期間中に解約やMNP転出を行うと「契約解除料(違約金)」が発生する状態に戻ってしまうのです。

これらの「契約解除料(違約金)」が発生しないのは「更新月」と呼ばれる1ヶ月間のみ。これ以外の期間では1万円程度の費用が必要となります。

MNP手数料

MVNOのおトクなキャンペーンを利用すれば手数料が相殺できる

MNPでの乗り換えの際に注意しておきたい初期費用について詳しく見てきましたが、MVNOでは様々なキャンペーンを展開しているため、これらをうまく利用すれば初期費用分を浮かすことも可能です。

例えば、格安SIMを提供する「楽天モバイル」では契約手続きをした「申し込み初月の使用料金」を無料としています。これは、どのプランを選んでも適用されることになっています。楽天モバイルの最も安価なプランは「データSIM ベーシックプラン」の525円。最も高価なプランが「通話SIM 10GBパック」の2,960円となっています。これらが初月は無料となりますので、先ほどの「MNP予約番号発行手数料」相当額を浮かすことも可能なのです。
その他、セット端末にも力を入れている「楽天モバイル」なら、キャンペーン対象の特定の端末を購入すれば、数千ポイントから1万ポイントの楽天スーパーポイントがプレゼントされます。キャンペーンで付与されるポイント分を考慮すれば、MNPに必要な初期費用全てを相殺することまでできてしまうのです。