ASUS ZenFone2にの魅力について徹底リサーチしました

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

ASUS ZenFone2にの魅力について徹底リサーチしました

最新機種では100,000円弱の価格設定となっているiPhoneシリーズとは違い、20,000円代から40,000円代という手ごろな価格で購入できる格安スマートフォン。格安SIMの普及とともに、現在では多種多様な格安スマホが販売されています。

そして今回は、ASUSの「ZenFone 2」をご紹介! 30,000円代という価格ながら高性能であり、ディスプレイサイズも大きい格安スマホとして人気を集めています。

格安スマホを販売しているメーカーは?

  • 国内外の“格安スマホ”メーカーをご紹介

まずは、国内外の格安スマホメーカーやブランドを一部ご紹介します。

今回ご紹介する「ZenFone 2」は、中国の通信機器メーカーであるASUS(エイスース)の製品。台湾の電子機器メーカーであるASUSは、パソコンをはじめPCの周辺機器やスマートフォン、タブレット端末などを製造。スマートフォンの分野では、今回ご紹介する「ZenFone 2」のように低価格ながらハイスペックな機種を中心にラインナップしています。

格安スマホメーカーは、ASUSやのような海外企業だけではありません。国内精密機器メーカー大手の京セラも、格安スマホの製造を行っています。京セラの生み出す格安スマホの特徴は、その頑丈さ。防水・防塵・耐衝撃といった耐久性に優れた機種を中心に発表しています。また京セラは長年au向けの機種を製造してきたため、基本性能も高水準である機種が目立ちます。

京セラ以外では老舗電子機器メーカーである富士通も、格安スマホ業界に参入。京セラ同様に耐久性に優れた機種が多く、独自UI(ユーザーインターフェイス)を採用することで操作性も向上させています。

「ZenFone 2」の価格は?

  • 実勢価格は38,000円程度

つづいて、ASUS「ZenFone 2」の価格をチェックしてみましょう。「ZenFone 2」の実勢価格は、現在のところ38,000円程度。格安スマホの中では、中程度の価格帯であると言えます。

ASUS「ZenFone 2」と同価格帯の機種としては、京セラの「LUCE」(実勢価格36,000円程度)、富士通の「ARROWS M01」(実勢価格39,000円程度)などがあります。

  • 「iPhone」シリーズよりも約60,000安く手に入る!

つづいて、“スマホ”の代名詞的存在であるAppleの「iPhone」シリーズとの価格差も比較してみましょう。

現在「iPhone6 Plus」は98,800円~、「iPhone6」は86,800円~、「iPhone5s」は72,800円~という実勢価格で販売されています。

一方で「ZenFone 2」は、38,000円程度の実勢価格。つまり、最新の「iPhone6 Plus」や「iPhone6」と比べると50,000~60,000円程度も手ごろな価格設定になっているということです。しかし、これだけ安いと気になるのは性能面ですよね。

そこで次の項目では、「ZenFone 2」のスペックについて詳しく見ていくことにします。

「ZenFone 2」のスペックは?

  • 価格以上に高性能!

ASUS「ZenFone 2」最大の特徴は、何と言っても5.5インチのディスプレイ! スマートフォンとしては大型のディスプレイサイズです。とはいえ、ディスプレイサイズのわりに本体サイズは手におさまりやすい大きさとなっています。左右のベゼルを可能な限り狭めた上で、ディスプレイサイズを広くとっているからです。

そして、ASUS「ZenFone 2」のディスプレイはただ大きいだけではなくフルHD画質にも対応。ゲームや動画を鮮明な画質で楽しむことができるんです。

優れたディスプレイだけではなく、ASUS「ZenFone 2」はスマートフォンとしての基本性能も優れています。

「ZenFone 2」の搭載しているCPUはクアッドコア1.8GHz、上位モデルではクアッドコア2.3GHzとなっています。しかもCPUはインテル製のため性能も抜群です。本体メモリ(RAM)は2GB、上位モデルでは何と4GBとなっているためあらゆるアプリや機能を快適に利用することができます。ちなみに4GBのRAMを搭載したスマートフォンは、ASUSの調査によると「ZenFone 2」が世界初だとか!

内部ストレージ(ROM)の容量については、32GBモデルと64GBモデルから選択可能。

カメラの画素数も優れており、背面カメラが1,300万画素、前面カメラが500万画素となっています。

本体サイズは、縦152.5mm×横77.2mm×厚み3.9~10.9mm。本体の重さは、約170g。またバッテリー容量は3,000mAhとなっています。

「ZenFone 2」と他の端末を比較してみよう!

  • 他の“格安スマホ”とスペックを比較してみよう

それでは、ASUS「ZenFone 2」を同価格帯の異なる端末と比較してみましょう。

まずは、京セラの「LUCE」と比較していきます。京セラ「LUCE」の特徴は、その耐久性能の高さ。防水・防塵・耐衝撃仕様となっている端末です。そのため、耐久性という面では防水仕様などを施されていないASUS「ZenFone 2」よりも優れた機種であると言えます。とはいえ、それ以外の処理性能やカメラ画素数といった面では、ASUS「ZenFone 2」の方が圧倒的に優れたスペックを誇っています。

つづいて、富士通の「ARROWS M01」と比較しましょう。富士通「ARROWS M01」も京セラ「LUCE」と同様に耐久性に優れた機種。また、有機ELディスプレイを採用しているためディスプレイの視野角も広くなっています。とはいえ、ディスプレイサイズは4.5インチとASUS「ZenFone 2」と比べると小さめ。その他、基本スペック面もASUS「ZenFone 2」には及びません。

このように、ASUS「ZenFone 2」は同価格帯の格安スマホと比較して優れた性能を有した機種であることがわかります。

  • 「iPhone」シリーズのスペックと比較してみよう!

つづいて、ASUS「ZenFone 2」とiPhoneシリーズのスペックを比較してみましょう。「iPhone」シリーズでは独自規格のCPUが採用し、最新機種である「iPhone 6Plus」と「iPhone6」にはデュアルコア1.4GHzのA8チップを搭載。また「iPhone5s」には一世代前のデュアルコア1.3GHzであるA7チップを搭載しています。

一方でASUS「ZenFone 2」は上位機種では2.3GHzのクアッドコアを搭載していますから、「iPhone」シリーズよりも処理性能を発揮できる可能性を秘めたスマートフォンであると言えます。

カメラについては、「iPhone6 Plus」、「iPhone6」、「iPhone5s」のいずれも背面カメラ800万画素、前面カメラ120万画素となっています。一方で「ZenFone 2」は背面カメラ1,300万画素、前面カメラ500万画素。したがって「ZenFone 2」は、カメラの性能についても「iPhone」シリーズよりも優れていることがわかります。

格安スマホへの乗り換え方

  • 「ZenFone 2」と格安SIMのセットプランをご紹介!

格安スマホへと乗り換える場合には、端末選びだけではなく通信会社選びも重要!現在ASUSの「ZenFone 2」は、DMMモバイル、楽天モバイルなどで格安SIMとのセットプランが提供されています。

DMMモバイルでは、月額1,140円(税抜)から利用できるプランが設定されています(※1)。

楽天モバイルでは、月額1,250円(税抜)から利用できるプランが設定されています(※2)。なお楽天モバイルでは、16GBのROMを搭載した特別モデルの「ZenFone 2」を選択することも可能です。

※1 通信料(プラン名:「シングルコーライト(通話SIMプラン)」、通信量制限は無いが、最大通信速度は200Kbps)のみの価格。端末代及び初期費用は別途購入時に支払う必要有。

※2 通信料(プラン名:「ベーシック(通話SIM)」、通信量制限は無いが、最大通信速度は200Kbps)のみの価格。端末代及び初期費用は別途購入時に支払う必要有。

  • 電話番号を変更したくない場合には、MNPを利用しよう!

現在使用している電話番号を維持したまま格安スマホへと乗り換えるなら、MNPを利用しましょう。手順は、以下の通りです。

1.現在契約中の携帯電話会社に対してMNPの予約申請を行う

2.「MNP予約番号」を受け取る

3.乗り換えるMVNO事業者に対してMNPの手続きを行う(MNP予約番号の有効期限内に行うこと)

※MNP予約番号の有効期限は番号発行日を含めて15日間。

「ZenFone 2」に新モデル登場!

  • 新たに128GBモデルがラインナップ

2015年7月18日、ASUS「ZenFone2」のラインナップに新たなモデルが登場! 今回追加されたのは、4GBのRAMに128GBのROMを搭載した最上位となるモデル。これまで以上に大量のデータを保存できるようになったため、スマートフォン上に画像や動画といった容量の大きなファイルを多く保存したいという人には特におすすめのモデルです。なお今回発表されたASUS「ZenFone2」の新たなモデルは、現在のところ公式オンラインショップ「ASUS ZenFone Shop」だけで購入可能。また、期間限定でもれなくIIJmioの格安SIMを受け取ることのできるキャンペーンも実施中です。

「ZenFone 2」はこんな人におすすめ!

  • 手ごろな価格で高性能なスマートフォンを手に入れたいという人

今回ご紹介したASUS「ZenFone2」は、とにかくハイスペックな格安スマホ。しかもそれでいて、30,000円代から購入できる手ごろな価格設定となっています。そのため、「iPhone」シリーズ並みにハイスペックなスマホをできる限り安く手に入れたいと考えている人には特におすすめのスマートフォンです!

また、先ほど触れた通りASUS「ZenFone2」はDMMモバイルをはじめとしたMVNO事業者で格安SIMとのセット販売も行われています。そのため、本体購入価格だけではなく月々の通信費も節約できる可能性も大! 高性能なスマートフォンを月々の料金をおさえながら利用したいという人は、ぜひASUSの「ZenFone2」をチェックしてみてください!