格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

【IIJ、DMM、hi-ho…】NTTドコモ系格安SIMを徹底解剖

MVNO? MNO? 今話題のトレンドワードを解説!

MVNOってナニモノ?

SIMフリーのスマートフォンの普及により、これまで一般的であった携帯キャリアによるモバイル回線サービスから格安SIMブランドによるサービスへと乗り換えるユーザーが多くなっています。

そんな中、携帯キャリアと格安SIMブランドとの違いを説明する際によく耳にするのが「MVNO」というワード。しかしこの「MVNO」という言葉、聞いたことはあってもその意味についてはうまく説明できないという人も多いのでは? そこでまずは、「MVNO」という言葉の意味についてご説明します。

いわゆる“ガラケー”や現在主流となっているスマートフォンで利用できるモバイル回線サービスは、これまで「NTTドコモ」、「au」、「ソフトバンク」といった携帯キャリアによってほぼ独占的に提供されてきました。そしてこうした携帯キャリアは、自社専用のモバイル回線網を保有しています。そのためNTTドコモをはじめとした携帯キャリアは、「MNO(Mobile Network Operator、移動体通信事業者)」と呼ばれています。

一方で格安SIMサービスを展開している事業者の多くは、自社専用のモバイル回線を保有してはいません。そのため格安SIM事業者は、「MNO」の保有している回線網を借り受けてモバイル回線サービスを提供しているのです。そしてこうした専用回線を保有していない事業者のことを、「MVNO(Mobile Virtual Network Operator、仮想移動体通信事業者)」と呼ぶのです。

つまるところ「MVNO」によるサービスはその名称にある通り、「MNO」の回線網を借りることで“仮想的に”モバイル回線環境をつくりあげることで成り立っているということです。

格安SIMブランドの多くは「MVNO」によるサービス!

そして冒頭で触れたSIMフリースマートフォンの普及によって、MVNOの数は急増中!これまでISP事業を営んでいた事業者はもちろん、「DMM mobile」や「楽天モバイル」のように異業種から格安SIM業界に参入するブランドも多くなっています。また最近では、「ビッグカメラ」、「エディオン」など家電量販店でも格安SIMブランドを立ち上げる例が多くなっています。

“NTTドコモ系”の格安SIMって何?

格安SIM業界を席巻する“NTTドコモ系”格安SIMブランド!

前述の通り、格安SIMブランドを展開しているMVNOはMNOのモバイル回線網を借り受けてサービスを展開。そして、NTTドコモ回線を利用したサービスを展開している格安SIMブランドのことを“NTTドコモ系”と呼ぶのです。

この“NTTドコモ系”のブランドは特に数が多く、格安SIM業界で最も大きなシェアを獲得しています。

おすすめは楽天モバイル

おすすめは楽天モバイルです。管理人が楽天モバイルを実際に使用しておりますが、非常に使いやすいですし機能性がいいです。また一番の魅力は楽天ポイントがかなり貯まるところですね。

なのでドコモ系の格安スマホをお探しの方は楽天モバイルを選んで頂ければ間違いないかと思います。

楽天モバイルの詳しい解説はこちらのページからご覧になれます

~NTTドコモ系の中でも特に大きなシェアを獲得~“IIJ系”格安SIMブランド

NTTドコモ系格安SIMブランドの中でも特に高い知名度を誇っているのが、「IIJmio」です。「IIJmio」は、「IIJ(株式会社インターネットイニシアティブ)」の運営する個人向け格安SIMブランド。そして「IIJ」は、「IIJmio」の運営だけではなく他のブランドへの支援も展開。NTTドコモ回線を利用して格安SIMサービスを展開している他社のサポートも行っているのです。そして「IIJ」のように他のMVNOへのサポートを行っている事業者のことを、「MVNE(Mobile Virtual Network Enabler、仮想移動体サービス提供者)」と言います。

また「IIJ」がMVNEとしてサポートしている格安SIMブランドは、“IIJ系”と総称されることもあります。

そして次の項目では、楽天モバイルやIIJ系をはじめとしたNTTドコモ系の格安SIMブランドをまとめてご紹介します!

NTTドコモ系の格安SIMブランドはどこなの?

つづいてはNTTドコモ系の格安SIMの分類をみていきましょう。

おすすめの楽天モバイルが所属するのは“IIJ系”でもなく“OCN系”でもないNTTドコモ系格安SIMブランド

“IIJ系”や“OCN系”以外にも、さまざまなMVNOがNTTドコモ回線を利用した格安SIMサービスを展開しています。下記に挙げる「BIGLOBE SIM」、「楽天モバイル」、「U-mobile」も料金面やサービス面で人気を集めている“NTTドコモ系”の格安SIMブランドです。

表1.その他の“NTTドコモ系”格安SIMブランド一覧(一部)

ブランド名 事業者名 特徴
BIGLOBE SIM BIGLOBE(ビッグローブ株式会社) 老舗電機メーカーであるNEC(日本電子)が中心となって誕生したBIGLOBEの格安SIMブランド。毎月、最大60分までの国内通話がお得になる「BIGLOBEでんわ通話パック60」など独自のプランも目立つ。
楽天モバイル フュージョン・コミュニケーションズ株式会社 楽天系企業であるフュージョン・コミュニケーションズの格安SIMブランド。基本利用料が業界最安値水準である他、セット購入できるスマートフォンの種類も豊富。
U-mobile 株式会社U-NEXT USENのグループ企業であるU-NEXTが運営する格安SIMブランド。USENの持つ動画・音楽配信業界でのブランド力を活かしたサービスも展開。

 

楽天モバイルの詳細を確認したい方はこちらから

NTTドコモ系の主力グループ “IIJ系”格安SIMブランドを紹介!

まずは、NTTドコモ系の格安SIMブランドの中でも特に大きなシェアを獲得しているIIJ系の格安SIMブランドをご紹介!

下記表の通り、IIJ系の格安SIMブランドとしては「IIJmio」、「DMM mobile」、「hi-ho」、「BB.excite」などがよく知られています。

表2.“IIJ系”格安SIMブランド一覧(一部)

ブランド名 事業者名 特徴
IIJmio IIJ(株式会社インターネットイニシアティブ) インターネット黎明期よりインターネット回線事業を展開してきたIIJの格安SIMブランド。音声通話機能付きサービス、データ通信専用サービス、それぞれで3つの容量別プランを設定。
DMM mobile DMM.com(株式会社DMM.com) 音声通話機能付きサービスとデータ通信専用サービスで合わせて業界最多となる20プランを設定。さらにすべてのプランが、業界最安値水準の価格。
hi-ho LTE typeD シリーズ hi-ho(株式会社ハイホー) IIJ傘下のhi-hoが運営。年間契約を結ぶことで、毎月の基本利用料が割安になる「ミニマムスタート1年パック割」が魅力。
BB.excite excite(エキサイト株式会社) 検索エンジンサービスの老舗であるエキサイトが運営。DMM mobileと同様に低価格な基本利用料が魅力。
BIC SIM BIC CAMERA(株式会社ビックカメラ) 家電量販店であるビックカメラの格安SIMブランド。店頭でSIMカードを購入できる(IIJmioに対してWeb上で開通手続きを行う必要あり)。

 

“IIJ系”格安SIMブランドの大きな特徴は、通信速度が非常に速いこと。上記表の格安SIMブランドでは、下り最大225Mbpsでの高速データ通信が可能です。

充実したサポート体制が魅力 “OCN系”格安SIMブランド

NTTドコモ系の格安SIMブランドとしては、IIJ系だけではなく“OCN系”のブランドも人気を集めています。「OCNモバイル」、「NifMo」、「ぷららモバイル」はいずれも“OCN系”格安SIMブランドとして有名。下記表の通り、他のサービスとのセットプランや独自の割引プランなどを積極的に展開しています。

表3.OCN系格安SIMブランド一覧(一部)

ブランド名 事業者名 特徴
OCNモバイル NTTコミュニケーションズ(エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社) NTTのグループ企業であるNTTコミュニケーションズが運営。光回線やADSL回線などの固定回線とのセットプランも積極的に展開。
NifMo nifty(ニフティ株式会社) 老舗ISPであるniftyの格安SIMブランド。ショッピングやスマートフォン向けアプリの利用で利用料金が割引される「NifMo バリュープログラム」も注目。
ぷららモバイルLTE ぷらら(株式会社NTTぷらら) NTTのグループ企業であるNTTぷららの格安SIMブランド。容量無制限の「定額無制限」プランは、通信速度も最大3Mbpsと他社の無制限プランと比較して高速。

 

このように、多種多様なブランドが軒を連ねている“NTTドコモ系”格安SIMブランド。

そしてこうした“NTTドコモ系”格安SIMブランドは、特に次のようなNTTドコモユーザーにおすすめです!

“NTTドコモ系”の格安SIMブランドは、どんな人に向いている?

NTTドコモ版のスマホを利用中の人!

現在NTTドコモ版のiPhoneシリーズやAndroid端末を利用しているという人は、NTTドコモ系の格安SIMブランドへの乗り換えが特におすすめ!

NTTドコモ版スマートフォンの多くでは、SIMロック解除を行うことなくNTTドコモ系ブランドのSIMカードをそのまま利用できるからです。そのため店頭販売を行っているNTTドコモ系格安SIMブランドのサービスに申し込めば、最短で申し込み当日から新しいSIMカードの利用を開始できる可能性もあります。

なお手もとにあるNTTドコモ版スマホで希望する格安SIMブランドのサービスを利用可能かどうか、またSIMロック解除不要でサービスを利用できるかどうかは、各ブランド公式Webサイトの「動作確認端末一覧ページ」などで確認することができます。

とにかく安いサービスに乗り換えたいという人!

DMM-mobile」、「BB.excite」、「楽天モバイル」をはじめNTTドコモ系の格安SIMブランドの多くは、非常に低価格で利用できるプランを設定しています。そのため、「とにかく安く利用できるサービスに乗り換えたい!」という人にはNTTドコモ系の格安SIMサービスへの乗り換えがおすすめ! また容量別プランの数も豊富なため、きっと自分にピッタリな、そしてコストパフォーマンスに優れたプランを見つけられるはずです。

おすすめは楽天ポイントが貯まって更にやすく、オトクに使える楽天モバイルです。詳細は以下参考ページ。

参考:楽天ならではのサービスと格安な料金が魅力の「楽天モバイル」

通信可能エリアの広さを重視するという人!

NTTドコモ回線は、auやソフトバンクと比べて幅広いエリアをカバーしています。そのためNTTドコモ系の格安SIMサービスでも、都心部のみならず郊外などでも問題なくデータ通信や音声通話を行うことが可能。出張や旅行で地方に赴く機会の多いという人でも、NTTドコモ系の格安SIMサービスならきっと満足できるはずです!

それでは最後に、NTTドコモ版スマートフォンのユーザーがNTTドコモ系格安SIMブランへと乗り換えるための手順を解説します。

簡単! NTTドコモユーザーがNTTドコモ系格安SIMに乗り換える方法

乗り換え候補をピックアップしよう!

まずは数あるNTTドコモ系格安SIMブランドの中から、乗り換え候補を2~3ブランド程度ピックアップしましょう。なお乗り換え候補の選択にあたっては、あらかじめ最も重要視するポイントを決めておくことが重要。価格面、サービス面、通信速度、速度制限の有無、利用できる高速データ通信容量などの中から最重要視する点を決めることで候補選択を迷わず行うことができるはずです。

動作確認端末に関する情報をチェックしよう!

複数の乗り換え候補を選択したら、各格安SIMブランドの公式Webサイトなどに掲載されている動作確認端末に関する情報をチェックしましょう。また動作確認端末情報をチェックする際には、必ず細部まで確認するようにしてください。動作確認端末として記載されている場合でも、特定の機能(テザリングやSMSなど)を利用できないといった旨の注釈が付記されていることも少なくないからです。

乗り換え候補の動作確認端末情報のチェックが終わったら、利用端末に対応している候補から実際に乗り換える格安SIMブランドを決定しましょう。

必要書類を用意しよう!

乗り換える格安SIMブランドを決めたら、さっそく申し込み手続きを行いましょう。ただしその前に、申し込みに必要な書類を準備しなければなりません。多くの格安SIMブランドでは、新規申し込みの際には本人確認用書類(運転免許証など)、料金支払いに利用できる本人名義のクレジットカード、登録用メールアドレスが必要となります。またMNP制度を利用して乗り換える場合には、事前にMNP予約番号を取得しておく必要もあります。

申し込みをしよう!

必要書類が整ったら、さっそく申し込みを行いましょう。

多くの格安SIMブランドでは、公式Webサイトからサービスに申し込むことが可能。本人確認書類の提出も含めて、すべての手続きをPCやスマートフォン上で完結できます。また一部の格安SIMブランドでは、独自店舗や家電量販店の専用カウンターから申し込むこともできます。

SIMカード到着後、端末設定を行おう!

格安SIMサービスにオンライン申し込みを行った場合、通常は申し込みから3日~1週間程度でSIMカードが郵送されます。また店頭で申し込みを行った場合には、最短で即日SIMカードを受け取れる可能性もあります。

そしてSIMカードを受け取ったら、現在利用しているNTTドコモのSIMカードを端末から抜き取り新しいSIMカードを挿入しましょう。

SIMカード挿入後、本体の電源を入れた後にはAPN(アクセスポイント名)設定が必要となります。APN設定は、端末にSIMカードの情報を認識させてモバイル回線を利用できるようにするために必要な作業。とはいえ、設定の方法はとても簡単。iPhoneシリーズやiPadシリーズといったiOS端末では、ネットワーク設定情報の設定されたプロファイルを格安SIMブランドの公式Webサイトなどからダウンロードするだけで完了となります。またAndroid端末についても、格安SIMブランドの公式Webサイトなどに記載されているAPN設定情報を各端末の設定画面で入力するだけでモバイル回線を利用できるようになります。

今回ご紹介した通り、NTTドコモ版スマートフォンユーザーにとって、NTTドコモ系格安SIMブランドへの乗り換えはメリットがたっぷり! そのためNTTドコモ版のiPhoneやAndroid端末を利用中の人は、ぜひこの機会にNTTドコモ系格安SIMブランドへの乗り換えを検討してみてください!