格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

未成年が楽天モバイルを契約する方法と注意点について

楽天モバイルは未成年でも契約できる?

未成年は楽天モバイルに申し込めない

残念なことに、楽天モバイルは未成年の契約を受け付けていません。楽天モバイルのホームページから申し込みを行う際に、申し込みフォームの「契約者確認」という項目には

・お申し込みの時点で満20歳以上の方がお申し込みいただけます

と記載されています。つまり、未成年は楽天モバイルに申し込めないということです。

  • 親が契約すれば申し込める?

では、未成年の「親」が楽天モバイルを契約して、それを「未成年である子どもを利用者として契約」することはできるのでしょうか?この答えに関して、同じく申し込みフォームには

・利用者が契約者と異なる場合ご契約いただけません。

と記載されています。この文言を信じるのであれば、未成年はどうあっても楽天モバイルを契約することができないということになります。

  • 実際は異なる

しかしながら、これに関しては議論の余地が十分にあると考えられます。まず、楽天モバイルにこの旨を問い合わせた結果、

「申し訳ございません。楽天モバイルでは未成年者様のご契約は出来かねます。お手数をお掛けしますが、保護者様のご名義でのご契約をお願い致します。」

という回答をもらいました。つまり、「保護者が契約して、それを未成年の子どもに利用させる」ということは十分に可能であるという旨がわかります。

また、そうでなかったとしても、保護者が契約して、実際に届いたSIMカード(と端末)を子どもに使わせたところで、それを楽天モバイル側が感知する方法はありません。そのため、未成年が楽天モバイルを契約したい場合、保護者にその旨を了解してもらい、保護者名義で楽天モバイルを契約すれば良いということになります

未成年でも楽天モバイルを利用するにはどうすればいい?

未成年が楽天モバイルを契約したい場合、保護者に契約をお願いするという方法が一般的です。また、インターネット上ではなく、楽天モバイルを「店舗で契約する場合」であれば、正式な手続きが可能になります。

店舗では「利用者登録」ができる

楽天モバイルでは、2016年11月29日より、ショップでの楽天モバイルの契約において「利用者登録」の受付が開始されています。これは、「契約者と住所が同一の家族」でも楽天モバイルを利用することができるという新しい制度です。

従来は、前述の通り「利用者は契約者に限定」されていたのですが、2016年11月から新たにショップでの契約において利用者登録が可能になりました。これにより、「契約者と同じ住所に住む、契約者の家族もしくは同居人」であれば、契約者以外でも楽天モバイルのSIMカードを利用することができるようになりました。

  • 利用者登録の手続き方法

利用者登録を利用して契約者の家族がスマホを利用する場合は、以下の手順で手続きを行います。

  1. 「契約者本人の確認書類」と「利用者の確認書類」を楽天モバイル取り扱いショップに持っていく
     
  2. ショップのスタッフに「利用者登録を利用して契約したい」という旨を通知する
     
  3. 書類の記入を行い、必要書類の確認を行う
     
  • 利用者登録を利用する際の注意点

楽天モバイルをショップで契約するにあたって、利用者登録を行う際には以下の点に注意する必要があります。

  • 利用者が18歳未満の場合は「iフィルター」オプションの契約が必須

まず、利用者が18歳未満の場合、「iフィルター」のオプションを契約することが必要になります。月額300円で利用できるこのオプションサービスは、以下の機能を持っています。

  1. 自由度と精度の高いウェブフィルタリング

・年齢にあったフィルタリングを簡単設定

・カテゴリを選択するだけで細かな設定ができる

・必要なサイトに限り、利用させることができる

  1. 安心の「見守り機能」で利用状況の確認ができる

・「ブロックしたサイト」だけではなく、「閲覧したサイト」や「検索した単語」の確認ができる

・フィルタリングの強度変更ができる

・1日1回、利用状況をメールで受け取ることができる

  1. 保護者が使いこなせるアプリフィルタリングで使用の可否を自由に設定できる

・お子さんに不適切なアプリを自動的に選別してフィルタリングができる

・お子さんの年齢に合ったフィルタリングを簡単に設定できる

・カテゴリを選択するだけで細かな設定ができる

  1. その他の機能

・端末の利用時間の設定

・情報に不正アクセスする危険性があったり、アプリ内で「課金」するアプリの起動時にスマートデバイスの利用者に通知を行う

・お子さんのスマートデバイスの位置情報を表示

  • 契約に際して、契約者の来店が必要

次に、利用者登録を利用しての契約に際しては、契約者本人の来店が必要になります。利用者登録をする人だけでは契約を行うことが出来ませんので注意しましょう。

  • 利用者は「契約者と同じ住所であること」が条件となる

次に、利用者登録をする人は、契約者と同じ住所であるということが必要になります。契約者と同じ住所に住んでいれば同居人でも利用者登録を利用できますが、契約者の家族であっても「住所が異なる」という場合は利用者登録することが出来ません。

未成年がこれを利用する場合だと、学生の場合だと保護者と異なる住所である可能性も十分に考えられます。楽天モバイルの利用者登録に関するページには「ご契約者と住所が同一のご家族や同居の方にも利用頂けるようになります。」と明記されていますので、住所が異なる場合は利用できないと解釈することができます。

  • メンバーズステーションの利用は「契約者」に限定される

次に、楽天モバイルの契約の変更などを行う「メンバーズステーション」の利用は、契約者本人のみ認められています。利用者登録をした契約者の家族はメンバーズステーションを利用することはできません。

ただし、契約者本人の承諾なしに利用者による契約変更があった場合、「契約者本人による契約変更」として扱われます。

  • 18歳未満は「VAIO Phone Biz」を利用できない

また、18歳未満の人が利用者登録する場合においては、端末をセットで購入する際に「VAIO Phone Biz」を利用することができません。この端末は楽天モバイルのセット販売の端末に含まれているものではありますが、前述の「iフィルター」を利用することができません。そのため、18歳未満の利用において必須となるiフィルターが使えない=VAIO Phone Bizを利用できないということになります。利用者登録を18歳未満の人が行う場合は別の端末を利用する必要があります。

未成年が楽天モバイルを利用する際の注意点

次に、インターネット上で保護者が未成年の代わりに契約する場合の注意点について解説します。

契約者とクレジットカードの名義が同じ人物である必要がある

まず、「契約者」と「クレジットカードの名義」が同じ人物である必要があるというポイントです。未成年が学生の場合だと、本人名義のクレジットカードを保有している可能性がありますが、これを支払いに利用することはできません。

楽天モバイルの契約においては、契約者と同じ名義のクレジットカードで申し込みをする必要があります。そのため、未成年の利用者が仮にその人の名義でクレジットカードを持っていたとしても、インターネット上では未成年が申し込みをすることができないのでそのクレジットカードを登録することができません

それでも未成年の人が支払いをしたいというのであれば、利用者である未成年の人が契約者である保護者の人に何らかの方法でお金を渡すことが必要です。つまり「代わりに支払いだけしてもらう」ということです。

名義の変更ができない

また、保護者の人が契約している関係で、「名義変更」を行いたい場合でもこれを行うことができません。楽天モバイルに問い合わせをした結果、家族への名義変更は現状では受け付けしていないとの回答を得ています(ただし、結婚等による改姓は名義変更可能)。

未成年はインターネット上で楽天モバイルを契約できず、これを保護者に依頼することでしか利用することができません。つまり、必然的にその契約の名義人は「保護者」となります。料金の支払いを未成年が行うとしても、問題となるのは「契約内容の変更」や「解約」に関してです。

これらは、基本的に契約者本人しか行うことができません。つまり、利用者が仮に「楽天モバイルを解約したい」と考えても、これを利用者が実行することは出来ないのです。仮に、解約したいと思った時点で既に利用者が成人している場合でも、契約者である保護者から成人した子どもに名義変更することが出来ません。つまり、契約者ではない利用者がその契約の内容を変更したり、解約することが出来ないということになります

そのため、契約内容を変更したり、解約するためには保護者の協力を必要とします。問題があるとすれば、保護者がその手続のための時間を割けないというケースでしょう。いざという時に契約者(保護者)の協力を得られないのは、なかなか面倒なことになります。

なので、利用者が成人したら早い段階で楽天モバイルを解約し、あらたに本人名義で格安SIMを契約されることをオススメします。楽天モバイルの利用から数年が経過しているのであれば、格安SIMの状況も一変していることでしょうから、新しいMVNOやプランを探して契約するのも良いでしょう。そうでない場合は、改めて本人名義で楽天モバイルに契約するのも構いません。