格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

ロケットモバイルの通話プランについて徹底解説

ロケットモバイルの音声通話SIMの料金プラン

ロケットモバイルでは、ドコモ回線を使った「Dプラン」と、Y!mobile回線を使った「ロケモバプレミアム」が提供されています。

「Dプラン」には、通信速度が遅いものの使い放題の「神プラン」、「神プラン」に端末保証がついた「スーパー神プラン」、そして高速通信が使えるプランが用意されています。高速通信可能なプランには、それぞれ高速データ通信容量が1GB、2GB、3GB、5GB、7GBのプランがあります。「スーパー神プラン」には通話SIMはありませんが、他のプランではデータ専用SIMに加え通話SIMも提供されています。Dプランの通話SIMの最低利用期間は1年に設定されており、最低利用期間中に解約すると9,500円の解約手数料が発生します。また、ロケットモバイルDプランの通話SIMからMNP転出を行った場合は、3,000円のMNP転出手数料が発生します。Dプランの通話SIMを使用した際の月額料金は以下の通りになります。

神プラン

948

1GBプラン

1,250円

2GBプラン

1,300円

3GBプラン

1,400円

5GBプラン

1,800円

7GBプラン

2,400円

ただし、現在はMNP転入以外の通話SIMの新規申し込みの受付は停止されているようです。(データ専用SIMであれば問題なく新規申し込みすることができます)他社からMNPでロケットモバイルに移る予定なのであれば問題ありませんが、完全に新規でロケットモバイルの通話SIMを利用しようと考えているのであれば、新規申し込みを受け入れてくれるようになるまで待つ必要があります。いつまでMNP転入以外の新規申し込みを受け付けないのかについては明記されていません。

「Dプラン」とは別に、ロケットモバイルには「ロケモバプレミアム」プランもあります。これは、Y!mobile回線を用いた、1回10分までの国内通話が月300回まで無料になるといったプランです。このプランでは、データ専用SIMは用意されておらず、通話SIMのみが提供されています。最低利用期間は2年に設定されており、2年経過する前に解約すると契約解除手数料9,500円が発生します。また、開通月を含む3か月以内に解約(MNP転出を含む)した場合は、契約解除手数料とは別に3,000円の短期契約解除手数料が発生します。高速データ通信容量ごとの月額の料金体系は以下の通りとなります。

Sプラン(1GB) 

3,218

Mプラン(3GB) 

4,298円

Lプラン(7GB) 

6,458円

ただし、現在、ロケモバプレミアムについての詳細はロケットモバイルの公式サイトのトップページには掲載されていません。また、新規申し込みページにもロケモバプレミアムについての情報は表示されず、申し込みができない状態となっています。今後申し込みが再開されるかについては、公式のアナウンスがないため、不透明な状況だといえるでしょう。

ロケットモバイルの通話料金

ロケットモバイルのDプランの通話料金は、他の多くのMVNOと同じく、30秒につき20円となっています。通話料定額のようなサービスは特に行われていませんが、アプリダウンロードや会員登録などで得られる「ロケモバポイント」を活用することで、利用料金の割引を行い、月々の料金を安く抑えることは可能です。

「ロケモバプレミアム」については、上記の通り、どのプランでも通話については1回につき10分、月300回まで無料となっています。1月に300回も通話を発信することはなかなか考えづらいため、通話1回につき10分までなら実質無料と考えられます。通話が1回に10分を超えた場合、もしくはひと月に通話を発信する回数が300回を超えた場合には、30秒につき20円の通話料がかかります。「ロケモバプレミアム」であっても、Dプランと同じように、「ロケモバポイント」を活用し、利用料金の割引を行うことが可能です。

ロケットモバイルの音声通話プランはお得なの?

Dプランの音声通話プランの基本料金は、他のMVNOと比較しても安く抑えられているため、通話をほとんどしない方、通話はしても自分から発信することがない方にはお得なプランであるといえるでしょう。以下に、通話付き神プランと、他社の通話付き低速プランの料金を比較した表を掲載します。

神プラン(ロケットモバイル) 

948

通話SIMプランライト(DMM Mobile)

1,140円

ベーシックプラン(楽天モバイル) 

1,250円

このように、ロケットモバイルの神プランの安さが際立っています。

ただし、前述の通り、発信を行うと30秒につき20円の通話料がかかります。もしロケットモバイルのDプランを利用しながら通話料を抑えたい場合は、「楽天でんわ」などのプレフィックス方式の通話アプリを使うか、「FUSION IP-Phone SMART」などのようなIP電話を利用するとよいでしょう。また、電話ではありませんが、「LINE」や「Skype」のような、データ通信を利用して通話するアプリを使用することもできます。

「ロケモバプレミアム」については、前述の通り、1回につき10分以内の通話であれば月300回まで無料となります。これは、回線を提供しているY!mobileの「スマホプラン」、そして同じくY!mobileの回線を用いているU-mobileの「U-mobile SUPER」と同じサービスであり、また基本料金も3社横並びとなっています。「ロケモバプレミアム」では、かつて新規契約もしくはMNP転入でロケモバプレミアムの申し込みを行った場合、1年間は月1,000円の割引を受けることができ、また2年間はデータ容量の増量・ロケモバポイントの付与が行われる「お得割キャンペーン」「増量キャンペーン」「ロケットキャンペーン第4章」という3つのキャンペーンが行われていました。しかし、ロケットモバイル公式Twitterアカウントによると、10月末でそれらのキャンペーンは終了しています。対して、U-mobileの「U-mobile SUPER」およびY!mobileの「スマホプラン」では、1年間の割引および2年間のデータ増量といったキャンペーンは未だ継続されています。また、Y!mobileの「スマホプラン」であれば、オプションで時間制限のないかけ放題プランを選択することもできます。いずれにせよ、現状では「ロケモバプレミアム」の新規契約はできない状態となっているため、もし「ロケモバプレミアム」の契約を検討していたならば、ほぼ同内容のサービスが提供されているU-mobileの「U-mobile SUPER」もしくはY!mobileの「スマホプラン」の契約を検討した方がよいでしょう。

注意点

ロケットモバイルでは、いずれのプランでも、1契約でSIMカードを複数枚持つことはできません。そのため、もし家族で通信量をシェアしたり、通話の請求を1契約にまとめてしまいたかったり、といった要望がある場合は、他のMVNOを検討する必要があります。

また、前述の通り、Dプランも、また「ロケモバプレミアム」も、現在通話可能なプランの新規契約は受け付けられていません(Dプランに関してはMNP転入のみ受付中)。特にDプランの通話SIMはかなり格安であるため、再開が待たれるところではありますが、もし今すぐMNP転入以外の新規契約を行いたいという場合であれば、こちらもやはり他のMVNOを検討しなくてはなりません。

ロケットモバイルでは、トラブルが起こった際や、疑問点などが生じた際の問い合わせ窓口が、公式サイト上の「ロケモバお問い合わせ」というメールフォームしか用意されていません。フォームを利用して問い合わせた際、返事は迅速にもらえるとの報告がありますが、電話で問い合わせを行いたい際にはやや不安を感じることでしょう。ただし、公式サイトに掲載されている「特定商取引法に基づく表記」という項目には、ロケットモバイルの電話番号が掲載されています。問い合わせ番号というわけではないようですが、こちらに電話した場合であっても、問い合わせには応じてもらえるようです。もし電話での問い合わせを必要とする場合は、そちらに問い合わせるとよいでしょう。