格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

料金シミュレーションで徹底比較!楽天モバイルの通話料

楽天モバイルの提供する通信サービスは「格安SIM」と呼ばれる通り、キャリア(ドコモ・ソフトバンク・au)に比べて割安な利用料金を実現しています。とはいえ、毎日長時間の電話をする人は通話定額サービスのない格安SIM提供事業者は「実際のところ料金は安くなるの?」と不安になってしまうのも確かです。

このように、自分の利用方法・利用目的に応じてプランを選ばないと、結局「あまり安くならないなあ」という結果にもなりかねません。自分が普段どれだけネットをしているか、音声通話はどれくらい必要なのかなどの条件を踏まえて、普段の使い方をしっかり考えて最適なプランを選ぶ必要があります。

楽天モバイルの通話料は20円/30秒

楽天モバイル通話料

通話定額サービスとは、大手3キャリア(ドコモ・ソフトバンク・au)が足並みをそろえて導入した「電話かけ放題プラン」のこと。時間や回数に制限なく定額料金で通話が可能なのですが、定額料金は割高な印象です。また、例外もあるのですが通話に関してはこのプランしかなく、基本は契約者全てがこの通話定額サービスに加入するしかない状況です。となってくるとメリットを感じるよりも「そんなに電話しないよ」とデメリットを感じる人の方が多いのではないでしょうか。

LINEなどのSNSが普及した今、電話をかけるという機会自体が減少傾向にありますので、キャリアの通話定額サービスよりも格安SIM提供事業者の「かけた分だけ」という通話料設定の方が現実的なおトク感が高いと考えられます。楽天モバイルの通話料は20円/30秒の設定で格安SIM提供事業者の標準的な料金設定です。

楽天モバイルでは新たに850円/月で、5分以内の通話がかけ放題になるプランが発表されました。5分を超えた分は30秒で20円の料金が請求されるのですが、それ以内ならいくらかけても無料なので、使い方を間違えなければかなりお得なプランとなっています。

アプリを活用して通話料金を無料に

楽天のアプリを活用

楽天モバイルには、ドコモやau、ソフトバンクなどが提供している、同じキャリア同士なら通話料が無料になるサービスはありません。頻繁に電話をかける人にとっては、楽天モバイルだと毎回通話料が発生してしまうため、格安SIMのハズなのに今までよりも請求金額が高くなる恐れがあります。

しかし、アプリを活用すれば楽天モバイルでも通話料を無料にすることが可能です。

「050 plus」や「FUSION IP-Phone SMART」などのIPフォンアプリを使うと、これまでの電話番号とは別に「050」から始まる新しい電話番号がもらえます。アプリを使ってこの電話番号から発信をすると、同じアプリ間やIPフォン向けの発信なら通話料が無料です。一般の携帯電話や固定電話へ通話をしたときでも、アプリを使わずに通話したときと比べて大幅に安く通話が可能です。

また、楽天グループの無料通話&メッセージアプリ「Viber」や、大人気メッセージアプリの「LINE」のトーク機能を使えば、同じアプリ間なら24時間通話料が無料です。一般の電話へ通話をすることはできませんが、気軽なおしゃべりならトーク機能でも十分でしょう。

PフォンアプリやViber、LINEのトーク機能は携帯電話回線ではなく、インターネット回線を使って音声をやり取りしているため、電波状態がよくない場所だと品質が下がることがあります。それぞれのアプリがどういった用途に向いているのかをしっかり見極めることが節約のポイントです。

アプリを賢く使って格安SIMをもっとお得に活用しましょう。

通話料を半額にする裏ワザ 楽天でんわ

キャリアの通話定額サービスも必要ないけど、とは言え20円/30秒の通話料金も高いなあと思ってしまったアナタ!その通話料を半額にする裏ワザがあるんです。

それが「楽天でんわ」サービス。

楽天グループのフュージョン・コミュニケーションズの格安電話網を使ったサービスで通話料は10円/30秒と一気に通話料が半額になるんです!仕組みを簡単にご説明しますと、発信の際に「0037-68」を電話番号の頭につけると自動的に割安なフュージョン・コミュニケーションズのネットワークを使って通話ができるというもの。

よく混同されるIP電話アプリ「050plus」や「LINE」とはまったく異なるサービスで、通常の携帯電話網を使用していますので高品質な音声通話を実現しています。基本料がかからないのも嬉しいポイント。利用の際は事前登録が必要ですのでご注意ください。楽天でんわHPから名前・住所などの個人情報とクレジットカード情報を入力して登録してください。楽天会員の場合はこれらの情報が自動入力されますので、さらに簡単です。事前登録をすませたら、アプリをダウンロードして設定しましょう。アプリを利用することで、自動的に「0037-68」をつけて発信することができます。

さらに楽天会員なら楽天スーパーポイントが通話料100円につき1ポイントが付与されます。さらにさらに楽天カードで通話料を支払えばポイントは2倍。貯まったポイントは楽天グループのいろいろなサービスで1ポイント1円で使用することができます。

「楽天モバイル」に「楽天でんわ」、「楽天カード」は最強の組み合わせと言えそうです。

楽天モバイルの通話料を徹底シミュレーション

ここまで、楽天モバイルの通話料について料金や安くするための裏ワザ、おトクなポイントについてご紹介してきましたが、実際どれくらいおトクなのか徹底的にシミュレーションしてみます。楽天モバイルはドコモの回線を使用していますので、ドコモ契約の場合と比較していきます。

NTTドコモのプラン

データ定額プラン(データSパック)  3,500円

インターネット接続料         300円

月額基本料金(カケホーダイプラン)  2,700円

合計 6,500円

楽天モバイルとの比較のためデータ定額プランは最も近いであろうと思われる2GBのパターンであるデータSパックを選択しました。楽天モバイルは3.1GBパックで比較します。この時点ですでにデータ通信部分で1.1GBのアドバンテージがあります。

楽天モバイルのプラン

月額基本料 通話SIM 3.1GBパック  1,600円

(通話料は20円/30秒)

通話をしない段階での比較はもちろん格安SIMサービスである楽天モバイルの方が4,900円もおトクです。

MMD研究所の2014年8月の調査によると日本人の1ヶ月の通話時間は約8割が1時間未満となっていますので、ここでは1時間の通話を想定します。

先程ご説明した「楽天でんわ」を使用したパターンでは60分×10円/30秒=1,200円となります。上記の3.1GBパックの基本料1,600と加えて1ヶ月の料金シミュレーションは合計2,800円となります。もちろん通話する量の変動がありますので多少上下します。が、日本人の8割の通話時間が1時間未満であることを考えるとむしろこれ以下の金額に収まる人が多いのではないでしょうか。

結果、楽天モバイルの方が通話料を加えても月々3,700円もおトクです。よくある2年間契約だと9万円弱の差になりますので、料金面で見ると明らかに格安SIMである「楽天モバイル」に軍配が上がりますね。

楽天モバイルで留守番電話を使用するには?

楽天モバイルは標準では留守番電話などは利用できず、付加サービスとして別途申し込みが必要です。

付加サービスの利用料金は、端末の電源を切っているときや、圏外にいるとき、すぐに電話に出られない時にかかってきた電話を留守番電話センターで応答・録音することができる留守番電話サービスが月額300円、通話中にかかってきた別の電話に応対することができるキャッチホンサービスが月額200円、端末の電源を切っているときや、圏外にいるときにかかってきた電話を、あらかじめ設定した別の電話番号に転送することができる転送電話サービスは月額0円で利用が可能です。

月々の通話時間が2時間以内なら迷わず楽天モバイルを!

2hour

先程の料金シミュレーションでは通話時間が月1時間以内なら月々3,700円おトクであるという結果が出ました。今度は逆にどれくらいの通話時間まで楽天モバイルがおトクかという視点で見ていきます。通話料を考慮しない場合の料金差が4,900円ですので、この料金の中で通話料が収まれば楽天モバイルの方がメリットがあることになります。ご紹介した楽天でんわを使うパターンでいくと約4時間の通話が可能。楽天でんわを使わない20円/30秒でも約2時間の通話が可能ですので、月間2時間以内の通話時間なら迷いなく楽天モバイルをおススメします。

さらに、「せっかく契約するんだから端末も新しくしたい!」というモデルもシミュレーションしてみます。2017年4月現在、楽天モバイルの端末ラインナップで最も高価なスマホが「HUAWEI Mate 9」。2年間の分割払いを選択すると月々約2,700円です。先程の楽天モバイル3.1GBパックの基本料1,600円と加えると4,300円となります。端末を新しくしても、ドコモのプラン6,500円と比較して2,200円のメリットが!これなら楽天でんわを使った場合だと約2時間の通話、使わない場合でも約1時間の通話が可能なレベルです。

今回は通話料に焦点をあてて見てきましたが、キャリアの通話定額サービスと比較してもかなりのメリットが感じられたのではないでしょうか。

最初にも触れたように、自分の普段の使い方をしっかり考えて検討してみてください。

楽天モバイルの通話料の明細を確認するには?

「楽天モバイル」の支払い方法は本人名義のクレジットカード、楽天銀行デビットカード、スルガ銀行デビットカード、口座振替のいずれかとなり、コンビニ支払いで料金を支払うことはできません。 また、「楽天でんわ」の通話料の支払い方法は本人名義のクレジットカードのみとなっています。

ドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアとは異なり、原則的に請求書や明細書が楽天モバイルや楽天でんわから郵送されてくることはありません。毎月自動的にクレジットカードへ請求されていきます。楽天モバイルの利用料金がクレジットカードで支払えなかった場合のみ、200円の手数料が加算された上で請求書が発行・発送されてきます。

請求金額がいくらなのかを確認したいときは、支払いに使用しているクレジットカード会社の請求情報で確認をしましょう。「楽天でんわ」の請求者の名義は「楽天」ではなく、「楽天コミュニケーションズ」となっているので注意が必要です。

楽天モバイルSIMアプリを使って通話明細を確認する

楽天モバイルからリリースされている「楽天モバイル SIMアプリ」を使えば、いつでも通話の明細を手軽に確認することができます。

この明細を見て、「格安SIMなのに通話料が高くなっている!」と驚かれる方もいるかもしれません。ドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアであれば「同じキャリア同士の通話料は無料」というサービスがありましたが、楽天モバイルでは提供されていないため、どんな相手に電話をかけても、必ず通話料が発生してしまうことが原因です。通話料は20円/30秒なので、長電話をするとあっという間に高額になってしまいます。

楽天モバイルで通話料を抑えるには、電話番号や通話の品質はそのままで通話料が10円/30秒と半額になる「楽天でんわ」のアプリを使うのがオススメです。通常の発信はすべて「楽天でんわ」アプリを使うようにすれば、一気にお得になります。

「楽天でんわ」を使った際の通話料の明細は「楽天モバイル SIMアプリ」では確認できず、楽天でんわのサイトにある「マイページ」へログインすることで、直近7ヶ月分が確認できます。

楽天モバイルも楽天でんわも、原則的に請求書や明細書は郵送されてきませんので、明細を確認したいときにはインターネットから確認しましょう。