格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

MVNOの格安SIMでガラケーを「格安ガラケー」にできるのか?

MVNOの格安SIMはガラケーで利用可能なのか?

ガラケーMVNO

電話とメールしか使用しないという硬派なユーザーの中には、ガラケーを手放せない人もいるのではないでしょうか。電話機能に特化した使い心地や、シンプルな機能は分かりやすいため、スマホ全盛の今でも根強い人気を誇ります。キャリアもそんなユーザーを無視できないのか、ガラケーの新モデルを投入する動きも出てきました。

そんなユーザーにとっても、格安SIMやMVNOといった話題には興味があるのではないでしょうか。「どうも通信費が安くなるらしい」とのことで、「ガラケーでも使えるのかな」と考えるユーザーもいるでしょう。

ガラケーユーザーは音声通話中心の使い方をしていると思いますので、まず「音声通話付きSIM」について解説します。

音声通話付きSIMをガラケーに挿入して使用する場合

ガラケーにMVNOの「音声通話付きSIM」を挿入した場合ですが、SIMフリーガラケーや回線を共有するキャリアガラケー(ドコモのガラケー+ドコモ系MVNO)であれば、通話やSNSは可能です。一方でデータ通信に関してですが、使用することはできません。

格安SIMを導入する場合、端末側で「接続先を変更もしくは設定する」作業が必要となるのですが、ガラケーの場合はこの設定ができない仕様になっているのです。具体的に言うと、ドコモのガラケーの場合はデータ通信の際に「ドコモのサーバーに接続する」という仕様で固定されているため、MVNOのサーバーに接続するように変更することができないということなのです。スマホの場合は、これらの接続先を変更・設定できる仕様ですので問題なく使用することができます。

しかし現実的に考えると格安SIMをガラケーに挿入して使うにはデメリットや制限される事などがかなり多いため、今はガラケーよりもスペックが高く、大手キャリアより月々のスマホ代圧倒的に安い楽天モバイルにするか、格安スマホとガラケーの2台持ちにするというワザを使うのがセオリーとなっています。 楽天モバイルの詳細」  安スマホとガラケー2台持ちの詳細」

MVNOの格安SIMにも「ガラケー用」が存在する

ガラケーと格安SIMの組み合わせでは、データ通信ができないというお話をしましたが、インターネット接続やメール利用ができないということになります。それでも「通話さえできればいい」というユーザーもいるかも知れません。通話に関しては使用できるのですが、一般的なMVNOの格安SIMではデータ通信がセットになっていますので、どうしてもデータ通信分の料金が余計にかかってしまいます。そこで思いつくのが「通話専用の格安SIMはないのかな」ということ。

格安なのかどうかは後ほど触れますが、いわゆるMVNOで「通話専用SIM」を提供している事業者があるのです。MVNOの先駆けとも言える「日本通信」が「携帯電話SIM」というサービス名で提供しています。

このプランは通話とSMSのみに特化したサービスになっています。プランは大きく分けて3つありますが、いずれも無料通話分がセットになっているのが特徴です。しかし今は格安スマホとガラケーの2台持ちプランが主流になっており、こちらの方がメリットが大きくなっています。詳しくは格安スマホとガラケー2台持ちプランの詳細をご覧ください。

MVNOのガラケー

 

⇒格安スマホとガラケーの2台持ちプランの詳細はコチラ

ガラケーを運用したいならMVNOよりキャリア契約の方が無難

au-docomo-soft

このプラン、格安SIMのMVNOが提供するサービスだからキャリアより安いのだろうと考えがちですが、実際はそうでもありません。まずは、最安プランということで比較してみましょう。

ドコモでガラケーを最安で保有しようとした場合は「バリュープラン」の「タイプSS バリュー」というプランがあります。このプラン、定価は1,864円ですが「ファミ割MAX50」などの割引により、実際は934円で運用することができます。

無料通話も1,000円分ついてきます。一方、日本通信の「音声プランS」は1,290円かかりますので、「少しでも安くガラケーを運用したい」という視点で見るとキャリアの方がメリットがあることになります。また、「通話をよくする」ヘビーユーザーの視点で見てみましょう。

日本通信の場合は「音声プランL」を選ぶことになると思いますが、ドコモの場合同程度のプランとして「タイプL バリュー」というプランが提供されています。割引を含めた基本料金こそ、4,000円と日本通信より高めの設定ですが、無料通話分は6,000円分がついているため実質日本通信よりメリットのある内容となっています。

⇒TOPページに戻る