格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

OCNモバイルONEでのLINEの使用方法について|アカウントの引き継ぎ方法や選ぶべきプランについて

OCNモバイルONEでLINEは使えるのか?

うれしいことにOCNモバイルでもLINEは使えます。ただし、音声対応SIM・データ通信専用SIMといったSIM契約の種別、さらにはデータ通信専用SIMの中でもSMS対応か非対応かによってLINEのアカウントの登録や利用に際しての制限などが生じる場合があります。それについてはコンテンツ2にて詳しく解説をしています。

OCNモバイルONEでLINEを使う場合の注意点

  • アカウントについて

▽新規登録しようと考えている方
OCNモバイルONEのSIMカードをセットしてあるスマホのみでアカウントを取得しようという場合にはSMS対応SIMであることが望ましいです。音声対応SIMの場合にはSMS機能が標準で付いてきますので問題となるのはデータ通信専用SIMの時です。SMS機能が無いとどうなるのか、まずその問題点について着目します。

  • SMS機能が無いとFacebookアカウントによる登録となる

Facebookアカウントをお持ちの方は良いのですが、Facebookアカウントをお持ちでない方はかなりの手間が生じます。SMS機能があればLINEアプリ単体でアカウント登録をすることができるので手間を削減できるメリットがあります。また、LINEだけでなく最近のアプリのアカウント作成時にはSMS機能を使った認証方式が増えてきていますので、LINE以外にもいろいろなアプリを使ってみたいとお考えの方はSMS機能有りのSIM契約をおすすめします。

▽従来使っていたアカウントの引き継ぎを考えている方

  • MNPで引き継いだ電話番号が有効な端末で新規登録を絶対に行わないこと

OCNモバイルONEのSIMカードを手に入れた後、そのSIMカードをセットした端末で新規登録を行ってはいけません。LINEのアカウントは1つの電話番号につき1つのみと決まっています。OCNモバイルでLINEアカウントを引き継ぐ前に新規登録を行ってしまうと、従来あったアカウントの「友だち」「グループ」「購入したスタンプ」その他全ての情報が消去されてしまいます。
・Facebookログインでアカウントを所有していて、スマホが機種変更となる場合
・機種変更後に電話番号も変更となる場合
この2つのどちらかに当てはまる場合には、旧SIMカードで運用しているスマホにおいて「引き継ぎ許可設定」をオンにする必要があります。さらにこの設定を行った後、24時間以内にOCNモバイルONEのSIMをセットした端末で引き継ぎを行わなければいけません。問題は旧端末を残しておかなければいけないという点です。LINEアプリはWi-Fiでの利用も可能ですのでSIMカードが有効でなくとも使えます。ただし、iOS端末では契約が切れたSIMカードを即座に抜くことはおすすめできません。キャリア版で確認しましたが、SIMカードが無い状態で「初期化→iTunesでの復元」を行ってもアクティベートで躓いて起動ができないケースがあります。この点を踏まえて、Wi-FiでのLINE利用が出来る環境を整えておき、OCNモバイルONEのSIMカードを挿した端末が用意出来次第、引き継ぎ設定から実際に引き継ぎを行うことが重要です。
 

  • 格安SIM運用ではLINE ID検索ができない

LINE ID検索は大手携帯キャリア契約が提供する年齢認証を済ませなければ利用できない機能です。残念ながら諦めるしかありません。

  • 音声対応SIM、データ通信専用SIM(SMS機能付き)はデータ通信専用SIM(SMS機能無し)より割高

LINEを利用する目的として「音声通話が高いのでLINEのチャット・電話機能で済ませたい」「音声通話の代替手段として使いたい」こういったものがあると思われます。OCNモバイルONEの音声対応SIMは月額にして700円(税別)の音声SIM用代金がかかります。データ通信専用SIMより最低でも700円は割高ということになります。データ通信専用SIMでもSMS機能付きとSMS機能無しとでは120円/月の差があります。

  • LINEをどれだけ使うのかでSIM契約を変えるのがベター

コミュニケーション手段としてLINEしか使わないのであれば、無理に音声対応SIMにすることはないかと思います。LINEとIP電話の組み合わせで十分運用は可能です。ただし、ビジネス用途で通話を行うといった場合には通話品質が重要となってきますので、音声対応SIMにしておいた方が無難ではあります。個人用途、かつLINEが主体という方はコスト的に考えてデータ通信専用SIMのSMS機能有り・無しのどちらかを選ぶのが良いかもしれません。SMS機能無しについてのデメリットは上記の「アカウントについて」を参照ください。

どのプランを選べば問題なく使用できるのか?

全てのコース・プランでLINEは利用可能ですが、コンテンツ2でも紹介した通りSMS機能があった方が便利です。

  • パッケージ別のSMS対応表

表の見方:○=利用可能・機能有り ×=後から追加不可・利用不可

  音声対応SIM データ通信専用SIM(SMSなし) データ通信専用SIM(SMS対応) データ通信専用SIM(050 plus付き)
SMS機能 × ×
音声通話 × × ×
SMS対応SIMカード利用料 0円 120円
050 plus 別途申し込みにより○ 別途申し込みにより○
050 plus利用料 0円 利用の場合150円 利用の場合150円 150円
音声対応SIMカード利用料 700円

※表内の価格はすべて税別です

気をつけなければいけない点は050 plus付きデータ通信専用SIMの契約です。この契約ではSMS機能が付加されません。追加もできませんので「データ通信専用SIM・SMSあり・050 plusあり」という組み合わせを契約したい方は、データ通信専用SIM(SMSあり)を契約してから050 plusを追加する形をとらなければいけないのです。データ通信専用SIMの中でも050 plus付きが料金的にも一番高いのでついつい「機能全部入り」と勘違いしがちです。この点だけは間違えないよう注意しておきましょう。なお、音声対応SIMを選択する方は特に注意点はありません。音声通話・050 plusによるIP電話・SMS機能全てが利用可能です。

  • コース別LINE機能の快適度
  110 MB/日コース 170 MB/日コース 3,5,10 GB/月コース 500kbpsコース
トーク
グループトーク
無料通話
LINE Out 条件付きで○ 条件付きで○ 条件付きで○ 条件付きで○
LINE ビデオ通話

※3,5,10 GB/月コースのみ3つの容量のコースを1列にまとめて掲載しています
※LINE Outのみ電話番号認証が必要です

  • ビデオ通話はデータ利用量が多いので注意

特に日次コースでは1日に使える最大データ量はそれほど多くありません。LINEビデオ通話は1分間に数MBのデータを消費してしまいます。消費量は2~5MBですが、1分間に2MB消費すると仮定した場合110MB/日コースでは55分で1日の容量を使い切ってしまいます。ビデオ通話を多用したい方は、月次コースかつ基本通信容量の多いコースを選択しておいた方が無難です。

  • トーク時は低速通信でも対応可、通話時はターボONが理想

OCNモバイルONEはデータ量節約のためにターボ機能のON/OFF機能が存在します。LINEのトークではターボOFFでも十分対応が可能なのですが、音声通話・ビデオ通話においては不安が残ります。特にビデオ通話時にはターボONにしておくことが理想的です。500kbpsコースでは最大速度が500kbpsと他のコースに比べても劣りますので、このコースにおいてのビデオ通話は快適ではないかもしれません(そのため、表では△を付けさせてもらいました)

LINEとデータ通信容量の関係について

  • トークにおいては画像を多用しない限りほぼ無制限に使える

トークは文字データが主体ですので高速通信状態で使用をしつづけていても無視できる程度のデータ使用量しかありません。ターボ機能をONにしておかなくても十分にサービスが使えるレベルですので、トーク主体で利用される方でデータ通信量を抑えたいという場合にはターボ機能をOFFにして利用すると良いかもしれません。

  • データ量を気にするべきは音声通話・ビデオ通話

・音声通話の場合は1分間300KB消費
・ビデオ通話の場合は1分間で2~5MB消費
音声通話の場合はターボ機能OFFの速度「200kbps」でも通話が可能ですが、ビデオ通話ではそうはいきません。従ってビデオ通話の場合はターボ機能をONにして臨む必要があります。1分間に5MB消費すると仮定すると1時間の利用で300MBものデータ量になります。これは日次コースではとうてい賄える量ではありません。コンテンツ3でも説明した通り、ビデオ通話の場合は月次コースの契約がほぼ必須だと言えるでしょう。ただし、短い時間でも毎日ビデオ通話がしたいという方はデータ量管理の面で日次コースの方が有利になることもあります。

  • OCNモバイルONEアプリでデータ量管理を

OCNモバイルONEアプリを利用することで、現時点でどのくらいデータ量が残っているのか、どのくらいデータ量を消費したのかをお好みのスパンを設定して閲覧することが可能です。データ量がどうしても気になる方はOCNモバイルONEアプリを使ってみてはいかがでしょうか。