データ通信専用SIMカードの「SMSオプション」って何?必要?

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

データ通信専用SIMカードの「SMSオプション」って何?必要?

SMSとはショートメッセージサービスのことで、70文字程度のメッセージを電話番号でやりとりできるものです。携帯電話が普及した初期から提供されているサービスですが、この機能はスマホを利用する上でも意外なメリットがあるのです。

「SMSあり」なら電話番号でメッセージの送受信ができる

mail

MVNOの格安SIMの多くは基本的にメールアドレスが付与されるサービスを行っていません。(楽天モバイルやmineoは行っています)そのためヤフーメールやGmailといったフリーメールを利用することが多くなっています。ただ、メールの送信先がキャリアメールの場合は、PCからのメールやフリーメールアドレスを受信しない設定となっている場合も少なくないため、メッセージの送信に困る場合も出てきます。

そのような場合でもSMS機能を使うことができれば、メッセージを送信することができるのです。SMSはメールアドレスではなく、電話番号を宛先にします。そのため、電話番号を知っている相手ならたとえアドレスを知らなくても連絡を取り合うことができるのです。上記のように楽天モバイルとmineoならメールアドレスももらえますし、smsも使えるのでおすすめかとおもいます。

参考:『楽天モバイルでSMSを使用するプラン選びと注意点』、『楽天モバイルのメール設定の方法とおすすめのフリーメール

参考:『mineoでも使えるSMS徹底解説』、『mineoではメールアドレスが無料?mineoメールの設定方法とメリット・デメリット

「アンテナピクト問題」もSMSで解決

格安SIMとスマホの組み合わせでしばしば問題になるのが「アンテナピクト問題」。これは、通信可能な状態にも関わらず、スマホのシステムが電波の強弱判断ができずに「圏外」と表示したりする問題のことです。スマホは本来、電話通信網とデータ通信網の2つの電波を利用しているのですが、データ通信専用SIMを選択した場合に当然ながら電話通信用電波が関知されずシステムが「圏外」と判断してしまうことによって起こります。また、これは表示の問題だけでなく、「圏外」と判断すると常にスマホが電波を検知し続ける動作を続けてしまうためバッテリーの消費が激しくなってしまうのです。

電話通信網を利用するSMSがついていると、スムーズに電話通信用電波を検知できるため、この問題が解決できるのです。

SNS(ソーシャルネットワークサービス)ではSMS認証が必要

LINEやFacebookといったSNSを活用しているスマホユーザーは多いでしょう。これらのSNSをはじめ、データ通信網を利用した音声通話サービスを提供するIP電話等ではなりすましなどの悪用を防ぐために、SMSを利用して端末認証をする仕組みが組み込まれている場合が多くなっています。これらのサービスを利用する際は初期設定の段階で、SMSによって認識番号が送信され、その番号を入力することでサービス利用が開始できるといった手順を踏む必要があります。

SMS付きのプランに変更することも可能

business image chart and smart phone

MVNOの格安SIMを選択する時に、最初にSMSなしのプランで契約していても後から利用できるように契約し直すことももちろんできます。多くのMVNOの場合は、契約後のプラン内容を変更できるようになっていますが、SIMカードの交換が必要となるケースではやや時間がかかります。データ通信専用SIM(SMSなし)からSMS付きのプランに変更する場合はそのケースにあたります。SIMカードは携帯電話会社からの貸し出し品ですので、まずは現在のSIMカードを返送し、その後新たに契約したSMS機能付のSIMカードが送られてくることになります。

また、音声通話機能付のSIMカードの場合、特に記載がなくてもSMS機能は標準でついていますので、最初から利用することができます。

SMSオプションの相場は月額150円程度

データ通信専用SIMの場合、オプションとしてSMSサービスが提供されていることが多いのですが、MVNOによっては月額料金に含まれる場合もありますので事前に料金プランを確認しておきましょう。代表的なMVNOのSMSオプション料金をご紹介しておきます。

MVNO各社のSMSオプション料金

おすすめは値段も安く、楽天スーパーポイントが貯まる楽天モバイルです。

楽天モバイルのSMSの詳細はこちらからどうぞ

⇒TOPページに戻る