楽天モバイルのHUAWEI Mate 9は買い? - スペックや特長、評判まとめ

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

楽天モバイルのHUAWEI Mate 9は買い? – スペックや特長、評判まとめ

HUAWEI Mate 9のスペック

HUAWEI Mate 9は2016年12月に販売開始された、ファーウェイ製のハイエンドなSIMフリースマホ。ファーウェイの最上位グレード「Mateシリーズ」の新機種です。楽天モバイルをはじめエキサイトモバイルやDMM mobileなど複数の格安SIM・MVNOが、セット販売端末として採用しています。その自慢の主なスペックは以下の通り。

端末名 HUAWEI Mate 9
OS Android™ 7.0 Nougat
画面サイズ 約5.9型 IPS液晶/1080×1920ドット(FHD)
CPU HUAWEI Kirin 960 オクタコア
RAM 4GB
ROM 64GB
記録装置(外部) microSD カード(最大256GB)
通信方式 [SIM 1]
FDD-LTE : B1/2/3/4/5/7/8/9/12/17/19/20/25/26/28/29
TDD-LTE : B38/39/40/41
LTE CA DL( 国内) : B1+B19/B3+B19/B1+B8/B1+B3+B8
UMTS: B1/2/4/5/6/8/19
TD-SCDMA: B34/39
CDMA2000: BC0 ※2
GSM:850/900/1800/1900MHz

[SIM 2]
 UMTS: B1/2/4/5/6/8/19
CDMA2000: BC0 ※
GSM:850/900/1800/1900MHz
 
※CDMA2000はChina Telecomのみの対応
SIMサイズ nano SIM x 2
Wi-Fi 802.11b/g/n/ac(2.4/5.0GHz)
カメラ アウトカメラ:1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサー
インカメラ:800万画素
バッテリー容量 4,000 mAh ※急速充電対応
サイズ 高さ約156.9mm×幅約78.9mm×厚さ約7.9mm
重量 約190g
入出力端子 USB マイクロCコネクタ
カラー ムーンライトシルバー、シャンパンゴールド、ブラック

HUAWEI Mate 9の価格

楽天モバイルでの端末販売価格は以下の通りです。

分割払い 2,736円(税込)+分割手数料/月×24回
一括払い 60,800円(税込65,664円)

※利用するクレジットカードにより分割手数料が発生

なお2017年5月時点では期間限定/Web限定のキャンペーンにより分割払い・一括払いともに以下のように割引が行われています。

【通話SIMで申し込む場合(キャンペーン価格)】

・分割では、2,236円(税込)+分割手数料/月×24回 ※初回のみ2,248円
・一括払いなら49,700円(税込53,676円)

【データSIMで申し込む場合(キャンペーン価格)】

・分割では、2,461円(税込)+分割手数料/月×24回 ※初回のみ2,473円
・一括払いなら54,700円(税込59,076円)

キャンペーンを適用することで、以上のように最大で約1万円のお得。HUAWEI Mate 9を購入するなら、ぜひキャンペーン適用を検討したいですね。

HUAWEI Mate 9の特長

HUAWEI Mate 9は、SIMフリースマホの中では最強クラスのスペックを誇る機種です。最新オクタコアCPU「Kirin 960」と4GBのRAMが処理の重い動作もさくさくと快適に処理しつつ省電力も実現。ストレージは標準でも64GBという十分な容量ですが、microSDカードを挿入することにより最大で256GB増量すすることも可能です。

●圧倒的な大容量バッテリーと急速充電

バッテリーの容量も他を圧倒。大容量といっても3,000mAh程度のSIMフリースマホが多い中、HUAWEI Mate 9のバッテリー容量は        4,000 mAhもある上に、独自の省電力機能を備えています。結果、ヘヴィな利用をしたとしても約1.7日、標準的な利用であれば約2.4日も充電なしで持つとのこと。これだけ持つなら普段使いは基より、旅行や出張で携帯する際も安心ですね。少しくらいなら夜に充電を忘れてしまっても大丈夫そうです。

さらに最先端のHUAWEI スーパーチャージ技術を搭載することにより、たった20分の充電で約1日分の使用が可能。HUAWEI Mate 9なら、もう電池持ちで悩むことはないでしょう。

●5.9型の大画面液晶を採用

スマートフォンが大画面化しているとは言え、他の多くの機種は5型前後ではないでしょうか。そんな中HUAWEI Mate 9が採用しているのは5.9型もの大画面液晶。これだけの大きさがあれば、動画鑑賞やオンラインゲームの楽しみも格段に増すことでしょう。ビジネスシーンでは、長文になりがちなPCメールの参照や返信、オフィスファイルやPDFの閲覧などもしやすいですね。

さらにこの大画面液晶ならではの特長として、画面を上下に分割して別々のアプリを表示できる「ダブルウィンドウ機能」を搭載していることがあげられます。ホームページを見ながらメモを取ったりすることが可能。各種アプリがますます使いやすくなり作業効率がアップします。(画面分割に対応していないアプリもあり)

しかし、これだけ画面が大きいと心配なのは持ちやすさですよね。この点も超狭額縁で残によって横幅は約78.9mmに収まっている上、角が丸くなっているためこの画面サイズにしては片手でも持ちやすくなるよう工夫されています。さらに片手での操作を助けるため、「ミニ画面表示」ができる他、キーボードも小さくしたり左右に寄せたりする機能を備えている点もポイントです。

●充実のカメラ機能

HUAWEI Mate 9はカメラ機能についても他を圧倒。以下にあげる特長により、スマートフォンのひとつの機能とは思えないほど本格的で、写真を撮影する楽しみが増すことでしょう。

・ライカと共同開発のダブルレンズ搭載

写真家憧れのカメラメーカー「ライカ」と共同開発のダブルレンズでは、1,200万画素のカラーセンサー・2,000万画素のモノクロセンサーを採用。被写体をより美しく繊細に表現することが可能になりました。

・ハイブリッドフォーカス搭載でどんな瞬間も美しく

レーザー、像面位相差、デプス、コントラストという4つのフォーカス機能を備えています。これでシーンごとに最適なフォーカスが実現され、撮りたい瞬間を逃しにくくなりました。

・ピントやボケを調整できる

「ワイドアパーチャ撮影」機能によりピントをあわせたい位置やボケの度合いを調整することが可能。より味わい深い写真を撮影できます。

・手ぶれ補正や高額ズーム機能も搭載

光学手振れ補正機能と最大2倍の光学ズームを搭載。これによって、撮りたい写真がより取りやすく失敗も軽減できます。

●その他

HUAWEI Mate 9ではその他にも、以下の通り特筆すべき機能が目白押しです。

・LTE+3GのDSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)機能採用により、1台のスマートフォンでプライベート用・ビジネス用の2つの電話番号を同時に待ち受け状態にできる

・本体背面に備えた高性能なセンサーにより、約0.4秒で指紋認証によるロック解除が可能

・直観的で美しい独自ユーザーインターフェイス「EMUI5.0」を搭載

この他にもパフォーマンスを改善し続ける「機械学習アルゴリズム」や、手の指の関節部分でさまざまな操作を実現する「ナックルジェスチャー」、ノイズキャンセリング機能付きマイクを4つ搭載したボイスレコーダー機能など盛りだくさん。ユーザーの用途によって、がんがんに使いこみたい要素が満載な機種といえます。

HUAWEI Mate 9の評判

実際にHUAWEI Mate 9を利用するユーザーの評価や評判は上々です。不満の声はほとんどなく、以下にあげるような高い評価が目立ちます。

・処理の重い作業をさせても、さくさく快適に動作する

・電池持ちがよくてモバイルバッテリーを使うことが少なくなった
 ※1~2日程度ヘヴィに使ってもバッテリーがなくならないという声が多い

・5.9型という大画面な割りには持ちやすく操作しやすい

・指紋認証がスピーディで快適、認証に失敗することもほとんどない

・カメラの機能が豊富でいろいろ楽しめる

たいして、マイナスな評価としては以下のような声がありました。

・5.9型にしては操作しやすいとはいえ、画面の小さな機種と比較してしまうとやはり重くて片手では操作しにくい

・せっかく急速充電が使えても、対応するモバイルバッテリーが少ない

・カメラの性能はすごいが、一眼レフにはかなわない

不満の声は限定的で、高評価をくつがえすほどのものは見当たりません。またこのような不満の声があったとしても、「他は満足しているが、〇〇という点は気になった」といったように、基本的には好意的なユーザーによるものがほとんどです。

HUAWEI Mate 9と他機種の比較

HUAWEI Mate 9の品質をより深く理解するために、楽天モバイルがセット販売端末として扱う他のファーウェイ製SIMフリースマホと比較してみましょう。以下主な違いをみやすくまとめています。

端末名 HUAWEI Mate 9 honor 8 HUAWEI nova HUAWEI nova lite
端末
価格
60,800円(税込65,664円) 42,800円(税込46,224円) 37,980円(税込41,019円) 21,800円(税込23,544円)
OS Android™ 7.0 Nougat Android™ 6.0 Android™ 6.0 Android™ 7.0
画面
サイズ
約5.9型 IPS液晶/1080×1920ドット(FHD) 約5.2型
 /1920 x 1080ドット(IPS)
約5.0インチ, FHD(1920×1080ドット), IPS 5.2インチ,FHD(1920×1080ドット), IPS
CPU HUAWEI Kirin 960 オクタコア Hisilicon Kirin 950 オクタコア Qualcomm® Snapdragon™ 625 オクタコア, 8 ×2.0GHz Huawei Kirin655 オクタコア(4×2.1GHz+4×1.7GHz)
RAM 4GB 4GB 3GB 3GB
ROM 64GB 2GB 2GB 16GB
Wi-Fi 802.11b/g/n/ac
(2.4/5.0GHz)
802.11b/g/n/ac
(2.4/5.0GHz)
Wi-Fi 802.11b/g/n準拠 (2.4GHz) 802.11b/g/n (2.4GHz)
カメラ アウトカメラ:1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサー
インカメラ:800万画素
アウトカメラ:1,200万画素×2
インカメラ:800万画素
アウトカメラ:1,200万画素
インカメラ:800万画素
アウトカメラ:1,200万画素
インカメラ:800万画素
バッテリー容量 4,000 mAh ※急速充電対応 3,000 mAh ※急速充電対応 3,020mAh ※急速充電対応 3,020 mAh
DSDS対応 × ×
サイズ 高さ約156.9mm×幅約78.9mm×厚さ約7.9mm 高さ145.5mm×幅71mm×厚さ7.45mm 高さ約141.2mm×幅約69.1mm×厚さ約7.1mm 高さ約147.2mm×幅約72.94mm×厚さ約7.6mm
重量 約190g 約153g 約146g 約147g

※販売価格は楽天モバイルで一括購入した場合

こうして4つの機種を比較すると、HUAWEI Mate 9のスペックの高さ、端末価格の高さが際立つのではないでしょうか。HUAWEI Mate 9は、同じ時期に販売されている他のSIMフリースマホとしてはハイエンドクラスですが、値段もそれ相応に高いです。honor 8と比較しても1.5倍、低価格でコストパフォーマンスの高い HUAWEI nova lite と比較すると約3倍に近い価格になっています。

また、この4機種の中ではとびぬけて大画面でそのため文字や動画が見やすくなるといったメリットはありますが、その反面で大きく重くなっているのも事実。これらのポイントを踏まえた上でHUAWEI Mate 9をえらぶか判断すべきですね。

HUAWEI Mate 9の注意点

ここではHUAWEI Mate 9を購入する前に確認すべき3つの注意点を紹介します。

●オーバースペックではないか

「大は小を兼ねる」とはいうものの、使い方次第ではHUAWEI Mate 9はオーバースペックです。たとえばネットサーフィンやLINEでの連絡、ポケモンGOやツムツムといったそれ程処理の重くないオンラインゲームをプレイするぐらいであれば、HUAWEI Mate 9のスペックは十分に活かせないでしょう。

●小さな画面のスマートフォンと比較すると携帯性に劣る

HUAWEI Mate 9はデザインを工夫されているとはいえ、上記表で比較してわかるように、ずば抜けて画面が大きい代わりに、サイズが大きく重量はおもくなっています。たとえば40~50gも重さが違うと、長時間片手で操作しにくくなるのは明らか。大画面と携帯性のどちらを優先するかの判断が必要ですね。

●DSDS機能について

HUAWEI Mate 9のDSDS機能は便利ですが、いくつかの注意点があります。まずSIMスロットのうち1つがmicroSDのスロットを兼ねているので、結果的にDSDSを利用するとmicroSDが利用できなくなってしまいます。また片方のSIMスロットはLTEに対応してらおらず、なおかつau SIMに対応していません。そのため使えるSIMが限られてくるので注意してください。

HUAWEI Mate 9はどんな人におすすめ?

HUAWEI Mate 9はユーザーの評判や満足度も高いハイエンド機種。そのため以下にあげるポイントにあてはまれば、この機種をおすすめできます。

・3Dゲームを快適に楽しみたいなど高いスペックの機種を探していて、そのためには多少費用が増えても惜しまない

・すこしくらい携帯性を犠牲しても、大きな画面でホームページをみたり動画やゲームを楽しんだりしたい

・ライカと共同開発した高い性能のカメラを使って撮影を楽しみたい

こういったポイントを満たす機種としては、HUAWEI Mate 9は最も適したSIMフリースマホの1つと言えるでしょう。楽天モバイルでキャンペーンを利用しやすく購入できるのもうれしいですね。逆に、これほどのスペックが必要ないのであれば、比較表であげたようなファーウェイ製のより低価格でコストパフォーマンスの高い機種をえらぶのがおすすめです。