楽天モバイル 通話SIMを徹底解説!

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

楽天モバイル 通話SIMを徹底解説!

ついに義務化された「SIMロック解除」。3大キャリア(ドコモ・ソフトバンク・au)各社は一定期間の最低利用期間を設けているものの、それを過ぎればSIMロックは解除でき、”他社の回線”や”他社の回線を利用した格安SIMサービス”を利用できるようになります。これを受けて、格安SIM市場はさらに盛り上がりを見せています。格安SIMを選択するユーザー数は既に200万人を突破し、「格安SIMバブル」が到来しています。

そんな流れにすっかり乗り遅れてしまった方へ、そもそもSIMって何なのという基本のキから徹底解説します。

SIMロック解除の義務化スタート

2015年5月、SIMロックの解除の義務化がついに始まりました。SIMロックとは、携帯電話事業者(キャリア)が販売するスマートフォンや携帯電話などの端末において、SIMカードを差し替えても他事業者の回線サービスを利用できないように、端末自体に“縛り”をかける仕組みのこと。このSIMロックについて、ユーザーが希望すれば原則解除できるよう事業者に義務付けるという制度のことです。SIMロックによる端末縛りがなくなると、ユーザーは以前から可能だった自分の電話番号の移行に加え、端末もそのまま使い続けながら他の携帯電話事業者の回線サービスに乗り換えやすくなるのです。

ユーザー情報が記録されたICカード「SIMカード」

ここで、そもそもSIMカードって何というところから解説していきます。格安SIMのことやSIMフリー端末を語る上で基本の部分です。SIMカードとは電話番号等を特定するための情報が登録されたICカードのこと。スマホや携帯電話で電話やインターネットを使おうとしたら、このカードを端末に挿入する必要があります。「そんなカード見たことない」というスマホユーザーの方は、自分の端末のどこにあるのか確認してみてください。安心してください、どこかに必ずあります。SIMロックとはドコモの端末の場合、ドコモのSIMカードしか受け付けませんよということで端末自体にロックをかけること。これを解除するように総務省が義務化したのが先程のニュースです。これによってドコモの端末にソフトバンクのSIMを入れてもちゃんと通信できるようになります。

実はこれ以前からドコモの端末に格安SIMを挿入しても使用することはできました。えっ!なんで?ドコモの端末はドコモのSIMじゃないとだめなんじゃないの?それは格安SIM提供事業者はキャリア(ドコモ・ソフトバンク・au)から回線をレンタルして運営しているから。先程の例でいくと、ドコモの端末に”ドコモの回線をレンタルしている楽天モバイルのSIM”を入れることで問題なく通信できたのです。一方、SIMロック解除されてもドコモとauの間では通信の方法が異なるため互換性がなかったりということも注意する必要があります。

SIMカードには「データSIM」と「通話SIM」の2種類がある

SIMカードにはサイズ別に3種類あることも覚えておきましょう。せっかく契約した格安SIMが手持ちのスマホに入らないなんてことにならないように注意が必要です。サイズは大きい方から順に「標準」「マイクロ」「ナノ」の3タイプ。スマホの機種によって対応するサイズが異なりますが、最近の端末では「マイクロ」か「ナノ」サイズが採用されているようです。

サイズ以外に”できること”別に2種類あります。一つは「データSIM」。データ通信だけでいいやとか通話はIP電話アプリ(LINEや050plusなど)を使うという方は「データSIM」を選ぶとよいでしょう。IP電話アプリの音声通話は通話品質に不安があったり、またサービスによってはアプリ同士でしか発着信できなかったりといろいろな制約がある場合がありますので、事前に確認しておくことをおススメします。

もう一つは「通話SIM」と呼ばれるもの。先程のデータSIMに従来からの090番号が付与され、携帯電話網を使った快適な音声通話ができるものです。機能が付加されている分、データSIMより料金が高く設定されています。

ここまで、一般的なSIMカードの基本を解説してきましたが、これを踏まえて楽天モバイルの「通話SIM」について詳しく見ていきます。

楽天モバイルの「通話SIM」は業界トップクラスの安さ1250円から

先程触れたように、データ通信のみに特化している「データSIM」に比較すると携帯電話網を使った音声通話が可能な「通話SIM」の料金は高くなります。業界トップクラスの安さを誇る楽天モバイルもデータSIMは月々525円から運用できますが、通話SIMは1,250円からとなっています。スマホにかかる料金はなるべく安くしたいけど、仕事でも使うから通話品質に不安があるIP電話アプリは使いたくないという人やこれまでの携帯電話番号をこれからも使いたいという方は「通話SIM」を選んでください。

楽天モバイルの通話SIMを選んだ場合のプラン・料金を詳しく見てみましょう。データ通信容量別に6種類あります。速度制限はあるものの容量無制限で使える「ベーシックプラン」は月額料金1,250円。高速データ通信が使える容量別に「3.1GBプラン」月額料金1,600円、「5GBプラン」月額料金2,150円、「10GBプラン」月額料金2,960円、「20GBプラン」月額料金4,750円、「30GBプラン」月額料金6,150円となっています。通話料は20円/30秒で各プラン共通ですので、プランを選ぶ際はデータ通信容量で選びます。各データ容量の使い方の目安をご紹介しておきますので参考にしてください。

ベーシックプラン スマホの使い方はほぼ電話とLINE程度の方やデータ通信はほぼWi-Fiを使うという方向け。
3.1GBプラン スマホユーザーの約6割は3GB以内に収まっている。標準的なプラン。
5GBプラン 日常的に動画サイトを閲覧したり、ファイルのダウンロードをしている方向け。
10GBプラン
20GBプラン
30GBプラン
キャリアの7GBで速度制限を経験したことのあるヘビーユーザー向け。

楽天モバイルの通話SIMなら「楽天でんわ」を使おう!

「通話SIM」を選んでも業界トップクラスの安さを誇る楽天モバイルですが、通話料は20円/30秒と業界標準。格安SIM提供事業者は各社横並びでこの通話料を採用しています。この料金は大手キャリアが通話定額サービスを導入する前の料金体系で割高感のある印象が否めません。日常的に頻繁に音声通話をするというユーザーでは、せっかく格安SIMにしたのに思ったほど安くならないなんて事態に陥る可能性もあります。

そんな通話料を半額にすることができるサービスが「楽天でんわ」。電話発信の際に電話番号の頭に「0037-68」を付けることで楽天グループのフュージョン・コミュニケーションズが運営する格安電話網を使い、通話料は一気に10円/30秒と半額になります。事前登録が必要ですが、基本使用料等はかかりませんので、通話SIMを契約したらとりあえず登録しておくことをおススメします。