格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

ぷららモバイルLTEでテザリングを使用する方法と注意点について

ぷららモバイルLTEでテザリング機能を使用可能にするまでの手順

ぷららモバイルLTEはテザリングが利用できる格安SIMです。テザリングという言葉になじみの無い人にも分かるようにどこよりも詳しく、ぷららモバイルLTEのテザリングについて説明をしていきます。

テザリングとは、スマートフォンや携帯電話を中継点とし、PCやタブレット等にインターネットに繋いで利用することが出来る機能です。
テザリングをするには、Wifiテザリング、USBテザリング、Bluetoothテザリングの3種類の方法があります。それぞれメリットとデメリットがありますので、それらを理解した上でどの方法でテザリングを行うか決めてください。

・Wifiテザリング

Wifiを使い無線通信で行うテザリングです。線を繋ぐ必要がないので、使いやすいですが、USBテザリングに比べると速度が遅くなったり、バッテリーの消費がはやくなったりします。

・USBテザリング

線を繋ぐ必要があるので、多少煩わしいかもしれませんが、通信速度は安定しており、スマホの充電も同時に行うことが出来るのもメリットです。

・Bluetoothテザリング

BluetoothもWifiと同じく無線を利用して回線を接続するのですが、Wifiよりもバッテリーの消費がはやくない点、Wifiよりもセキュリティ面で信頼ができる点がメリットとしてあげられます。

ぷららモバイルLTEはNTTぷららが提供している格安SIMメーカーで、携帯電話の他にも、「ぷらら光」と呼ばれる光回線によるインターネット回線のサービスや、「ひかりTV」と呼ばれる映像や、音楽、ゲームをいつでも楽しむことのできるスマートTVの提供も行っています。ぷららモバイルLTEの携帯ではテザリングを利用することができますので、移動中や、外出先でインターネット環境を作ることが出来ます。但し何点か注意点もありますので、ぷららモバイルLTEで格安SIMの契約や、乗り換えを検討している人は、よく確認した上で決定してください。

ぷららモバイルでテザリング機能を使う手順は以下の通りです。書いている手順はandroidスマホでのテザリング手順です。

1.まずホーム画面の設定アイコンをタップします

2.設定画面内に表示される「その他」をタップします。

3.「モバイルネットワーク」をタップします。

4.「アクセスポイント名」をタップします。

5.APN一覧が表示されたら右上の「+」をタップします。

6.購入時に入手したぷらら会員登録証を見ながら、「名前」、「APN」、「ユーザー名」、「パスワード」、「認証タイプ」を入力します。入力の詳細は以下の通りです。

名前:自由に決めてください。
APN:lte.nttplala.com と入力してください。
ユーザー名:入手したぷらら会員登録証のユーザー名+@plala.or.jpと入力してください。
パスワード:入手したぷらら会員登録証の本パスワードを入力してください。
認証タイプ:CHAPを選択してください。

上記情報が全て入力完了したら、「保存」をタップしてください。

7.APN一覧に戻り、先ほど新規登録したAPN情報が表示されますので、「ぷららモバイル」を選択します。

ここまでがぷららモバイルLTEのモバイル通信設定です。この先がテザリングの設定になります。

8.ホーム画面から「設定」をタップします。

9.設定画面から「その他」をタップします。

10.その他画面から「テザリング」をタップします。

11.テザリング画面から「WLANテザリング設定」をタップします。

12.WLANテザリング設定画面から「パスワード」を設定し、保存します。

13.テザリング画面から「WLANテザリング設定」をONにします。

以上でテザリング機能の手順が完了となります。設定自体は難しくないので、上記の案内通り行えば問題なく利用できるようになると思いますが、テザリングをすると、バッテリーの消費がはやくなったりしますので注意をしてください。

ぷららモバイルLTEでテザリングするための料金について

PCで動画やネットを見るために、テザリングをするという人は多いと思いますが、ぷららモバイルLTEを賢く利用することで、テザリングも出来て、なおかつ毎月の通信費がお得になるプランも用意されています。中でもぷららモバイルLTEの特徴でもある定額無制限プランを利用することで、利用時の回線速度は3Mpbsと遅くなりますが、通信量を気にせずにネットが出来るので、通信量が多く、定額の容量でおさまらないような人には、大変便利なプランです。

以下はぷららモバイルLTEの料金(データ通信のみ、データ+音声通話)をまとめたものです。

  • データ通信のみプラン
  定額ライト 定額(7GB) 定額無制限 二段階定額
月額
利用料金
900円
(税込972円)
1,886円
(税込2,036円)
2,760円
(税込2,980円)
362円~2,362円(税込390円~2,550円)
通信量 110MB/日 7GB/月 制限なし 100MB/日
通信
速度
上り最大50Mbps
下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
下り最大150Mbps
上下最大3Mbps 上り最大50Mbps 下り最150Mbps
おすすめ
の人
メールや、通信量が少なめの人 動画等を楽しみたい人 通信量を気にせずに利用したい人 通信量が、月によって差が大きい人

 

  • データ通信+音声通話プラン
  定額ライト 定額(7GB) 定額無制限
月額利用料金 1,600円
(税込1,728円)
2,586円
(税込2,792円)
3,460円
(税込3,736円)
通信量 110MB/日 7GB/月 制限なし
通信速度 上り最大 50Mbps 
下り最大 150Mbps
上り最大50Mbps 
下り最大150Mbps
上下最大 3MBbps
おすすめの人 メールや、通信量が少なめの人 動画等を楽しみたい人 通信量を気にせずに利用したい人

 

テザリングをしてネットを利用する時間がどの程度かにもよりますが、動画を見たいときの目安となる通信量として、メール送受信、ニュースサイト閲覧、動画、音楽のダウンロードがそれぞれどの程度通信量がかかるかの参考通信量を書きました。この情報を基に、自身の日々利用する通信量がどの程度かを算出し、最適なプランを選んでください。

  • 参考通信量
  参考通信量 1GBあたり
メール送受信 500KB/1通 約2,000通
ニュースサイトの閲覧 300KB/1ページ 約3,500ページ
ネット動画 4MB/1分 4.5時間
音楽のダウンロード 4MB/1分 250曲

テザリング機能を使用する際のメリットと注意点

テザリング機能を利用すると、外出時にインターネットが出来るので、どこでも仕事や、情報収集が可能となります。

ぶららモバイルLTEの格安SIMを使用してテザリング機能を使う場合、そのプランを最大限に活かしたものを選択するとお得に利用できるでしょう。

  • ぷららモバイルLTEでテザリングを使用するメリット

1.データ通信SIMの場合、契約に縛りがないので気軽に始めることが出来ます。最低利用期間の制限が設けられていませんので、契約をして、やっぱり合わないと思った場合にも違約金等の発生がなく解約することができるのが、気軽に利用できる理由です。格安SIMの契約が初めての人は、やはり心配もあると思いますので、一度一番安いプランでお試し契約をしてみるのも良い選択でしょう。契約プランは契約後でも途中で変更することが可能です。

2.定額無制限プランを活用し大幅コストダウン

格安SIMを契約する場合、毎月どの程度通信量がかかるかというのは重要な点になります。契約している制限の通信量を超えてしまうと、通信が出来なくなったり、極端に遅くなったりしますので、自身が毎月利用する通信量はきちんと把握しておくべきでしょう。

ぷららモバイルLTEの場合、定額無制限プランというのがあり、通信量に制限がないプランも用意されており、このプランを利用すると、上限最大3Mbpsという条件はありますが、通信量は無制限に利用できます。テザリングを使って、ネットを思う存分利用したいと思う人にはおすすめのプランとなります。

3.ポケットWifi等を持ち歩かなくてもネット環境が整う

移動中や、外出時にPCで作業をしたり、インターネットを使いたいと思っている人は、ポケットWifiを利用している人も多いと思います。喫茶店や、外出先ではWifi環境が必ずしも整っているといえませんので、自分で準備するのが確実です。ポケットWifiが無くても、ぷららモバイルLTEのテザリングを使うことで、ポケットWifiを持ち歩く必要がなくなり、荷物もすっきりします。移動中はなるべく荷物を減らしたいと思うでしょうから、そんな方にもぴったりです。

  • ぷららモバイルLTEでテザリングを使用する注意点

1.テザリングは、SIMフリーの端末のみ利用が可能です。また、NTTドコモの端末では、そのまま使うことが出来ませんので、SIMロック解除等の対処を行う必要があります。

2.バッテリー消費がはやい

普段の使用よりも、テザリングを行っている時のほうがバッテリーの消費が早いです。テザリング状態にしておくと、常に電力を消費している状態なので、バッテリーの残量には注意をしておくべきでしょう。常にテザリング状態にしておく必要がなければ、使うときだけテザリングをオンにして使うと、バッテリーの消費も抑えることが出来ます。

通信容量が無制限というのはぷららモバイルLTEの特徴のひとつで、購入を検討している人の中にも、通信量の制限がある人契約からの切り替えを望んでいる人も多いです。ぷららモバイルLTE以外にも通信容量無制限の会社もありますので、概要をまとめました。値段はもちろんですが、それぞれ最大受信速度にも差がありますので、総合的に考えて選択してください。

・通信容量無制限プランのある会社

  プラン名 月額料金 最大受信速度
ぷららモバイルLTE 定額無制限プラン【データ】 2,760円 3Mbps
定額無制限プラン【音声通話プラス】 3,460円 3Mbps
U-mobile U-mobile PREMIUM データ専用 2,480円 375Mbps
U-mobile PREMIUM 通話プラス 2,980円 375Mbps
UQ mobile データ無制限プラン 1,980円 500kbps
データ無制限+音声通話プラン 2,680円 500kbps
DTI SIM データプラン ネットつかい放題 2,200円 225Mbps
音声プラン ネットつかい放題 2,900円 225Mbps

 

ぷららモバイルLTEは格安SIMでは少数の定額無制限のプランがある格安SIMです。通信量が多い人には多くのメリットがあるプランだといえます。