格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

LUCE KCP01Kの魅力を徹底リサーチ!

格安SIMと組み合わせて使用することによって、月々の月額料金をこれまでよりも大幅に節約できる可能性のある格安スマホ。今回はそんな格安スマホの中から、優れた耐久性能を備えているタフなスマートフォン、京セラの「LUCE KCP01K」をご紹介します。

 

“格安スマホ”を販売しているメーカーは?

  • 国内外の“格安スマホ”メーカーをご紹介

まずは、国内外の格安スマホメーカーやブランドを一部ご紹介します。

今回ご紹介する「LUCE KCP01K」は、日本の大手精密機器メーカーである京セラの製品。京セラの格安スマホには、基本性能だけではなく耐久性にも優れた機種が多いという特徴があります。もちろん、「LUCE KCP01K」もそんな機種のひとつ。スペックや耐久性能などの詳細は、次章で説明していきます。

京セラ以外では、大手電機メーカーの富士通も格安スマホを製造しています。富士通の格安スマホには、「シンプルホーム」やATOKを採用した日本語変換などスマートフォン初心者でも扱いやすいように工夫された機種が多いという特徴があります。特に「ARROWS M01」は、こうした特徴からエントリー機種として格安SIMとのセット販売も多くMVNO事業者によって行われています。

海外のメーカーでは、中国の通信機器メーカーであるHuawei(ファーウェイ)が格安スマホメーカーとして有名です。Huaweiは、高い技術力と安価な人件費という両輪によってコストパフォーマンスに優れた機種を多数展開。中には「Ascend G6」のように、20,000円を切る実勢価格ながらLTEやNFCにも対応した機種もラインナップされています。

また、中国にある製造拠点とのODM/OEMの取り次ぎを行っているTJCも格安スマホブランドのひとつ。同ブランドの格安スマホである「StarQ Q5002」も、先ほど取り上げたHuaweiと同様に低価格ながら標準的なスペックを備えている機種です

このように、今日では国内外のさまざまなメーカーやブランドが格安スマホ業界に参画しているのです。

 

「LUCE KCP01K」の価格は?

  • 数多くの格安スマホがひしめき合っている価格帯

つづいて、京セラ「LUCE KCP01K」の価格をチェックしてみましょう。「LUCE KCP01K」の実勢価格は、現在のところ36,000円程度。格安スマホとしては、標準的な価格設定と言えます。

実勢価格が同価格帯の機種としては、富士通の「ARROWS M01」(実勢価格40,000円程度)、Huaweiの「Ascend P7」(実勢価格32,000円程度)、TJCの「StarQ Q5002」(実勢価格32,000円程度)などがあります。

 

  • 「iPhone」シリーズに比べて圧倒的に安い価格設定

つづいて、“スマホ”の代名詞的存在であるAppleの「iPhone」シリーズとの価格差も比較してみましょう。

現在「iPhone6 Plus」は98,800円~、「iPhone6」は86,800円~、「iPhone5s」は72,800円~という実勢価格で販売されています。一方で「LUCE KCP01K」は、36,000円程度の実勢価格。つまり、最新の「iPhone6 Plus」や「iPhone6」と比べると50,000~60,000円程度も手ごろな価格設定になっているということです。しかし、これだけ安いと気になるのは性能面ですよね。

そこで次の項目では、「LUCE KCP01K」のスペックについて詳しく見ていくことにします。

 

 

「LUCE KCP01K」のスペックは?

  • 優れた耐久性能とクリアな通話を実現する「スマートソニックレシーバー」

京セラ「LUCE KCP01K」の強みは、何と言ってもその耐久性能の高さ!耐衝撃性能も備えているため、誤って地面に落としてしまっても壊れてしまう可能性が非常に低いです。もちろん、耐衝撃に加えて防水・防塵性能も高く、長期間安心して利用できるように設計されています。

さらに、「LUCE KCP01K」は音声通話機能も充実。京セラ独自の「スマートソニックレシーバー」を搭載しているため、騒音の激しい場所であっても相手の声をクリアに聞き取ることが可能。

こうした特徴的な性能や機能だけではなく、「LUCE KCP01K」はスマートフォンとしての基本的な性能も兼ね備えています。

「LUCE KCP01K」の搭載しているCPUはクアッドコア1.2GHzで、本体メモリ(RAM)は1.5GB。この価格帯の格安スマホとしては標準的なCPUを搭載しており、RAMも1.5GBと十分な容量のため処理速度に関して日常的に遅いと感じることはないはず。

内部ストレージ(ROM)の容量は、8GBとやや小容量。しかしmicroSDも利用できるため、ROMの容量が不足した場合にはmicroSDに写真などのファイルを保存することが可能です。

カメラの画素数は、背面カメラが800万画素、前面カメラが200万画素。いずれも、この価格帯では一般的な画素数となっています。

本体サイズは、縦132mm×横65mm×厚み11.2mm。本体の重さは、約139g。またバッテリー容量は2,000mAhであり、待受時間は460時間(4G LTE)となっています。

 

「LUCE KCP01K」と他の端末を比較してみよう!

  • 他の“格安スマホ”とスペックを比較してみよう!

それでは、京セラ「LUCE KCP01K」を同価格帯の異なる端末と比較してみましょう。

まずは、富士通の「ARROWS M01」と比較していきます。「ARROWS M01」も「LUCE KCP01K」と同様に、防水・防塵仕様の端末であり壊れにくい端末となっています。また、「LUCE KCP01K」の「スマートソニックレシーバー」と同様にクリアな音声通話を実現するための「スーパーはっきりボイス4」を搭載しています。その他、基本スペックを比較しても京セラ「LUCE KCP01K」と富士通「ARROWS M01」の間に大きな差はありません。あえて両機種の差をあげるとすれば、端末質量です。「LUCE KCP01K」の約139gという質量に対して、「ARROWS M01」の質量は153gと10g以上重くなっています。しかし、その分「ARROWS M01」の方が500mAh大きな容量のバッテリーを搭載。待受時間も長くなっています。

次に、Huaweiの「Ascend P7」と比較してみましょう。クアッドコア1.8GHzのCPUと2GBの本体メモリ(RAM)を搭載している「Ascend P7」は、京セラ「LUCE KCP01K」と比べて優れた処理性能を備えた機種であると言えます。また「Ascend P7」は、カメラの画素数も背面カメラ1,300万、前面カメラ800万とかなり高性能。それでいて、本体質量は124gと「LUCE KCP01K」よりも軽量となっています。しかしながら、「LUCE KCP01K」のような防水・防塵・耐衝撃といった耐久性に優れた機種とはなっていません。そのため、「LUCE KCP01K」と比べて繊細な取り扱いを必要とします。

最後に、TJCの「StarQ Q5002」と比較しましょう。処理性能やカメラ画素数といった基本スペック面では、京セラ「LUCE KCP01K」とTJC「StarQ Q5002」との間に大きな差はありません。しかし、当然ながらTJC「StarQ Q5002」は防水・防塵・耐衝撃といった耐久性能を備えた機種ではありません。一方で、「StarQ Q5002」のバッテリー容量は2,600mAhと「LUCE KCP01K」よりも大容量となっています。またディスプレイにはIPS液晶を採用しているため、写真や動画を高画質で表示することができます。

 

  • 「iPhone」シリーズのスペックと比較してみよう!

つづいて、「LUCE KCP01K」とiPhoneシリーズのスペックを比較してみましょう。「iPhone」シリーズでは独自規格のCPUが採用し、最新機種である「iPhone 6Plus」と「iPhone6」にはデュアルコア1.4GHzのA8チップを搭載。また「iPhone5s」には一世代前のデュアルコア1.3GHzであるA7チップを搭載しています。

一方で「LUCE KCP01K」は1.2GHzのクアッドコアを搭載していますから、「iPhone」シリーズと比較しても処理性能という面で大きな差はありません。

カメラについては、「iPhone6 Plus」、「iPhone6」、「iPhone5s」のいずれも背面カメラ800万画素、前面カメラ120万画素となっています。一方で「LUCE KCP01K」は背面カメラ800万画素、前面カメラ200万画素。したがって「LUCE KCP01K」は、カメラの性能についても「iPhone」シリーズと大きな差は無いと言えます。加えて、「LUCE KCP01K」は「iPhone」シリーズには無い優れた耐久性能を備えています。そのため、「iPhone」シリーズよりも長期間安心して利用できるスマートフォンであると言えます。

 

格安スマホへの乗り換え方

  • 「LUCE KCP01K」と格安SIMのセットプランをご紹介!

格安スマホへと乗り換える場合には、端末選びだけではなく通信会社選びも重要!現在「LUCE KCP01K」は、au回線を利用する格安SIMサービスを提供中のmineoで格安SIMとのセットプランが提供されています。

mineoでは、月額1,310円(税抜)から利用できるプランが設定されています(※1)。

※1 通信料(プラン名:「デュアルタイプ(データ通信+090音声通話)」、500MB/月)のみの価格。端末代及び初期費用は別途購入時に支払う必要有。

 

  • 電話番号を変更したくない場合には、MNPを利用しよう!

現在使用している電話番号を維持したまま格安スマホへと乗り換えるなら、MNPを利用しましょう。手順は、以下の通りです。

 

1.現在契約中の携帯電話会社に対してMNPの予約申請を行う

2.「MNP予約番号」を受け取る

3.乗り換えるMVNO事業者に対してMNPの手続きを行う(MNP予約番号の有効期限内に行うこと)

※MNP予約番号の有効期限は番号発行日を含めて15日間。

 

 

京セラ「LUCE KCP01K」はこんな人におすすめ!

  • 「趣味=アウトドア」という人

スマホとしてストレス無く利用できる基本性能に加えて防水・防塵・耐衝撃仕様を採用した京セラの「LUCE KCP01K」は、キャンプやマリンスポーツが趣味というアウトドア派な人に特におすすめしたい格安スマホです。屋外でも安心して使用できるスマートフォンを探しているという人は、「LUCE KCP01K」をチェックしてみては?