格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

MVNOの格安SIMを導入すればスマホは断然安くなる!

MVNOを利用するとスマホはどのくらい安くなるの?

最近話題の「MVNO(仮想移動体通信事業者)」が提供する「格安SIM」ですが、いったいどれくらい安くなるのでしょうか。大手キャリアの料金プランは横並びで通話定額制を導入したため、あまり通話をしないユーザーにとってはかなり割高なものになってしまった印象です。実際、5GB程度の通信容量で大手キャリアで契約すると8,000円程度の月額料金がかかってしまいます。これでは、月々数万円以上使っていたという通話ヘビーユーザーにしかメリットがなく、逆に月々1時間程度しか通話しないという一般的なユーザーにはかなりの負担となってしまっているのではないでしょうか。実際にMVNOの楽天モバイルの料金設定で比較すると、5GBのデータ通信容量で通話可能なプランが2,150円で提供されています。この料金差は非常に大きく、大手キャリア契約の場合の1/4程度で運用できてしまうのです。

MVNOの格安SIMサービスの場合は、通話料金が別建てになっている部分には注意が必要です。MVNOはデータ通信部分は各社特色のあるプランを提供していてユーザーにもメリットが大きいのですが、通話料金は20円/30秒の従量制の料金を一律で採用しています。もちろん先ほど触れたように元々の料金差が大きいので通話料を加えたトータルの料金でもかなり安くなる場合がほとんどなのですが、ある程度通話利用があるというユーザーはIP電話アプリ(データ通信網を使用して音声通話を提供するサービス)や「楽天でんわ」のように格安電話網を使用するアプリ等をうまく活用して通話料を節約することをオススメします。

 MVNOの最安プランは?

MVNOの提供する格安SIMの料金プランは最安のものとなると500円程度で運用することが可能です。大手キャリアでスマホを保有しようとすると最低でも5,000円程度かかってしまいますので1/10程度の料金でスマホを持ててしまうのです。単純に「安い」という視点で見ると比較するまでもありません。ただ、これらのプランは「データ通信専用」であり、通信速度もかなり制限されていますので使い方には工夫が必要でしょう。

MVNOの最安プラン表

キャリアスマホと同じように使えるおすすめプラン

先ほどのプランは「とにかく安くスマホを持ちたい」というニーズに応えるプランでしたが、一般的なユーザーの場合には「これまでのスマホと同じように使いたい」というニーズが高いのではないでしょうか。そのようなユーザーには「音声通話付き」プランがオススメです。これまでと変わらず、090や080から始まる携帯電話番号が付与されますし、もちろんMNPでの移行も可能です。統計によると一般的な使用方法で必要なデータ通信量は3GB程度ですので、そのあたりのプランを選ぶとよいでしょう。同種プランで1,600円前後が相場となります。

MVNOのオススメプラン

MVNOの格安SIMはなぜ安いのか

MVNOとは仮想移動体通信事業者と呼ばれ、自社で回線を保有せず大手キャリア(ドコモやau)から回線を借りて、サービス提供しています。そのため初期投資があまりかからず、また大手キャリアからまとめて回線を借りることでユーザーに安くサービス提供することができます。その他、大手キャリアと異なり、店舗網を持たずオンライン中心の対応にする等営業コストも抑える仕組みとなっています。