格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

ロケットモバイルでのおサイフケータイの利用方法と注意点

昨年秋からはApple社製のiPhoneでも利用できるようになったおサイフケータイ機能。スマホひとつがあれば、バスや電車の乗り降りからランチやコンビニでのお支払いまでピッと一瞬でできてしまうとても便利な機能です。

格安SIMに乗り換える時にはこれまで利用できた機能が一部利用できなくなったりすることもありますので、これまでおサイフケータイを利用してきた人は乗り換え後にこれまでと同じようにおサイフケータイ機能が使えるか、気になるところですよね。

今回はとても便利なおサイフケータイ機能が、ロケットモバイルのSIMでも使えるか、また使い方や注意点も含めて調べてみました!

ロケットモバイルでおサイフケータイ機能は使える?

結論から言いますと、ロケットモバイルでもおサイフケータイは使えます!厳密に言うと、ロケットモバイルの動作確認済みの機種で、端末本体がおサイフケータイ機能に対応している場合に使えます。

ですので、ロケットモバイルでおサイフケータイを利用したい場合は、おサイフケータイ機能に対応した本体を用意する必要があります。キャリアスマホにはほとんど標準搭載のおサイフケータイ機能ですが、おサイフケータイ機能自体が日本独自のサービスですので、海外製のSIMフリー端末では搭載していないものも多いです。本体の端末を選ぶ時は慎重に選びましょう。

また、ドコモのスマホの白ロムやドコモで契約していたスマホをそのままロケットモバイルに乗り換える場合も、おサイフケータイに対応している機種であれば問題なく使うことができます。

以前はdocomo提供のiDは格安SIMでは利用できませんでしたが、2016年の4月よりdocomo系MVNOでもiDが使えるようになりました。もちろんロケットモバイルでもiDの利用が可能です。iDを利用している方も安心してロケットモバイルに乗り換えることができますよ!

おサイフケータイ機能を利用するのに手続きは必要?

ロケットモバイルでの手続きは特別必要ありません。本体端末をしっかりと設定すればすぐにおサイフケータイ機能を使うことができますよ。機種変更の場合はそれぞれ引き継ぎ方がありますので、しっかりと調べて損のないようにしましょう。

ロケットモバイルでおサイフケータイを利用する際の注意点

上に記載した通り、海外製のSIMフリー端末にはおサイフケータイ機能に対応していない機種も多いので、必ずおサイフケータイ対応の機種か確認してから購入する必要があります。

また、キャリアスマホの場合、スマホの料金と合わせて、おサイフケータイで利用した料金を支払うことが可能ですが、ロケットモバイルの場合はスマホの利用料金と合算して請求をしてもらうことができませんので、クレジットカードの登録など別途利用料金を支払う手順が必要となります。

おサイフケータイが利用できるSIMフリー機種としては、富士通のarrowsシリーズ、SHARPのAQUOSシリーズから発売されているSIMフリー機種が国内メーカーということもあり安心して使うことができると思います。

同じく国内メーカーのSONYのXperiaシリーズですが、こちらはSIMフリー版の場合おサイフケータイ機能を搭載していないものもありますので、注意が必要です。

おサイフケータイ機能が使えるMVNO

ロケットモバイルをはじめとしてほとんどのMVNOでおサイフケータイ機能を利用できます。

ただし、スマホ本体がおサイフケータイに対応していること、スマホの利用料金とあわせての支払いができず、別途支払い手段を用意する必要があることなど、キャリアスマホで利用する場合と比べて少しだけ注意する点、不便な点がありますが、最初の設定さえしっかりと行えば日頃の利用で不便に感じることはないでしょう。

またiDについては現在ドコモ系MVNOでの利用が可能ですので、au系、SoftBank系のSIMでは利用できません。ロケットモバイルの場合は問題ありませんが、他者MVNOでau、SoftBank系のプランがある場合はプラン選択も注意して行いましょう。

まとめ

ロケットモバイルでおサイフケータイは使えます。ですが、海外製のSIMフリー機種などでおサイフケータイ機能が付いていない端末を利用している場合は端末が対応していないため使うことができません。とっても便利なおサイフケータイですから、利用可能な機種をしっかりと調べて、便利にスマートに毎日を送りたいものですね。