格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

楽天モバイルの料金支払方法や注意点など

 

楽天モバイルの支払方法は基本的に「本人名義のクレジットカード」

楽天モバイルをはじめ、格安SIMサービスを提供するMVNO(キャリア回線を利用して通信サービスを提供する事業者)の使用料金の支払いには「クレジットカード」が指定されていることがほとんどです。大手キャリアの場合は、もちろんクレジットカードも使えますが、「銀行の口座引き落とし」や「コンビニ支払い」など多様な支払方法が用意されていたりします。これらは店頭契約が基本となっているキャリアならではの支払方法ですが、オンライン契約が一般的なMVNOの場合は即時に支払い保証を確認できる「クレジットカード」が基本となっているのです。利便性も高いのですが、MVNOは無駄なコストを削減することで格安な料金でサービス提供していますので、「銀行印の確認」や「口座情報確認」でユーザー・銀行双方とのやり取りで煩雑になる「銀行引き落とし」等にはほとんど対応していないのが実情です。
ただ、楽天モバイルではクレジットカードが基本と言いつつ、デビットカード(後ほど詳しく)での支払いにも対応していますので、MVNOの中では支払方法の選択肢があるという意味でオススメの事業者です。

2016/11利用分より、楽天モバイルの利用料金を「銀行口座振り替え」で支払う事ができるようになりました。

詳細はコチラの楽天モバイルの公式HPから。 *ただし、端末の分割払いは今まで通りクレカのみの対応となります。

「楽天カード」なら、セット端末の分割支払いも可能

まずは楽天モバイルのクレジッカード支払いについて詳しく見ていきましょう。クレジットカードであれば、各種カードでの支払いが可能なのですが、オススメはもちろん楽天グループの「楽天カード」です。楽天カードであれば、支払額に応じて楽天スーパーポイントが貯まるのはもちろんのこと、それ以外にもメリットがあります。楽天モバイルはセット端末に力を入れているMVNOです。格安SIMへの乗り換えのついでに端末も新しくしたいユーザーも多いでしょう。楽天カードを支払いに使用すれば、楽天モバイルの多彩なセット端末の購入が「分割支払い」も可能なのです。楽天モバイルのセット端末紹介ページには24回払いの月額支払い金額等が掲載されていますが、分割払いの場合は「楽天カードのみ」が対応していますので、その他ブランドのクレジットカードのユーザーは注意が必要です。

クレジットカード情報を入力して申し込み手続き

CreditCard(SET01)

楽天モバイルとのオンライン契約の際の「支払方法」指定の手続きについて、実際の画面を見ながら詳しく解説します。申し込み画面では、まずは商品・サービスの選択から始まります。SIMカードのみか、端末もセットで購入するのかを選択した後、料金プランなどを指定すると、個人情報の入力画面へ遷移します。ここでは、楽天会員であれば個人情報が自動的に入力されますので便利です。その他のユーザーは手入力しましょう。これらの画面で入力が完了すると、「お支払方法」についての入力画面になります。

【楽天モバイルのクレジットカード情報入力画面】

楽天モバイルの支払いフォーム

注意事項には、先ほども触れましたが、端末の分割支払いには「楽天カードのみ」が対応している旨の記載があります。カード会社選択では、自分のカードのブランド(VISAやMASTER、JCB)を指定してください。カード番号はカード表面に記載されている16桁の番号をハイフンなしで入力します。有効期限、カード名義人もカード表面記載の内容通りに入力しましょう。セキュリティコードはカード裏面の署名欄に印字されている番号の下3桁です。

楽天モバイルはデビットカード決済にも対応しています!

申し込み画面での記載は特にないのですが、楽天モバイルの支払いには「デビットカード」を指定することもできます。デビットカードとはクレジットカードの一種で使用方法はクレジットカードと同じですが、銀行口座に直結していて支払いと同時に口座から引き落としされるのが特徴です。そのため、デビットカードは銀行で発行されるカードとなります。楽天モバイルは「楽天銀行」「スルガ銀行」発行のデビットカードに対応しています。クレジットカードである「楽天カード」と同じように「楽天銀行デビットカード」でもポイントを貯めることができますので、オススメは「楽天銀行デビットカード」です。ですがデビットカードだと端末の分割払いに対応していませんし、楽天カードなら年会費無料で持つ事ができますのでクレカを一枚も持っていない方は楽天カードを申し込んでみてはいかがでしょうか。

楽天モバイル支払い方法2