楽天モバイルのガラホ「AQUOS ケータイ SH-N01」のスペック詳細と購入時の注意点について

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

楽天モバイルのガラホ「AQUOS ケータイ SH-N01」のスペック詳細と購入時の注意点について

楽天モバイルからガラホが出るの?

昨今のモバイル端末は、一昔前までの主流であった「ガラケー」が廃れていき、「スマホ(スマートフォン)」が主流となっています。操作性や機能性が格段に向上し、最近では「格安スマホ」と呼ばれる1万円前後の値段で購入できる端末も増えてきたことで多くのユーザーがスマホに切り替えています。格安SIMの利用にあたっても、端末の値段を抑えることで乗り換え費用を大幅に削減するという人も少なくありません。

■ガラケーとスマホの中間の存在「ガラホ」

しかしながら、ここ最近でもガラケーを使っている人も少なくありません。そして、そんなユーザーの中には従来のガラケーではなく「ガラホ」と呼ばれる端末を使っているユーザーもいます。外見だけでは判別が難しいものです。

ガラホとは、簡単に言えば「外見はガラケー」「中身はスマホ」という特徴を持った端末です。要するに、スマートフォンと同じ性能を持ちながら、その外見と操作性は従来のガラケーと同じステータスを持ったモバイル端末なのです。「フィーチャーフォン」とも呼ばれています。

ガラホの登場によって、従来のガラケーと同じような操作感でありながら、中身は最新のスマホと同じ機能を利用することができるようになります。ガラケーのユーザーがスマホの利便性を利用したいと思った際に、操作感は今までと変わらずにインターネットやLINEといった、ガラケーでは利用できない機能を利用することができるのです。

■楽天モバイルのガラホ「AQUOS ケータイ SH-N01」

格安SIMとして知名度が高い楽天モバイルにおいても、ガラホを販売しています。現時点では1種類だけで、端末の名称は「AQUOS ケータイ SH-N01」です。Android OSを搭載したシャープ製のガラホです。カラーは「赤」「白」「黒」の3種類から選択することができます。

楽天モバイルのガラホのスペックは?

次に、SH-N01のスペックについて解説していきます。

■基本スペック

CPU Snapdragon210 1.1GHz
クアッドコア
ディスプレイ 約3.4インチ TFT液晶 540×960
RAM 1GB
ROM 8GB(SDカード32GB)
カメラ 800万画素
バッテリー容量 1,800mAh
サイズ 高さ113mm×幅51mm×厚さ16.7mm
重量 約131g
SIMカード nano SIM

 

■防水・防塵・耐衝撃

SH-N01の特徴として、「防水」「防塵」「耐衝撃」の3つの特徴を備えています。日常生活において、手のひらサイズで持ち歩く機会の多いモバイル端末は、浸水や落下の衝撃など、日常生活の中にさまざまな危険を伴います。防水と防塵、衝撃への耐性を備えたSH-N01は、長く使い続けることができる端末として役立ってくれることでしょう。

■ワンプッシュで開くことができる

SH-N01は、軸にあたる部分を押すことで簡単に開くことができます。ガラケーで馴染み深い折りたたみ式のモバイル端末の名残を持つガラホであるSH-N01は、ワンプッシュで開くことができますので利便性が高いです。ボタン配置に関しても従来のガラケーと同じ配置となっているため、操作性の変化に戸惑うことはありません。

■綺麗な画面、文字や写真も見やすい

SH-N01のディスプレイは、従来のガラケーと比較して大幅に鮮明さを向上させています。3.4インチのQHD液晶は文字のエッジも鮮明に映し出し、小さな文字もはっきりと見やすくなっています。また、文字だけでなく「写真」なども美しく表示させることができ、それだけでもスマホのクオリティを十分に体感することができるでしょう。

■「赤外線通信」「VoLTE」「楽天でんわ」などの機能も使える

通信面では、画像や電話帳などのやりとりが可能な「赤外線通信」や、綺麗な音質の通話を可能にする「VoLTE」などの便利な機能はしっかりと押さえられています。さらに、電話番号の先頭部分に番号を付加する「プレフィックス番号」を利用することができますので、楽天モバイルの利用に際して「楽天でんわ」も手軽に利用することができます。

■スマホの直感的な操作「タッチクルーザーEX」

スマホの特徴である「直感的な画面操作」に関しても、SH-N01は搭載しています。「タッチクルーザーEX」は、タッチエリアをスマホの画面のように操作することで、画面上に表示されるポインタを移動させたり、画面をスクロールさせたりすることが可能になっています。

■お年寄りにも優しい機能を多数搭載

また、視力・聴力ともに衰えてしまいがちなお年寄りにも使いやすくなる機能をいくつか搭載しています。まず、表示される画面の細かい文字なども見やすくなる「拡大鏡機能」です。小さい文字なども拡大して見ることができるので、目を凝らして疲れてしまうことを避けられます。次に、通話の際に役立つ「でかレシーバー」です。通話先の声が聞き取りにくい場合でも、音圧レベルを高くして聞き取りやすくすることができます。モバイル端末の基本的な使い勝手を向上される嬉しい機能であると言えます。

■ガラケーには無い「テザリング機能」も利用できる

また、スマホ特有の機能である「テザリング」も、SH-N01なら利用することができます。手持ちのノートパソコンやタブレット端末を子機として、SH-N01を親機とすることでネットにつながれていない子機でインターネットを利用することができる機能です。スマートフォンを活用する上で、さまざまな場面で利用価値がある機能であると言えます。

■3つの「クイック起動キー」で利便性を高められる

SH-N01のキー操作部分の一番下には「Ⅰ」「Ⅱ」「Ⅲ」の3種類のボタンが用意されています。これらにはそれぞれ「電話番号」や「内蔵機能」などを割り当てることができ、よく使う機能を割り当てておくことで普段使いの機能を起動するまでの時間を短縮することができます。また、このキーは「長押し」にも対応しており、合計で6種類の電話番号や機能を割り当てて便利に端末を利用することができます。

楽天モバイルのガラホはいくらで購入できるの?

楽天モバイルでは、SH-N01を24,800円で販売しています。分割払いの場合は、1,116円の24回払いで購入できます。現時点では端末の割引キャンペーンを実施中なのですが、この端末はその対象外となっているようです。

楽天モバイルのガラホはどんな人におすすめ?

では、SH-N01はどんな人にオススメの端末なのかということについて解説していきます。

■ガラケーからスマホに乗り換える人

やはり、SH-N01の根本的な部分である「ガラホ」としてのメリットを最大限に活かせる人にこそ、SH-N01をオススメしたいところです。そうなると、具体的にどんな人かと言えば「ガラケーからスマホに乗り換えたい人」だと言えます。ガラケーの操作感と使用感をそのままに、スマホの機能性を利用できることが最大の理由です。

ガラケーからスマホに乗り換える人が最も不安に感じる点は、やはり「スマホの操作感に慣れることができるか?」というポイントです。いくら利便性が高くても、今までと全く異なる操作を必要とするスマホを使いこなせるのかという点が不安になります。

SH-N01はガラケーの操作性をそのままに、スマホ特有の利便性を享受できます。機械操作に不慣れな人でも、今まで使ってきたガラケーと同じように使えるということであれば、比較的気軽に乗り換えられるのではないかと思います。

■端末を落としてしまうことに不安を感じる人

他には、端末を落としてしまうなどのリスクに対して不安を感じる人です。前述の通り、SH-N01には耐衝撃性が確保されており、落下の衝撃で端末が壊れてしまうリスクを軽減することができます。

防水・防塵・耐衝撃のステータスは、それぞれに該当するリスクを100%防いだり回避したりすることはできないとは言っても、それが無い端末と比較するとそのリスクは大幅に軽減することができます。せっかく新しい端末を購入しても、落として壊してしまえば相当な修理費用などを必要とします。高い耐久性を持つこの端末だからこそ、長く使えるのです。

■あまり多機能な端末ではなくても良いという人

最後に、「あまり多機能な端末ではなくても良い」という人です。これについては後ほど詳しく解説しますが、「最初からSH-N01に搭載されている機能」だけで十分に使っていけるという人でないと、SH-N01を使い続けることは難しいのではないかと思います。

楽天モバイルでガラホを購入する際の注意点

最後に、楽天モバイルでSH-N01を購入する際の注意点について解説します。

■コミコミプランの対象端末ではない

まず、楽天モバイルには「コミコミプラン」と呼ばれる、基本料金と端末の分割代金、それと通話定額サービスの利用料が一緒になったプランがあります。いくつかの端末がこのプランの対象になっているのですが、SH-N01はこのプランの対象端末ではありません。

コミコミプランは、端末の分割代金を含めて基本料金が設定されており、特に1年目は約1,000円の割引があるので非常にお得な料金で楽天モバイルのスマートフォンを利用することができます。5分までの通話を無料にすることができるので、通話料の節約にもなります。

しかしながら、SH-N01は4種類のコミコミプランの対象となっていません。つまり、SH-N01を購入したい場合は、通常のSIMカードのプランでセット購入する必要があるということになります。

■割引キャンペーンの対象外になることがある

次に、楽天モバイルの割引キャンペーンの対象外になっているというポイントです。楽天モバイルでは年末年始にかけて多くの端末を大幅に割引するキャンペーンを開催していますが、そのラインナップにSH-N01は含まれていません。

SH-N01は2016年12月になって楽天モバイルで取り扱いが始まったばかりの端末です。それもあってか、多くのスマホが大幅割引の対象となっている中でSH-N01は割引の対象とはなっていません。そのため、同じ価格帯の端末が大幅に割引されている中で、SH-N01の価格は少し目立ってしまいます。

■ワンセグやおサイフケータイには非対応

また、端末そのものの注意点としては、まず「ワンセグ」および「おサイフケータイ」は対応していません。ベースモデルである「SH-01J」には搭載されている機能だけあって、この点で間違えてしまうユーザーも少なくありません。

特に、昨今のウェブマネー事情を考慮すると、おサイフケータイは欲しい機能の一つです。ベースモデルである「SH-01J」にはこれらの機能が搭載されており、この点でどうしても見劣りしてしまいます。

■Google Playに対応していない

SH-N01を利用する上で、おそらく最も大きな問題になることは「Google Play」に対応していないというポイントです。これは単純にこの機能を使えなくなるというだけでなく、さまざまなデメリットを含んでいることであると言えます。

・Google Playを使えない、ということは?

Google Playは多くのAndroid端末で使用することができるアプリであり、さまざまなアプリのダウンロードを行うために必要なツールです。これが使えないということはイコール「アプリを追加できない」ということなのです。

SH-N01にはいくつかの便利なアプリが最初からインストールされています。しかし、それらの機能が全ての利便性を確保できるものではありません。何らかの「新しい機能」を希望する場合、ユーザーは本来であればGoogle PlayやiPhoneであれば「App Store」を利用して新しいアプリをダウンロード・インストールして、端末に新しい能力をもたせます。

SH-N01はAndroid OSを搭載していながら、Google Playを利用できないのです。元々、スマホではなくガラケーの画面サイズに合わせてあるアプリ自体が少ないのでスマホと同じだけのデメリットにはならないのですが、それでも大きなデメリットであることは間違いありません。

・LINEが使えない

そして、Google Playが使えない=追加でアプリをインストールできないということなので、SH-N01に最初からインストールされていない「LINE」も使えないということになります。ガラケーからスマホに乗り換える人の中には「LINEを使いたい」という人が少なくないので、これは意外と大きなデメリットになるのではないかと思います。

ベースモデルである「SH-01J」には、最初からLINEがインストールされています。ベースモデルも同様にGoogle Playは利用できないのですが、「LINEが使える」という点で大きなアドバンテージがあります。

「Gmail」のように、アプリではなくPC用のツールを使えるものであれば利用できなくはないのですが、完全にアプリという媒体で利用しなければならないツールの場合は、これをSH-N01で利用することはできません。