格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

スマホの料金を節約するなら格安スマホが断然おすすめです

格安スマホが気になっている人、月々のスマホ代を安くしたいとお考えのあなたは必見です!このページでは、格安スマホとは何か?から格安スマホの料金プランまで具体的に解説しています。どうすればスマホを安く利用出来るのかが分かります!

スマホの料金を節約するにはどうすればいいの?

まず、始めに大手キャリア(ドコモやau、ソフトバンク)ユーザーの平均月額料金は約6,500円です。これが高い!と感じる方は、大手キャリアの脱出をオススメします。つまり、格安スマホへの移行です。

プランにもよりますが、大手キャリアの平均月額料金の約半分の料金でスマホを使うことができます。

普段からスマホをあまり使わない、、、という方なら、もしかしたらかなり安い料金でスマホを使うことができるかもしれません。

ちょっと興味が沸いてきませんか?月々の浮いたお金を貯金すればいろんなものが買えますよ。

スマホの料金はどのくらいけずれるか?

スマホの使用頻度にもよりますが、あまり使わないという方なら3,000円くらいは安くなります。

そもそも大手キャリアの月額料金は、競争相手が3社しかいなかったからこそ成立している料金なので、高く設定されていても誰も分からなのです。

実際に格安スマホを使うと3,000円程で料金を抑えられるのだから、元々はそれくらいのものなのです。

どれくらい月々の料金を削ることが出来るのかに関しては、その人のデータ通信料や通話時間にも比例してくるので、明確に断言することはできませんが、多くの人が1,000円から2,000円程度は安くすることができるのではないでしょうか。

ちなみにデータSIMを選択し1GBプランの場合だと、消費税を入れても月々1,000円程で抑えることができるのでかなりお得です!

しかしこのプランは電話番号がついていませんので080や090を使った通話ができませんので注意が必要です。

格安スマホってどんなもの?

ドコモやソフトバンク、au以外の通信事業者(MVNO)と契約をして携帯電話を使うことを格安スマホといいます。この通信事業者も実は、ドコモやauから回線を借りてサービスを提供しています。MVNOと契約すると「SIMカード」が送られてきます。このSIMカードを端末に入れて使用します。本来SIMカードは通信事業者が異なると使えません。しかし2015年の春から新しく制度が導入されました。「SIMロック解除」です。スマホを販売する際は、SIMカードを併用できるようにしなければならなくなったのです。この制度により、今後益々格安スマホが普及すると考えられています。

格安スマホの一番のメリットはスマホの使用頻度によって契約プランを細かく選ぶことができる点です。普段からあまりスマホを使わない人は月々の料金をかなり節約することができます。

料金やプランはどうなっているの?(メーカーごとに比較)

b-mobile おかわりSIMプラン
2GB→月額810円

BIC SIM (for IIJmio) ミニマムスタートプラン
3GB→月額972円

ニフティ3GBプラン
3GB→月額972円

DMM mobile データSIMプラン1GBプラン
1GB→月額712円

※上記のプランはデータSIMプランを選択しており、音声SIMを選択した場合、料金は変わります。
また端末代も含まれておりませんので、端末も同時に購入される方は、別途料金がかかります。

格安スマホに乗り換えるまでの手順

〇まずは購入するSIMを決める

※注意点
・SIMが端末に対応しているかを確認
・音声SIMにするかデータSIMにするかの確認
・MNPに対応しているか

〇現在利用している電話会社に連絡
電話番号を移行するには、MNP予約番号が必要になるので、申し込みを行う

〇予約番号が発行されたら、SIMを購入

※注意点(以下必須)
・クレジットカードの準備
・運転免許証やパスポート等の本人確認書類の準備

〇購入したSIMカードを端末に挿入して設定を行う

少しざっくりとした説明ですが、基本的な流れは以上となります。SIMカードの設定など、めんどくさいと感じる部分もあるとは思いますが、説明書通りに進めればそこまで難しくありません。

設定とか全然わからない!苦手!という方は、イオンモバイルなどの店頭で購入できるタイプのSIMカードを選びましょう。店舗スタッフが一から十まで全て教えてくれるので、安心です。