格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

iPhone・Android間のデータ移行方法

 iPhone→iPhoneのデータ移行方法(連絡先、写真など)

  • データを移行する前に新旧の端末のiOSを最新にする

データ移行元と先のiOSバージョンが違っているとアプリの内容が正しく反映されなかったり、LINEの履歴が消えてしまったりするようです。移行作業前に必ずiOSバージョンを合わせておくことが重要です。iOSのバージョンアップ方法は下記の手順を参考にしてください。

  1. アップデートを行う端末に十分なバッテリーがあることを確認
    充電器と接続しながらのアップデートをおすすめします。
  2. 設定アイコンをタップし設定を開き、さらに「一般」をタップします
  3. 「ソフトウェアアップデート」をタップ
  4. 新しくインストール可能なiOSがあった場合、「ダウンロードとインストール」と表示されているのでその部分をタップ
    タップできない場合は、Wi-Fi接続環境を確認してください。「今すぐインストール」と表示されている場合は、既にアップデータのダウンロードが完了していますのでこれをタップします(こちらの場合は手順5へ)
  5. 利用条件に同意しインストールを進める
  6. 「今すぐインストール」をタップ
  7. 再起動を経て「アップデートが完了しました」の表示を確認し、完了
    マイナーアップデートの場合は、表示が簡略化される場合があります。
     
  • データ移行方法 iTunesバックアップ経由編

MACやWindowsPCをお使いの方はデスクトップ版iTunesと連携してお使いのことかと思います。この場合、一旦PCのiTunesへデータをバックアップし、それから新しい端末を接続してデータを移す方法があります。

●移行元のiPhoneのデータをバックアップ
まずは移行元のiPhoneから移したいデータをバックアップする必要があります。

  1. 端末を接続する前にPCのiTunesを開きます
  2. 左上のメニューボタンをクリック
  3. 設定を選択
  4. デバイスタブを選択
  5. 「iPod、iPhoneおよびiPadを自動的に同期しない」にチェックを入れOKをクリック
  6. データ移行元のiPhoneを連携しているiTunesのインストールされているPCに接続
    付属のUSBケーブルを使用してください。
  7. 左上のアイコンメニューにiPhoneの形をしたマークが表示されるのでこれをクリック
  8. バックアップ項目の「今すぐバックアップ」をクリック
    バックアップする際には「このコンピュータ」「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れます。パスワードは忘れないようにしておきましょう。
  9. 画面上部のステータス欄にバックアップ中という表示が消えるまで待てば完了です
     

●移行先のiPhoneにバックアップデータを復元する
この方法は移行というより、移行元のバックアップデータを移行先に復元する方法です。

  1. 移行先のiPhoneを、上記バックアップを取ったPCに接続します
  2. 画面左上のアイコンメニューから端末を選択
  3. バックアップ項目内の「バックアップを復元」をクリック
    「新しいiPhoneへようこそ」と表示される場合は手順5へお進みください。
  4. バックアップデータの日時を確認します
    移行元からバックアップを取った日時と照らし合わせて間違いのないようにするのが失敗しないコツです。日時がおかしいと思った場合にはキャンセルをし、中段します。中段した場合には、上記の移行元からバックアップを取る手順からやり直ししましょう。
    正常に進められる場合には手順6へ進みます。
  5. 「このバックアップから復元」を選択
    プルダウンメニューから復元に利用するバックアップデータを選択し「続ける」をクリックします。
  6. プログレスバーが表示されるので待機します
    この間は絶対にPCの電源を落としたり、ケーブルを抜いたりしないようにしましょう。後は画面の指示に従い完了です。
     

●注意点

  1. iPhoneは新しいiPhone、iPadは新しいiPadのみへの移行しかできません
  2. 設定により移行できないデータがあります
  3. バックアップ・復元にはかなりの時間を要します
     
  • データ移行方法 iCloudバックアップ経由編

●PCをお持ちでない方はこちら
iTunes連携が出来るPCが使えない場合には、端末間でデータ移行することになります。この時に利用するのがiCloudバックアップです。

●移行元からのバックアップ方法
まずは移行元からバックアップデータを取る方法を解説します。

  1. iCloudにサインインしバックアップをタップします
  2. iCloudバックアップをオンにします
  3. 「バックアップを開始」のポップアップが表示されたらOKをタップします
  4. 画面下部の「今すぐバックアップを作成」をタップします
  5. バックアップが終わるまで待機します

●移行先へのデータ移行方法

  1. 初期設定を「Appとデータ」項目が表示されるまで進めます
  2. iCloudバックアップから復元を選択
  3. IDとパスワードを入力しiCloudサインインを完了させます
  4. 利用規約に同意して次に進めます
  5. 復元に使うバックアップデータの日時を確認し、選択をします
  6. パスワード入力が求められた場合にはAppleIDのパスワードを入力します
  7. あとは画面の指示に従えば完了です

●注意点

  1. バックアップ・復元にはかなりの時間を要します
  2. iCloudは5GBまでは無料ですが、それ以上の容量は有料となります
  3. Wi-Fi接続環境が必須です
  4. 移行先のiPhoneは初期設定前の状態であることが必要です

 Android→iPhoneのデータ移行方法(連絡先、写真など)

  • AndroidからiPhoneへのデータ移行方法 連絡先編

●Googleアカウントを利用する方法

この方法を使えばGoogleアカウントに結びついている連絡先情報がiPhoneにも反映できます。

  1. 「設定」をタップ
  2. 「メール/連絡先/カレンダー」をタップ
  3. アカウント追加 → Googleとタップ
  4. 名前・メールアドレス・アカウントを入力
  5. アプリ連携の設定画面で連絡先をオンにする

●注意点

  1. Googleのアドレス帳を利用していない場合はiPhone上へ移行できない
     
  • AndroidからiPhoneへのデータ移行方法 データ移行編

●AndroidのデータをSDカードに一旦まとめる方法

  1. Androidに装着できるSDカードに移行したいデータを格納しておきます
  2. AndroidからSDカードを外しiTunesがインストールされているPCに装着
  3. PC側に任意のフォルダを作成し、そちらにSDカードの写真をコピー
  4. iTunesを立ち上げ、画面左上のアイコンメニューの端末を選択
  5. 画面上部の写真タブを選択
  6. 「写真の共有元」で「フォルダを選択」をクリックし、手順1のフォルダを指定
  7. iTunes画面右下の適用をクリック

●まとめ

音楽も同様にして音楽タブから同期が可能です。フォルダを別々にして上記手順を繰り返すことにより移行が可能となります。

iPhone→Androidのデータ移行(連絡先、写真など)

  • 上記の「AndroidからiPhoneへのデータ移行方法 連絡先編」を利用

この手順を用いることで、iPhoneの連絡先をGoogleアカウントの連絡先データと同期が可能です。これにより、Androidで利用するGoogleアカウントに連絡先データを移行することができます。

●写真の移行方法

  1. iPhoneをPCに接続
  2. エクスプローラーからiPhoneデバイスにアクセスし、DCIMというフォルダを探します
  3. DCIMフォルダをPCの任意のフォルダにコピー
  4. iPhoneを外します
  5. AndroidをPCと接続
  6. Androidの画面上部にある通知バーを下にスライドさせ「USB接続」をタップ
  7. 「USBストレージをONにする」にチェック
  8. PC側でAndroid端末にアクセスしDCIMフォルダを端末にコピー
  9. 手順6-7で設定したUSBストレージをOFFにします
     

●音楽の移行方法

  1. iTunesで移行したい音楽をリストからPCの任意のフォルダにドラッグアンドドロップ
  2. 任意のフォルダに楽曲データがコピーされるのでこれを先ほどの「写真の移行方法」と同様にAndroid端末にコピーして完了です

データ移行の際の注意事項

移行手順中にもいくつか注意点を記載しましたが、ここではそれ以外の注意点をまとめてあります。

  • 電子マネーが使えなくなる?

たとえばAndroidからiPhoneに移行した場合、iPhoneがおサイフケータイに対応していませんので、電子マネーの類が使えなくなります。仮に移行元のスマホにEdy残高等があった場合、すべて使い切ってから移行した方がベストです。

  • キャリアから楽天モバイルの格安SIM移行の際はキャリアメールのアドレスが移行できない

GmailやOutlook.comなどのフリーメールに移行することをおすすめします。

  • AndroidからiPhone(またはその逆)の移行の場合、アプリデータが引き継ぎできない場合がある

移行の可否はアプリ制作会社の対応によります。基本的には移行ができないと考えておいた方が良いでしょう。また、GooglePlayのプリペイドカードや、iTunesカードなどのポイント残高が残っている場合、異なるOS機種間の引き継ぎはできません。これらの残高も使い切ってから移行した方が良いでしょう。

  • SIMカードサイズに注意

データ移行には直接的に関わらない項目なのですが、機種変更の際に問題となるのがSIMカードサイズです。機種変更先のカードサイズが、変更前の機種のカードサイズと同じであれば何も問題はありませんが、異なる場合は楽天モバイルにSIMカードサイズ変更手続きをしなければいけません。この対応には4,000円の手数料がかかります。

  • 料金プランに注意

あまり想定されないことですが、iPhoneからiPad、Androidのスマホからタブレットという移行では通話SIMが利用できなくなるケースも存在します。実際には通話SIMでも運用は可能ですが、厳密に言うと「通話SIMを装着していても音声通話には非対応になってしまう」ことで通話・電話サービスが利用不可能になるケースです。こういった移行には「通話SIM→データSIM」へのプラン変更がスマートな選択だと言えるでしょう。しかし、最低利用期間内の通話SIMからデータSIMへの変更は違約金の対象となってしまうので注意が必要です。

  • 通信サービスの移行はまた別問題

端末により受信できる電波の帯域が異なります。これが何を意味するかというと「サービスエリア」「通信速度」の違いにつながるということです。もちろん、具合が良くなる場合もありますが、その逆も起こりうるということは知っておいた方が良いでしょう。古いiPhoneから新しいiPhoneにする場合にはこのような問題はあまり耳にしませんが、Android機種間の移行やAndroidからiPhonenに移行する際などは気をつける必要があります。

移行中に間違えて削除してしまったデータは復元できないの?

  • iPhoneではiTunesバックアップ経由のデータ移行がおすすめ

一旦バックアップを取ってしまえば、移行先・元に関わらずデータを削除してしまっても復元が可能です。そのため、iTunesバックアップが利用できるならこの方法を選択するのが安全です。

  • Androidではオンラインストレージを利用するのがおすすめ

普段からオンラインストレージに移行したいデータを保存しておくことでスムーズな移行と同時に、バックアップも取れるという一石二鳥の方法です。万が一、どちらかのデータを削除してしまっても一方には残っているため復元が可能となります。