格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

MVNOの格安SIMはどれを選べばいい?

まずは料金プランを検討しましょう

大手キャリア(ドコモ・ソフトバンク・au)から、MVNOへ乗り換えを検討しているユーザーは「格安な料金でスマホを運用したい」というのが主な目的です。MVNOの料金競争は熾烈で、現在ではデータ通信専用SIMで3GB900円程度が相場になっていますが、多くの事業者が参入していて実際のところどのプランがおトクで自分に合っているのか比較するのが難しくなっています。そこで、今回は税込み2,000円以内で運用できる主要MVNOのプランを一覧にしてみました。料金と容量で自分にぴったりのプランを選びましょう。

 

mvnoのsim比較

 

一覧からも分かるようにデータ容量が大きいほど月々の利用料金は高くなります。また、データ通信専用SIMに比較すると音声通話対応SIMは同じMVNOでも別途700円程度が必要となります。容量無制限のプランは通信速度制限があるプランが多く、テキストベースのメールやLINEのやり取り程度なら問題ありませんが、動画の閲覧や大容量データの送受信には不十分な場合がありますので注意が必要です。

 

SIMカードのサイズを選択する

現在SIMカードには3種類のサイズがあります。格安SIM契約時にセット端末を同時購入する場合は気にする必要はありませんが、手元のスマホを継続して使いたい場合や格安SIMサービス用に別途白ロムスマホを用意している場合にはSIMカードのサイズを確認しておくことが重要です。サイズは大きい順に「標準」「micro」「nano」の3サイズ。スマホ初期に多く見られた標準SIMは現在では対応端末はほとんどありません。多くのスマホは「micro SIM」か「nano SIM」対応端末となっています。あらかじめ、使用する端末のSIMカードサイズを確認してから契約手続きをするようにしましょう。

 

「データ通信専用」か「音声通話機能付き」か

格安SIMには「データ通信専用」のものと「音声通話機能付き」のものがあります。さらにデータ通信専用の場合にはSMS機能付きのものとなしのものに分かれますので、大別すると3種類あるということです。データ通信のみ必要とするユーザーは「データ通信専用SIM」を選ぶとよいのですが、中でもLINE等のSNS利用やデータ通信網を利用した格安電話サービスIP電話等を使用したい場合にはSMS付きのものを選ぶようにしてください。これらのサービス利用には悪用を防止する目的でSMSによる端末認証が必要な場合が多いからです。

また、MNP(ナンバーポータビリティ)によるMVNOへの乗り換えや携帯電話番号(090や080から始まる番号)が必要な場合は「音声通話機能付きSIM」を選ぶことになります。

 

ドコモ回線かau回線か

MVNOの多くはドコモから回線を借りてサービス提供しているドコモ系MVNOです。数は少ないですが、au回線を利用しているau系MVNOもあります。一般的にはどちらを選んでも問題ありませんが、エリアの広さや安心感ならドコモ系MVNO、通信品質ならau系MVNOといったところです。格安SIM契約時にセット端末を同時購入する場合や、SIMフリー端末を用意している場合は問題ないのですが、手元にあるキャリア端末(SIMロック解除していないもの)を継続して使いたいユーザーには注意してほしいことがあります。キャリア端末がドコモの場合はドコモ系MVNOを、auの場合はau系MVNOを選ぶようにしてください。前述したように、ドコモ系はドコモ回線を使っているためドコモ端末であれば回線を共有しているため使うことができます。auの場合も同様です。ソフトバンク端末の場合は、現在のところソフトバンク系MVNOがありませんので継続して使うことはできません。

2015年5月からSIMロック解除が義務化されましたが、SIMロックを解除したキャリア端末の場合はどうでしょうか。この場合はドコモ⇔ソフトバンクなら通信方式等が共通していますので使える可能性が高いですが、auの場合は独自の通信方式を採用していますのでSIMロックを解除してもau回線でしか使用することができません。