格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

MVNOで「おサイフケータイ」を使う方法!使える端末と使用方法

手元のスマホでSIMカードを差し替えるだけなら問題ありません

MVNO(仮想移動体通信事業者)がセット端末として採用しているスマホの多くは、世界各国で同一のモデルとなっていて、各国の独自のサービスには対応していない場合がほとんどです。このようなグローバルモデルであれば、生産コストが安くなるためユーザーに格安で端末を販売することが可能になっています。その結果、日本の独自のサービスである「おサイフケータイ」などの付加機能を搭載していない端末が多くなっているのです。日常的におサイフケータイを使っているというユーザーはMVNOへの転出にためらってしまうかも知れません。

ただ、今までおサイフケータイを利用していた手元にあるスマホをMVNOでも利用する場合、つまりSIMカードのみを格安SIMに差し替えて使おうと考えている場合は心配する必要はありません。引き続き、そのままおサイフケータイの機能を使うことができます。一方、MVNOに乗り換えるにあたって、端末も新しくしたいと考えているユーザーには注意してほしいことがあります。

 

おサイフケータイが使えるMVNOのセット端末

MVNOのセット端末はほとんどがグローバルモデルのため、おサイフケータイに対応していない端末がほとんどというお話をしましたが、セット端末の中にも対応しているスマホもあります。例えば、楽天モバイルがセット端末として販売している「Xperia J1 Compact」(ソニーモバイル)やmineo(ケイ・オプティコム)の「AQUOS SERIE」(シャープ)などがあげられます。これらの機種はまさに日本仕様のセット端末となっていて、AQUOS SERIEはその他にフルセグ・ワンセグのテレビ視聴も可能なハイエンドモデルとなっています。

 

おサイフケータイも使えるMVNOのセット端末

 

「Xperia J1 Compact」/楽天モバイルほか

SIMフリー初のおサイフケータイ対応&充実のカメラ機能が特徴。

楽天モバイルでの販売価格

一括54,800円 分割2,466円/月×24回

楽天モバイルはキャンペーン中で今ならXperia J1 Compact購入で10,000ポイント(10,000円相当)の楽天スーパーポイントが付与されます。

 

「AQUOS SERIE」/mineo

おサイフケータイの他、ワンセグ/フルセグチューナー、赤外線通信など”全部入り”モデル。

mineoでの販売価格

一括75,600円 分割3,150円/月×24回

 

おサイフケータイ対応の中古端末(白ロム)を入手する方法も

SIMフリー端末やMVNOのセット端末の多くはおサイフケータイに対応していないため、対応端末を入手するにはキャリアの中古端末(白ロム)を購入する方法もあります。白ロムとは、回線契約のない中古端末のこと。白ロムは、リアル店舗やネットショップで購入することができます。また、GEOやTSUTAYA、BOOKOFFといったCDやゲームをレンタル・中古販売しているお店でも置いてあるところが増えてきていますので、身近になっています。これらの入手方法で「おサイフケータイ対応」端末を購入し、MVNOの格安SIMを挿入することで使用できます。購入した白ロムがドコモの端末であればドコモ系MVNOを、auの端末であればau系MVNOを選ぶという部分も注意してください。ソフトバンク系MVNOは現在のところ存在しませんので、おサイフケータイ対応だからといってソフトバンクの白ロムを購入してもMVNOでは使うことができません。

⇒TOPページに戻る