格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

MVNOに乗り換えるデメリットと解決方法

MVNOの格安SIM。安いのには理由がある?!

MVNO(仮想移動体通信事業者)は大手キャリア(ドコモ・ソフトバンク・au)から回線をレンタルして、格安SIMサービスを提供しています。レンタルすることで設備や回線設置等の初期投資を抑えることができるため、格安の料金でサービス提供が可能なのですが、参入事業者が後を絶たず市場の競合状態は熾烈です。料金競争は来るところまで来てしまった感があり、今ではデータ通信専用SIMは3GBで900円程度の相場となっています。ユーザーにとってはおトクに通信サービスを利用できることはうれしいことですが、先ほどの回線レンタルのこと以外にデメリットはないのでしょうか?今回は気軽にMVNOに乗り換えて「こんなはずじゃなかった」となる前に、知っておきたいMVOのデメリットと解決方法をご紹介していきます。

データ通信は格安だが、音声通話は20円/30秒と割高

熾烈な料金競争の結果、3GBで900円程度の相場でやっと落ち着いた基本料金ですが、音声通話料金は20円/30秒で一律の料金体系がMVNOの特徴です。大手キャリア(ドコモ・ソフトバンク・au)の料金プランは基本料金2,700円でカケホーダイ通話定額プランを採用しているのが特徴。MVNOの格安SIMを導入して、通信料金を節約しようとするユーザーが増加中ですが、実は通話利用の多いユーザーの場合は逆に料金が高くなってしまう場合がありますので、要注意です。格安SIMに乗り換えた方がおトクかどうかの目安となる通話時間は約2時間。1ヶ月に2時間以上の通話をするユーザーの場合は大手キャリアの契約のままの方がおトクな場合が多くなります。1ヶ月の通話時間が2時間以内のユーザーなら、格安SIMのプランの方がメリットが大きくなります。

【解決方法】

音声通話料金が格安になる通話アプリを使う

MVNOの格安SIMは少し割高な通話料金設定がネックですが、格安通話アプリを利用することで節約が可能です。格安通話アプリには「携帯電話回線を利用したもの」と「データ通信回線を利用したもの(いわゆるIP電話)の2種類があります。携帯電話回線を利用したものでは、メジャーなものとして「楽天でんわ」などがあり、10円/30秒とMVNOの通話料金の半額程度で提供されています。一方、IP電話はさらに格安な8円/30秒程度で提供されていますが、データ通信網を利用しているため通話品質に難があります。

大手キャリアのような手厚いサポートは期待できない?!

MVNOの多くはネット通販の形式で格安SIMや格安スマホを提供しているため、リアル店舗があまり普及していません。そのあたりも営業コストを下げることで格安な料金を実現しているのですが、自分の身近に店舗がない状況では何かあった時に近くのショップへというわけにはいかないのである程度は自分で何とかする覚悟が必要です。つまり自己責任で対処すべきことが多くなります。自分でいろいろ調べることが苦ではなく、しっかり納得の上でサービスを選択できる人に向いていると言えます。

【解決方法】

リアル店舗が充実しているMVNOを選択する

格安SIMが購入できる窓口は主流のネット通販(ネットショップやMVNOの自社サイト)以外にも、ヨドバシカメラやビックカメラ・イオンなどの量販店や楽天カフェのようなMVNOが独自に展開するショップがあります。特に料金競争が落ち着いた今、MVNO各社はサービス競争へと注力しており、リアル店舗が充実してきつつあります。このようなリアル店舗が身近にあれば、ショップスタッフからより詳しい情報を得ることができたり、修理や故障の相談も気軽にすることができますので、安心です。また、大手キャリアほど手厚くないものの、「端末補償サービス」を提供するMVNOも増えています。楽天モバイルの場合は「端末お見舞金サービス(月額350円)」で、契約期間中の水没、全損、破損、故障はあった場合、5万円を上限に自己負担額5,000円を差し引いた金額をお見舞金として受け取れるサービスを提供しています。

MVNOにMNP(ナンバーポータビリティ)で移行すると「空白期間」が発生する?!

MVNOの多くはネット経由での申し込みを主流としています。例えば、MNPを利用してMVNOの格安SIMに乗り換えようとする場合、転出元の携帯電話会社で「MNP予約番号」を発行してもらいMVNOに申し込みの際にこの番号を申請するのが通常の流れです。ここで、MVNOの契約が成立すると、その瞬間に手元のスマホは使えなくなってしまいます。数日ではありますが、契約したMVNOからSIMが届くまでの期間、スマホが使えなくなってしまうということなのです。

【解決方法】

「空白期間」が発生しないau系MVNOを選択する

MVNOの多くはドコモから回線をレンンタルしてサービス提供するドコモ系MVNOとなっています。ドコモ系MVNOの場合はMNPの際の回線切り替えを事業者側で行う仕組みとなっているため、どうしてもスマホが使えない期間ができてしまいます。一方で、数は少ないのですが、au回線を利用するau系MVNOの場合は、回線切り替え作業をユーザー自ら行うことができます。au系MVNOは契約申し込み後、契約済のSIMが届くまでの間、手元のスマホを使用することができます。SIMが届いたら、SIMカードの台紙に記載されている番号を入力することで回線切り替え作業が完了しますので、実質空白期間が発生しません。

2015年9月以降、ドコモ系MVNOでも空白期間を発生させない回線切り替え方法を提供するMVNOが出てきましたので、今後この問題は徐々に解決されていくものと思われます。