格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

トーンモバイルの「安心オプション」について徹底解説

トーンモバイルの安心オプションとは?

トーンモバイルのオプションのひとつである「安心オプション」は同格安SIMサービスの大きな特徴のひとつです。はじめに、このオプションの特徴を解説します。

  • 「安心オプション」の特徴
    • サービス内容
      • スマホを扱う上での不安要素から保護してくれる
        安心オプションがカバーしてくれるのは次の項目になります。

        • 故障
        • 破損
        • 水濡れ
        • 盗難
        • 紛失
      • Wi-Fiスポットサービスが利用できる
        全国約63,000の場所でWi-Fi接続が利用できるサービスも付随しています。
  • サービス適用の条件
    • トーンモバイルのスマホを利用していること
      正規販売店で契約・購入した端末のみが対象です。トーンモバイル契約にはm14またはm15のトーンモバイルスマホ購入が必須なのですが、これらのスマホを一旦購入した後であればSIMカードの差し替えによる別端末の利用も可能です。しかし、こういった使い方はサポート対象外となりますので注意しておきましょう。
    • 盗難・紛失時の注意
      警察署に盗難・紛失の届出をして届出受理番号を持っていることが条件となります。
    • オプションの利用は年に2回まで
      オプションに加入していれば、無制限にサービスが受けられることにはなりません。オプションの利用は年2回までが限度です。また、内蔵しているSIMカードの破損・紛失に伴う再発行手数料(もしくは交換手数料)・スマホに付けていた保護ケースや保護フィルムなどアクセサリー類の保証は含まれません。SIMカードに関する手数料は次の通りです。
  • SIMカード紛失再発行手数料 3,000円(税抜)
  • SIMカード交換手数料 500円(税抜) 1年に1回まで無料
  • オプションの利用料金
    • 初期費用 0円
    • 月額料金 500円(税抜)

保証が受けられる条件とは?

  • 保証内容
    故障端末の発送など自費を除いて基本的には金銭のやりとりは発生しません。端末の修理対応か交換対応かのどちらかです。

    • 一部故障・損壊の場合:修理対応
      修理が不可能または修理の費用が高額である場合には交換
    • 全損・盗難・紛失の場合:交換対応
  • 保証を受けるための条件
    下記の全ての条件を満たしている必要があります。

    • 事故時・申請時の両方で安心オプションが加入済みかつ契約が有効であること
    • 盗難・紛失時の場合は警察書に対して盗難届または遺失届出書の控えを受け取り、トーンモバイルに対して提出していること
    • トーンモバイルに対して保証サービス申し出用の書類・端末の送付をすること
      端末は盗難・紛失時であれば上記の警察書の証明書控えに代えて発送します。また、必要な申請書類を提出する必要があるのでこれも合わせて発送します。これらの書類・返送キットはトーンモバイルに申し出をすることにより受け取ることができます。
    • トーンモバイルの審査で保証サービス適用対象と認められること
      コンテンツ3でも記載していますが、特に自然故障については保証の対象外となります。また、故障の内容によっては審査が通らない可能性もあるので「100%の保証を約束するサービスではない」ことを念頭に置いておくと良いかもしれません。

保証が発生しない場合・注意点

  • 正規ルート以外のトーンモバイルスマホ購入・利用には適用されない
    トーンモバイルスマホであるm15/m14はいずれもSIMフリースマホです。従って、入手ルートは正規以外にもオークションサイト・中古販売店などいくつかの方法があります。結果的にトーンモバイルスマホを利用していたとしてもトーンモバイルが正規販売店と認めていないルートで入手した端末ではオプションに加入していたとしても保証の対象となりません。
  • 対象の事故発生から7日以内に申請していなかった場合
    必ず、事故発生から7日以内にトーンモバイルに対して申請を行いましょう。
  • 申請内容に不備または誤記があり、トーンモバイルが指定した期間内に修正が行われない場合
    申請を行っても書類内容に不備があった場合、そのままの状態では保証対象外となってしまいます。修正指示があった場合には速やかに対応しましょう。
  • トーンモバイルからの説明要求に正しく答えなかった場合・虚偽の申請をした場合
    これは常識的に考えて当然の対応です。必ずありのままの事故原因・結果を申請しましょう。
  • トーンモバイルの支払いを延滞している場合
    基本プラン・オプション料金・端末代金などトーンモバイル利用時に発生する支払いを延滞している場合、保証を受けることができません。
  • 保証サービスの申請を行う時点もしくは事故発生時に安心オプション契約が成立していない場合
    例えば「4月末日に事故が発生し、5月に入り安心オプションに加入して事故を申請した」このケースでは申請をしても保証対象となりません。事故発生時と申請時の両方のタイミングで既に安心オプションの契約が成立している必要があります。事後申請では保証されませんので注意しておきましょう。
  • 保証サービスの申請を行う時点で安心オプション契約が終了している場合
    上記ケースと似たようなパターンです。例えば「3月に安心オプションに加入済み。4月末日に安心オプションの解約と端末に事故発生。5月1日に申請を行った」このような場合には保証の対象外となってしまいます。安心オプションは事故発生時・申請時の両方で有効になっている必要があります。
  • その他のケース
    • 火災・自然災害による故障
    • 摩耗
    • 自然使用による機能低下等

上記のようにいくつかのケースについて免責・保証対象外と定められています。特に、最後の項目においては判断が難しい項目ですが想定されるケースとしてはバッテリーの摩耗・機能低下が考えられます。スマホのバッテリーは充電回数が多いほど充電時間が長いほど劣化していきます。バッテリーが劣化するとバッテリー持ちが悪くなり、すぐに電源が落ちてしまうケースも考えられますが、この状態を故障と思い安心オプション利用の申請を行うとおそらく通りません。申請をしてみる価値はもちろんありますが、申請が通らない事も想定しておくと無難です。このようなケースにおいては買い替えが必要となる可能性があるということです。

保証の申請方法について

  • 安心オプションの利用申請書を用意する

主な記入内容としては

  • 安心オプション保証番号
  • 修理依頼日
  • 申請者情報
    • 氏名
    • 連絡先
    • 現住所
    • 押印
  • 事故の状況
    • 対象機器
    • 機種名
    • 事故内容
    • 事故日
    • 事故発生場所
    • 事故状況
  • 各種提出書類
    • 事故状況報告書(安心オプション利用申請書と同一)
    • 盗難・紛失時のみ:事故状況報告書に加え警察証明

基本的には事故状況報告書となる安心オプション利用申請書を用意しておき、盗難・紛失時のみ警察書の証明書が必要となるとだけ覚えておくと確実です。

  • 書類が用意できた後の申請手順

申請にはいくつかの方法があります。

  • TSUTAYA店頭
    一部店舗に限られますが店頭での受付が可能なTSUTAYAが存在します。公式サイトで確認の上、店舗が近くにあった場合には故障端末の発送も店舗スタッフにお願いできるため一番手軽な方法です。
  • 電話受付
    事故発生から7日間以内に故障端末と書類をあわせて送料元払いで発送します。また、届け先が佐賀県ということで中部・関東・東北・北海道からは発送から到着までの時間がかかりそうです。このことを踏まえて早めに発送することをおすすめします。
  • まとめ

事故発生から7日以内に申請を行わないと保証の対象外になってしまうので、迅速な対応が求められます。事故が起きたらすぐにトーンモバイルサポート窓口に電話をして保証サービスを受けるための書類と返送キットを受け取る手続きを申し出ましょう。

TONE mobile Wi-Fi by エコネクトについて

安心オプションに加入していると「TONE mobile Wi-Fi by エコネクト」というWi-Fiスポットサービスが利用可能になります。

  • トーンモバイルでWi-Fiスポットサービスを利用するメリットとは?
    トーンモバイルのモバイル通信速度は500~600kbpsです。残念ながら、他社と比較して速いとは言えません。そのため高速チケットという高速通信が利用できる従量制のオプションがあるのですがこれも1GBあたり300円と割高です。基本プランと1GBの高速チケットを購入した際の月額料金は1,300円となってしまい、1,300円であれば他のMVNOと契約した方がお得なケースが発生します。では、安心オプションに付随されるWi-Fiスポットサービスを利用するとどうなるのでしょうか?

    • モバイル通信の遅さをカバーできる
      エコネクトWi-Fiは既存のWi-Fiスポットサービスの複合型サービスです。ヤフーのBBモバイルポイント・Wi2などが利用できます。例えばBBモバイルポイントですと、最大速度は3~4Mbpsとなります。これはトーンモバイルのモバイル通信速度と比べると6倍程度の速さです。Wi2では理論上の最大速度が300Mbpsとなるので相当の速さが得られます。
    • 端末の保証サービスも付いてくる

本記事で紹介してきた通り、こちらがメインなのですが保証サービスがあります。ちなみに「エコネクトWi-Fi」を単独契約した場合は月額料金362円(税抜)です。トーンモバイルであれば月額500円で保証サービスとエコネクトWi-Fiスポットサービスが利用できるのはかなりお得だと言えるでしょう。