格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

U-mobileでテザリング!対応端末と設定方法

U-mobileの格安SIMではテザリングを使えるの?

  • テザリングってどんな機能?

数年前より耳にすることが多くなった、“テザリング”というワード。スマートフォンや格安SIMを選ぶ上では、このテザリングに対応しているかどうかも重要な要素となります。まずは、テザリングについて簡単に説明します。

テザリングとは、英語のtetherの動名詞系の言葉。tetherは、つなぎとめるといった意味を持つ英単語です。そしてスマートフォンなどの機能説明としてつかわれる場合には、スマートフォンやタブレットといったモバイル端末をネットワークへと接続させる外付けモデムとして利用することを指します。つまり、モバイル端末をWi-fiルータのように利用することができるということです。

ちなみにAppleのiPhoneシリーズでは、テザリングのことを「インターネット共有」という言葉で表現しています。しかし、機能としてはまさにテザリングと同じです。

  • 誰でもテザリングできるの?

このように、モバイル端末を外付けモデムとして利用できるテザリングはとても便利な機能です。とはいえ、必ずしも誰もが利用できる機能であるというわけではありません。

たとえば、利用するモバイル回線が対応していない場合にはテザリングを利用できません。モバイル回線の代表格であるNTTドコモ、au、ソフトバンクといった携帯三大キャリアの回線はいずれもテザリングに対応しています。

しかし、MVNOによる格安SIMサービスの中にはテザリングに対応していないところもあるので注意が必要です。

  • U-mobileの格安SIMではテザリングを行える!

それでは、U-mobileの格安SIMサービスではテザリングを利用できるのでしょうか?

現在のところ、U-mobileの格安SIMサービスはテザリングに対応しています。そのため、U-mobileの格安SIMを搭載した端末ではテザリングを行うことが可能です。また、音声通話機能を利用できる「U-mobile通話プラス」、音声通話機能のついていない「U-mobileデータ専用」、いずれのプランでもテザリングを利用できます。

  • U-mobile格安SIMのテザリングは、どんな機種でも利用できるの?

ただし、U-mobileの格安SIMを搭載した“あらゆる”モバイル端末でテザリングを利用できるというわけではありません。テザリングを利用できるかどうかは、回線が対応しているかどうかはもちろん、端末がテザリングに対応しているかどうかということにも左右されるのです。

そこで次の項目では、U-mobile格安SIMのテザリングを利用できる端末をご紹介します。

U-mobile公式サイトをチェック

U-mobile格安SIMのテザリングを利用できる機種をご紹介!

  • AppleのiPhoneシリーズで利用可能!

スマートフォンと言えば、やはりAppleのiPhoneシリーズ。ということで、まずはiPhoneシリーズの対応状況をご紹介します。

iPhoneシリーズについては、iPhone5cおよびiPhone5s以降のNTTドコモ向け端末でU-mobile格安SIMのテザリング機能を利用できます。また、SIMフリーのiPhone6でもテザリング機能を利用できることが確認されています。

表1.U-mobileのテザリングを利用できるiPhoneシリーズ

ブランド 機種 キャリア/SIM 回線
Apple(アップル) iPhone 5c NTTドコモ LTE
iPhone 5s
iPhone 6 SIMフリー
iPhone 6 NTTドコモ
iPhone 6 Plus

 

  • iPadシリーズでも利用可能!

またU-mobileのテザリング機能は、NTTドコモ向けのiPadでも利用することが可能です。現在下記表のiPadシリーズで、U-mobileのテザリングを利用できることが確認されています。

表2.U-mobileのテザリングを利用できるiPadシリーズ

ブランド 機種 キャリア/SIM 回線
Apple(アップル) iPad Air NTTドコモ LTE
iPad Air2
iPad mini 3
iPad mini Retina

 

  • SIMフリーのスマートフォンでも利用可能!

AppleのiPhoneシリーズやiPadシリーズだけではなく、最近ではAndroisOSを搭載したスマートフォンやタブレットを利用するという人も多いはず。Android端末はiPhoneシリーズやiPadシリーズの半額以下、機種によっては10,000円前後で購入できるものもあるという価格面での魅力がありますよね。

そして、そんなAndroid端末でもU-mobileの格安SIMでテザリングをできる機種があるんです。具体的な機種名は、下記表の通りです。なお、下記表の機種はいずれもSIMフリー端末となっています。

表3. U-mobileのテザリングを利用できるSIMフリーAndroid端末

ブランド 機種 回線
ASUS(エイスース) ZenFone2 laser LTE
ASUS MeMO Pad 7 ME572CL
ZenFone2
ZenFone 5 A500KL
HTC Corporation HTC ONE X S720e LTE
HTC Sensation XE with Beats Audio 3G
HUAWEI(ファーウェイ) Ascend G6 LTE
Mate7
M1
P7
X1
lenovo(レノボ) YOGA Tablet 2-1051L LTE
YOGA Tablet 2-1050L
YOGA Tablet 2-830L
LG Electronics(エルジー・エレクトロニクス) Nexus4 3G
Nexus5 LTE
Motorola(モトローラ) Nexus6 LTE
NECパーソナルコンピュータ LaVie Tab S TS708T1W LTE
サムスン電子 GALAXY ACE GT-S5830i 3G
GALAXY Note GT-N7000
GALAXY S II
GALAXY S III GT-I9300
GALAXY Y GT-S5360
Nexus S
ソニーモバイルコミュニケーションズ XPERIA ray 3G
FREETEL(フリーテル) priori 3G
priori2
京セラ TORQUE(SKT01) LTE
S301
Covia(コヴィア) FleaPhone CP-F03a 3G

 

  • 一部イーモバイル向け端末でも利用可能

さらにU-mobileの格安SIMでのテザリングは、下記のイーモバイル向けスマートフォンでも利用できることが確認されています。

表4. U-mobileのテザリングを利用できるイーモバイル向けAndroid端末

ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社 Sony Ericsson mini S51SE 3G

 

  • 最新情報は公式Webサイトで

なお、今回U-mobile格安SIMのテザリングに対応しているとしてご紹介した機種は、いずれもU-mobileによって動作確認の行われているものです。また、動作確認済の機種情報はU-mobileの公式サイト上で随時更新されています。そのため、自分の持っているスマートフォンやタブレットでU-mobile格安SIMのテザリングを利用できるかどうか確かめたいという人は、ぜひU-mobileの公式サイトにアクセスをしてチェックしてみてください。

U-mobile格安SIMのテザリング機能、ここがおすすめ!

  • 全国の広範囲でテザリングを行える!

先ほど触れた通り、テザリング機能はスマートフォンやタブレットをモバイルWi-fiのように利用することを可能にする機能です。そしてU-mobileの格安SIMは、NTTドコモの回線を利用したサービス。そのため、全国の幅広いエリアで高速データ通信を行うことができます。もちろん、テザリングでの高速データ通信も広範囲で利用することができるということです。

  • 使い放題プランでがっつり使える

テザリング機能を利用する場合、気になるのは月々の高速データ通信量。テザリングは便利な機能ではありますが、あまり使い過ぎてしまうとあっという間に月次高速データ通信量の上限値を超過してしまいます。

しかし、U-mobileにはそんなテザリングのヘビーユーザーにピッタリなプランもあります。そのプランとは、「LTE使い放題」と「LTE使い放題2」です。なんとどちらのプランも、プラン名にある通り月当たりの高速データ通信量の上限値が定められていない使い放題プランなんです! そのため「毎日テザリングを利用する」という人でも、U-mobileの格安SIMサービスであれば通信量の上限を気にせず使うことができます。

  • 電話サポートも受けられる

後ほど詳しくご説明しますが、テザリング機能を利用するには端末上で簡単な設定を行う必要があります。しかし、初めてテザリングを利用するという人にとっては端末設定に不安を感じることもあるかもしれません。

そういった人にも、U-mobileはおすすめ。U-mobileでは、端末の設定方法などを問い合わせることのできる契約者専用窓口サービスの「モバイルサポートSプラン」を設けているからです。このプランに加入しておけば、テザリングの設定を行う際に生じた不明点も電話で直接問い合わせることができます。

なおモバイルサポートSプランは、月額500円(税抜)で利用可能。また、技術スタッフの訪問サービスを受けることもできる「モバイルサポートLプラン」(月額税抜940円)も設定されています。

詳細はU-mobile公式サイトからもご覧になれます

U-mobileのテザリング機能って月々いくらで利用できるの?

  • U-mobile格安SIMのテザリングは無料で利用可能!

このように、多くのスマートフォンやタブレットで利用することのできるU-mobileのテザリング。そしてこのテザリング機能は、対応機種であれば無料で利用することができます。追加料金無しでテザリングできるなんて、ありがたいですよね!

そして、無料のサービスであるU-mobileのテザリングは簡単なネットワーク設定を行うだけで利用することができます。

U-mobile格安SIMでテザリング機能を利用するための方法は?

  • iPhoneシリーズやiPadシリーズでの設定手順

それでは、U-mobileのテザリング機能を利用するための設定手順を説明します。まずは、iPhoneシリーズやiPadシリーズといったiOS端末での設定手順です。iOS端末では、下記の手順でテザリングを利用できるようになります。

  1. ホーム画面から「設定」をタップし設定画面を開く
  2. 「インターネット共有」をタップしインターネット共有画面を開く
  3. 「インターネット共有」のボタンをタップして、インターネット共有をオンにする
  4. ポップアップ画面が表示された場合には、「Wi-fiとBluetoothをオンにする」か「USBのみ」のいずれかをタップして選択する

 

  • Android端末での設定手順

またAndroid端末では、下記の手順でU-mobileの格安SIMでテザリングを利用できるようになります。

  1. ホーム画面もしくはアプリ一覧から、「設定」をタップして設定画面を開く
  2. 「その他の設定」をタップする
  3. 「テザリング」をタップして、「Wi-fiテザリング」項目のチェックボックスをタップする
  4. 「Wi-fiテザリング」という項目名の下に「[端末名]が有効です」というメッセージが表示されていることを確認する

このように、U-mobileのテザリングは簡単な設定を行うだけで利用することのできる便利な機能です。

しかし、U-mobileのテザリングの利用を検討する上ではいくつか注意すべき点もあります。

U-mobile格安SIMのテザリング、ここに注意!

  • NTTドコモ向けのAndroid端末では利用できない

先ほどご紹介した通り、U-mobileのテザリングはNTTドコモ向けおよびSIMフリーのiPhoneシリーズとiPadシリーズ、そしてSIMフリーのAndroid端末で利用することができます。

しかし、現在のところNTTドコモ向けのAndroid端末では利用できません。そのため、NTTドコモ向けAndroid端末を利用しているという人は、U-mobileのテザリングを利用するにはSIMフリー端末などの対応機種へと端末を変更する必要があります。

  • ソフトバンクやau向けの端末では利用できない

またソフトバンク向けやau向けの端末については、iPhoneシリーズやiPadシリーズを含めてU-mobileのテザリングサービスを利用することはできません。そのためこちらも同様に、U-mobileのテザリングを利用するには端末の乗り換えも必要となります。

今回ご紹介したように、U-mobileの格安SIMではテザリングを行うことができます。また使い放題プランを選択することで、高速データ通信残量を気にせずにテザリングでの通信を行うことも可能です。対応機種の制限はありますが、皆さんもぜひテザリングのできるU-mobileの格安SIMへの乗り換えを検討してみては?

U-mobile公式サイトはこちら