格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

MVNOの格安SIMでLINEを使いたい!設定方法と注意点

格安simでline

日本国内のユーザーが6,000万人弱と爆発的に普及した「LINE」。年齢性別問わず、実に日本人の2人に1人はLINEユーザーという状況です。そんな大人気の無料メッセージ・コミュニケーションアプリ「LINE」はすっかり日常の通信手段として定着してしまいました。

友達や知り合いとのやり取り、仕事での連絡など、もう「LINEなしじゃ生活できない!」なんて人も多いのではないでしょうか?このようにすっかり普及してしまったLINEですが、いざ端末を買い替えたり携帯電話会社を乗り換えたりした場合にどうすればいいのか戸惑ってしまいます。また、MVNOの格安SIMでLINEは使えるのでしょうか?今回はMVNOの格安SIMを使ってLINEを利用する際の設定方法から注意点までを詳しくご紹介します。

「LINE」は無料で使えるメッセージ・コミュニケーションアプリです

「LINE」はチャットのように気軽にメッセージを交換できる無料のコミュニケーションサービスです。特徴的なのはスタンプ機能。メールの絵文字を進化させたようなもので、キャラクターの表情や動作で感情を表現することができるため、若年層ユーザーを中心に爆発的な人気となりました。今となっては年齢・性別問わず、このスタンプ機能を便利に使っています。

また、メッセージの交換だけでなく「通話機能」も付加されています。LINEを利用しているユーザー同士なら、無料で利用することができます。データ通信網を使用しているため、携帯電話網を使用した音声通話に比較すると通話品質が劣りますが、家族同士や友人同士の気軽なコミュニケーションなら問題ありません。

また、LINEはこれらの基本機能に加えて日々進化しています。様々なゲームが楽しめる「LINEゲーム」やLINEユーザー同士でなくても通話可能な「LINE電話」などなど、便利に使える機能が満載です。

MVNOの格安SIM(SMSが必須)でLINEを使おう!

LINEはデータ通信網を利用したサービスですので、基本的にデータ通信ができるスマホであれば使用できます。もちろんMVNOが提供している「格安SIM」でもLINEを使うことができますので、心配いりません。

ただ、プランの選び方には少し注意が必要です。格安SIMには「データ通信専用SIM」と「音声通話付SIM」の2種類がありますが、LINEを使うには「SMS機能」がついているかどうかが問題になります。SMS機能とはショートメッセージサービスのことで、本来は電話番号でメッセージを送り合うことができる機能のこと。LINEを使用する場合、初期設定の際にこの「SMS機能」が必要となるのです。具体的には、LINEの初期設定時にSMSで認識番号が送られてきて、それを入力することでLINEを使うことができるようになるのです。お話を元に戻すと、SMS機能は音声通話付きSIMには標準で搭載されているため気にする必要はないのですが、データ通信専用SIMの場合はオプションとなっている場合がほとんどです。月額150円程度ですが、SMS付きのSIMを選ぶようにしてください。

次にプラン選びについてですが、LINEの利用のみで考えるならどのプランを選んでも問題はありません。LINEのメッセージ機能やスタンプ機能であれば、200kbps程度の低速通信でも問題なく使うことができます。が、LINEの通話機能や画像・動画の送受信を使用するなら、高速データ通信のプランを選んだ方が無難です。これらの機能は通信速度に影響されることが多く、通話機能であれば音声の遅延や切断、画像や動画などの大容量ファイルの送受信では時間がかかったり中断されたりといったことが起きやすくなります。

LINEアカウントの引き継ぎにはメールアドレス・パスワード設定が必要です

lineの引き継ぎ

LINEを初めて使うというユーザーなら、初期設定などはアプリの画面の指示に従ってすすめていくだけです。手順の途中で、先ほど触れたSMS機能を使って認識番号が送られてきますので、その番号を入力すれば使えるようになります。

一方、これまでLINEを使っていたユーザーで、そのアカウントを引き続き使いたいという場合には、格安SIM導入前に少し事前準備が必要です。引き継ぐ前のスマホのLINEで「メールアドレス」と「パスワード」を設定するようにしてください。この簡単な事前準備をするだけでスムーズにアカウントを引き継ぐことができます。後は、新しいスマホでLINEの設定をする際に先ほどのメールアドレスとパスワードを入力することで引き継ぎ完了です。

また、電話番号の変更を伴う場合(MNPをせずに格安SIMに乗り換える場合や音声通話付きSIMからデータ通信専用SIMに変える場合等)は先ほどの「メールアドレス」「パスワード」に加えて、「PINコード」の設定が必要です。これも事前準備の際に設定することができます。