楽天モバイルで緊急災害時にエリアメールを受信するには?

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

楽天モバイルで緊急災害時にエリアメールを受信するには?

なぜ楽天モバイルだと緊急地震速報などのエリアメールを受信できないのか?

■完全に受け取れないわけではない
3大キャリアが発信する緊急速報はブロードキャストです。ブロードキャストとは、受け取り側を特定せずに送る同時一斉放送のようなものであり、全ての携帯端末でその電波は受信できるように国際規格として定められています。楽天モバイルで格安スマホを運用している際、緊急地震速報やドコモのエリアメールなどが受信できなさそうで不安に感じている方が多いかと思われますが、ご利用の端末にも緊急速報の情報電波自体は届けられているのです。

■電波が届いているなら、なぜ表示されないの?
緊急地震速報やエリアメールの表示は端末の仕様により変わってきます。3大キャリアでご利用の端末は外部からのSIMフリー端末持ち込みで無い限り、これらの緊急速報の表示が保証されています。では、なぜ楽天モバイル運用のスマホでは緊急速報の電波が届けられても表示されないのでしょうか。それは「格安スマホ」であることにポイントがあります。キャリアでの販売を前提としていない端末では緊急速報を送信する「ETWS」という警告システムからの電波を受信したとしても、「表示をする・しない」は端末メーカーに委ねられています。また、地震速報に対応しているのは全世界中に日本くらいのもので、世界同時販売されているようなグローバルスマートフォンではETWSの表示対応をしていないケースが多いのです。

■格安スマホ(SIMロックフリー機種)でも表示されるものもある
まとめとして、全ての携帯端末において緊急速報の電波自体「電波が届くエリア内であれば」受信自体はしています。しかし、表示をするかどうかが任意の機種において表示をしていないだけなのです。「楽天モバイルで緊急速報を見ることができない」というのは誤解で、「情報は受け取っているが、表示をしていない」と見るのが正しいのです。
その中でも一部、楽天モバイルの格安スマホ利用においても緊急速報が表示されたケースもあるようです。しかし、端末が「ETWS表示対応」していることが条件となります。

楽天モバイル公式サイトはこちらから

楽天モバイルで緊急地震速報などのエリアメールを受け取る方法

楽天モバイルで緊急地震速報やエリアメールに該当する緊急速報を受け取るためにはいくつかの方法や代替方法があります。

ETWS対応端末を探す

楽天モバイルはNTTドコモ回線を利用した格安SIMサービスです。そのため、ドコモキャリア版のスマホを流用することによりエリアメールを受信することができます。この際、かかる料金は発生しませんのでご安心を。
SIMフリースマホにおいてもETWS対応端末であれば緊急速報を表示できます。しかし、カタログを見てもETWSについての詳細は掲載されていないことが多いため、探すのが困難です。口コミ情報などに依存することになるでしょう。

twitterを使う

地震速報であれば@quake_alertや@earthquake_jpをフォローし、着信時即表示設定をしておくことで緊急地震速報とほぼ同等の緊急速報情報を取得できます。

自治体の緊急連絡網をチェックする

自治体によっては、緊急速報を配信しているところもあります。速報に対応していたとしても自治体により配信方法も異なりますので、まずはお住まいに該当する自治体のホームページなどを参照すると良いでしょう。

Yahoo!防災速報アプリを使う

これについては次のコンテンツで詳しく解説します。

Yahoo!防災速報とは具体的にどんなアプリなのか

Yahoo提供の緊急速報定番アプリとしてYahoo!防災速報があります。このアプリのサービス内容とどのような特徴があるのかをここで解説します。

速報に対応している災害情報一覧

■緊急地震速報
設定震度・設定地点により受け取れる条件が変わってきます

登録地点での予測震度 震度5弱以上の設定 震度4以上の設定
震度5弱以上 通知される 通知される
震度4 通知されない 通知される
震度3 通知されない 通知されない

なお、設定震度は初期設定値が震度5弱。設定は震度3以上から可能です。また、震度5弱以上の予測の場合は設定地点以外にも全国の地震が通知されます。

・避難情報
・津波予報
・豪雨予報
・土砂災害
・河川洪水
・気象警報
・熱中症情報
・火山情報
・国民保護情報
・自治体からの緊急情報(一部地域のみ対応)

・防犯情報(β版)

これはテスト段階の項目で、一部地域のみでしか利用ができません。

楽天モバイルの格安スマホにインストールすることで利用可能

iPhoneでもAndroid端末でも、またSIMロックフリー版でもプッシュ通知で速報が受け取ることができるので、エリアメールの代替として使えます。ただし、現にエリアメールが受け取れている端末でこのアプリを使うと2重で情報が届いてしまうことに注意です。

通知のON/OFF設定も可能

緊急速報を受け取るためにインストールしているのであまりおすすめはできませんが、通知の抑制も可能です。ただし、一時的なOFF設定には気をつけましょう、OFFにしたことを忘れているとアプリの意義自体が薄れてしまいます。

最大3地点の登録と、GPSを用いた現在地への速報を受信できる

気になる場所、たとえば遠く離れた実家なども受信地域として設定しておくことができます。

アプリインストールを行いたくない方にもPCのメール版で代用可能

インストールアプリ数はできるだけ増やしたくないという方は、メール版もあります。本来このメール版はPCでの利用を想定しているものだと思われますが、このメールの受信をスマホで行ってしまえば良いのです。ただし、メール版の利用はYahoo!JAPAN IDが必要となります。

必ず通知設定をオンにしておく

■次のように緊急速報をOFFにしている方は注意!

・楽天モバイルでもエリアメール対応のドコモキャリア版を利用している場合
機種によってはエリアメールを受信しても音をならさない設定が可能なものもあります。

・先ほど説明したYahoo!防災速報の通知をOFFに設定している場合

・Twitterで災害情報を取得している方は着信時にアラームを切っている場合

■通知設定はオンにしておくことが重要
通知設定を切っておくのはあまり良い手段だとは言えません。先ほども解説しましたが、一度オフ設定にすると再度オンにするのも手動です。オフ設定にしたことを忘れていると本当に大事なタイミングで災害情報を取得できなくなるケースが考えられるのです。

■アプリは音量調節で対応しておくのがベター
アラーム音がうるさいからといって、通知をオフにしておくことは得策ではありません。では、どのように対応すれば良いのでしょうか?たとえば、Yahoo!防災速報アプリでは通知のアラーム音量設定ができるのです。こちらで対応しておきましょう。また、揺れる前にはアラーム音は鳴らすけど、揺れた後にはアラーム音はならさないなど詳細な設定も可能です。通知をオフにする前に、一度設定周りを見直すことがうまく使いこなすコツだと言えます。

その他、防災関連のおすすめアプリ

■ゆれくるコール
地震情報に特化しており、通知する地震の設定値が1以上から可能なアプリです。

・プッシュ通知対応

・注意点
通知震度と予測地点の追加は必ずしておきましょう。

■NHKネットラジオ らじる★らじる
防災情報を予知するものではなく、スマートフォンからNHKラジオ放送を受信できるアプリです。大規模な災害の際には、必ずNHKのラジオ放送経由で情報が流れますのでこのアプリをインストールしておくと安心です。

アプリを利用する注意点

■プッシュ通知を許可しておく
特にiPhoneではアプリ利用時にプッシュ通知の許可する・しないを設定できます。しかし、ここで許可しておかないと、いざ地震予知や災害情報が発信されたときなど、その通知を受け取ることができなくなるのです。

■プッシュ通知を全面的に信頼しない
アプリのプッシュ通知はETWSと比べると通知優先度の低さ(ETWS経由は最優先通知)、インターネット回線の混雑状況など環境に左右されがちです。そのため100%の通知保証もされていません。少しでも確実に対応できるよう、受信できる経路を複数用意しておいた方がベターです。

■アプリのアップデートをして、できるだけ最新の状態に
速報系アプリではアップデートを怠ってしまうと、正常に動作がしないことも考えられます。iOS・Android両方においてアップデートの保留が可能ですが、できるだけ最新のアプリに保っておくことが重要です。

■情報の最終判断はユーザー自身で行う
速報を受信できる経路を複数用意することで、より正確な判断ができるようになります。さらに、昔にはエリアメールの誤送信という事件もありました。現在においても情報に絶対の保証があるとは言い切れないため、最終判断はユーザー自身に委ねられます。この事を十分に理解して利用をしましょう。

楽天モバイル公式サイトはこちらから