格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

ぷららモバイルlteはiPhoneでも使えるのか?動作確認端末や設定方法を紹介

ぷららモバイルLTEの格安simはiPhoneでつかえるの?

  • ぷららモバイルLTEはiPhoneが使える

結論から言えばぷららモバイルLTEのSIMはiPhoneでも使えます。docomo回線を使用しているため、docomo版iPhoneとSIMフリー版iPhoneならSIMロック解除なしで使用でき、auやSoftBank版のiPhoneでもSIMロックを解除すれば一部機種は使用できます。

確かにiPhoneは複数の通信方式に対応していることやVoLTEが導入されたことで本当の意味でキャリアのカベを超えたスマホと言えるのですが、太田キャリアがSIMロック解除に対応しているのはiPhone6s以降です。

iPhone6以前の機種ではdocomo版とSIMフリー版が必須路なります。

実際に動作確認されているiPhoneは公式サイトのこちらから確認することができます。

https://www.plala.or.jp/lte/setup/setup_list/#sp

ただし、iPhoneの動作確認をするときは使える端末だけでなくキャリアやiOSの確認も必要ですし、注意書きもされているので簡単な紹介していきます。

iPhone4:3G 専用端末でSIMフリー版のみ動作確認済み。iOS7.1.2で動作確認済み

iPhone4s:3G 専用端末でSIMフリー版のみ動作確認済み。iOS9.0で動作確認済み

iPhone5:3G 専用端末でSIMフリー版のみ動作確認済み。iOS9.0で動作確認済み

iPhone5s:docomo版、SIMフリー版のみ動作確認済み。iOS9.0で動作確認済み。docomo版端末の場合はiOS7シリーズだとテザリング不可。

iPhone5c:docomo版、SIMフリー版のみ動作確認済み。iOS9.0で動作確認済み。docomo版端末の場合はiOS7シリーズだとテザリング不可。

iPhone6:docomo版のみ動作確認済み。iOS9.0で動作確認済み。FOMAプラスエリアは非対応

iPhone6plus:docomo版のみ動作確認済み。iOS9.0で動作確認済み。FOMAプラスエリアは非対応

iPhone7:A1779(国内モデル)で動作確認済み。iOS10.1.1で動作確認済み。

iPhone7plus:A1785(国内モデル)で動作確認済み。iOS10.1.1で動作確認済み。

iPhoneSE:A1723(国内モデル)で動作確認済み。iOS10.1.1で動作確認済み。

ちなみにiPadでデータ通信SIMや音声通話SIMを使いたいならこちらで動作確認端末を見ることができます。

https://www.plala.or.jp/lte/setup/setup_list/#sp

ぷららモバイルLTEをiphoneで使用するまでの流れ

ぷららモバイルLTEをiPhoneで使用するまではこのような流れです。

まず、iPhoneを購入します。iPhoneは大手キャリアのショップ以外にApple Storeでの購入が可能です。もちろん、SIMフリー版iPhoneを選ぶのが無難です。近くにApple Storeがない場合はオンラインで購入します。安く買いたい場合は中古で購入するのも一つの手です。すでに動作確認済みのiPhoneを持っている場合はそのまま使ってもOKです。

ぷららモバイルLTEのプランを契約し、SIMカードを受け取ります。店舗はないので契約は公式サイトから行います。Web完結の手続きに不安があるという人はぷららモバイルLTE を扱っている家電量販店を探してみましょう。

その次にAPN設定を行います。APNとはインターネット接続の時に利用するプロバイダのようなもので、LTE通信ができるようにするために必須の手続きです。大手キャリアの場合は携帯会社で設定してくれていましたが格安SIMの場合は自分で設定しなくてはいけません。

ただし、iPhoneの場合はAPN構成プロファイルをインストールするだけなのでAndroidスマホより楽かもしれません。

iPhoneAPN設定はこちらのマニュアルに書かれていますので、ここから要点のみを解説します。(https://www.plala.or.jp/resources/plala/pc/pdf/support/manual/mobile/lte/nano.pdf

ぷららモバイルLTEのSIMカードを刺した状態で、ブラウザを起動します。そして、こちらのurlにアクセスします。(http://www.plala.or.jp/c/ios/

すると「ぷららモバイルLTEiOS向けAPN設定ツール」というサイトが表示されるのでユーザID とパスワードを入力し、画面下部の「設定開始」をタップします。

APN構成プロファイルが表示されたら画面右上の「インストール」をタップします。画面ごとに文字が「インストール」→「次へ」→「インストール」と変わりますが、順にタップすると最後に「インストール完了」という画面になります。

そして、画面右上の「完了」をタップすればぷららモバイルLTEでのLTE通信ができるようになります。

ぷららモバイルLTEをiphoneで使用する際の注意点

  • iPhoneはオンラインじゃないとAPN設定ができません

ぷららモバイルLTEでのネットワーク通信はAPN設定が終わったあとでないと使えません。しかし、iPhoneのAPN設定はオンラインで行うためAPN設定の際はWi-Fi環境がある場所で行いましょう。

  • 古い構成プロファイルは削除してください

また、中古のiPhoneや今まで使っていたiPhoneの場合はAPN設定の前に既存のプロファイルを削除しなくてはいけません。これはiPhone本体の「設定」から「一般」→「プロファイル」とタップし、外套のプロファイルを選択します。そして「プロファイルの削除」をタップします。

うっかり忘れてインストールできないという人は少なくないので、SIMカードを入れる前に確認すると良いでしょう。

  • SIMカードのサイズを間違えない様にしよう

iPhoneはiPhone4とiPhone4sはmicroSIMですが、それ以降はnanoSIMです。SIMカードを発行してもらう際は大きさを間違えない様にしてください。万が一大きさを間違えると一度解約してからの再契約が求められます。特に音声通話SIMでは違約金の8000円がかかるので要注意です。

  • iPhoneを中古で買う時の注意点

どんなものでも中古で買った方が安上がりなのは当然です。しかし、iPhoneを中古で購入するときにはいくつかの問題に気を付けてください。

:SIMロックが解除されていない

au版やSoftBank版のiPhoneはdocomo版より数千円安い傾向にあります。だからと言って購入するとSIMロック解除がされていない端末の時に大変です。特にSoftBank版iPhoneは本人しかSIMロック解除できないため、最悪の場合は使用不可です。

:アクティベーションロックがされている

これは中古屋さんではもちろん、オークションで購入した時によく起こる問題です。アクティベーションロックとは初期化からの再起動の際にiPhoneのIDとパスワードを入力するものなので、もとの購入者しかわかりません。事前の確認が必須です。