格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

efaxは送受信が遅いのか?遅い場合の原因と対策

efaxの送受信は遅い?

さて、本題のefaxの送受信が遅いかですが、結論から言うとefaxは遅くありません。むしろ通常のFAXよりも速いと言えるでしょう。

ただし、efaxはメールにFAXデータを添付して送受信するインターネットFAXサービスですので、あなたが普段メールを送受信するときに時間がかかっているようなら、当然FAXデータを添付したメールを送受信するには時間がかかります。

ほかにも、efaxの制限を超えるFAXデータを1度に送信した場合には、NGが返ってくるまでに時間がかかる場合がありますので、ここで知っておきたいefaxの制限事項をご紹介しておきます。

1度に添付できるFAXデータの数

efaxに1通のメールに添付できるFAXデータは、最大5個までです。

6個以上のFAXデータを添付すると、相手先に全く送信されない場合や途中までしか送信されない場合がありますのでご注意ください。

1度に添付できるFAXデータのサイズ

efaxに1通のメールで添付できるFAXデータは、最大1Mまでです。

1Mを超えるFAXデータを添付すると、相手先に全く送信されない場合や途中までしか送信されない場合がありますのでご注意ください。

1度に同時送信できる相手先数

efaxからFAXを同時送信できるFAX番号は、最大50個までです。

ただし、1度に大量の宛先に同時送信する場合、FAX詐欺を防止するシステムが働き、アカウントを停止されてしまう場合がありますので、事前に電話でefax(フリーダイヤル:0120-914-915)に相談しておくことをおすすめします。

1カ月に送受信できるFAXの枚数

FAXのスピードには関係ありませんが、efaxの基本料金内で1カ月に送受信できるFAXの枚数は、FAX送信とFAX受信のそれぞれ150枚ずつです。

151枚目から1枚当たり10円のFAX料金が加算されます。

送受信が遅い原因

相手先が複合機でも、FAX付き固定電話でも、IP電話でも、こちらはインターネット回線を通じてメールでFAXを送受信します。ですから、以下のような場合には、FAXの送受信が遅くなります。

電波が届きにくい位置にいる

スマートフォンやタブレット、ノートパソコンなどのインターネットにつながるモバイル機器があれば、いつでもどこでもFAXを送受信できるefaxですが、電波が届きにくい場所にいると、インターネット全般の通信速度が遅くなってしまいますので、efaxも遅くなってしまいます。

通信速度制限されている

インターネット回線はプロバイダとの契約プランによっては、1カ月の通信データ量が○○GBまでという制限があります。この○○GBを超えてしまうと、通信速度が128Kbpsに制限されてしまいますので、efaxはもちろん、インターネット全般が遅くなってしまします。

送受信が遅いときの改善策

では、送受信が遅いときはどうすればいいのでしょうか?

原因ごとの改善策をご紹介します。

電波が届きにくい位置にいる場合

スマートフォンやタブレット、ノートパソコンを使用していて、電波が届きにくい位置にいるときは、電波が届きやすい位置に移動してください。

ご自宅などでモバイルLANルーターを使用している場合、窓際などの電波が届きやすいところにモバイルLANルーターを移動してみましょう。

通信速度制限されている場合

プロバイダによってインターネット回線に通信速度制限が発生している場合、悲しいことに翌月まで待たなくては通信速度が回復しません。

そういった事態にならなないために、通信データ量を定期的にチェックしましょう。

また、毎月通信速度制限が発生する場合は、プロバイダとの契約プランをギガ放題プランにするなど、契約プランの見直をしてください。

efaxが遅いかのまとめ

efaxはインターネット環境に問題がなければ、決して遅くはありません。遅いと感じる場合のほとんどは、インターネット環境に問題があります。

しかし、実際に使ってみなければ、efaxの速さや便利さは実感できないと思いますので、30日間の無料トライアルを試してみることをおすすめします。もし、無料トライアルでefaxが不便だと感じた場合の解約方法は、フリーダイヤル0120-914-915に電話するだけです。