2017年8月1日新発売! TONEモバイルの新端末【TONE m17】について徹底解説

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

2017年8月1日新発売! TONEモバイルの新端末【TONE m17】について徹底解説

TONE m17の特徴について

TONEモバイルは2017年8月1日に新端末の「m17」を発売開始すると発表しました。そこで当記事では以前m15m14を徹底解説してきたのと同じようにm17の事も徹底解説します。

旧モデルm15と比較してどこが変わった?

m17の特徴を語る前に、わかりやすいように旧モデルのm15と比較していきたいと思います。m15は2015年11月に発売された端末です。

m15の解説記事はこちらから

m15との違いその①:ワンセグ

TONE m17では新たにワンセグ機能がつきました。スマホだけで地上波のTVを見られる事ができるので、あって困らないし嬉しいですね。

m15との違いその②:おさいふケータイ

TONE m17はおさいふケータイ(Ferica)に対応しました。おさいふケータイが使える端末は今までTONEモバイルに存在しませんでしたので、新しい試みだといえるでしょう。

m15との違いその③:端末サイズ

TONEモバイル m17では、m15に比べるとコンパクトになりました。重さが165g→148g、ディスプレイのサイズが5.5インチ→5.0インチ。高さ、幅、厚さ全てが一回り小さくなっています。iPhoneでも小さいサイズのSEというモデルが人気ですが、どんどんでかくなっていたスマホの液晶サイズですが、最近は片手で持てるようにコンパクトにコンパクトに、というのがトレンドなのでしょうか。

m15との違いその④:端末の価格

TONEm17の販売価格は34,800円。m15の販売価格が29,800円なのを考えると約5,000円の値上げとなりました。TONEモバイルではクレジットカード払いであれば分割払いも可能なので、24ヶ月だと月額200円程度の差額なので、ディスプレイのサイズが小さくても問題ない人なのであれば間違いなくtone m17を選択するべきだと思います。

m15との違いその⑤:その他

m17はその他さまざま嬉しい機能が新しく搭載されました。

・防水(洗う事が可能なレベル)

・手袋でもタッチパネル操作可能

・ダメージレス構造(落下などの衝撃にかなり強くなった)

などなどm15と比較するとかなり嬉しい機能が追加され、これで値段が5,000円しか違わないとなると、m17を選ばない理由はなくなりますね。

TONE m17まとめと筆者の感想

このページではTONE m17の特徴や旧モデルのm15と比較してどうかという事をまとめました。TONEモバイルは通信速度が500kbps〜600bps程度しか出ない代わりに月額料金が安いプランが特徴で、他の格安SIMやキャリアと比較しても仕方ないと思って簡単にまとめました。スペックなどについて詳しく知りたい方はTONEモバイルの公式サイトをチェックしてください。