楽天モバイルの商品を「ローソン」で受け取る方法と注意点について

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

楽天モバイルの商品を「ローソン」で受け取る方法と注意点について

楽天モバイルがローソンで受け取れる?

格安SIMに申し込んで、これを利用することになると、少なくともSIMカードを受け取る必要があります。端末をセットで購入する場合はこれも一緒に受け取る必要がありますが、問題となるのは「受け取りの必要がある」という部分です。

●格安SIM商品受け取り方法=郵送

通常、インターネット上で格安SIMの申し込みを完了させた場合、その商品受け取りの方法は「郵送」です。申し込みから長くても1週間程度で、MVNOから申し込み者に対して申し込んだ商品が発送されます。申し込み者は、これを申し込み時に登録した住所にて受け取ることになるのですが、問題となるのは「受け取ることができる時間帯が限定される」というポイントです。

郵送ということは、当然ながら宅配業者の手でこれが送り届けられることになります。そして、ハガキや封筒などとは異なり、玄関ポストに商品を入れて帰ることはできません。受け取りをしてもらえなかった場合、宅配業者はこれを一旦センターの方まで持ち帰ります。不在票などでその旨を配達先の住人に知らせる事になりますが、仕事で忙しく、なかなか宅配業者が働いているタイミングに自宅に居ることができないという人も少なくありません。

そうなると、いつまで経ってもSIMカードやセット購入した端末を受け取ることができません。他の通信手段を持っているのであれば良いのですが、そうでない場合はかなり不便に感じることも多いのではないかと思います。

●ローソンで楽天モバイルの商品を受け取るサービス

そこで活用したいものが、楽天モバイルの「ローソン受け取り」です。文字通り、ローソンで楽天モバイルの商品を受け取ることができるサービスです。申し込んだ商品を、申し込み時に指定したローソンで受け取ることができるので、宅配便の利用に不向きなライフスタイルの人でも簡単に楽天モバイルの商品を受け取ることができるようになります。

このサービスは、申し込み時に指定したローソン店舗に、SGローソンの配送車のドライバーが申し込み商品を届けて、申し込み者がローソンのカウンターで商品を受け取るという仕組みのサービスです。SGローソンの配送車には一定の数量のSIMカードと端末の在庫を積んでおき、楽天モバイルから配送の依頼を受けていつでも商品を目的のローソンに送り届ける事ができる体制が確立しています。

また、SGローソンの配送車のドライバーは契約者情報をSIMカードに反映させる作業は行いますが、それに際して契約者情報を知ることはありません。つまり、余計な人物が契約者の個人情報を知ることがなく、個人情報の漏洩を起こさないようにしています。

●ローソン受け取りを利用することのメリット

この「ローソン受け取り」を利用することのメリットは、大きく分けて2種類あります。

・24時間いつでも受取できる

まずは、24時間いつでも楽天モバイルの商品を受け取ることができるというポイントです。ローソンは24時間営業のコンビニエンスストアであり、受け取りも好きな時間帯を選ぶことができます。

最も大きなポイントであり、特に「仕事で忙しい人」であればその恩恵は大きくなるものと考えられます。そもそも、宅配便で楽天モバイルの商品を受け取るという通常の受け取り方法を利用することが難しい人は「宅配便が営業している時間帯に自宅にいない」というケースが多いです。おそらく、自宅に帰り着くのは深夜から翌日未明にかけて、という人が多いのでしょう。

しかし、コンビニであるローソンで受け取りをすることで、24時間営業のレジカウンターにいつでも出向くことができ、仕事が忙しくてなかなか時間が確保できない人でも手軽に受け取りをすることができるのです。例えば「仕事帰り」に、ちょっとローソンまで出向いて商品を受け取る、ということが最もしっくり来るのではないかと思います。「自分にとって都合の良い時間帯を選べる」という点が、このサービスの肝となっています。ただし、一部の店舗は24時間営業ではないので、利用したい店舗が24時間営業であるかどうかをきちんと確認しておきましょう。

・ローソンのクーポン券500円分プレゼント

もう一つのメリットは、ローソンで使えるクーポン券100円券を5枚綴りで貰えるというポイントです。楽天モバイルの商品を受け取った店舗で、1回に付き1枚ずつしか使えませんが、対象外商品でなければいつでも気軽に使えますのでお得です。

楽天モバイルはどこのローソンでも受け取れる?

では、ローソンであれば全国どの地域のどこのローソンでも受け取れるというのかと言えば、その限りではありません。むしろ、このサービスを利用することができる店舗は非常に限定的であり、誰にでも利用できるサービスではないということになります。

●ローソン受け取りを利用できる店舗は?

楽天モバイルの商品を受け取ることができるローソンは、「山手線沿線」のローソンに限定されます。

駅名 ローソン店舗名
新宿 新宿三丁目中央通
大江戸線新宿駅前
池袋 西池袋二丁目
大塚 大塚駅南口
御徒町 御徒町駅北口
秋葉原 秋葉原北口
神田 神田駅東口
東京 八重洲中央口
新橋 新橋一丁目
品川 港南中央通り
目黒 シティコート目黒
渋谷 渋谷三丁目明治通り
渋谷センター街西
代々木 代々木駅西

 

2017年1月現在の、申し込みフォームで表示された駅名と店舗名です。ホームページにはこれ以外の店舗も記載されているのですが、申し込みフォームでそれらの店舗を選択できないということは、現時点ではサービスが停止されているということになります。

そのため、今後も楽天モバイルのローソン受け取りを「利用可能なローソン」と「利用できないローソン」が増減するものと考えられます。場合によっては、楽天モバイルのローソン受け取りを利用したいと考えていたローソンが、いざ申し込みしようとしたタイミングで既に利用できない状態になっている、ということも考えられます。もちろん、逆もまた然りで、新しく「自分が利用しやすいローソン」が受け取り可能な店舗になっていることも十分に考えられます。

楽天モバイルはローソン以外のコンビニでは受け取れないの?

ローソンで受け取ることができるのであれば、他にも全国展開している大手コンビニエンスストアである「ファミリーマート」や「セブンイレブン」その他のコンビニでは受け取れないのか、という疑問も産まれるかと思います。

残念ながら、現時点では一部のローソン店舗でしかこのサービスを利用することはできません。楽天モバイルの申し込みフォームには、その配送先として「自宅住所」と「ローソン」だけが選択肢として挙げられています。つまり、それ以外の配送方法は用意されていないということです。

もちろん、今後は他のコンビニや店舗とも提携して、さまざまな店舗で楽天モバイルの商品を受け取れるようになる可能性も十分に考えられます。しかしながら、現時点ではローソンでも一部のエリアの一部の店舗のみの対応となっているので、さまざまな課題が残されていることが汲み取れます。

楽天モバイルのコンビニ受け取りのやり方

では、楽天モバイルで申し込んだSIMカードやスマートフォンを、ローソンで受け取るための一連の流れについて解説していきます。

  1. 楽天モバイルで申し込みを行う

まずは、楽天モバイルで商品を申し込みましょう。申し込みは通常の申し込みフォームでも可能ですが、間違いを無くすためにも「ローソン受け取り専用の申し込みフォーム」から申し込みをすることをオススメします。

ローソン受け取り専用サイト

http://mobile.rakuten.co.jp/convenience/lawson/

  1. 受け取りを行いたいローソンを選択する

申し込みを進める中で「配送先」を指定する項目が表示されます。ここでは「駅名」を指定してから「ローソン店舗名」を指定するという流れになります。

例えば、現時点では駅名を「渋谷」に指定すると、選択できる店舗名が「渋谷三丁目明治通り」と「渋谷センター街西」が表示され、選択することができます。その際、店舗名のみを選択することはできませんので、必然的に駅名を指定してから店舗名を選択することになります。店舗名しかわからない場合は、最寄りの駅名を指定して、選択肢の中に希望の店舗があることを確認しましょう。最悪の場合は、駅名を一通り選択して、希望の店舗名を探すしかありません

  1. 商品受け取りメールから1週間以内にローソンへ行く

申し込み手続きが完了して、商品の手配が完了したらその旨がメールで通知されます。「楽天モバイル商品受取のお知らせ」という内容でメールが届きますので、登録したメールは常にチェックしておきましょう。

商品を受け取るのは、メールが届いてから1週間以内というルールがあります。もし、メールの到着から1週間が経過しても商品を受け取りに行かなかった場合は、申し込みがキャンセルされてしまいますので注意しましょう。

ローソンでは、「バーコードを店員に提示する」もしくは「Loppiを操作して手続きする」のいずれかで手続きを行います。バーコードはスマートフォンで表示する必要がありますので、ガラケーのユーザーには利用することができません。その場合はローソンのLoppi端末を操作して、商品引換券を発行して30分以内にレジカウンターに持っていきましょう。

申し込みから受け取りまではどのくらいの時間がかかるの?

次に、この申し込み方法で申し込みをした場合、「実際に申し込みをしたローソンで商品を受け取れるのはいつになるのか?」ということについて解説していきます。

●最短で申し込みから3時間で受け取りが可能

申し込んだタイミングや受け取り希望店舗などの条件によって変動するかと思いますが、ローソンで楽天モバイルの商品を受け取る際には、最短で申し込みから3時間で希望店舗での受け取りが可能とされています。つまり、申し込んだその日の内に、申し込んだSIMカードやスマートフォンをローソンで受け取り、利用可能な状態にすることができるのです。

楽天モバイルのローソン受け取りは、一般的な「申し込み→配送」の手続きとは異なるプロセスを経て商品を受け取ることになります。前述の通り、楽天モバイルのSIMカードと端末をある程度在庫として積んでいる配送車が回遊しており、申し込みが行われた段階でその情報が配送社のドライバーに届きます。ドライバーは、契約者情報をSIMカードに読み込ませ、セットで購入された端末と一緒に袋詰して該当のローソン店舗までこれを届けます。

つまり、申し込みの手続きがなされてから楽天モバイルの店舗なり倉庫なりから発送されるのではなく、既にいつでも店舗に届けられる状態の商品を積んだ配送者がローソンまで届けるという仕組みなので、受け取りまで非常に早い時間で達成できることを実現しているのです。

楽天モバイルをコンビニ受け取りで申し込む際の注意

最後に、楽天モバイルで申し込んだ商品をローソンで受け取る際に注意しなければならないポイントについて解説しておきます。

●選んだ店舗は変更できない

まず、申し込みフォームで指定したローソン店舗は、その後受け取るまでに受取店舗を変更することはできないというポイントです。仮に何らかの事情があったとしても、申し込み時に申請した店舗でしか該当の商品は受取ることができません。

基本的に「よく利用するローソン」とか「通勤に使う駅の近くにある」などの理由で、店舗を選択するかと思います。その事情が変化した場合、受け取る店舗も変更したいと思うかと思います。しかし、既に店舗には該当の商品が到着しており、これを変更することはできません。不便に感じる場合でも、申し込んだ店舗に商品を受け取りに行きましょう。

●MNPの有効期限切れになる可能性がある

次に、受け取りまでに時間がかかってしまうと、「MNP」の有効期限が切れてしまう可能性があります。MNPを利用しない場合であれば問題ありませんが、他社から電話番号そのままに乗り換えしたい場合は注意しましょう。

受け取りまでに時間が経過してしまうと、その間にMNPの有効期限が切れてしまう可能性があります。その場合でも「楽天モバイル カスタマーセンター」に連絡すると、新しいSIMカードを発行してもらうことができます。ただし、新たに発行したSIMカードは「申し込み者の自宅に郵送」となり、ローソンでは受け取ることができません。