格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

iphoneを楽天モバイルのSIMで使う! 利用方法と驚くべき料金設定

(2016年10月31日更新) iphone7/7Plusは楽天モバイルで使用可能です!

申し込み方法と利用方法、料金システムなどの詳細はこちら

iPhoneを楽天モバイルで使う!

格安SIM「楽天モバイル」ではiPhoneの使用が可能です2016年10/31現在楽天モバイルが発表している動作確認済み端末一覧にあるiPhoneは、

○SIMフリー版

iPhone5S以降のすべてのiPhone

○docomo版

iPhone5C、5S以降の全てのiPhone

○au版、SoftBank版

iPhone6S以降の全てのiPhone(SIMロック解除が必要)

上記機種なら全て楽天モバイルで運用する事が可能です。

ただし注意点として、SoftBank版のiPhoneを使用したい場合、SIMロック解除は「申込者本人が解約後90日以内に申し込みしなければ解除できない」というキツイ縛りがあるため、中古のiPhoneをオークションや中古販売店で買う場合は注意が必要です。 SoftBank版iPhoneを中古で購入する場合は必ずSIMロックが解除してあるかどうか確認してから購入するようにしてください。 また、au版、SoftBank版問わずSIMロック解除後はテザリングも問題なく使用できる事が確認されています。 docomo版、シMフリー版はもちろんテザリングを使用可能。 

注意点

  • iPhoneに格安SIMを挿して使用する際は、ほぼ全ての端末でiPhone専用の構成プロファイルのダウンロードと、その設定作業が必要となります。
  • iPhoneによって対応するSIMカードのサイズが異なります。上記機種の場合は「nanoSIM」を選択してください。

上記以外のiPhoneについては、楽天モバイル側からの公式での動作確認はされていないようです。自分が持っているiPhoneが上記に該当しない場合は楽天モバイルの窓口に問い合わせるなどしてみてください。詳しくは楽天モバイル公式サイトの動作確認をご覧ください。

楽天モバイル公式サイトで動作確認端末を確認する

⇨iphone6sをキャリア運用した時と格安SIMで運用した時の月額料金の差額についての徹底解説ページはこちら

iPhoneのSIMカード取り付け方法

  • iPhoneへのSIMカードの取り付けは必須作業

楽天モバイルでiPhoneを使う際、避けては通れないのがSIMカードの取り付け作業です。iPhoneは楽天モバイル公式では購入できないため、iPhone端末自体は契約ユーザー自身が用意しておかなければいけません。このため、楽天モバイルショップなどで購入した端末にSIMカードをセットしてもらえることも期待できないという前提があります。

iPhoneのSIMカードの取り付け方

では、早速SIMカードを取り付けてみましょう。手順は次の通りです。

1,iPhoneのパッケージを確認し、SIMトレイのイジェクトピンを用意する
購入したパッケージに同封されている細長いピンのことです。SIMトレイの取り外しに必要になってきますので、まずこれを準備します。もし、ピンが見当たらない場合はクリップをまっすぐ延ばすなどして利用できます。
2,本体の電源を切り、SIMトレイを取り外す
SIMトレイを外す時にはまず本体の電源を切ります。スリープではいけませんので、電源ボタン長押しをして、完全に電源を落としきってください。そして、SIMカードを装着するには、まず本体に埋め込まれているSIMトレイを取り外さなければいけません。手順1のイジェクトピンを使い本体側面の小さい穴にまっすぐ差し込みゆっくりと押し込んでください。ピンの押し込みと共に少し側面のトレイ部分が数ミリ程度浮き上がります。この浮き上がったトレイの先端を指でつまみ引っ張り抜きます。トレイは壊れやすいので、トレイが本体に対して真っ直ぐ引き抜きましょう。

3,SIMトレイに楽天モバイルのSIMカードを載せる
楽天モバイルの申し込みをすると届けられるSIMカードを取り付け台紙から外し、SIMトレイに載せます。この時、SIMカードの金属面を素手で触らないようにSIMカードの側面をつまむようにして持ちましょう。金属面を不用意に触っていると、iPhone利用時のSIMカード接触不良などの原因になったりもします。

また、iPhoneのトレイに合うSIMカードサイズはカードサイズ中、最小となる「nano」サイズです。「SIMカードサイズが合わない」「SIMカードサイズを間違えて申し込みしてしまった」方向けの解説はコンテンツ2にて行っています。

4,SIMトレイを本体に戻す
SIMカードを載せたSIMトレイを本体に戻します。上下反対にならないようにセットしてください。また、トレイを本体に戻すときにSIMカードが浮いてしまいがちです。SIMカードの縁を爪で押さえカードが浮かないようにしながらトレイを本体に戻すとうまくセットしやすいです。

5,電源ボタンを長押しし、電源を入れる
SIMカードが正常にセットされていると、エラーメッセージが出ません。ここでSIMカードが装着されていない旨のメッセージが出ているようなら、再度手順1からやり直すことをおすすめします。

*2017年2/7 更新!! 

楽天モバイルでは超オトクなセールが随時更新されます。詳しくは楽天モバイルセール会場からどうぞ。

楽天モバイルセール会場

docomo、auなどのキャリア契約iphoneをそのまま楽天モバイルで使う方法

au-docomo-soft

アップルの人気スマートフォン「iPhone」。楽天モバイルで利用する際にはいくつか注意が必要です。

まず、iPhoneはドコモやau、ソフトバンクなどのキャリアで販売されているiPhoneは、それぞれのキャリアでSIMロックがかかっているため、使えるのは楽天モバイルと電波が同じドコモのiPhoneだけとなります。auやソフトバンクのiPhoneは楽天モバイルでは使用できません。アップルが販売しているSIMフリーのiPhoneなら、もちろん利用が可能です。

古いiPhoneを楽天モバイルで使いたいときには、契約するSIMのサイズを間違えないようにしましょう。iPhone5以降はすべて「ナノSIM」ですが、iPhone4と4sは「マイクロSIM」、3Gと3GSは「標準SIM」となっています。

また、iPhoneに楽天モバイルのSIMを刺しただけでは、インターネットを利用することができません。APNという、インターネットに接続するための情報が記録された「構成プロファイル」をインストールする必要があり、構成プロファイルのインストールにはWi-Fiでインターネットへ接続できる環境が必要になっています。

iPhoneをWi-Fiでインターネットへ接続し、構成プロファイルのURLへアクセスすれば簡単にインストールが行えますが、自宅にWi-Fi環境がない場合などは注意しましょう。

それでは詳しく見ていきましょう。

docomo版iphoneを使用する場合

楽天モバイルでは現在使用している、もしくは使用していないdocomo版のiphoneにSIMを挿入するだけでカンタンに使えるようになります。

docomo版のiphone5s、5c、6、6plus、7、7の場合、楽天モバイル契約時に選択するSIMカードのサイズは(nanoSIM)を選択してください。

SIMが家に届いたらiphoneの電源を一旦切り、今iphoneの中に入っているdocomoのSIMカードを取り出し、楽天モバイルのSIMカードを挿入してください。 挿入した後に電源を入れ、wifiに接続してください。

Wifi環境に居なければ楽天モバイルの初期設定ができないので、自宅にwifi環境がない人は勤め先の会社や学校、友人の家などwifi環境が使える場所を確保してから申し込みする事をおすすめします。 その後の手続きについては当ページの下部にある「楽天モバイルでiphoneが使えるようになるまでの設定方法」をご覧ください。

au版、softbank版のiphoneを使いたい場合

AUやSoftbankでもSIMロック解除が可能になりました。(※2015年5月1日以降に発売された端末に限る)

該当機種:iPhone6s、iPhone6splus、iPhoneSE、iPhone7、iPhone7plus

以前はau版のiphoneは楽天モバイルでは原則使用する事ができませんでした。 楽天モバイルではdocomoの通信網を使用しており、auやsoftbankとは通信網が違うことが原因でした。しかし現在は上記の機種ならばau版、softbank版のiphoneもロック解除が可能です。

上記の機種に当てはまらない場合はau版のiphoneは楽天モバイルでは使用できませんが、他社格安SIMのmineoで使用する事が出来ます。

⇒mineoでiPhoneを使用する方法はコチラ

楽天モバイルとiosについて

iPhoneが搭載している「iOS」というOSは、ほぼ毎年のようにバージョンアップしています。2016年10月現在でもっとも新しいのは「iOS10.0.1」で、iPhone7やiPhone7 Plusなどの最新スマホを購入すると、最初からiOS10.0.1になっています。

楽天モバイルなどの格安SIMでiPhoneを使う場合、OSがバージョンアップすると、iPhoneの「APN」という、インターネットに接続するための設定を変更しなくてはならないことがあります。iOS8でiPhoneを使っていた人は、バージョンアップした途端にインターネットがつながらなくなることがあるため、OSをバージョンアップするときには十分注意が必要です。

APNの設定には「構成プロファイル」をインストールする必要があり、構成プロファイルはインターネット経由でダウンロードしなくてはならないので、Wi-Fiでインターネットへ接続できる環境が必要になっています。

現在はiOS10.01でもiOS9でも、どちらも問題なく楽天モバイルで使用できますが、今後新しいOSが出てきたときには楽天モバイルから「正式に対応しました」というアナウンスを待ってからバージョンアップした方が安全です。

楽天モバイルでiphoneが使えるようになるまでの設定方法

楽天モバイルSIMをiPhoneで使うためには、APN(アクセスポイント)構成プロファイルの設定が必要です。ここでは、iPhoneに構成プロファイルをダウンロードし、設定するまでの手順をご紹介します。

ファイルのダウンロードや設定と聞くと、なんだか難しそう…できるかな…と不安になるかもしれませんが、内容は簡単なので落ち着いてやってみてください。

  • 使用するiPhoneがWi-Fiでインターネットに接続できることが必須です。構成プロファイルはWi-Fiで通信を行いダウンロードしますので、必ずWi-Fi経由でインターネットに繋がるか確認してから設定作業を開始してください。

iPhone構成プロファイル設定方法

1、ホーム画面からsafariブラウザを起動し、指定されたURLを入力します。

入力するためのURLは楽天モバイルから届きます。この際、FirefoxやGoogle Chromeでは構成プロファイルのインストール画面に移動できない場合が多いようなので、safariで行ってください。

2、指定ページから構成プロファイルをダウンロードします。

http://mobile.rakuten.co.jp/support/apn_setting/voice.mobileconfig

3.、ダウンロードが完了すると、「プロファイル」の画面が開きますので、右上にある「インストール」をタップします。

4、設定変更の確認画面が表示されますので、ここでも「インストール」をタップします。

5、インストール完了の画面が表示されたら、「完了」をタップして設定作業完了です。

この作業が終われば、iPhoneで楽天モバイルSIMを利用できるようになります。

APN設定をしたが、インターネットに接続できない人へ

次のようなケースが考えられます、一度チェックしてみてください。

  • iPhoneがドコモ回線対応版ではない

au版・Softbank版(SIMロック状態)iPhoneだと楽天モバイル格安SIMを利用したモバイルデータ通信ができません。docomo版iPhone、またはSIMフリー版iPhoneを利用するのが確実です。

  • ネットワーク利用制限が×の端末を使っている

ネットワーク利用制限が×だとモバイルデータ通信ができません。

  • SIMカードの装着ができていない・装着したけど認識されていない

iPhoneの電源ボタンを長押しして一旦電源を落としてから、再度電源ボタンを長押しして電源を入れ直してみましょう。そうするとSIMカードが正常に装着されていればエラーメッセージが表示されません。SIMカード装着がうまくいってなければ、起動時にエラーメッセージが表示されますので、これを確認しましょう。もし、エラーメッセージが出ていた場合、SIMカードの装着手順を1から試してみましょう。

  • SIMカードの異常をチェックする

装着手順を繰り返してもSIMカードが認識されない方は、別のスマホに装着してみてそのSIMカードが正常かどうかを確認するといいかもしれません。ただし、この方法はiPhone以外のスマホを所有していることが条件になってしまうので少しハードルが高いかもしれません。親しい友人のスマホを一時的に貸してもらうのも手です。別のスマホで認識できればそのSIMカードに異常がないことを判断できます。

  • APN構成プロファイルのダウンロードURLが間違っている
    楽天モバイルでは契約タイミングにより、APN構成プロファイルのダウンロードURLが変わってきます。間違ったURLからダウンロードしてしまうとモバイル通信自体ができません。契約タイミングを確認した上で正しいURLからAPN構成プロファイルをダウンロードしましょう。

どうしても困ったら、ここへ連絡する

  • 楽天モバイルカスタマーセンターへ連絡

窓口の受付時間は9:00~18:00(年中無休)です。また、通話料無料なので気軽に電話をかけることができます。ただし、下記の通りSIMの契約タイプにより問い合わせをする電話番号が変わってきますので注意が必要です。

  • 通話SIMを契約の方
    • 0800-600-0000
  • データSIMを契約の方
    • 0800-600-0666

SIMのカードサイズを間違えてしまった人へ

  • SIMカード変更手続きを行う方法
    • メリット
      • 公式のカードを受け取ることができる

後述しますが、自分でSIMカードをカットしnanoサイズに切りそろえる方法があります。しかし、この方法はカッティングに失敗するとカードを破損してしまう結果もあるので初心者の方向けとは言えません。安心を買うという意味でもSIMカードサイズの

  • デメリット
    • SIMカードサイズ変更手数料が4,000円必要
    • 希望するSIMカードが届くまで時間がかかってしまう
    • 新しいSIMカードが届けられる前日は通話・通信ができない

新規カードへ回線を切り替えるための措置だと思われます。

  • SIMカードカッターを使い自分でサイズ変更をする方法
    • メリット
      • 即日カードサイズの変更ができる

カッティングすれば即日、カードサイズの変更ができる点がメリットです。iPhoneのSIMカードサイズはnanoサイズなので、それ以外のサイズである「マイクロSIM」「通常SIM」のカードをカッティングしてnanoサイズに合わせることが可能です。
また、SIMカードカッターはネットショップなどで専用工具として販売されています。

  • デメリット
    • 楽天モバイル解約時に返却しても損害金として3,000円が請求される可能性がある
    • 一旦SIMカードをカットしてしまうと、元には戻せない

失敗すると痛手になってしまいます。そのため、初心者の方にはおすすめできません。

  • 使えない状態にしてしまった場合、新規のカード発行手続きを踏まないといけない

その際にかかってしまう時間もデメリットとなります。

楽天モバイルのiphoneでテザリングできる?

楽天モバイルではdocomo版のiphoneもしくはSIMフリーiphoneでテザリングを使用する事ができます。

上記にもあげましたが、au版、SoftBank版のiPhone6S以降の機種でもSIMロック解除後であれば楽天モバイルでもテザリングが使用可能となっています。

楽天モバイルでレザリングを行う場合は、キャリア契約の時みたいに「テザリングオプション」などの契約は一切必要ありません!

楽天モバイルにするとメールアドレスはどうなるか?

楽天モバイルでは今までキャリア契約時に利用できていた、

@docomo.ne.jp などのメールアドレスが使用できません。

その代わりに楽天モバイル側で新たに、「@xxxxx.gol.com」というアドレスを利用する事が可能です。利用できるのですが、、「@xxxxx.gol.com」のメールアドレスを使用することはオススメしません。

なぜなら今後何十年とスマホを使って行く中で、楽天モバイルから他社の格安SIMもしくはdocomoなどのキャリアに乗り換える事時にそのメールアドレスが使えなくなるからです。

携帯会社乗り換え時にいちいちメールアドレスが変わってしまっては面倒ですので、今のうちに「Gmail」をメインに変更する事をおすすめします! Gmailなら一度アカウントさえ作ってしまえばスマホを機種変更した時でもIDとパスワードを入力するだけですぐに使う事ができるので、便利過ぎてキャリアメールには戻れません。

⇒gmaiのページはこちら

楽天モバイルの契約に必要な書類や契約の流れ

楽天モバイルに乗り換えをするにあたり、申し込む前に準備しておくものをご紹介します。

「本人名義のクレジットカード」

基本的に格安SIMは利用料金がクレジットカード決済になることが多いので、格安SIMへの乗り換えを検討していて、まだ自分名義のクレジットカードを所持していないのであれば、あらかじめ申し込んで準備しておいたほうがスムーズです。

その際、楽天モバイルへの乗り換え予定なら楽天が発行しているクレジットカード「楽天カード」に申し込めば、様々な特典がついてくるのでお得です。既に楽天会員に登録してある方は、登録してあるクレジットカード情報を利用することもできます。

家族で楽天モバイルを使用するうえで、子供にも持たせたいという場合は親の名義で契約することになりますので、親名義のクレジットカードを準備してください。

「本人確認書類」

携帯電話の不正利用防止法に基づき、本人確認書類の提出が必要です。

  • 運転免許証(修正がある場合は裏面の画像も必要)
  • 健康保険証(カード型の場合裏面に住所が記載されているもの)
  • パスポート(所持人記入欄に氏名・住所が記入されているもの)
  • 住民基本台帳カード(顔写真つきのもの)
  • 身体障がい者手帳(住所記載がない場合は補助書類(公共料金領収書、住民票等)も必要)
  • 精神障がい者保険福祉手帳
  • 特別永住者証明書(裏面の記載有無に関わらず、必ず裏面の画像も必要)
  • 外国人登録証明書(裏面の記載有無に関わらず、必ず裏面の画像も必要)
  • 在留カード(裏面の記載有無に関わらず、必ず裏面の画像も必要)

本人証明書類は、全て申込内容と同じ氏名、住所、生年月日であること、有効期限内であることが必須です。本人証明書は手続きの際にデジタルデータでアップロードして提出することになります。スキャナで読み込んだり、デジカメや携帯電話のカメラで全体が鮮明に映っている写真を撮ってください。フラッシュを焚くと反射光で白く光って画像の一部が見えにくくなってしまうため、明るい自然光で撮影することをおすすめします。

また、楽天モバイルの「データSIM」の場合は本人確認は必要なく、本人名義のクレジットカードがあればすぐに契約できるようになっています。

「MNP予約番号」

MNP(ナンバーポータビリティ)予約番号とは、今現在使用中の電話番号をそのまま楽天モバイルで引き続き使用するための手続きに必要な番号です。格安SIMへの乗り換えで電話番号が変わっても構わないという方は必要ありませんが、乗り換え後も今の電話番号を維持したい方は利用中のキャリア会社へ連絡をして乗り換えのためのMNP予約番号を発行してもらい、提出します。

MNP予約番号は現在利用中の携帯会社の店舗や電話、ウェブを使って申し込むことができます。本人確認後にMNP予約番号が発行されます。

発行には手数料として2,000円かかります。

ただし、MNP予約番号は発行から15日間が有効期限となっているため、乗り換えの準備がある程度整ってから申し込むことをおすすめします。有効期限が切れたMNP番号は使用不可となり、再び番号を発行してもらわなければいけません。もちろん期限が切れたMNP予約番号の手数料は返金されませんのでご注意ください。

「MNP予約番号連絡先」

ドコモ

携帯電話 151       受付時間 9:00~20:00

一般電話 0120-800-000  受付時間 9:00~20:00

ウェブ My docomo「各種お申込み・お手続き」ページから 受付時間 24時間

●au/セルラー

携帯電話 0077-75470       受付時間 9:00~20:00

一般電話 0077-75470       受付時間 9:00~20:00

ウェブ トップページ「auお客様サポート」→「申し込む/変更する」ページから

受付時間 24時間

●softbank/ディズニー・モバイル・オン・ソフトバンク

携帯電話 *5533       受付時間 9:00~20:00

一般電話 0800-100-5533   受付時間 9:00~20:00

ウェブ トップページ「My softbank」→「各種変更手続」ページから

受付時間 9:00~21:30

必要書類が全て揃ったら、楽天モバイルのウェブページ「ご利用の流れ」から申込を開始します。新規で端末もセット購入したい場合もこちらから申込ができます。本人確認書類のデジタルデータが必要なので、アップロードできるようにしておいてください。

楽天モバイル他、格安SIMへの乗り換えには事務手数料として3,000円(税別)が必要です。

楽天モバイルの通信速度について

格安SIMといえば、通信速度がキャリアスマホと比べていまいち遅いことがネックだと言われています。そんな格安SIMのなかで、楽天モバイルはかなり安定した速さを維持できているという口コミや実測報告があるようです。

格安SIMの通信速度について記事にしたいくつかの雑誌や一般ユーザーのウェブサイトでの報告をまとめてみました。

A社:高速通信の容量増加を発表した楽天モバイルの速度をチェックした結果、格安SIM群の中で充分な早さを維持できている。

N社:比較的通信速度が良好だという5社の格安SIMの中で、安定して通信速度が速かった格安SIMナンバーワンは楽天モバイルである。

一般ユーザー:楽天モバイルの低速モードのまま過ごしていたのに、他社格安SIMよりも快適だったことに驚きだ。

一般ユーザー:他社格安SIMと楽天モバイルのスピードテストしていたら、楽天モバイルがそこそこの速度が出た。

一般ユーザー:楽天モバイルは格安SIMの中でも速度がすばらしい。容量制限さえなければもっと良かった。

一般ユーザー:楽天モバイルは低速モードでも意外と使える。LINEやウェブブラウジング、ツイッターなども普通に利用可能だった。動画だけがちょっと厳しいくらい。

楽天モバイルでiphoneを使うのとキャリア契約のiphoneと比べてどの程度料金が割安になるか

普段使っている大手キャリアのiPhoneは、月額料金内に自動で様々なサービスが組み込まれているため、余計なオプションなどを一切使わなくても6,500円ほどが必ずかかってしまっています。

楽天モバイルを含む格安SIMには、本当に必要なサービスしか提供していないので月額料金をかなり節約することができるようになります。

楽天モバイル通話SIMと大手キャリアのiPhone料金プラン比較

プラン名 通話SIM月額料金 docomo au softbank
ベーシック 1,250円
2GBパック 5,900円 6,500円 6,500円
3.1GBパック 1,600円 7,200円
5GBパック 2,150円 7,200円 8,000円 8,000円
8GBパック 8,900円 9,700円
10GBパック 2,960円 11,000円 11,000円

大手キャリアでのiPhone料金体系は最安で5,900円~という料金です。それに比べて楽天SIMは低速のみのプランは1,250円~、3.1GBプランでも1,600円と安い料金設定が魅力です。

全ての会社にある5GBパック料金では、ドコモと比べて5,050円、auやsoftbankと比べると5,850円も節約できることになります。

最大の違いは、大手キャリアは通話し放題が料金に含まれていることです。楽天モバイル含む多くの格安SIMには通話し放題というものはなく、通話するだけ通話料がかかる仕組みです。格安SIMに適用されているのは通常20円/30秒という通話料(電話回線通話)ですが、楽天モバイルには「楽天でんわ」という通話料が半額になるアプリがありますので、このアプリをダウンロードして利用することで10円/30秒で通話が可能です。あまり重要ではない通話なら無料のIP通話アプリなどを利用することで、通話料は節約が可能なので、普段あまり通話をしない人ならかなりiPhone月額料金を節約することができるでしょう。

楽天モバイル公式サイトで料金プランを詳しく確認する

楽天モバイルでiPhoneを使う際のQ&A

  • au版iPhoneは使えるの?

AU版のiPhoneを利用したい場合は、SIMロックを解除する必要があります。
SIMロック解除には条件があり、条件を満たしていない場合は、ロックを解除することができません。
また、通信方式の違いにより利用できない場合もございますので、予めご確認ください。

詳しくは上記の「docomo、auなどのキャリア契約iphoneをそのまま楽天モバイルで使う方法」「au版、softbank版のiphoneを使いたい場合」を御覧ください。

  • 安定して使えるiPhoneはどういったもの?

ドコモキャリア版iPhone、もしくはSIMフリーiPhoneです。

  • OSのアップデート通知が着た、すぐにアップデートしてもいいの?

MVNO運用のiPhoneではOSの即時アップデートは控えておいた方が良いでしょう。OSのアップデートによりモバイルデータ通信ができなくなるケースが皆無という訳ではありません。この状態に陥ってしまわないように様子見することをおすすめします。楽天モバイルのアナウンスを待ってからアップデートをするのが一番安全です。

楽天モバイルでiphoneを実際に使ってみた感想を集めました

実際に楽天モバイルを利用中の方の、使用してみた感想をピックアップしてみました。

  • ドコモから乗り換えたが、ドコモ時代と変わりなく快適に使えている。初期設定に手こずったが、マニュアル通りにやったので大丈夫だった。
  • 自宅でWi-Fiを利用して繋げているので一番容量が少ないプランにしたがまったく問題なし。もっと安いプランがでればそちらに移動したいくらい。
  • 通話し放題がなくなったので、無駄な電話をしなくなった。楽天モバイルのおかげでスマホ代の大幅コストダウンに成功。
  • 一日あたりの通信量の縛りがなければなお良い。テザリング時にたまに接続が切れることがあるが、問い合わせ等の対応も迅速で良い。
  • 楽天会員なので、いろんなキャッシュバックやキャンペーンがある楽天モバイルに乗り換えた。以前より少し速度が落ちたが、ストレスになるほどではないし現状満足。
  • 普通に使う分にはまったく問題ないが、ネットで動画を見るときに速度が遅いので動画が止まることがある。高画質の動画はちょっときついかもしれない。
  • 値段が安いのでサブスマホ用として利用中だが、しばらく使ってみて特に問題がないのでメインスマホとしても使えそう。

驚くレベルで速度が速い。ドコモより早いと感じることも多い。いまはドコモと楽天モバイルの2台使いだが、近いうちに楽天モバイル1本にしようか検討中。通話し放題みたいのがあるともっとよかった。

⇒楽天モバイルについてもう少し詳しく見てみるならコチラ

楽天モバイルの便利アプリを利用しよう

天モバイルをiPhoneでもっと便利に使うために、楽天グループからもさまざまなアプリが提供されています。

まず、インストールしておきたいのは「楽天モバイル SIMアプリ」。データ通信をどれだけ利用したのかがすぐに確認できたり、データ通信を使いすぎたときには容量追加パックをアプリ内から設定することが可能です。ほかにも、通話の明細や契約情報が確認できるので、楽天モバイルをさらに快適に利用することができます。

通話をよく使う人には、通話料が半額になる「楽天でんわ」アプリがオススメです。使っている電話番号や通話の品質はそのままで、通話料が国内のどこにかけても10円/30秒。楽天モバイルでそのまま通話をすると20円/30秒なので、半額で通話が可能になります。入れておいて損のないアプリです。

もちろん、日本最大級のショッピングサイト「楽天市場」を便利に利用するためのアプリもあります。ブラウザから楽天市場を利用するよりも簡単に商品を探すことができるだけじゃなく、バーコードリーダー機能を使えば手元にある商品のバーコードをスマホのカメラから読み取るだけで簡単に楽天市場で検索することができます。最安値もすぐに分かるので役立ちます。

⇒TOPページに戻る