格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

ぷららモバイルLTEの解約手順とは?解約する際の注意点もご紹介

ぷららモバイルLTEの解約方法と手順

  • まずは公式HPにアクセスしてみよう

ぷららモバイルLTEの解約方法ですが、インターネット上から行うことができます。24時間いつでも手続きを進めることができますので、お仕事などで忙しい方も気軽に解約することができますね。

解約するためには公式HPの会員サービス・特典という欄をクリックします。そして会員マイページにログインをします。ユーザーIDとパスワードが必要になりますので、あらかじめ調べておきましょう。ログインできましたら利用状況確認という欄をクリックしましょう。

すると登録情報が現われますので、下の方へスクロールしていきます。その他オプションサービスご利用状況という欄までスクロールできたら、解約というボタンがありますので引き続きクリックします。

解約に関する特約が出てきますので、解約する旨が変わらなければそのまま解約ボタンをクリックしましょう。すると「ぷららモバイルLTE 解約完了」という画面が表示されます。この画面が表示されたことを確認し、閉じるボタンをクリックします。これで解約はの手順は一通り終わりました。

  • ぷららモバイルからのメールを確認しよう

ネット上から無事に解約が終わったら、次はぷららモバイルからのメールを待ちます。解約の受付完了というタイトルで送られてきますが、人によってはこのメールが送られてくる場所が違うようです。

普段使っているメールアドレスに届けば特に問題ありませんが、インターネットのマイページ上に届く場合がありますので、見逃さないようにご注意ください。後はこれまで使っていたSIMカードをメールに記載されている住所に返送して解約手続きは完了です。

  • ぷららモバイルには解約と退会の2つがある

実はぷららモバイルには「解約」という言葉と「退会」という言葉の2つがあります。意見どちらも同じ意味のように思えますが、少しだけ意味が異なっています。解約を選択すると「ぷららライト契約」という形になり、ぷらら会員としてはデーターが残ります。

一方、退会を選択するとぷらら会員としても解除されることになり、今後サービスを利用する事はできません。いずれぷららのサービスを利用するかもしれない、と思ったときは解約を選択してみましょう。ちなみにぷららライト契約は月額料金が無料ですので料金を支払い続ける必要はありません。退会、解約手続きはメールや電話、書面から行うことができます。書面は月末必着で送る必要がありますので、注意しましょう。

手数料や違約金はかかるのか?

  • 格安SIMの種類によって違約金が発生してしまう

ぷららモバイルには他のMVNOと同じようにデータ通信SIMと、音声通話付きのSIMがあります。データ通信SIMはいつ解約しても違約金や手数料がかからないのに対し、音声通話SIMはある一定の期間中に解約してしまうと違約金が発生してしまいます。

ぷららモバイルは利用開始日ではなく、利用を開始した月の翌月から6ヶ月目の月末までが最低の利用期限に設定されています。つまり半年がいわゆる縛りに設定されていることになります。半年以内に解約してしまうと、8,000円の違約金が発生してしまいます。

しかし、三大キャリアなどでは2年縛りの場合が多いですので、かなり良心的な期限とも言えるのではないでしょうか。途中でぷららモバイルを解約したくなったとしても、半年は我慢しましょう。

  • インターネットの解約は別途手数料がかかってしまう

SIMの手数料は一定の期間を越えれば料金が発生する事はありませんが、インターネットサービスに加入していた場合は、手数料がかかってしまいます。別途サービスに加入している方はご注意ください。

ぷららモバイルLTEを解約する際の注意点

  • 月額料金の日割り計算は行われない

ぷららモバイルを解約する方法はとても簡単ですが、解約する時期を間違えてしまうと損をしてしまう事になってしまいます。ぷららモバイルでは解約する際、日割り計算が行われません。つまり月初や月の途中に解約しても全額料金がかかってくるので、損をしてしまうことになるのです。

ですので、できる限り解約する日は月末を選ぶ事をおすすめいたします。他社のMVNOを利用する場合は、月末か月初にSIMが届くように手配しておけばスムーズに手続きを進めることができますよ。

  • SIMを返却し忘れると4,000円ほど損をしてしまう

ぷららモバイルの格安SIMは、解約後速やかに返送する必要があります。もしも返送し忘れてしまうと4,000円ほど請求されてしまいます。また、貴重な物でもありますので普通郵便は控えた方がいいでしょう。

途中で輸送事故などに巻き込まれてしまうと、荷物が行方不明になってしまう場合があるからです。きちんと手元に輸送記録が残るような手段で送ることをおすすめいたします。