格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

余ったデータ通信量が翌月に繰り越せる楽天モバイル

楽天モバイルの「データ通信量の翌月繰り越し」とは?

高速通信ができるプランを利用するユーザーでも、契約したデータ通信量をキッチリ全部使い切るという方は少ないのではないでしょうか。ほとんどのユーザーははある程度余裕を持ったデータ容量で契約することと思います。そこで使い切れずに余ったデータ通信量を翌月に繰り越しができるという、便利なサービスが、楽天モバイルの「データ通信量翌月繰り越し」です。繰り越すことによって料金がかかったりすることはなく、このサービスがあるおかげで、想定したよりも1段階安いプランを選ぶこともできるはず。このサービスはMVNO選択の重要な要素と言えるでしょう。

ここで言う「通信量」とは、プランごとに設定されている「高速通信の使える量」のことを指します。プランの通信量を超えると、高速通信は使えずに速度制限がかかりますので、動画の閲覧や大容量のデータのやり取り等に支障が出てしまいます。月によってデータ通信を使う量は異なるので、通信量が余ってしまう月ももちろん出てきます。この余った通信量を、翌月に使うことができるのです。

【楽天モバイルのデータ通信量翌月繰り越し】

楽天モバイルの繰越説明

データ通信量の翌月繰り越しが日常化しているユーザーは注意

データ通信量の翌月繰り越しは確かに便利なサービスなのですが、これが日常化してしまっているユーザーは要注意です。自分の使い方とプランが合っていないのかも知れません。楽天モバイルでは、高速データ通信ができる料金プランとして、「3.1GBパック」「5GBパック」「10GBパック」の3タイプが用意されています。通常利用には、3.1GBパックで十分と言われていますが、キャリアであるドコモなどでは5GB程度が推奨されていて、一般ユーザーにはどのプランが自分に最適なのか分かりにくい場合も多いと思います。当たり前のことですが、人によってそれぞれスマホの使い方は異なりますので、まずは自分の使い方をきちんと把握することが重要です。

楽天モバイルの場合は、webサイト上の「メンバーズステーション」やスマホアプリ「楽天モバイルSIMアプリ」で日々のデータ使用量や契約データ容量の残量等を確認することができますので、「プランが合ってないかな」と思うユーザーはこまめに確認するところから始めてください。

また、楽天モバイルの場合は「プラン変更」も簡単にすることができます。先ほどの「メンバーズステーション」や「楽天モバイルSIMアプリ」には、プラン変更用のページも用意されていて手軽に行うことが可能です。月1回の変更に対応していますので、まずは少し多めのプランからスタートして、実際使用してみてデータ容量が余り翌月に繰り越されるようなら、より小容量のプランに変更する等の工夫で無駄を節約することができます。

楽天モバイルでの繰越について