格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

一体どのMVNOがいいの?おすすめのプラン選択方法とブランド選び

MVNO(仮想移動体通信事業者)は、MNO(移動体通信事業者、いわゆるキャリア)から通信回線を借りて通信サービスを提供する事業者のことです。総務省が普及に力を入れたことや、通信ネットワークを貸し出すキャリア側のレンタル料金が下がったこと等がきっかけで、現在ではMVNOがさまざまな通信サービスを手がけるようになりました。音声通話や高速通信も可能になったことから、100万回線突破後じわじわとユーザー数が拡大。2014年を経て、この2015年5月からはキャリア(ドコモ・ソフトバンク・au)にSIMロック解除が義務化され、ますます注目される市場となっています。

あまりの盛り上がりに、「そろそろMVNOに乗り換えようか」というユーザーがいったいどのMVNOを選んでいいのか、どのプランを選んだらおトクなのか分からないという事態が起こっています。今回はそんなアナタのために、プラン選びのポイントとタイプ別のおすすめプランをご紹介します。

 

MVNOの格安SIMサービスプランを選ぶ際のポイント

現在のMVNO市場は活況で新規参入業者が後を絶たず、家電量販店のような異業種の参入も増加しています。また、各社特色を出した料金プランをはじめ、ポイントサービスやキャンペーンで差別化に必死です。一方で、ユーザー目線で見ればMVNOが多すぎて、サービスプランが多すぎてどれを選んでいいのか分からない状態です。そんなユーザーにプラン選びのポイントをご紹介します。

 

ポイント①ドコモ回線がいいか、au回線がいいか

現在のMVNOは回線を借りているキャリア別にドコモ系MVNOとau系MVNOに分かれます。エリアの広さと安心感があるドコモ回線か、通信品質に定評のあるau回線かでユーザーの選択は分かれるところです。MVNOに移行した後に手元にあるキャリアスマホを使おうと考えている方は要注意で、たとえSIMロック解除したドコモスマホでもau回線では互換性がありません。逆も同じでSIMロック解除してSIMフリーにしたau端末もドコモ回線では使うことができないのです。これは通信方式が異なるためで注意が必要です。ソフトバンクの端末をSIMロック解除したものはドコモ回線には互換性がありますが、au回線には互換性がありません。このあたりを理解した上でドコモ系MVNOかau系MVNOか選んでください。au系MVNOは市場では異色の存在で、現在のところ関西電力のグループ会社が提供する「mineo」かKDDIの子会社が運営する「UQ mobile」のどちらかになり、その他のMVNOはドコモ系MVNOになります。

 

ポイント②音声通話が必要か

ここで言う音声通話とは090で始まる携帯電話回線を使った通話のこと。MVNOによっては、音声通話付きプランを取り扱わず、データ通信専用プランのみを提供しているところもあります。MNP(ナンバーポータビリティ)によって、MVNOに乗り換えたい方や携帯電話回線を使った090番号が必要な方は、音声通話付きプランを提供しているMVNOの音声通話付きSIMを選ぶことになります。音声通話付きプランは、データ通信専用プランに比べると割高で別途月額700円程度が必要です。

 

ポイント③必要な通信速度は?

MVNO各社が最安プランとして紹介しているプランの多くは速度制限のあるプランです。メールやSNS程度しかデータ通信を使わないユーザーには200kbps程度の通信速度でも十分ですが、web閲覧や動画視聴などには不向きです。いくら格安とは言え、普段の使用に支障が出るようでは本末転倒ですので、自分の日常の使い方をよく検討して通信速度を選びましょう。

 

テキストメールやSNSのメッセージのやり取りなら200kbps程度の通信速度でもOK

【楽天モバイル/データSIM ベーシックプラン】

月額料金 525円 最大通信速度 200kbps  容量無制限

 

動画の閲覧やファイルのダウンロード等には150Mbpsの高速通信が快適

【楽天モバイル/データSIM 3.1GBパック】

月額料金 900円 最大通信速度 150Mbps  容量3.1GB

 

ポイント④利用するデータ容量を選びましょう

基本プランの多くは月に利用できるデータ量が1GBや2GB等の低容量か3〜5GBの中容量か7GB超の大容量かに分かれています。調査によると一般的な使用方法で必要なデータ容量は3GB程度。迷っているなら、とりあえず3GB程度のプランを選べば無難です。その後の実際の使用状況によりプラン変更を検討すればよいでしょう。日常的な動画視聴や大容量ファイルのアップロード、ダウンロードなどヘビーな使い方が想定されるユーザーは7GB以上の大容量プランを選んでください。先ほどご紹介した楽天モバイルの場合は、webサイトのマイページから手軽にプラン変更や追加データ容量の購入が可能ですが、MVNOによってはプラン変更や追加のデータ容量購入ができない場合もありますので事前に確認しておきましょう。

これらのチェックポイントを検討した上で、よりコスパの高いMVNOを選んでいくわけですが、今回はタイプ別におすすめMVNOのおすすめプランをご紹介します。

 

タイプA とにかく安くスマホを持ちたい!データ通信専用プラン

ガラケーやスマホとは別に2台目のスマホを安く運用したいユーザーなら、月額500円前後で利用できるデータ通信専用プランを検討しましょう。ただし、これらのプランでは090などの携帯電話回線を使った音声通話はできません。通信速度も低速ですので、使用方法はかなり限られます。

 

【ワイヤレスゲート/WiFi+LTE480円プラン】

月額料金 480円 最大通信速度 250kbps 容量無制限

【DTI/ServersMan SIM LTE】

月額料金 504円 最大通信速度 250kbps 容量無制限

【楽天モバイル/データSIM ベーシックプラン】

月額料金 525円 最大通信速度 200kbps 容量無制限

 

タイプBキャリアスマホと同じように使いたい!音声通話付きプラン

これまで使っていたキャリアのスマホと同じように電話やインターネットを利用したいなら、音声通話付きプランを選びます。090から始まる携帯電話番号が使用できるほか、MNP(ナンバーポータビリティ)による移行も可能です。一般的な使い方で必要な3GBの通信容量+音声通話付きプランで1,600円前後が相場となっていますが、金額差は僅差です。ポイントサービスやセット端末などで選ぶとよいでしょう。

 

【DMM mobile/シングルコース通話SIMプラン】

月額料金 1,550円 最大通信速度 225Mbps 容量3GB

【U-mobile/通話プラス】

月額料金 1,580円 最大通信速度 150Mbps 容量3GB

【mineo/デュアルタイプ】

月額料金 1,590円 最大通信速度 150Mbps 容量3GB

【楽天モバイル/通話SIM 3.1GBパック】

月額料金 1,600円 最大通信速度 150Mbps 容量3.1GB

 

タイプCとにかく高速通信を使い倒したい!高速通信無制限プラン

容量無制限で高速通信が使えるプランも続々登場しています。日本通信の「b-mobile高速定額」は150Mbpsの高速通信が使い放題となる画期的なプランです。月末になると速度制限がかかってしまうヘビーユーザーでも利用料金を2,000円程度に抑えることが可能です。

 

【b-mobile/SIM高速定額】

月額料金 1,980円(音声通話付き2,780円) 最大通信速度 150Mbps 容量無制限

【U-mobile/通話プラスLTE使い放題2】

月額料金 2,730円 最大通信速度 150Mbps 容量無制限

参考ページ ⇒とにかく通信量を無制限に使いまくりたい人向けプラン

 

○iphoneを格安SIMで使いたい人向けプラン

SIMフリーiphoneはもちろん、docomo版iphoneなら格安SIMで運用する事ができます。

参考ページ ⇒iphoneを格安SIMで使いたい人向けプラン

 

○ソフトバンク端末が使えるおすすめのMVNOは?

現状ソフトバンク端末はMVNOで使えなくなっています。

ソフトバンクユーザーの方は諦めて中古市場や新品で「docomo端末」もしくは「SIMフリー端末」を購入するか、各種MVNOで「セット販売端末」を購入するのをおすすめします。

参考ページ ⇒ソフトバンクユーザーの悲願?ソフトバンク系MVNOは誕生するか?

 

MVNOで一番速度が早くおすすめな会社

各社MVNOでは公式HP上で通信速度(上り、下り)が発表されています。私もそうだったのですが、○○Mbps と書かれていてもそれが早いのか遅いのかわからないですよね。

当サイト格安スマホ学園では、各社MVNOで通信速度は「どこも同じ」だと結論付けています。 ネット上には、各社MVNOの速度を比較したようなコンテンツがたくさんありますが、「端末や使用する場所、使用する時間帯や建物によって通信速度が大幅に変わる」からです。 ほとんどのMVNOが同じDocomoの通信網を使用していますので、後は「そのMVNOを使用している人があなたがお住まいの地域にたくさん居るか」など数字上ではわからない部分で通信速度が決まって来ます。

なのでどうしても「通信速度がちょっとでも遅いと絶対に嫌だ!」という方は通話SIMを契約したい場合でも「データ通信専用SIM」を契約する事をおすすめします。 楽天モバイルですと、「データSIM」の最低利用期間が0ヶ月ですので、例えば契約してすぐ解約しても「契約時の事務手数料の3240円」+「1ヶ月分の通信量」のみの出費で抑える事ができます。

データSIMが届いたらすぐにご自宅や勤め先でスマホを使用してみて、このくらいの通信速度なら大丈夫だ! と感じれば通話SIMに変更すればいいですし、(別途事務手数料3240円がかかります)もしもこんな通信速度じゃ物足りないと感じるならば、すぐに解約すればOKと言う訳です。

 データ通信専用SIM、通話SIMを選ぶときにおすすめのMVNO

○データ通信専用SIM

データ通信専用SIMも、先ほど書きましたように「どのMVNOも価格帯はほとんど同じ」です。 ですのでデータ通信専用SIMの用途によってMVNOを選び分けると良いでしょう。

テザリングを多様する場合やwifi環境以外で動画を見まくりたい!という人にはDMMモバイルなら月20GBまでのプランがありますのでおすすめです。 10GBまでしかプランがありませんが楽天モバイルは支払い等で楽天モバイルを貯める事ができ、楽天会員なら申し込みがすごくカンタンでスピーディなのでおすすめです。 Au端末を使用したいならmineo、UQモバイルを選ぶと良いでしょう。

○通話SIM

通話SIMを選ぶ時も同じく、料金はMVNO各社ほとんど変わりません。 Docomo回線で選ぶならポイントが貯まって申し込みがカンタン、セット端末が豊富な楽天モバイル、5GB通話SIMが1970円と最安級のDMMモバイルがおすすめです。 au回線で選ぶなら、5GBプランまでしかありませんがmineoがおすすめで、それ以上の通信量を使いたいなら少し割高にはなってしまいますがデータ通信使い放題があるUQモバイルが良いでしょう。(ただし、このUQモバイルのデータ通信無制限プラン1980円は高速通信ではないのでご注意!)

 テザリングを多用したい人におすすめなMVNO

こちらもテザリングの使用頻度によっておすすめMVNOが変わってきます。 少しでも月々の料金を安くしたい人は、まずは自分が月にどのくらい通信量を使っているのかを把握する事が大切です。テザリングを使用するのは週1回2回程度という方は、普段スマホで使っている通信量に+3GBくらい付ければ充分でしょう。 セットで端末を購入する場合や今持っている端末をそのままMVNOで使用しようと考えている場合は、その端末がテザリングに対応しているかどうかの確認を忘れないでください。 SIMフリースマホの場合、多くはテザリング可能となっていますが、docomo端末をそのまま使用する場合、端末自体がテザリング対応していても、MVNOでは原則「テザリングは使用できない」事になっています。 例外や無理矢理テザリングする方法は何点かありますが、公式サイト上で書いてある事ではないですし、何か問題が起きても完全に自己責任となってしまうので全くおすすめできません。

 

テザリングを日常的に行ったり、テザリングする時間が長かったりするならばスマホとは別で「ルーター」を持つ事をおすすめします。 具体的には月に5GB以上テザリングに使用する予定のある人はスマホの充電問題もありますし、面倒ですがもう一一台契約するのはアリかなと思います。

 

10GBで足りるのであれば、楽天モバイルのルーター+データSIMセットがおすすめです。 端末代金の21900円を2年分割にしても、10GBプランが月々約3200円で運用することができます。 こちらのプランには最低利用期間がなく、端末もSIMフリーなので1ヶ月で解約しても解約金がかからないというのが嬉しいポイントです。

月に10GBで足りないという人は、DMMモバイルの20GBプランがありますが、月額が6000円と高額。 U-MOBILEのLTE使い放題プラン2480円というプランが一番良いのではないでしょうか。こちらはルーター付きのプランではないので、SIMフリーのルーターを自前で用意しなければなりません。 ただし使い放題とは言え、短時間、短期間の間に通信量を使いすぎると通信速度制限がかかるため注意してください。