楽天モバイルで使うVoLTEまとめ

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

楽天モバイルで使うVoLTEまとめ

VoLTEとは何か?

●VoLTEとは
「Voice over LTE」の略で「ボルテ」と読みます。本来LTEはデータ通信の「高速通信」にのみ使われてきました。しかし、効率の良い伝送方式であるため、3G回線によって実現されてきた音声通話をLTE回線上で行ってしまおうという規格です。LTE(4G)は2G回線の6倍、3G回線の3倍のデータ伝送量があるため、余裕分を通話品質に回そうという思惑があるようです。

従来の回線と何が違うのか?

●通話回線との違いは?
3G回線からLTE回線を使うという点が大きく違います。従来、LTE対応の携帯電話やスマホでも、通話時にはLTE回線経由から3G回線に切り替えて通話機能を実現していました。この切り替えにより応答までに時間がかかったり、電話をかけたときに一拍置いてからコール音が鳴ったりという現象が起きていたと考えられます。VoLTEを利用すると3G回線に切り替えることなくLTE回線接続のまま音声通話に対応できるようになったのです。

●IP電話との違いは?
では、LTE回線接続環境下でのIP電話と何が違うのかという疑問が浮かび上がってくると思います。IP電話は声をデータ化してインターネット回線経由で電話機能を実現させる手段です。デジタル機器なので、声をデータ化して伝送をおこなう点にはVoLTEも変わりがありません。

まず、VoLTEはQoS制御機構が有効で、通信の遅延が0.1秒以内さらに帯域が保証される通信が実現できるのです。一方IP電話でもQoSは有効だとは思いますが、LTE回線を利用した際の遅延時間は0.5秒程あるようです。会話において0.1秒と0.5秒差は体感できる差にあらわれると思います。

▽アプリを常駐させる必要がない
IP電話を利用するのには絶対に必要となるのが「IP電話対応アプリ」。VoLTEでは、全てのスマホで最初から搭載されている通話機能を用いるため、アプリを常駐させる必要がありません。IP電話ですと、常駐アプリ分スマホのストレージ容量を割く必要とアプリ常駐分のバッテリー消費がデメリットとなります。またアプリによりますが、ものによっては設定が複雑なものもあり、VoLTEではその手間が全く無い点も利点です。

▽IP電話番号では各種認証が取れないことも
インターネットサービス上、電話番号を求められることがあると思いますが「050」から始まるIP電話番号では認証が取れないケースが存在します。VoLTEは従来の携帯電話番号を利用するため、このような心配がありません。

▽IP電話はフリーダイヤルと緊急連絡先に電話ができない
これもIP電話の弱みです。「0120」を代表するフリーダイヤルと110/119番といった非常時の連絡先に電話ができません。

楽天でんわでVoLTE発信は可能なのか?

●楽天でんわ経由でもVoLTEを使った通話はできる
楽天でんわははIP電話とは違い、音声通話機能経由の機能です。そのためVoLTEにも対応しているようです。ただし、楽天でんわの特徴である呼出をしても実際のコール音までの時間が長くかかることが欠点としてあります。

●楽天モバイルでVoLTE利用する条件とは?

・プラン
通話SIMならプランは問いません。

・追加料金・特別な契約ナシ
VoLTEを利用しても追加料金はかかりません。ただし、通話時間にかかる通話料は従来と同じく請求されます。

・VoLTE対応機種が必要
利用する端末がVoLTE対応でなければいけません。また、基本的なことですがVoLTEは通話に関する機能なので、通話機能があるスマホでなければいけません。

VoLTEを使うメリットとは?

●帯域保証型の通信を利用するので安定した音質が得られる
VoIP型の通話アプリはどうしてもインターネット接続環境に影響されやすいのが欠点でしたが、その欠点を補うのがこの帯域保証型の通信です。VoLTEでは従来の3G回線を利用した通話と同じく帯域保証されているのが最大のメリットだと言えます。

●発着信が高速化
6~8秒かかっていた発着信時間がおよそ半分の時間で済むようになりました。

●通話機能を利用した際のバッテリー消費の軽減
3G回線を利用した通話時よりもバッテリー消費が軽減されるようです。

通話中でもエリアメールを受信できるってほんと?

従来の3G回線を用いた通話中にはエリアメールが受信できませんでした。しかしVoLTE通話中において、エリアメールを受信できるように改良されたようです。これにより、通話中でも緊急速報を受け取ることができ安全につなげられると言えるでしょう。ただし、ご利用の端末がエリアメール受信に対応しているものでなくてはいけません。SIMフリースマホではエリアメールの受信ができないものもあります。また、楽天モバイルが提供する新品の機種は全てSIMフリー機種です。そのため、エリアメール受信ができるかどうかは端末のメーカーページなどで下調べしておくことも重要です。

VoLTEに関してのQ&A

通話中にLTEエリアから3Gエリアに移動したらどうなるの?

A ドコモキャリアが提供するビデオコール以外であれば、通話回線が3G回線に切り替わることにより通話が維持されます。しかし、VoLTEのメリットは失われます。また、一度3G回線に切り替わってしまうとLTEエリアへ戻ったとしてもVoLTE回線には切り替わりません。ビデオコール利用の際は通話が切れてしまうようですので、ビデオコール中はLTE電波が安定している場所で、あまり移動しないように行う必要がありそうです。

他キャリアとのVoLTE通話は可能なの?

A 残念ながら異なるキャリア間でのVoLTE相互接続を用いた通話はできません。VoLTE普及の具合により相互接続をすることも考えられているようですので、今後に期待したいところです。

海外でVoLTE利用はできる?

A 残念ながら国内限定です。

VoLTE対応機種ではないけどVoLTEは利用できるの?

A これも残念ながらできません。VoLTE利用には「LTEエリア内でLTE通信が可能な状況にあること」「VoLTE対応端末を利用していること」が条件となります。

通話相手も自分と同じ楽天モバイル契約者だけど、相手はVoLTE対応機種じゃない。この場合は?

A こちらからの基地局までの通話にはVoLTEが利用されます。そのため、VoLTEのバッテリー消費が軽減されることや着信においてはスピーディーに行えるでしょう。しかし、相手の音声は3G回線を経由してくるため、音声品質においては最大のパフォーマンスを得ることはできません。VoLTEのメリットを最大限活かすためには、双方共VoLTE利用ができる状況になくてはいけないのです。

Q iPhoneだけどVoLTEは使える?

A キャリア版・SIMフリー版iPhone6/6Plus以降であればVoLTE対応しているので楽天モバイル格安SIM(通話SIM)においてVoLTE利用が可能です。これ以前の機種では残念ながら利用できません。ただし、LTE回線を使う設定にしておく必要があります。設定方法は「設定」→「モバイルデータ通信」→「LTE回線を使用」→「音声通話およびデータ」にチェックを入れることにより有効となります。

楽天モバイル格安SIMのVoLTE通話機能はどの通話相手で有効なの?

A 通話先の契約事業者により、VoLTEの利用ができるかどうかを表にまとめました。なお、こちら側は「楽天モバイル通話SIM契約」かつ「VoLTE利用可能な状態」というのが前提です。

通話先ユーザーの契約通信事業者 VoLTEの利用可否
楽天モバイル(ドコモ系MVNO)
mineo Aプラン(au系MVNO) ×
ドコモ
au ×
ソフトバンク ×

ドコモ回線系のMVNOであれば、楽天モバイル格安SIMからの通話でもVoLTEが利用できます。

Q VoLTEを利用することで、追加料金は発生しないの?

A 特別な利用料金はありません。従来の通話料のみで利用できます。

ビデオコールは使えるの?

A これはドコモとのキャリア契約をしている方のみの機能となります。楽天モバイル契約下では利用できません。

VoLTE利用に特別な契約は必要?

A au系MVNOではVoLTE対応SIMが用意されているようですが、楽天モバイルでは「通話SIM」契約であればそのままVoLTEが利用できます。

SIMフリースマホでもVoLTE利用はできる?

A 機種の仕様がVoLTE対応であればSIMフリースマホでも利用できます。