格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

ぷららモバイルLTEについて徹底調査しました

ぷららモバイルLTEってどんなものなの?

ぷららモバイルって

 

ぷららモバイルは、NTTグループ会社NTTぷららが提供するMVNO通信サービスの格安SIMです。SIMとは、携帯電話の中に入っているICカードのことで、このICカード内に契約者の電話番号や契約プランなどが記録されています。このSIMを端末に差し込むことで、その端末は通信を行えるようになります。

ぷららモバイルのプランは、格安SIMとしてはめずらしいデータ容量無制限の定額プランがあり、3大キャリアと比べれば少し速度は遅めではありますが、高速通信が定額で使い放題プランがあるというのが最大の魅力です。使い放題のプラン以外でも、1日に使えるデータ量を選ぶプランや利用量に応じて二段階定額になるプランなど、昔からある大手プロバイダならではの品質と安定感は他の格安SIMにはないものがあります。

また、ぷららモバイルを契約すると、NTTぷららが提供する動画サービス「ひかりTV」を無料で視聴できるようになる他、有害なサイトへのアクセスをブロックするセキュリティサービスも無料でついてきます。

格安SIMがたくさんあって、どれにしようか決め手にかけるという方は、このような特典サービスがあるぷららモバイルを選んでみてはいかがでしょうか。

ぷららモバイルLTEはこんな人におすすめ

ぷららモバイルのおすすめな人

 

ぷららモバイルは他の格安SIMにはない使いやすいプランや、便利なサービスが魅力です。特にこのような方におすすめというポイントをご紹介します。

・月額料金を気にせずネットを思う存分楽しみたい方

他社の格安SIMにもデータ容量無制限のプランはありますが、無制限の代わりにデータ通信速度が1Mbpsを切るものがほとんどです。ぷららモバイルの無制限プランは、3大キャリアの通信速度等と比べると確かに遅めではありますが、3Mbpsという速度は少し前のネット通信の主流であったADSLと同じくらいの速度です。

ADSLレベルの速度であればほぼストレスなく充分ネットを楽しむことができますので、データ通信専用SIMで2,800円ほど、音声通話機能ありのSIMなら3,500円ほどで使い放題ならばとてもお得です。

・スマホやタブレットで映画やドラマを見たい方

ぷららモバイルには、契約するとNTTぷららが提供する動画配信サービス「ひかりTV」のエントリープラン(月額324円)が無料で使えるようになる特典があります。約3,000本の映画、ドラマ、アニメ、バラエティなどの作品がいつでも視聴できます。

・未成年のお子様にスマホを持たせたい方

ぷららモバイルには、契約するとセキュリティ的に危険と判断されるサイトや未成年に有害とみなされるサイトの閲覧ができなくなるブロック機能が無料で使える特典もついてきます。未成年の子供にスマホを持たせたいけど、フィッシング詐欺や有害なサイトへのアクセスが心配という方におすすめです。

ぷららモバイルLTEを選ぶことによるメリット

ぷららのメリット

 

3大キャリアや他社格安SIMと比べて、ぷららモバイルを選ぶとどんなメリットがあるのでしょうか。

・格安SIMの中では通信の安定性が高い

3大キャリアと比べて、格安SIMに変更するとデータ通信の速度が安定せず、遅くなることがよくあります。これはドコモなどの回線の一部を借りて、それを格安SIMの契約者でシェアしているため、どうしても多くの人はネットを使う時間帯は回線が混み合ってしまい重くなるのです。

そんな中、ぷららモバイルは格安SIMの中でもかなりの安定感を持つと評価されています。

混み合う時間帯は多少遅くなるものの、他社の特に遅いSIMと比べるとその差は歴然です。

・動画配信サービスが無料で視聴できる

映画やドラマ、バラエティなどの様々な動画を配信している「ひかりTV」のエントリープラン(月額324円)が無料になるのもうれしいポイントです。気になってる作品だけど、わざわざ映画館で見たり、お金を払ってレンタルするのも面倒だなぁということが多い方にもぴったりです。

・有害サイトをブロックしてくれる機能も無料

小さなお子様がいる方や、最近多いフィッシング詐欺などが心配な方にうれしいのが、有害と思われるサイトへのアクセスや、外部からの不正アクセスを自動でブロックしてくれるネットバリア機能です。こちらも無料で特典としてついてきますので月額料金は必要ありません。

・スマホと自宅のネット回線のセット割あり

自宅にネット光回線を引いている方で、ぷらら光以外のプロバイダを利用中の方は、スマホをぷららモバイルに、自宅の回線もぷらら光に変えることで、お得なセット料金が適用されます。

・自宅Wi-Fiを駆使すればかなりの節約に

ぷららモバイルの料金プランには、「30.5MB以下」ならたった390円になるという二段階定額プランがあります。ネット通信は自宅のWi-Fiのみを使い、外出先ではスマホを極力利用しないことで月額500円以下という驚きの安さでスマホを持つことができるようになります。

→ぷららモバイルLTEの詳細はコチラから

ぷららモバイルLTEを選ぶことによるデメリット

デメリット

 

ぷららモバイルを選ぶと他社のスマホと比べてどんなデメリットがあるのでしょうか。

 

・月次プランが少ない

他社格安SIMと比べ、ぷららモバイルの料金プランはデータ通信専用SIMは「定額無制限プラン」「定額(7GB)プラン」「定額ライト(1日110MB)プラン」「二段階定額プラン」の4プラン、音声通話機能つきのSIMでは「定額無制限プラン」「定額(7GB)プラン」「定額ライトプラン」の3プランです。その中で他社格安SIMプランによくある「月1GB、3GB、5GB」といった決まったデータ量のプランは「7GB」プランひとつしかありません。「ライトプランでは少ないけど7GBは使わない」というような方には、選択肢の少なさがネックになります。

・二段階定額プランの料金差が大きい

他社格安SIMにもある二段階定額プランは、「1GB以下」と「1GB~3GB」の二段階に分かれているものがほとんどです。しかし、ぷららモバイルの二段階は「30.5MB以下」と「30.5MB以上」となっており、30.5MBはかなり少なめのデータ量といえます。

30.5MBまでは390円という破格の安さでありながら、30.5MBを少しでも超えてしまうと、とたんに2,550円まで上がってしまい、7GB定額プラン以上の料金となってしまいます。

二段階定額は月によって通信量にバラつきがある方にとってはとても便利なプランですが、ぷららモバイルの場合は料金設定の差が大きいため注意が必要です。

自宅のWi-Fi経由以外ではネット通信しない!くらいの意気込みで使わないと初期料金で済ませるのは難しいかもしれません。

ぷららモバイルLTEの料金やプランを紹介します

プラン

ぷららモバイルには、データ通信専用SIMにはデータ容量無制限プランが1つ、月次プランが1つ、日次プランが1つ、二段階定額プランがそれぞれ1つずつあります。

音声通話が可能な、音声通話プラスSIMには二段階定額以外のプランが各1つずつ設定されています。

「ぷららモバイルプラン別月額料金(税込)」

【データ通信専用SIM】

定額無制限プラン  2,980円

定額(7GB)プラン 2,036円

定額ライトプラン  972円

二段階定額プラン 30MB以下 390円

30MB超 2,550円

【音声通話プラスSIM】

定額無制限プラン  3,736円

定額(7GB)プラン 2,792円

定額ライトプラン  1,728円

3大キャリアのスマホは、月額料金内に通話し放題の料金が含まれていますが、ぷららモバイルにはそのような通話料定額プランはありませんので、使用事に通話料が必要になります。国内通話は21.6円/30秒、テレビ電話は38.88円/30秒となります。

LINEやLaLaCALLといった無料のIP電話アプリもありますが、IP電話は電波状況などに左右されやすく、停電時は不通になり、音声品質も決して良いとはいえないものも多いです。

格安SIMに利用できる、通話料を半額にする通話アプリ(楽天でんわ、U-CALL等)は、電話回線を使っているため停電が起こっても通話が可能で、もちろん音声品質はまったく問題ありません。通話料半額アプリはアプリサイトから無料でダウンロードできますので、状況に応じてIP電話と電話回線アプリとを使い分けることで、通話料を節約することができます。

ぷららモバイルLTEのデータ通信や音声通話について

データ通信や音声通話

 

ぷららモバイルLTEのデータ通信SIMはそのままではデータ通信のみの利用になります。もちろんこれだけでもネットの閲覧や動画の視聴、アプリの利用は可能ですが、LINEなどのSMS認証が必要なメッセージアプリは使用できません。

SMS(ショートメッセージサービス)とは、電話番号だけでメッセージが送受信できる機能です。3大キャリアではCメールとも呼ばれ、70文字ほどのメールが送れます。

LINEなどの一部のアプリでは、このSMS機能を使って認証が行われるため、音声通話はいらない場合でもSMS機能をつけておくのがおすすめです。ぷららモバイルのSMSオプションは月額150円(税抜)でつけることができます。

ぷららモバイルの音声通話は、NTTドコモの回線を使用しているため、全国どこにいってもほぼ圏外ということはありません。格安SIMの場合、3大キャリアと違い通話料はかけた分だけ支払う形なので、自分から通話発信をしなければ通話料はかかりません。

契約時に070/080/090の電話番号が付与されますが、今現在使用中の電話番号を引き続き使用したい場合はMNP(ナンバーポータビリティー)を使って、電話番号ごと乗り換えが可能です。

MNPは手数料が3,000円(税抜)必要で、現在利用中の携帯電話会社に申し込むことでMNPの予約番号を入手することができます。この予約番号を添えてぷららモバイルに申し込めば、使用していた電話番号が入ったSIMカードが届きます。MNP予約番号と一緒に申し込んでから、SIMカードが届くまでの間(約一週間程度)は元々使用していたSIMカードは使用不可になりますので、その間誰かが電話をしてきても受けることができません。

申し込む前に、あらかじめ周囲の人にその旨伝えておくといいかもしれません。

ぷららモバイルLTEを選ぶ際の注意事項

ぷららモバイルの注意ポイント

 

現在使用中の3大キャリアや他社格安SIMからぷららモバイルへの乗り換えを検討している場合、あらかじめチェックしておくべき項目があります。それらをしっかりと考慮し、納得をしたうえで申し込むようにしましょう。

・ぷららインターネット接続セットとの併用が必須

ぷららモバイルLTEは、ぷららが提供するインターネット接続セット契約者のみが申し込み可能な格安SIMです。現在他社のインターネット接続サービスを利用中の方や、自宅でネット接続を行っていない場合は、ぷららモバイルの申し込み時にインターネット接続セットの申し込みと同時に手続きが行われます。しかし、自宅にネット回線は必要ないという方は「ぷららライト」という月額0円のセットがありますので、このセットを契約すれば大丈夫です。

自宅のネット回線をぷららに変えるとぷららモバイルの月額料金にセット割引が適用されますので、他社を利用中の方はこの機会に検討してみてはいかがでしょうか。

・ドコモユーザー以外は要チェック

ぷららモバイルに乗り換える際、現在使用中の端末のSIMカードのみを交換しようと思っている場合、ドコモの端末かSIMフリー端末以外は対応していない可能性があります。

ぷららのホームページで他社端末の中で動作確認ができた機種が紹介されていますので、自分が持っている端末が対応機種かどうかを確認してください。もし対応機種でない場合は、ドコモの端末かSIMフリー端末を用意する必要があります。

・プラン変更不可

他社格安SIMの中には、月ごとにプランを変更できるものがあります。ぷららモバイルは契約したプランを途中で変更することはできません。もしプラン変更を希望する場合は、一度契約中のSIM契約を解約し再度契約しなおす必要があります。契約前にはしっかりと熟考してからプランを決定しましょう。

・ぷららモバイルLTEを使用した人の体験談

ぷららモバイルは、大手プロバイダ「NTTぷらら」が提供しているだけあり、その通信品質の安定感には定評があります。携帯電話の通信速度が計測できるアプリでぷららモバイルの通信速度を様々な場所や時間に計測し、ネット上に公開している方や、実際にぷららモバイルを契約し使用中の方の意見はどのようなものがあるのでしょうか。

通信速度について

  • 夕方の混雑時は多少遅くなる
  • 早朝、深夜の速さは他社格安SIM以上であることが多い
  • 他社格安SIMを比較して、通信速度の安定感はトップクラス
  • 無制限プランの速度は少し前のADSL程度なのでストレスをあまり感じない

性能について

  • テザリングやHD動画再生など、便利な機能が多いため使いやすい
  • 動画もあまり問題なく視聴でき、途切れたりしづらい
  • 動画を見る場合は画質を落とすと快適になる

契約プランについて

  • プランをよく考えずに契約すると、使用状況によってはデータ量をすぐ使い切ってしまう
  • 他社格安SIMと同じく途中でプラン変更できると思って契約したらできなかった

このような意見が見られました。昼間~夕方の混雑時の速度低下については、格安SIMには避けて通れないポイントです。ドコモなどの回線の一部を借りて使っているようなものなので、多くの人がネットを使う時間帯は回線が混み合ってしまい速度が遅くなりやすいです。

ぷららモバイルも速度低下が見られるという意見はあるものの、他社格安SIMと比べてネットが閲覧できないくらい極端な速度低下はほぼ見られず、多少低いなりに安定感があるという意見が多かったです。

また、深夜や早朝時はあまり混まないせいか速度が出やすいのですが、ぷららモバイルの場合安定して高速通信ができるため、ストレスがないとのことでした。

動画を視聴してみた方の多くは、その快適性と無制限プランならではの使い放題に感動した意見が多く、混み合う時間帯は動画の表示画質を落とす等すると良いという意見も。

しかし、プランについてはぷららモバイルは2015年6月現在、プランの変更ができません。

そのため他社格安SIMのようにプラン変更がでると思い込んで契約してしまった方が、月の途中で契約データ量を使い切ってしまい、追加で高速データ量を購入するなどもできず不便なまま残りを過ごさなければいけないと言うケースもありました。

ぷららモバイルでは2015年夏以降に、契約途中でプランを変更できる「プラン変更機能」を提供する予定という発表をしているので、期待が持てます。

ふららモバイルLTEでiphoneを使う方法

ぷららでiphone

 

今現在iPhoneを使っている方で、ぷららモバイルのSIMをiPhone端末に差して使いたいという方もいると思います。ぷららモバイルはiPhone端末でのSIM利用について、

  • iPhone4
  • iPhone4s
  • iPhone5
  • iPhone5c
  • iPhone5s
  • iPhone6
  • iPhone6 Plus

以上のiPhone端末での動作確認が取れていると発表しています。

iPhone端末でぷららモバイルSIMを利用する場合は、iPhone端末にぷららモバイルSIMを差し込んだあとAPN構成プロファイルのインストールが必要になります。iPhone端末をWi-Fiに接続し、「iOS APN構成プロファイル 設定ツール」をインストールしてください。APN構成プロファイルのインストールが完了すれば、普通の端末と同様に利用可能となります。

プロファイルをインストールする際は、LTEエリアにいることをおすすめします。Xiエリア圏内でLTE接続ができていない(アンテナマーク部分に「H」「3G」としか表示されない)場合は、端末を再起動してからインストールしなおしてください。

SMS機能をつけていないデータ通信専用SIMの場合は、アンテナピクトが表示されない場合があります。

⇒TOPページに戻る