格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

楽天モバイルでdアカウントを用いたLINEの年齢認証

そもそもドコモ回線じゃないのにドコモIDは発行できるの?

※「docomo ID」は「dアカウント」に名称変更されたので冒頭の紹介以外は換えています

■ドコモIDはドコモ契約以外でも発行できる
ドコモIDはドコモ契約以外のMVNO契約下でも発行できます。

■なお、「docomo ID・ドコモID」は「dアカウント」に名称変更されました
2015年12月1日より「docomo ID」は「dアカウント」に名称変更されました。

■名称変更によるdアカウントの内容の変更は?
大きな変更内容としては、ドコモのキャリア契約をしている方向けの規約とそうでない方(ドコモのキャリア契約をしていない方)向けの規約を統合している点です。

■dアカウントを所有することでどういうことができる?
dアカウントはドコモキャリア契約に特化したものではなく、様々な用途に用いられます。dアカウントの利用ケースは次の通りです。
・アプリケーション利用のための年齢認証
・ドコモキャリア契約における携帯電話・スマホの利用料金の確認と各種手続き
・ドコモメール利用
・dTV、dアニメストア、dショッピングなどドコモが展開するコンテンツサービスやショップの利用
・ドコモケータイ払い(決済方法の一種)の利用
このように、ドコモが運営するサービスを1つのアカウントで利用ができるようになるのです。

■楽天モバイルでdアカウントを発行する際の疑問点
・SIMのプランには影響するの?
一切影響しません。通話SIM・データSIMどちらでもOK。データ容量もアカウント取得に影響することはありません。

■電話番号がなくても大丈夫?
データSIMの場合は通話可能な電話番号がありません。しかし、dアカウントはメールアドレスがあれば取得可能です。

楽天モバイル公式サイトはこちら

dアカウントの発行方法

■dアカウントの発行手順 楽天モバイル契約者向け(ドコモ回線契約をしていない方)
・アカウント発行ページにアクセスします

URLはこちらです。 https://id.smt.docomo.ne.jp/cgi8/id/register

■「ドコモの回線をお持ちでない方」をクリックします

■下記の必要事項を入力し、「規約に同意して進む」をクリックします
・メールアドレス
・パスワード
・性別
・生年月日(西暦)

■確認画面が表示されますので、内容に誤りがないかを確認し「上記の内容で発行する」をクリックします
登録したメールアドレスにワンタイムパスワードが送付されます。

■ワンタイムパスワード入力画面になるので先ほど受信したコードを入力し完了です

dアカウントを使用して、LINEの年齢認証は可能なのか?

メインテーマとなるのがここです。LINEのID検索をするには年齢認証が必須となります。年齢認証をしない場合はID検索をして友達登録をすることも、IDを教えて登録してもらうこともできません。これは、楽天モバイルを含むMVNOの携帯端末使うLINEの最大の欠点です。

dアカウントは取得できてもドコモ契約をしていない場合は年齢認証できない

結論から申し上げますとドコモ回線契約をしていない状態でのdアカウントでは年齢認証を行うことはできません。

ではどうするべきか?

格安SIM運用のLINEアプリではID検索自体を諦めた方が良いかもしれません。少し前にはドコモキャリア契約時に年齢認証を済ませておいて、そのLINEアカウントを格安SIM端末に移行させて使うという手段がありましたが、この方法も完璧ではないようです。キャリアによってはID検索が使えなくなってしまうこともあるそうです。こういった裏技的なものはたとえ今が良くても、数ヶ月先も継続して使えるとは言い切れません。

代替としてQRコードやふるふる機能を使う

やはり、安全かつ代替できるのはQRコードの読み取りによる友達追加および、ふるふる(GPS)機能を使った登録方法です。

まとめ

キャリア回線契約上では年齢認証できますが、格安SIM契約では年齢認証ができません。そのため、ID検索も不可能です。月額料金が大幅に安くなる代わりにLINEの1機能を失ってしまうという考え方でほぼ間違いないでしょう。キャリア契約の方からすると友達登録する際に「ID検索ができない」ことに対して説明をしなければいけませんが、ID検索ができないからといって友達追加の話を取りやめにする人もそう多くはないでしょう。あまり気にせず使っていくのがベターかと思われます。
また、楽天ではLINEに似たViberというアプリを推奨しています。楽天IDとViberアカウントを連携することで楽天スーパーポイントがもらえるキャンペーンも実施しています。仲の良い知人同士で使うならこういった代替アプリを使う方法もあります。

詳細は楽天モバイル公式サイトからもご覧になれます

dアカウントを持つメリット

■ひとつのアカウントで多くのサービス利用ができる
ドコモ回線の管理だけでなく、TVコンテンツのストリーミング視聴サービスからショッピングまでひとつのアカウントでこなすことができます。

■アカウント取得のためにはドコモ回線を契約する必要はない
規約変更前はドコモ回線契約をしている方向けのアカウントサービスでしたが、dアカウントになってからはドコモ回線契約をしていない方でも所有できるようになりました。

 dアカウントを扱う上での注意点

■面倒だとしても2段階認証は有効にしておくべき
現在ではIDとパスワードだけでは十分なセキュリティを保てない時代になってきています。この対策としてdアカウントには2段階認証というセキュリティ強化のための手段が用意されています。2段階認証を有効にすると、ログインしていない状態やセッション(ログイン情報の有効期間)が切れた状態からの再ログイン時に、登録したメールアドレスに認証用コードが発行されます。そのコードを確認し入力することで、メール受信者以外はIDとパスワードを知っていたとしても不正ログインができないという仕組みなのです。

メールアドレスは特定の端末のみで受信できるものが望ましい

複数の端末や公共のウェブメールなどでの認証コードの受信は好ましくありません。

1.複数の端末で受信できるメールの場合
ひとつでも端末を紛失したりすることで、認証コードが漏洩してしまうのでセキュリティが低下します。

2.ウェブメールでの受信の場合
SSL通信に対応していないウェブメールでは情報が盗聴される危険性があります。

dアカウント2段階認証の設定方法

1.ブラウザでdアカウントホームページに移動
URLはこちら http://id.smt.docomo.ne.jp/src/index.html

2.画面右側にある「管理メニューへ」ボタンをクリックしdアカウントにログイン

3.dアカウントメニューが表示されるので「オプション」→「2段階認証の設定を変更」をクリック

4.「現在の設定」が「利用しない」になっていることを確認した上で「利用する」にチェックを入れる
チェックを入れるとセキュリティコードの送信先を選択できるようになります。

5.「IDのメールアドレスへ送信する」にチェックし「上記内容に変更する」をクリック
ここは任意です。「予備メールアドレスへ送信する」にチェックを入れても構いません。どちらか受け取りやすい・安全な受信先を選択しておきましょう。

6.設定したメール受信先にセキュリティコードが送信されるので確認をする
@wdy.docomo.ne.jpから送信されます。そのため、このドメインからのメールを迷惑メールとして処理や拒否しないようにしておきましょう。

7.発行から10分以内にコードを入力して「完了」をクリック
コードの有効期限は発行から10分です。それを超えてしまうとコードは無効になります。その場合はコード発行からやりなおすことになります。
これで2段階認証の登録が完了します。信頼できるデバイスの設定は各サービスログイン時に決定できます。もし、公共の端末からdアカウントにログインする場合は「信頼する端末として登録する」を絶対にしないようにしておきましょう。

もし間違えて公共の端末を信頼する端末として設定してしまった場合

必ず、ログアウトをしておきましょう。ログイン状態のまま放置してしまうと、見知らぬ第三者に不正利用(悪意のない利用も含む)されてしまう可能性が高いです。また、信頼する端末として登録した場合、解除手順を踏まないとその端末からはIDとパスワードだけでログインできてしまいます。

1.その端末からログアウトをする
2.信頼できるPCから上記「dアカウント2段階認証の設定方法」の手順1~2までを実行
3.「信頼端末一覧を確認する」をクリック

信頼する端末の登録日時と登録名が表示されるので削除をしたい項目にチェックを入れ「登録を解除する」をクリック

楽天モバイル公式サイトはこちら