格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

楽天ならではのサービスと格安な料金が魅力の「楽天モバイル」

目次

楽天モバイルとは?

楽天モバイルは、大手通販サイト「楽天市場」でおなじみの楽天グループのフュージョン・コミュニケーションズが提供する格安SIMです。

通信速度を抑える代わりに一カ月500円台という安さ重視のプランから、一カ月30GBデータ容量のプランまで使いやすいプランが揃っています。そして楽天 モバイルの最大の魅力は楽天市場等と提携した、顧客サービスの内容です。楽天市場での買物や楽天トラベルでの旅行費用等、様々な用途に使える楽天スーパー ポイントが月額料金100円につき1ポイント貯まる他、楽天モバイル契約中は楽天市場での買物で付与されるポイントが常に2倍になるなど、定期的に様々な キャンペーンや特典があります。

新規契約後の初月月額料が無料になるサービスが全員にあります。また、契約データ容量が余った場合は翌月に繰り越しが可能なので無駄にならないのも嬉しいポイントです。

ただ安いだけじゃない、毎月必ずかかってしまう通信費でポイントが貯まったり、キャンペーンに参加したり特典がもらえたり、契約している間は何かしらいいことがある格安SIM、それが楽天モバイルなのです。

楽天モバイルのプラン詳細と料金設定

楽天モバイルの料金体系は以下の表の様になっています。

プラン名 データSIM 通話SIM 通信速度
SMSなし SMSあり
ベーシック 525円 645円 1,250円 200kbps
3.1GBパック 900円 1,020円 1,600円 下り最大262.5Mbps上り最大50Mbps
5GBパック 1,450円 1,570円 2,150円
10GBパック 2,260円 2,380円 2,960円
20GBパック 4,050円 4,170円 4,750円
30GBパック 5,450円 5,520円 6,150円

 

楽天モバイルにはデータ通信専用の「データSIM」と音声通話機能つきの「通話SIM」の2種類のSIMがあります。データ通信専用SIMは音声通 話はできないものの料金は格安なので、通話専用にガラケーを持ち、ネットはデータSIMを挿したスマホで行うという2台持ちの方におすすめです。音声通話機能つきSIMはスマホ1台ですべてを済ませたいという方におすすめです。

データSIMにある「SMSなし・あり」はSMS(ショートメッセージサービス)機能のことをいい、キャリア契約していたときは「Cメール」というショートメールにも使われているものです。このSMS機能はLINEなどのメッセージアプリの認証にも使われますので、メッセージアプリを使う方は「SMSあり」を契約する必要があります。

通話SIMにははじめからSMS機能がついていますので、改めて契約の必要はありません。

大手キャリアから乗り換える場合、どのプランを選べばよいかわからないという方には楽天モバイルのページで簡単におすすめプランがわかる「かんたんプラン診断」ができます。また、もし契約後に「このプランじゃデータ量が少なかったor多かった」となったときは、契約後のプラン変更も可能なので安心です。

楽天モバイル公式HP各種料金をチェックしてみる

楽天モバイルの対応端末一覧

楽天モバイルの格安SIMは、ホームページ上で動作確認が取れた端末を紹介しています。格安SIMをiPhone端末で使いたいという方が多いのですが、格安SIMによっては一部のiPhone端末が利用できない場合もありますので、iPhoneの動作確認済端末をご紹介します。

楽天モバイルならSIMフリー版、docomo版のiPhone5S、5C以降の全機種。

au版ソフトバンク版iPhone6S以降の全機種が使用できます。(SIMロック解除後)

「iPhone」

  端末種類 SIMサイズ LTE/3G 備考
iPhone3GS SIMフリー版 標準SIM 3G  
iPhone4s SIMフリー版 マイクロSIM 3G  
iPhone5 SIMフリー版 nanoSIM 3G iOS6、iOS7で検証済
iPhone5s SIMフリー版/docomo版 nanoSIM LTE ・iOS7で検証済・音声プランでの利用時のみLTE通信可能・構成プロファイルのダウンロードと設定が必要
iPhone5c Docomo版 nanoSIM LTE ・iOS7で検証済・音声プランでの利用時のみLTE通信可能・構成プロファイルのダウンロードと設定が必要
iPhone6 SIMフリー版/docomo版 nanoSIM LTE 構成プロファイルのダウンロードと設定が必要
iPhone6 Plus SIMフリー版/docomo版 nanoSIM LTE 構成プロファイルのダウンロードと設定が必要
iphone6s

SIMフリー版/docomo版/au版/

SoftBank版

nanoSIM LTE 構成プロファイルのダウンロードと設定が必要(au版、SoftBank版はSIMロック解除後に使用可能。)
iphone6s Plus

SIMフリー版/docomo版/au版/

SoftBank版

nanoSIM LTE 構成プロファイルのダウンロードと設定が必要(au版、SoftBank版はSIMロック解除後に使用可能。)
iPhone7 SIMフリー版/docomo版 nanoSIM LTE 構成プロファイルのダウンロードと設定が必要
iPhone7 Plus SIMフリー版/docomo版 nanoSIM LTE 構成プロファイルのダウンロードと設定が必要

 

楽天モバイル公式サイトで動作確認端末をチェックする

iPhone以外でも、ホームページで紹介されている動作確認が取れた端末を使用するには、SIMロックフリーの端末以外はSIMロック解除を行う必要があります。これは各社ごとにSIMロック解除のための条件が多少異なりますが、その端末の購入履歴がとれること、端末を一定期間使用済であること等が必要です。

機種名 一括払い(税込) 一括払いにした際のプレゼントポイント 分割払い(24回) 楽天スーパーポイントで支払い
Zenfone3 Max 21,384円 なし 891円
AQUOS SH-M04 32,184円 なし 1,341円
HUAWEI Mate9 65,664円 なし 2,736円
honor 8 46,224円 なし 1,926円
arrows M03 35,424円 なし 1,476円
ZTE BLANDE E01 13,824円 なし 576円
VAIO Phone Biz 59184円 なし 2,466円  

上記以外にもSIMフリースマホやdocomoスマホはほとんどが楽天モバイルで使用できるようです。

もしお手持ちのスマホを楽天モバイルで運用しようかと考えている人は一度公式サイトの、「動作確認端末」をご確認ください。

楽天モバイル公式サイトで動作確認端末をチェックする

楽天モバイルに関するQ&Aについて回答します

Q、データSIMでもLINE等のアプリの無料通話は可能ですか?

A、可能です。LINE等の無料通話は基本データ通信量を消費して行うものなので、こちらであればデータSIMでも可能です。

⇒楽天モバイル公式サイトへ移動

Q、楽天モバイルではメールアドレスの付与はありますか?

A、楽天モバイル契約者は無料のメールアドレスが1つ使えます。

「~@rakuten.jp」という形式でメールアドレスを取得でき、「~」の部分を自分の好きな文字列にする事が可能です。

Android用のみですが専用のアプリもあります。

※メールアドレスの取得手順については公式サイトに詳しく記載してあります。

⇒楽天モバイル公式サイトへ移動

Q、docomo、au、ソフトバンクの3大キャリアメール「~@docomo.ne.jp」「~@ezweb.ne.jp」「~@i.softbank.jp」を使用する事は可能ですか?

A、使用できません。楽天モバイルはドコモの回線を利用して運営されていますが、「~@docomo.ne.jp」も使用する事ができません。

解決策としては以下の2つがあります。

1、上記にも記載している楽天モバイルから付与されるメールアドレス「~@rakuten.jp」を使用する。

2、フリーメールアドレスである、Gmailやyahooメールを使用する。(こちらが一般的です)

上記2つの解決策がありますのであまり問題はないかと思います。

⇒楽天モバイル公式サイトへ移動

Q、パズドラやLINEゲーム、モンスト等のゲームアプリはできるのしょうか?

A、はい。問題なく行えます。基本的にSIMカードを変更したからといってできなくなる事はありません。楽天モバイルの販売している端末であっても、アンドロイドなので問題なく行う事がきます。

Q、楽天モバイルで端末を購入した場合、分割払いは可能ですか?

A、楽天カード、VISAカード、Masterカードの場合は可能です。しかし、それ以外のクレジットカードの場合は不可能です。

Q、MNP(ナンバーポータビリティ)は問題なく行えますか?

A、可能です。3大キャリアやその他格安SIM会社から楽天モバイルへの乗り換え、楽天モバイルから3大キャリア、その他格安SIM会社への乗り換え、どちらも問題なく行えます。今使っている携帯電話の番号そのままで楽天モバイルへの乗り換えが可能です。

※詳細なMNPの方法は公式サイトに記載してあります。

Q、楽天モバイルは海外でデータ通信が可能ですか?

A、以前は楽天モバイルは海外でのデータ通信は不可能でしたが、現在楽天モバイルの海外SIMを購入することで、海外でもデータ通信を行うことが可能となります。
海外SIM(3,000円)、地域別パック(1,000円~5,000円)程度で購入できますので比較的安価です。
ただし、対応してない機種もありますので、予めご確認ください。
詳しくは楽天モバイルの公式サイトをご覧ください。

Q、申し込んだプランの月のデータ通信の制限GBを超えると追加料金はかかりますか?

A、追加料金は一切かかりません。通信速度が低速になるだけです。

例 えば、3.1GBが制限GBの場合3.1GBまでは高速のデータ通信が行えてネット等をスムーズに見る事ができます。しかし、3.1GBを超過してしまう と、その月は通信速度が低速になり、ネット等がスムーズにみれなくなると言うことです。なので、追加の料金等がかかるといった事はありません。

Q、現在ドコモでiphoneを使用しているのですが、ドコモの場合SIMロックの解除なしで楽天モバイルのSIMカードを使えると聞いたのですが本当ですか?

A、はい。本当です。楽天モバイルはドコモから回線を借りて運営している会社です。なので、ドコモから楽天モバイルに乗り換えるお客様はSIMロック解除なしで、楽天モバイルのSIMカードに差し替えればそのまま使用する事が可能となっています。

格安スマホは料金が安い分、大手キャリアのような顧客の利便性重視のサービスが少ないのですが、楽天モバイルは現在使用しているデータ量がすぐに確認できるため、契約データを超過しないためにこまめにチェックできるシステムがとても評価されています。

契約データ量によっては、短期間で高速データ通信を大量に行うと(動画を一気にたくさん見たり、大きなデータをいくつもダウンロードする等)通信速度に制限 がかかるようになっています。これは格安SIMの会社では多く採用されている回線混雑回避のためのシステムで、自分が今現在どのくらいデータ量を使用して いるのかを確認しながら行うことで、この通信制限にひっかからずに済みます。

しかしながら、大手キャリアとは比べ物にならないほどの月額料金の安さで目立った大きな不満コメントが少ないのが楽天モバイルの大きな魅力でありキーポイントではないでしょうか。

格安SIMへの乗り換えをご検討の方は、このような利用者の生の声を参考に選んでみてはいかがでしょうか。

実際に使用している人たちの声

>>楽天モバイル利用者100人インタビュー!気になる結果はコチラのページから<<

実際に楽天モバイルを利用している人たちの生の声を集めました。

「経済的。大手キャリア携帯と比べて何ら問題ない。ライトユーザーにおすすめ」

「使いやすい通信量が把握しやすい、低速モード変換も楽にできて便利」

「軽微な修正が早く快適」

「初スマホで、データをどのくらい使っているのか簡単にチェックしやすくて良い」

「使った通信量がすぐチェックできるので、こまめにチェックして制限にはひっかからず利用できている」

「とにかくわかりやすい。スマホ初心者におすすめ」

「通話料金の反映にちょっとタイムラグを感じる」

「楽天でんわでの通話は通話明細に乗らないのがちょっと不便」

「他社から始めて格安スマホに乗り換え。キャリアのスマホと全然変わらないし、友人に勧めている」

「とても便利で、オジサンにも公式サイトは見やすいし分かる」

「中学生の息子に持たせる用に契約した。ファミリープランがあるとなお良かったが、無くても充分安いので満足」

どんどん便利になる楽天モバイル

従来MNPで携帯番号そのまま楽天モバイルを契約するとスマホを使えない期間、いわゆる待機期間が0でMNP契約できるように改善されました!

手順としましては、

①今現在契約している携帯電話会社に電話もしくはWEBサイト申し込みMNP番号を取得

(申し込み前にMNP番号の有効期限が10日以上残っている事を確認してください!)

②楽天モバイルに申し込みする際に(楽天モバイル開通受付センターに電話)にチェックを入れる *下記画像を参照

スクリーンショット 2016-07-31 18.06.38

③楽天モバイルSIMが届いたら、楽天モバイル開通受付センター : 0800-805-1111 に電話 

*ただし電話する時間によっては翌日以降のMNP手続きとなってしまうので注意してください。(下記画像参照)

スクリーンショット 2016-07-31 18.10.44

楽天モバイル公式サイトでMNPについて確認する

定額で電話がかけ放題になる楽天モバイル独自のサービスが始まりました!

電話をかけた際の通話料金が月額料金に含まれない格安スマホは、キャリアスマホと同じつもりで電話をかけていると、月額の通話料金がかなりの高額になってしまい結局料金が高くなってしまう可能性もあります。

楽天モバイルではその部分に目を付け、オプションで月額850円で5分以内の通話かけ放題プランを新たに増やしました。

総務省が発表した「音声通話の利用状況に関する調査」では、日本人の1通話あたりの通話時間は平均して2分半以内であるという結果がでています。実際に電話をかけて5分以上の通話を行うことはほとんどない方が大半だそうです。格安スマホに替えてからは、口頭でなら1~2分で済むような話でも通話料を気にして面倒な思いをしながらメールやLINEをするようになったという方も一度このプランを検討してみてはいかがでしょうか。

楽天モバイルの5分かけ放題オプションなら、月額850円(税別)で1通話あたり5分以内の国内通話であれば何度でもかけ放題になりまので、5分以内なら通話料を気にしないで電話ができるメリットがあります。格安スマホの通話料(20円/30秒)を半額(10円/30秒)にする「楽天でんわアプリ」を併用していたとして、月に約43分通話をすれば850円の元はとれる計算になりますので、こちらのオプションが本当にお得かわからないという方は、自分の月あたりの合計通話時間を一度見直してみることをおすすめします。1~2日に2~3分程度でも家族や友達と連絡をとることがあるという方にはかなりおすすめできるプランとなっております。

詳しくは楽天モバイルの公式サイトの料金プランからどうぞ

申し込みから使用可能になるまでの流れ

楽天モバイルを申し込んで実際に使用するまでの流れをご紹介します。

⇨実際に楽天モバイルに申し込んでみた様子はコチラ

端末セットの音声通話SIMを申し込む場合

  • 事前に本人名義のクレジットカード、免許証などの本人確認書類、MNP(ナンバーポータビリティ)を利用する場合は、MNP予約番号を用意します。MNPは現在使用中の電話番号をそのまま継続して使用するためのサービスで、利用中のキャリア会社にMNP予約番号を申し込んで発行してもらいます(手数料3,000円必要)
  • パソコンやスマートフォンで楽天モバイルのサイトに行き、「お申し込みフォーム」から申し込みます。(エラーを防ぐためパソコン推奨)
  • 申込後1時間ほどで「本人確認書類提出のご案内」というメールが届くので、そのメールに記載されているURLにアクセスし、スマホのカメラ等で撮影した本人確認書類のデジタルデータをアップロードします。(手順はメールに詳しく記載されています)
  • 申込手続きに不備がない場合、申し込んだ端末とSIMカードが発送されます。配達日を指定していない場合、一週間程度で届きます。不備があった場合はメールに連絡がきます。
  • 端末セットとSIMカードを受けとったらAPN設定(格安SIMを使うための初期設定)を行います。APN設定が済めば利用開始です。

データ通信専用SIMカードのみを申し込む場合

  • 本人名義のクレジットカードを用意します。
  • パソコンやスマートフォンで楽天モバイルのサイトに行き、「お申し込みフォーム」から申し込みます。(エラーを防ぐためパソコン推奨)
  • 申込手続きが完了後、SIMカードが発送されます。
  • SIMカードを受け取ったらAPN設定(初期設定)を行い、それが済めば利用開始です。

初期設定専用アプリを使ってAPN設定を行う方法

  • ユーザーIDとパソワードを入力しログインします。IDとパスワードは「アカウントの確認」ページにSIM電話番号とSIM番号を入力することで取得できます。
  • メニューを表示し「APN設定」をタップします。
  • 設定する項目の横にある「コピー」ボタンを押したあと「設定画面を開く」ボタンをタップします。
  • 「+」ボタンを追加して「アクセスポイントの編集」を表示します。
  • 「名前」「APN」「ユーザー名」「パスワード」「認証タイプ」それぞれの設定が完了するまで、手順3と5を繰り返し、終わったら内容を保存し作成したAPNを選択します。
  • 端末の戻るボタンでひとつ前の画面「モバイルネットワークの設定」に戻り、「データ通信を有効にする」チェックボックスをオンに変更し、APN設定完了です。

iPhoneのAPN設定方法

  • ホーム画面からブラウザ(safari)を起動し、コチラにアクセスします。
  • APN構成プロファイルをダウンロードします。
  • ダウンロードが完了すると「プロファイル」画面が開きます。右上にある「インストール」ボタンをタップします。
  • 設定変更の確認画面が表示されるので、「インストール」をタップします。
  • インストール完了画面が表示されます。「完了」をタップしてAPN設定完了です。

他社には無い楽天モバイルの強み

楽天モバイルの強みはなんといっても楽天グループ各社と提携した様々なサービスです。通常スマー トフォンの月額料金は毎月必ずかかってしまうにも関わらず、ただ払っておしまいになりがちです。楽天モバイルは、月額料金に応じて楽天市場での買い物や楽 天トラベルでの旅行、楽天オークションでの利用料金、楽天レンタルでのレンタル料金など、とにかく様々な楽天グループのサービスで使える楽天スーパーポイ ントが貯まります。

その他、新規契約時に端末と楽天モバイルSIMを同時に申し込むことで最大10,000ポイント、不要になった携帯端末 を売れば買い取り金額と還元ポイントの他に4,000ポイント、通話料が半額になる「楽天でんわ」アプリを契約時に同時に申し込むことで1,500ポイン トがもらえる等、月額料金以外でも楽天ポイントが貯まる特典がいっぱいです。これ以外でも期間限定で様々なサービスや特典が定期的にあるので、楽天モバイ ルを持っているだけで何かとメリットがあります。

最近様々な格安SIMが出てきていますが、どれを選んだらいいかわからないという方はこのようなスマホ機能以外のサービスや特典で選ぶというのも選択肢のひとつではないでしょうか。

楽天モバイルはこんな人におすすめ

近年多種多様な格安SIMが販売されていますが、種類が多すぎて何を選べばいいのかわからない!という方も多いはず。そんなたくさんある格安SIMの中から、こんな方には楽天モバイルがおすすめ!というのをご紹介します。

格安SIMを使うにあたり、何かお得なサービス等があるといいなと思う人

楽天モバイルは、他社格安SIMにはない様々な特典やサービスが多いのが特徴です。たとえば、楽天モバイルを家族や友人に紹介し、その紹介された人が楽天モ バイルを契約したら紹介者に楽天ポイント3,000ポイント分がもらえたり、普通に申込をした時点で最大15,000ポイントがもらえたり、毎月の月額料 金100円ごとに1ポイントがもらえたり、契約中に楽天市場で買物をするともらえるポイントがずっと2倍だったり…と、とにかくうれしいサービスや特典が たくさんあります。

どうせ毎月必ず支払う料金なら、少しでも還元されたら嬉しいですよね。楽天モバイルはそんなどうせならお得に使いたいという方におすすめです。

楽天グループのサービスをよく使う人

楽天モバイルは楽天市場をはじめとする様々なサービスを提供する楽天グループが販売しています。そのため、楽天モバイルを使用すると楽天グループのいろんな 用途でつかえる楽天スーパーポイントが貯まりやすくなっています。月額料金や、定期的に行われる特典やサービスなど、多い時は1万ポイント以上のポイント を手に入れることも可能です。

貯まったポイントはスマホの端末代金に充てることもできますし、通常の楽天グループ各社のサービスに利用が可能です。

サポート充実性を重視する人

格安SIMは、大手キャリアと違い街中に店舗があるわけでもなく、気軽に問い合わせやサポート依頼がし辛いことが多いです。楽天モバイルなら、月額500円 から格安スマホに変更するにあたっての設定方法や使い方のサポートができる顧客のバックアップ体制がしっかりと整っています。また格安SIMとしては珍し く、実際に店舗を構えている場所もあります。

「お子さんにスマホデビューをさせたいけど、まずは格安スマホから」とお考えの方や、「便利な 機能が多いからスマホを持ってみたいけど、操作が難しそうで不安だし、月額料金もできるだけ抑えたい」という方にはこのようなサポートがしっかりとしてい る楽天モバイルはおすすめです。

楽天モバイルを選ぶ際の注意事項

楽天モバイルを契約するまえに知っておくべき情報をご紹介します。

最低利用期間は12カ月間

楽天モバイルを契約した後に規定の期間内に解約すると、違約金を支払わなければいけません。これはほぼ全ての格安SIM会社や大手携帯電話会社でも設定されているものです。違約金が発生する期間は会社ごとに異なりますが、楽天モバイルはSIMカードが到着した月から12カ月間となっています。この期間内に解約する場合は違約金として9,800円(税別)が請求されます。ただし、データSIMの場合、最低利用期間はありません。

解約後はSIMカードを返品しなければいけない

スマートフォンに使われるSIMカードは、会社によって「そのまま破棄してOK」というところと、「必ず返却してね」というところに分かれます。大手キャリアの場合はだいたいそのまま持っていようが破棄しようが問題ないことが多いのですが、格安SIMは返却しなければいけない会社が多くなっています。解約したからもう終わり、ではなく、きちんとSIMカードを返却しましょう。

SIMカード返却先

郵便番号338-0824 埼玉県さいたま市桜区上大久保303-1 物流センターSIM返却係

楽天スーパーポイントの付与について

楽天モバイルを利用すると、利用額に応じて楽天スーパーポイントがもらえます。付与されるのは通常ポイントのみで、新規でセット販売端末を購入した場合、端末費用や事務手数料は付与の対象になりません。

楽天モバイルの利用料金1%分の付与は、サービス開始月の良く翌月から毎月付与されます。ポイントが付与されるため、楽天モバイルへの楽天スーパーポイント口座の登録が必要になります。楽天モバイルに楽天スーパーポイント口座がない場合はポイントは付与されません。また、楽天モバイル利用によって付与された楽天スーパーポイントは、楽天会員のランクアップ、ランクキープの関わるものではありません。

楽天モバイルの料金プランにはどのようなものがあるの?

楽天モバイルには大きくわけて2つの容量プランがあります。

通信速度制限はあるが無制限のデータ通信ができるベーシックプラン

高速通信容量が0のプランで、常時200kbpsの通信なのですが容量を気にしなくていいプランです。さらに月額料金が料金表の中で最安になるものです。

  • ベーシックプランが向いている方
    ベーシックプランは次のような方にオススメです。

    • マルチメディアコンテンツには一切触らない方
    • テキスト主体のアプリ・機能メインに使う方

LINEやSkype、ハングアウト、メッセンジャー、Eメールなどテキスト主体で行われるサービス主体で使っている方にオススメです。

  • メインが待受専用の方は通話SIMベーシックプランが安い

通話機能、特に待受に重きを置く場合には楽天モバイル通話SIMベーシックプランが割安です。楽天モバイル通話SIMの通話機能にはモバイル通信サービスを経由しませんので、インターネットを重視しなくても良いのであればオススメです。

高速通信ができるGBプラン

GBプランとは高速通信の通信容量が定められているプランです。こちらのプランはベーシックプランと比較して理論上では最大1000倍程度の回線速度差があります。実測値は理論値より大きく下回るので実際の差は1000倍まで出ませんが、それでもかなりの速度で通信ができるプランです。

  • GBプランに向いている方

動画・音楽などマルチメディアコンテンツにアクセスする方。

  • 楽天モバイルの料金プラン一覧
プラン データSIM
(SMSなし)
データSIM
(SMSあり)
通話SIM
ベーシックプラン 525円 645円 1,250円
3.1 GBプラン 900円 1,020円 1,600円
5 GBプラン 1,450円 1,570円 2,150円
10 GBプラン 2,260円 2,380円 2,960円

 

楽天モバイル公式サイトで料金プランを詳しく見る

楽天モバイルのメリット

  • 電子マネーサービス「楽天Edy」との相性がいい
  • 楽天Edyを使うと楽天スーパーポイントが付与されます。楽天モバイルの格安SIMサービスでもおサイフケータイ対応端末であれば楽天Edyが使えます。
  • 楽天市場との相性がいい
  • 楽天モバイルを契約してエントリーすると、楽天モバイル契約中は楽天市場でのポイントが2倍になります。楽天主体で買い物をする方には特に相性が良いといえます。
  • 楽天スーパーポイントが貯まる

上記以外にも、楽天モバイルの月々の支払い100円につき1楽天スーパーポイント付与されます。その他、楽天モバイル限定のポイントキャンペーンが様々用意されているので、楽天の各種サービスを使っている方にはオススメです。例えば、楽天モバイルにMNP転入時に使えるのが「楽天買取サービス」通常の買取価格に楽天ポイントがサービスで付いてきます。これを使うと、MNP手数料が少しでも浮かせられるのでこれも視野に入れておいた方が良いでしょう。ただしポイント付与対象外商品もありますので注意が必要です。

⇒楽天モバイル公式サイトへ移動

  • 楽天でんわとの組み合わせでさらにお得

楽天でんわとは通話がお得にできる楽天モバイルの電話アプリです。

格安スマホにした場合格安で抑えたいのに通話料が意外にかさばるという意見も多いので、この楽天でんわはぜひおすすめしたいと思います。

自分が楽天でんわを使って相手に電話をかけた場合、相手にはいつもどおり090や080から始まる電話番号しか表示されません。でも、自分から相手の番号をダイヤルするときには、その番号の前に「0037-68-」をつけてから携帯電話の番号を入力していきます。この番号を付け加えてかけることで、なんと通話料が半額にまでなるんです。ただし、国際電話についてはこれが当てはまらないので注意しましょう。30秒につき20円という料金体系の携帯電話を利用している場合のみ適用されるようになっています。

  • 楽天モバイルSIMアプリでデータ通信量が一目瞭然

ベーシックプラン以外の方は、月々のデータ通信量が気になるところだと思います。他のMVNOでもそうですが、月のデータ容量を使い果たしてしまうと翌月まで高速通信サービスが受けられません。容量追加パックを購入して契約の容量プランに臨時の容量を追加すればLTE高速通信が可能になります。しかし、容量追加パックの単価は100MB/300円と月々の契約からしてみると割高です。そこで、楽天モバイルSIMアプリを利用しデータ残量を把握することで、データ容量節約の指標にできます。

  • 楽天モバイルはNTTドコモ回線を利用

次のようなメリットがあります。

  • NTTドコモのカバーエリアと同じ
    Xi対応機種はLTE高速通信のエリア、3G専用機種はFOMAのカバーエリアとそれぞれ同等です。
  • 楽天モバイル対応端末としてNTTドコモのSIMロック端末が使える

モバイル端末はSIMフリーだけでなく、NTTドコモのキャリア端末、いわゆるドコモのSIMロック端末が使えます。

  • 楽天モバイル端末があり、格安SIMサービスに不慣れな方にも安心

格安SIMサービスに不慣れな方はどのような端末、機種を選べばいいか迷いがちなこともあるかと思います。そこで、楽天モバイル対応機種を公式で販売しています。これらを選べば、自前調達での最悪パターンである「SIMカードをセットしても動作しない」ということがありません。

  • 楽天モバイル通話SIMベーシックプランは待受専用用途には最適

音声SIMカードとしてもMVNO内では最安の部類です。モバイルデータ通信やLTE高速通信を視野に入れてしまうと対象外の格安SIMプランなので辛いところですが、待受専用(通話サービス)+テキスト主体のネットサービスを利用する場合には最適です。ちなみにDMMモバイルの格安音声SIMプラン(通話SIMプラン:ライト)が月額基本料金1,140円ですが、楽天モバイルにはポイント付与など他のメリットがあります。

メリットがたっぷりの楽天モバイル。公式サイトはこちらからご覧になれます。

  • 大手ならではの安心感

大企業「楽天」が運営していますので、大手ならではのサポートサービスや端末補償サービス(詳しくは後述)が期待できます。また、選べるオプションサービスも豊富です。

楽天モバイルのオプションサービスはどんなものがある?

  • 格安SIMカード初心者におすすめの楽天モバイルオプション

SIMサービスに不慣れな方、端末とSIMカードの同時購入をする方に特におすすめなオプションが揃っています。

  • アドレス帳・写真移行サービス

新しい端末に変えたいけど、データ移行やアドレス帳の移行の仕方がわからない方に。「一時お預かりプラン」なら移行元端末の買取も可能です。ただし、楽天モバイル端末セット販売申し込みと同時に指定する必要があります。

  • あんしんリモートサポート(月額料金500円)

年中無休で対象商品に関する初期設定や使い方を電話でサポートしてくれるサービスです。

  • 端末補償・あんしんリモートサポートパック(月額料金800円)

楽天モバイル端末とSIMカードをセットで同時購入した時のみ申し込みできるオプションです。上記のスマホサポートに加え、端末の破損や故障時に対象商品の交換サポートが受けられます。

  • 通話プラン専用(音声対応SIMカード)のオプション
  • 留守番電話(月額料金300円)
  • キャッチホン(月額料金200円)
  • 転送電話(月額料金0円)

楽天モバイル契約の時、どんなことに気をつければいいの?

  • GBプランに対しては高速通信サービス(LTE/4G)対応機種を使う

3G専用端末のようなLTE対応端末でない場合には楽天モバイルの3.1~10GBプランにおいては高速通信の売りである回線速度があまり活用することができません。回線速度が最大限に活用できるLTE対応端末を購入することを強くおすすめします。

  • 電話番号が使えるのは通話SIMのみ?

答えはYESです。
データSIMにおいてもSIMカードの認識番号としての電話番号が割り振られますが、通話SIMでなければ電話番号を用いた通話はできません。

  • IP電話サービスはどのプランで使えるの?

データSIMでも通話SIMでも両方使えます。IP電話サービスはインターネット回線速度や品質に大きく左右されますので、可能であればGBプランを選択して高速通信サービス下での利用が望ましいです。

  • 購入する端末は大容量GBモデルがいいの?

「大は小を兼ねる」は格安スマホ界でも通用します。お財布の都合が許す限り大容量GBモデルの格安スマホを購入する方が快適に使えます。ただし、写真や動画撮影をしない、動画配信を見ない、画像や音楽を扱わない方は容量が小さいスマホでも十分活用できます。

そこが知りたい!楽天モバイルの疑問点

  • 楽天モバイル専用SIMアプリは必ずインストールしないといけない?

インストールも利用も任意です。もちろん使うことができれば便利ですが、使わなくても通信サービスや(通話SIMであれば)通話サービスが受けられます。サービスの内容に違いは出ないので安心です。

  • キャンペーンはずっと同じ条件なの?

ポイントバックがあるキャンペーンは期間限定です。検討時と実際の契約時には異なるキャンペーンの場合がありますので注意しておきましょう。また、楽天モバイル端末はポイントキャンペーン対象端末の対象外になるものや購入条件、契約条件によっても異なってきますのでこの点もしっかりと確認が必要です。

  • 支払いは楽天カードだけ?

SIMカード月額料金の支払いや、契約時の端末+諸費用の支払いは楽天カードだけではなく他のカードも利用可能です。料金の支払いに使えるのは「本人名義のクレジットカード」「楽天銀行デビットカード」「スルガ銀行デビットカード」のいずれかです。クレジットカードをお持ちでない場合にもデビットカードであれば対応できるという柔軟性があります。ただし、端末購入に関しては次のような注意点は次の項目で解説しています。

  • 楽天カードが必要なケースはどのような時?

楽天モバイル端末を分割払いする場合、楽天カード分割払いのみしか選択できません。楽天カードをお持ちでない場合には一括払いのみの購入方法に限られます。

  • 楽天モバイル銀座店って?

なにかと時間がかかり、利用まで数日~1週間程度かかるようなSIMカード申し込み、MNP手続きなど当日で可能な楽天モバイルの実店舗です。実際に端末を触って試すことやサービス詳細などについても聞くことができるスポットです。

  • 楽天モバイル限定カラーとは?

楽天モバイルはそのバックボーンの大きさを活かし、楽天モバイル限定モデルや楽天モバイルプラン限定カラーの端末を徐々に出してきています。端末の価格も新品で1万円台から3,4万円台まで幅広く取りそろえています。これらの端末は楽天モバイルが独占的に販売していたりするので要注目です。

⇒楽天モバイルの公式サイトで詳細を確認する