格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

電話番号そのままでMVNOに移行したい!MNPの方法と注意点

電話番号そのままでMVNOへ乗り換える

キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)同士の乗り換えの場合はMNP(ナンバーポータビリティ)を利用して電話番号そのままで移行することができますが、もちろんMVNOの格安SIMへの乗り換えにもMNPを利用することができます。格安SIMには「データ通信専用プラン」と「音声通話付きプラン」がありますが、MNPの際には「音声通話付きプラン」を選択します。

MNP(ナンバーポータビリティ)の手順を確認

MNPでMVNOへ乗り換える際の手順もキャリア同士のMNPの際の手順と基本的には変わりません。まずは転出元の携帯電話会社でMNP予約番号を取得して、転出先の携帯電話会社でMNP予約番号を申請することで電話番号を変えずに移行することができます。

MVNOでMNP

 

MNPでMVNOへ移行するのに必要な期間は一般的に1週間から10日程度と考えてください。MVNOの場合はどうしても配送期間が必要となりますので最短でも4日程度はかかります。また、申込後に回線切替処理がされた後は手元のスマホは使えなくなってしまうことにも注意しておく必要があります。このあたりは後ほど詳しく解説します。

MNPの第一ステップは「MNP予約番号」の取得です。各携帯電話会社のショップ店頭、電話、webサイト等で取得可能です。参考に大手キャリアの取得窓口をご紹介しておきます。MNP予約番号には発行手数料が2,000円から3,000円程度がかかります。これは転出元の携帯電話会社から翌月の請求として清算処理されるのが通常です。

3大キャリアからMNP

 

また、MNP予約番号には15日間の有効期限があります。MVNOには配送期間等が考慮されますので申込時点で10日程度の有効期限が残っていることを条件としている場合が多くなっています。予約番号取得後は余裕を持って早めに申し込むようにしましょう。

MVNOへのMNPでスマホが使えない期間が2日から1週間程度

MVNOへのMNPではオンラインで申込手続きをした後に、MVNO側で回線切り替え処理をして、開通済みのSIMが送られてくるのが一般的です。回線切り替え後は手元のスマホが使えなくなってしまいますので、注意しましょう。これはドコモから回線を借りてサービス提供するドコモ系MVNOに共通の問題だったのですが、2015年9月から一部ドコモ系MVNOでもユーザー側で回線切替処理ができるサービスの提供をはじめています。この場合、契約したSIMが届いた後にユーザーが電話連絡することで開通処理が完了します。 2016/11/1現在 ほとんどのドコモ系MVNOで空白期間をなくす申し込み方法ができる事となっています。

その他、auの回線を借りてサービス提供するau系MVNOは、SIMが届いた後でユーザーがオンラインで開通手続きをする仕組みを採用していますので、いわゆる空白期間が発生しないようになっています。

また、配送期間が存在しないリアル店舗を利用するのも空白期間を避ける一つの方法です。MVNOはこれまで料金競争に注力してきた面があり、コストのかかるリアル店舗の展開には積極的ではなかったのですが、即日開通を含めユーザーのニーズに応えようとリアル店舗の拡充に乗り出すMVNOも出てきました。今後、この「空白期間」の問題は徐々に解決されていくものと思われます。

音声通話付きプランでオススメのMVNOをピックアップ!

MNP(ナンバーポータビリティ)でそれまでの番号を持ったままMVNOに移行したい人は「音声通話付き」プランを選ぶことになります。MVNOの音声通話付きプランを選ぶ場合、通話料は20円/30秒で横並びです。それならなるべく月額料金の安いMVNOを選びたいですよね。今回は3GBのデータ通信+音声通話付きという条件でオススメのMVNOをピックアップしたいと思います。

まず、「3GB+音声通話」の一般的な月額料金は1,500〜2,000円ですので、最安クラスということで1,600円以下という条件で見てみると、執筆時点で当てはまるのは「DMM mobile」「IIJmio」「NifMO」「U-mobile」「楽天モバイル」「mineo」の6社。楽天モバイルは3GBプランはなく、同種プランということで3.1GBパックで料金比較しました。

ただ、この6社も含めMVNO各社の料金プランの差額は僅差で日々価格改定やデータ増量があるなど変化していますので情報収集は重要です。

■データ通信3GB+音声通話付プランで1,600円以下で運用できるMVNO(2016.11現在)

【DMM mobile】

シングルコース通話SIMプラン(3GB) 1,500円

【NifMO】

音声通話対応SIMカード(3GB) 1,600円

【楽天モバイル】

通話SIM(3.1GB) 1,600円

【mineo】

デュアルタイプ(3GB) 1,510円

※楽天モバイルは3GBプランはなく、同種プランということで3.1GBパックで料金比較。