楽天モバイルをお得に利用できる「楽天学割」の申し込み方法とメリット・デメリット

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

楽天モバイルをお得に利用できる「楽天学割」の申し込み方法とメリット・デメリット

楽天モバイルって学割あるの?

世の中には、学生さん限定でサービスをお得に利用することができる「学割」と呼ばれるサービスがあります。適用条件は「学生であること」であり、学生証の提示などを条件として通常よりも安い料金でサービスを利用できることがあります。学生であればほぼ無条件で割引を利用できるので、学生であれば是非とも利用したいサービスです。

■楽天モバイルは学割があるのか?

楽天モバイル自体には、学割は用意されていません。楽天モバイルを学生がお得に利用するための条件は、楽天の学割である「楽天学割」に登録し、そこから楽天モバイルに申し込むことで学割を適用することができます。

楽天学割は、以前までは年会費1,780円での利用で、最初の6ヶ月間だけ年会費がかからないという仕組みで運用されていました。しかし、2016年11月16日から年会費を無料にしています。そのため、現在では無料で会員登録することができ、さまざまな特典を利用することができるようになっています。

■楽天学割で利用できるサービス

楽天モバイルの利用とは直接関係しませんが、楽天学割に無料登録することで利用できるサービスについて少し解説しておきます。

■送料無料クーポンを24枚もらえる

まずは、楽天市場を利用する際の「送料」を無料にできるクーポンを、年間24枚まで利用することができます。楽天市場で買い物をした際にかかる送料を、700円以下の送料に対して無料にすることができます。楽天市場で買い物をする機会が多い人にとってメリットが大きいと言えます。

■楽天グループのサービスがポイント2倍以上になる

次に、楽天学割に登録することで、楽天グループが提供するサービスの利用に際して、通常の2倍以上のポイントを貰うことができます。学生にとって必要になるであろう「書籍」「流行のファッションアイテム」など、対象となる楽天グループのサービスを利用する際に付与される楽天スーパーポイントが、サービスの種類によっては通常の10倍のポイントが付与されるようになります。

■楽天学割専用の、楽天グループのクーポンやポイント特典

最後に、楽天グループが提供するサービスの利用に際して、楽天学割会員専用の割引やポイント付与などが行われます。楽天モバイルの利用もこれに含まれますが、対象となるサービスを利用することで専用のクーポンを貰うことができたり、ポイントが付与されるなどの特典を利用することができます。

楽天モバイルの学割はどれくらいお得?

では、楽天学割を利用して楽天モバイルに申し込んだ場合、どれだけお得になるのでしょうか?

■月額料金3ヶ月が無料に

楽天学割に登録してから楽天モバイルに申し込むと、楽天モバイルの月額料金が3ヶ月だけ無料になります。ただし、無料になるのは基本料金だけであり、以下の料金はその対象とはならないので注意しましょう

・ユニバーサルサービス料

・契約事務手数料

・通話料(5分かけ放題含む)

・オプション料金

・SMS利用料金

・MNP転出手数料

楽天モバイルの学割の利用条件

そんなお得な楽天モバイルの学割ですが、学生だからと無条件で適用できるわけではありません。楽天モバイルで学割を適用してもらうための条件について簡単に解説していきます。

■楽天学割に登録している

まず、前提条件として「楽天学割」に無料登録している必要があります。これには「学生証のアップロード」が必要になりますので、きちんと手続きしておきましょう。

■楽天学割の利用条件

楽天学割に登録するためには、以下の条件を全て満たしている必要があります。

  1. 楽天会員に登録済みである
     
  2. 年齢が15歳~25歳である
     
  3. 日本国内にある教育機関(高等学校・大学・大学院・短期大学・専門学校・高等専門学校)の学生である
     
  4. 楽天学割会員限定の特典やキャンペーンなどの、お得な情報をメールで受信することに同意できる
     
  5. 項目3の「学生である」ことを証明するため、学生証やその他学生であることが確認できる証明証の写しを送ることができる
     
  6. 項目5に関して、進学時には進学先の学生証の提出手続きを行う
     

■申し込み時点で満20歳以上である

楽天学割の申し込み条件は15歳以上であることを条件としていますが、楽天モバイルの学割利用の条件は「満20歳以上である」ことを条件としています。両方の年齢を満たす条件としては、20歳~25歳であることが条件となります。

■利用できるのは「音声通話SIM」のみ

また、申し込むことができる契約タイプは「音声通話SIMのみ」となります。そのため、データ通信専用SIMを契約することができません。

これにより、「無料になる期間だけ楽天モバイルを利用する」という使い方ができません。なぜなら、楽天モバイルの音声通話SIMには「最低利用期間」が12ヶ月設定されており、期間中の解約には9,800円の解約手数料が必要になります。つまり、月額料金が無料になる3ヶ月で解約してしまうと、9,800円の解約手数料を支払うことになってしまうのです。

楽天モバイルの学割の申し込み方法

では、楽天学割を利用して楽天モバイルに申し込む方法について簡単に解説していきます。

■楽天会員に登録する

楽天学割を利用するためには、楽天会員に無料登録しておく必要があります。入力内容も少なく、簡単手軽に登録することができますので、手早く済ませてしまいましょう。

■楽天学割に登録する

楽天会員への登録が完了したら、次に楽天学割への登録を行います。こちらのフォームでは「学校情報の入力」と「学生証のアップロード」が必要になります。アップロードと言っても、きちんと撮影できていればスマートフォンで撮影した写真データでもOKです。審査には数日かかり、審査に通ればその旨がメールで通知されます。

■楽天学割専用ページから申し込みを行う

楽天学割の登録が無事に完了したら、楽天学割会員専用のページにアクセスして、そこから楽天モバイルに申し込みを行います。通常の申し込みページとは異なりますので、調べ物のために楽天モバイルのホームページにアクセスしている最中に勢いで申し込んでしまわないように注意しましょう。

楽天モバイルの学割を申し込む際の注意

最後に、楽天モバイルを楽天学割で利用するにあたって、注意しなければならないポイントについて解説します。

■無料になるのは基本料金だけ

まず、楽天学割で3ヶ月間無料にすることができるのは、「基本料金」だけであり、他のコストに関しては通常と同じレートで支払うことになります。特に注意したいポイントは「通話料」であり、音声通話SIMに申し込むからと言って無計画に音声通話を利用してしまうと、多額の通話料を請求されることになります。

楽天モバイルの場合、「楽天でんわ」を利用するという方法があり、これによって通常の半額のレートで通話料が計算されます。仮にその条件下で1日10分の音声通話を利用することになるとしましょう。1分あたりの通話料は20円なので、1日10分で200円の通話料です。これが30日で6,000円になります。

また、「5分かけ放題」のオプションサービスを利用することで通話料を大幅に削減することもできますが、その場合でもオプションサービスの利用料である月額850円の支払いは必要です。何にしても、3ヶ月間、完全に無料で利用するということは非常に難しいのです。

■申し込みが満20歳以上に限られる

次に、申し込みの条件が「満20歳以上」に限定されるということです。楽天学割の年齢条件は満15歳~25歳なのですが、楽天モバイルは満20歳以上に限定しています。そのため、満15歳~20歳未満の学生は、楽天モバイルで学割を利用することができないということになります。