楽天モバイルが販売しているSIMってどんなもの?

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

楽天モバイルが販売しているSIMってどんなもの?

楽天が提供している格安SIM「楽天モバイル」。楽天モバイルのSIMってどんなものなの?どんな人が使えばよりお得になるの?どんなプランがあるの?どう使えばお得?そんな楽天モバイルのSIMについて気になる疑問にお答えします。

楽天モバイルが販売しているSIMってどんなものがあるの?

楽天市場を運営する楽天グループのフュージョン・コミュニケーションズが提供する格安SIM「楽天モバイル」。そんな楽天モバイルのSIMには「データSIM」「通話SIM」の2つがあります。そのうちデータSIMは更に「SMSあり」「SMSなし」に分かれていますので、全部で3種類のSIMがあるということになります。

「データSIMとは」

まず、データSIMとはスマートフォンやタブレットでのデータ通信専用のSIMになります。簡単に言うと「通話機能がなく、ネット接続のみができるSIM」ということです。タブレットなど最初から通話機能がないものや、別にガラケーなどの別携帯を所持し、通話はそちらで行い、ネット閲覧のみをこのデータSIMを入れた端末で行う使い方になります。

「SMSあり/なしとは」

SMSとはショートメッセージサービスのことです。キャリア契約時にあったCメールはこのSMS機能を使ったメールサービスです。SMS機能はLINEなどの一部のメッセージアプリやGmailなどの認証にも使われていますので、そのようなサービスを利用している方や、これから利用する可能性のある方はSMSありを選びましょう。

現在、格安SIMに起こる可能性がある問題点として「セルフスタンバイ問題」があります。これはSMS機能がないデータ通信用SIMだけに起こり得る問題で、SMSなし=電話番号を持たないSIMのせいで端末側が音声回線が無いと認識してしまい、電波状態を示すアンテナピクトのアイコンが圏外表示になってしまう現象です。圏外表示になることで端末側が「圏外だから電波を検知しなきゃ!」と常に接続先を探してがんばってしまうためバッテリーの減りがかなり早くなってしまうのです。

楽天モバイルのデータSIMにSMSをつけても100円の差額のみなので、このような問題点から見てもSMSはつけることをおすすめします。

「通話SIMとは」

通話SIMは音声通話機能がついたSIMです。データSIMの場合は、音声通話が必要な際に別に端末を用意する必要がありますが、通話SIMならこれひとつで済みます。現在使用中のスマートフォンから楽天SIMにそのまま乗り換えたいという場合は、音声通話もできる通話SIMを契約しましょう。

各種SIMはどんな人におススメなの?

楽天SIMのそれぞれの特徴から見て、どんな人におススメなのかをご紹介します。

「データSIMがおススメの人」

  • ネット通信専用の端末がある方

仕事や趣味用としてネット接続専用のスマートフォン、タブレットを所持している方は月額料金が格安な楽天モバイルのデータSIMを使い、よりリーズナブルに利用することができます。

  • 2台目の端末として使用したい方

現在使用中の大手キャリアのスマホはそのまま維持し、趣味や仕事での利用でタブレットを持ちたいという方。もしくは家族にタブレットだけを持たせたい方、寝室でテレビ替わりにタブレットを置いておきたい方などにおすすめです。

  • ガラケーとの併用でもいいからスマホ月額料金を少しでも抑えたい方

様々な理由から、キャリアメール(@docomo.ne.jpなどのキャリア名が入ったEメールアドレス)は維持したいけどスマホの月額料金を抑えたいという方は、通話用ガラケーとネット通信用楽天SIMスマホの2台持ちをすることで、無駄な料金を減らし月額料金の節約に役立ちます。通話とキャリアメールはガラケーで行い、ネット通信部分は楽天SIMスマホで行います。

「通話SIMがおススメの人」

  • 使用中のスマホから乗り換えを検討している方

今現在使用中の大手キャリアスマートフォンの月額料金が高いために格安SIMへ乗り換えを検討しているという方は、様々な特典が多い楽天モバイル通話SIMへの乗り換えがお得です。

  • スマホデビューしたいが料金がネックという方

ガラケーを使用中でスマホデビューを考えているがあまり月額料金が高くなるのは嫌だという方にもおススメです。大手キャリアのスマホと比べて半額以下でスマホを持つことも可能なので、まずはスマホに慣れたいという入門用としてもおススメです。

  • とにかく面倒なことはなしで安くあげたい方

データSIMは音声通話を行うための端末を別に用意する必要がありますが、この通話SIMならデータ通信(SMSあり)と音声通話がセットになっているので、これひとつでOKです。

月額料金は抑えたいけどガラケーとの2台持ちとか面倒で無理!という方はこの通話SIMでスマホをそのまま楽天の格安SIMに乗り換えてしまいましょう。

各種SIMはどんな風に使うとお得なの?

各SIMをお得に使う方法やこんな使い方もあるよといったものをご紹介します。

「データSIMの使い方」

  • ガラケーとの2台持ち

楽天モバイル含む多くの格安SIMには通話し放題がついていません。そのため、格安SIMで音声通話を長時間行うと通話料もかなり高額になる可能性があります。「スマホ代は抑えたいけど音声通話もよく使うんだよな」という方は、音声通話用にガラケーを持ち、データSIMを入れたスマホでネット通信を行うという2台持ちの使い方が一番電話料金を節約できます。

  • 離れた場所にいる家族に

離れた場所にいる親や祖父母にタブレットを持たせてあげたいという方も、データSIMを契約したタブレットを贈ってあげることで、格安でタブレットを使うことが可能になります。楽天SIMの格安な料金なら毎月の料金もそれほど負担にはなりません。

「通話SIMの使い方」

  • 無料のIP電話アプリと回線通話を使い分ける

楽天モバイルSIM含む多くの格安SIMでは、20円/30秒という通話料がかかります。楽天モバイルが提供している「楽天でんわ」アプリを使えば通話が10円/30秒の半額になります。通話料がかかる通話が電話回線を使ったものなので、音声品質は良いのですが料金がかかります。LINEなどでも提供している無料のIP電話アプリはインストールしてある同士の通話に料金はかからないものの、音声品質はあまり良いとは言えません。通話SIMを使う場合は、IP電話アプリが使える相手はアプリを使う、内容をしっかり伝えたい用件があるときは楽天でんわ経由で通話料金を払って通話をする、といった状況や内容、相手に応じた使い方を工夫することで、話した分だけかかってしまう通話料金を節約することができます。

各種SIMのプラン体系

楽天モバイルの各SIMのプラン体系をご紹介します。契約後のプラン変更も可能なので、まずは大手キャリアの一般的なプラン容量である3GBのプランを契約し、その後の使用量を見て自分に合ったプランに変更したり、まずは一番安いプランを契約し、使用量を把握しつつ容量が大きいプランに変更していくといった使い方もできます。

楽天モバイルは、契約した初月は月額料金が全プランで無料です。また、余ったデータ容量は翌月へ繰り越しが可能なので、無駄なく利用することができます。各プラン月額料金の支払い100円につき楽天スーパーポイントが1ポイント貯まる特典つきです。

プラン名 データSIM 通話SIM 通信速度
SMSなし SMSあり
ベーシック 525円 645円 1,250円 200kbps
3.1GBパック 900円 1,020円 1,600円 下り最大150Mbps
上り最大50Mbps
5GBパック 1,450円 1,570円 2,150円
10GBパック 2,260円 2,380円 2,960円

 

ベーシックプランは格安な代わりに通信速度が200kbpsに固定されています。ネット閲覧はTwitterやLINEなどのメッセージアプリ程度であったり、決まったサイトで閲覧するくらいなら問題なく使用が可能でしょう。しかし、ネット動画を見たり、画像が多いサイトなどはなかなか読み込みが追いつかず難しくなります。

3.1GBパックは大手キャリアの通常プランとほぼ同じ容量です。ネット動画や画像が多いサイトなどをよく閲覧するなら5GBパック以上のプランがおすすめです。

通信速度も最大150Mbpsと大手キャリアと遜色ありません。ただし、ネット通信が混み合う朝や夜などの時間帯は速度が低下し読み込みに多少時間がかかる場合があります。

  • 添付ファイルがついたメールを送受信すると1通あたり約500KBかかります。
     
  • 時事を扱うニュースサイトなどのネット閲覧は1ページあたり30秒で150KBほどかかります。
     
  • ネット動画を視聴する場合、普通程度の画質で1分あたり2MBかかります。
     

つまり、毎日家族や友人と平均50通メールのやり取りをした場合、たまに添付画像などをつけて送れば、1~2.5MBほどかかることになります。

通勤時間などにニュースサイトを閲覧したり、FacebookやTwitterなどのSNSを閲覧すると、1時間で1.8MBくらいは必要でしょうか。

寝る前や通勤時間などのちょっとした時間でネット動画を視聴したら、30分で60MBも使ってしまいます。

このように、自分が普段どのくらいネット通信を行っているのかを改めてチェックしてみてから契約するプランを決めてみるのもいいかもしれません。

自宅や職場にWi-Fi環境がある場合、Wi-Fiが使える場所はこまめに切り変えることで容量を節約できますので、容量が低めのプランでも充分ネット通信を楽しむことが可能です。