格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

格安simとnexus7について

2012年に発売されて以来、人気のnexus7。特に2013年に発売された機種は後継機種が出ている現在でも人気です。その理由は手に収まるちょうどいい7インチの大きさが一つでした。7インチという少し大きなサイズのタブレット端末が利用者の人気となり、この後にほかのメーカーから続々と大きなサイズの端末が発売されるようになりました。

そしてもう一つの魅力はAmazon等で販売されているその価格です。LTE版Nexusは現在、中古品が2~3万で購入でき、新品は5万円で販売されています。Android5.0にも対応していますので、コストパフォーマンスが非常に高い機種となっています。使い方は様々な用途があります。ご自宅で家族共有のタブレットとしてゲーム専用機にしたり、二台目としてビジネスマンが外出先でファイルの編集やインターネットのブラウジング、マップを中心に使ったりと様々なシーンで使えるのが魅力的です。

そこで活躍するのが格安SIMです。月額利用料金を抑えるためにも必需品となっています。以前はnexus7を格安SIMとセットで購入できるプランがありましたが、現在著者が探す限りでは新規受付しているメーカーがありません。nexus7を自分で購入し、格安SIMのみ契約するケースを説明します。

おすすめはhi-hoです。hi-hoのSIMの料金プランと使い方を案内します。hi-hoはドコモの通信を利用しており、LTE通信時は下りが最大225Mbps、上りが最大50Mbpsの速度で利用ができます。SIMカードは3タイプあります。データ通信専用SIMが標準、SMS機能対応SIMは月額140円(税込152円)、音声通話対応SIMは700円(税込756円)のレンタル料金がかかります。SIMレンタル料とは別の通信プランは以下の通りです。

hi-ho LTE typeDエントリー
月額料金 770円 最低利用期間1年
ハンドルチャージ 2GB

hi-ho LTE typeDアソート
月額料金 1409円
ハンドルチャージ 3GB

LTEの高速通信を2GB 770円から使えるのは価格として安いです。普段私自身も2GBの容量で使用しています。外出先ではSNSの閲覧、LINEのやり取り、乗換の検索、必要に応じて簡単なネット検索を毎日しています。ただしゲームや動画の視聴は自宅にあるWi-Fiを使うように工夫しています。そうすると1か月、2GBで収まります。SIMフリーのタブレット端末が手元にあれば770円で月額利用できるこのプランは非常におすすめです。そして3GBのプランも1409円で利用できるため安心して低価格で、なおかつ下り最大225Mbps、上り最大50Mbpsのドコモの回線を利用した高品質のスマホライフを送ることができます。

ちなみにhi-hoにはnexus7の端末ではなくZenFoneやYOGA Tabletをお得に利用できる専用プランもありますのでご紹介します。

hi-ho LTE typeDミニマムスタートwith ZenFone
月額料金 2250円 最低利用期間2年
ハンドルチャージ 3GB

hi-ho LTE typeDミニマムスタートwith YOGA Tablet
月額料金 2580円 最低利用期間2年
ハンドルチャージ 3GB

3GBの高速通信容量と、端末利用料金を入れて2000円代で利用できる非常にお得なプランです。現行のキャリアを使っている人だと端末代と利用料金を合わせて1万円近く毎月支払っている利用者もいると思います。このプランだとその5分の1の金額におさまるわけですから利用しない手はありますでしょうか。2台目としての利用も気軽にできる金額です。以上のようにnexus7のお得な利用方法からおすすめしているhi-hoの格安SIMのご紹介をしました。すごく手軽なプランのご紹介だったので、機種の乗り換えや買い替え、料金の節約を考えている方は格安SIMの利用をはじめてみてはいかがでしょうか?