eFaxの様々な設定方法と注意点を徹底解説

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

eFaxの様々な設定方法と注意点を徹底解説

efaxを利用するのに必要な設定は何?

efaxを利用するに当たっての色々な設定を解説していきます。 

参考ページ→インターネットFAXを徹底比較!!評判の良いネットFAXはこれ

  • 申し込み

申し込みをした瞬間から即faxサービスが利用できることがefaxの特徴です。申し込みは公式HPからオンラインで申し込みすると便利です。

公式HP→申し込み(上にあるアイコン)→プラン(月額or年額)選択→fax番号の選択→必要な個人情報の記載→規約に同意して登録する→申し込み完了

→eFAXの申し込みはコチラ

  • efaxの受信設定

申し込み時に登録したメールアドレスにPDFファイル形式に変換されたfax内容が添付して送られてきますので、新たな設定は必要ありません。

efaxでは最大5つのメールアドレスを登録することが可能です。efaxを活用するために、スマートフォンやインターネットのクラウドサービスのメールアドレスを新規に登録する場合は下記の設定で行うことができます。

ⅰ 会員ページへログイン

ⅱ アカウントの更新を選択する

ⅲ メールアドレスを登録する

  • efaxの送信設定

相手先のfax番号・送信用のメールアドレス・fax内容が記載されたファイルの3つを準備します。送信用のメールアドレスはフリーメールアドレスでもOKです。

Eメールの宛先欄に相手先のFAX番号・@efaxsend.comを入力→fax内容が記載されたファイルを添付→表紙が必要な場合はメール本文に文章を入力→送信

《一括送信機能を使う場合》

efaxには最大50件まで一括で同一fax内容を送信できるサービスがあります。下記の方法で一括送信することができます。特別な設定は必要ありません。

ⅰ マイページにアクセス

ⅱ 「ファックスの送信」をクリック

ⅲ 送信内容を入力

ⅳ 「送信先の追加」→「追加」をクリック(50件まで可能)

ⅴ 送信

  • 支払い方法の変更

基本的に支払い方法は申し込みと同時にクレジットカード払いに設定されています(オンライン申し込みの場合)。これを銀行振り込み・口座振替に変更する場合は下記の手続きが必要です。

・カスタマーセンターに電話

・専用用紙をダウンロードして郵送

*詳しくはefaxの料金は安い?高い?~料金プランを徹底解剖しますに記載されています

  • PINコードの変更

ⅰ 会員ページにログイン

ⅱ 「基本設定」のタブをクリック

ⅲ PINコードの変更をクリック

  • 解約の設定

カスタマーセンターに電話して解約手続きをとります。

*詳しくは完全版「efax 解約」の全てがわかる完全マニュアルに記載してあります

→EFAXの申し込みはコチラ

スマートフォンでの送受信

基本的にそのままでも使うことができます。より快適にスマートフォンでfax機能を利用したい場合は専用のアプリをインストールします。efaxではiPhone・android両方に対応しています。設定方法は簡単です。

《スマートフォンアプリの設定方法》

ⅰ App Storeで「efax」と検索

ⅱ ダウンロードする

ⅲ 「アカウントにログインをする」でログインする

ⅳ ログイン画面でログインIDとPINコードを入力し、ログインをタップする(この際、次回からの入力を省略するをタップしておくと、次回からの操作がスムーズに進みます)

ⅴ マイページに入ることができ、faxサービスを利用することができます。

《スマートフォンでfaxを受信する・アプリ対応》

「ファックスを開く」→「管理画面」→受信トレイ

ファックスは受信トレイで閲覧可能です。面倒な作業は一切ありません。

《スマートフォンでfaxを送信する・アプリ対応》

ⅰ マイページの「ファックスを送信する」をタップする

ⅱ FAXを送信するための入力画面で必要事項(番号、宛名、会社名、件名)を入力

ⅲ 送信の際に「送付状」が必要な場合は「送付状」をオンにする

ⅳ 送信をタップして完了

インターネットのクラウドサービスと連携するための設定方法

efaxはインターネットのクラウドサービスを利用すると、より快適にサービスを利用することができます。しかもクラウドと簡単に連携できるインターネットfaxサービスはefaxだけです(複数のメールアドレスを同時に登録できるため)。

この便利な機能を使わないと「損」です。クラウドサービスに連携させるとこで、ファイルの閲覧・管理・編集が一括で、しかもスマートフォンからでも操作することが可能になります。外出先でfaxを受信することの多い営業マンには欠かせない機能です。

《インターネットのクラウドサービスとefaxを連携するための設定方法》

① 利用したい(もしくは現在利用している)クラウドサービスを選択する

基本的にどんなクラウドサービスでもefaxなら連携可能です。

② efax上で新規に受信メールアドレスを登録する

ⅰ 会員ページへログイン

ⅱ アカウントの更新を選択する

ⅲ クラウドサービスのメールアドレスを登録する

設定はこれだけです。これで自動的にfaxが受信されると、クラウドサービスで閲覧・管理・編集が可能になります。

→EFAXの申し込みはコチラ

外出先にコンビニのfaxから紙でfaxを受信したい場合

efaxなら、faxを印刷するためにわざわざ会社や事務所に戻る必要はありません。コンビニのfaxでそのまま印刷して取引先に直行することができます。ビジネスの時間短縮になり、効率よく仕事をすることができます。

《コンビニでfax受信内容を印刷する方法》

① セブンイレブンは受信ができないので、最初にローソンかファミリーマートを探します。ローソンとファミリーマートのfaxサービスは海外への送信もできて大変便利です(セブンイレブンは国内のみの取り扱い)。

② タッチパネルの「クロネコサービス」→「クロネコFAXから受け取る」を選択します

③ 料金を投入後、タッチパネルに文書番号を入力します

④ 受信する

efaxの設定に関する注意点

efaxは設定が簡単ですので、特別要注意といった注意点はありません。しかし、あえて注意するなら下記のことに注意しましょう。

  • fax送信時の入力方法に注意

(例)相手方のfax番号が03-1234-5678の場合

通常のfax操作ではfaxを送信する際に「03-1234-5678」と番号をプッシュしてfaxを送信します。efaxではここの操作が独特です。

ⅰ 国番号(日本なら81)を入力する

efaxでは日本国内の通信でも国番号が必要になります。この点に注意しましょう。

ⅱ 市外局番から「0」をとる

こういった作業は従来の電話やfaxにない作業ですので、間違いやすいので、気を付けましょう。

ⅲ 番号を入力

例の場合ですと、81(国番号)3(市外局番から0を抜く)12345678

ⅳ 最後に@efaxsend.comを付ける

例の場合ですと、81312345678@efaxsend.comになります。

efaxは受信はEメールと同じ作業なので問題がありませんが、送信は従来の番号入力と異なります。この点の操作に気を付けましょう。

  • 30日間の無料トライアルの注意点

まず、本当に30日間は「無料」です。このようなお試しサービスがあるインターネットfaxサービス会社はefax以外ではInterFAXとD‐FAX(1週間)だけです。efaxは自社のサービス内容に自信があるからこそ提供できるサービスです。

注意点は30日以降の対応です。30日で自動的にサービスは終了されるわけではありません。31日目から「有料会員」に強制的に振り分けられます。ですから、31日目になると月額料金が自動的に発生する仕組みになっています。

まずは30日間のお試しかだけと思っている方は、しっかりと解約の手続きをしなければなりません。そして、開通は即時オンライン申し込みで可能でしたが、解約はカスタマーセンターに電話して手続きをする必要があります。解約には48時間が必要とされていますので、そこにも注意しましょう。

efaxの便利な設定を使いこなそう

efaxには従来のfaxでは行うことができないような便利な機能がついています。そして見てきたように、設定はとても簡単です。efaxの便利な機能をご家庭だけではなくビジネスにも取り入れてみませんか?

  • 最大5つまでのメールアドレスを登録できる設定を活用する

・ご家庭

5つのメールアドレスを家族みんなにふりわけてみてはいかがでしょう。家族全員がefaxを利用してfaxサービスを手軽に使えるようになります。そしてこれだけではありません。家族間の気軽なコミュニケーションをとるのにも便利です。efaxの一括送信機能を使えば、家族全員に簡単に連絡することができます。通常のEメールでは添付の難しいような書類でも、efaxならスマートフォンで写メをとっただけで、それをPDFファイル化してくれます。保険の見積もり相談や自動車を購入する際の相談など、口頭では説明しにくいものでもefaxを使えば、簡単に相談することができて便利です。

・ビジネス

同じ部署のメンバー全員が受信アドレスを登録すると、fax内容の共有をすることができます。いちいち同じ部署のメンバー全員に連絡する必要がなくなるので、仕事効率もあがります。

  • 一斉送信設定を活用する

個人営業の事業主さんに大変便利な機能です。いままで、折に触れて顧客に出しているダイレクトメール。枚数が多いとはがき代も印刷代もばかになりませんよね?efaxなら、文章だけではなく画像も簡単に添付できるのでおすすめです。

例えば、美容師さんなら、そのシーズンにおすすめのヘアスタイルを撮影して、efaxの一斉送信で顧客にアピールすることが簡単にできます。郵送と違って、タイムラグが出ることもありません。

オシャレな雑貨店を営む方なら、魅力的な新商品が入荷されてきたら、すぐに画像付きで顧客にお知らせをすることもできます。

ダイレクトメールをはがきで50人に出した場合、はがき代が52円×50人分の2,600円かかります。これに印刷した場合さらに印刷代もかかります。efaxなら月額費用のみです。150枚以上利用していた場合でも10円×50人分の500円で済んでしまいます。費用ははがきのおよそ1/5です。5回分多くDダイレクトメールで顧客にアピールすることができれば、売り上げもその分増加するかもしれません。

efaxの設定について詳しく見てきました。基本的に操作が簡単ですので、問題なく誰にでも使いこなせます。そして、使い方次第ではefaxでビジネスチャンスも拡大していきます。お得な料金で簡単に使えるefax。皆さんも使いこなしてみませんか。