格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

~番号そのまま!~U-mobileにMNP乗り換えする方法とは?

MNP予約番号って何?

  • MNP予約番号はそのままの番号で乗り換える時に必要

MNP予約番号とは、MNP(携帯電話番号ポータビリティ)制度を利用してモバイル回線事業者の乗り換えを行う場合に必要となる10桁の番号です。

簡単に言い換えると、この番号を取得した上で乗り換え先の事業者に申し込むことで、今利用している携帯電話番号を維持したまま他社へと乗り換えることが可能になるということ。そのためMNP制度を利用する場合には、乗り換え先事業者への申し込みに先立って現行事業者に対してMNP予約番号の取得申請を行う必要があるのです。

 

 

U-mobileにもMNPで乗り換えられるの?

  • U-mobileにもMNPで乗り換え可能!

そして、MNP制度はU-mobileの格安SIMサービスへ乗り換える際にも利用することができます。つまり、今利用中の携帯電話番号を維持したまま月額基本料金の安いU-mobileの「通話プラス」へと乗り換え可能ということです。

そこで、U-mobile「通話プラス」へのMNP制度を利用した乗り換え方法を詳しく解説します。

 

  • MNP予約番号を受け取ろう

まずは現在契約中のモバイル回線事業者に対して、MNP予約番号の取得申請を行いましょう。多くのモバイル回線事業者では、Webサイトや電話でMNP予約番号の取得申請を受け付けています。

今回は特に、NTTドコモ、au、ソフトバンク、Y! mobileという代表的な携帯キャリアへのMNP予約番号の取得申請方法をご紹介します。

 

1.NTTドコモの場合

・My docomo

My docomoにログインし、「ドコモオンライン手続き」ページでMNP予約番号の発行を申請。

・電話(ドコモ インフォメーションセンター)

携帯電話からは151、一般電話からは0120-800-000へダイヤルしてMNP予約番号の発行申請をすることが可能。受付時間は、9:00~20:00。

・ドコモショップ

各店舗の営業時間内で、店頭にてMNP予約番号の発行を申請可能。

 

2.auの場合

・EZweb

TOP画面から「auお客様サポート」、「申し込む/変更する」という順番で選択し「携帯電話番号ポータビリティ(MNP)」でMNP予約番号の発行を申請

・電話

携帯電話、一般電話ともに0077-75470へダイヤルしてMNP予約番号の発行申請をすることが可能。

・auショップ/PiPit各店

各店舗の営業時間内で、店頭にてMNP予約番号の発行を申請可能。

 

3.ソフトバンクの場合

・My SoftBank(携帯版のみ)

TOP画面から「My SoftBank」へログインし、「各種手続き」から「MNP予約関連手続き」を選択しMNP予約番号の発行を申請。受付時間は、9:00~21:30。

※iPhone、SoftBankスマートフォンでは申し込みできない。

・電話

携帯電話からは*5533、一般電話からは0800-100-5533へダイヤルしてMNP予約番号の発行申請をすることが可能。受付時間は、9:00~20:00。

・ソフトバンクショップ

各店舗の営業時間内で、店頭にてMNP予約番号の発行を申請可能。

 

4.Y! mobileの場合

・My Y!mobile

My Y!mobileにログイン後「契約内容の確認・変更」ページを開き、「携帯電話番号ポータビリティ(MNP)予約関連手続き」を選択しMNP予約番号の発行を申請。受付時間は9:00~21:30。

・電話

携帯電話からは116、一般電話からは0120-921-156へダイヤルしてMNP予約番号の発行申請をすることが可能。受付時間は、9:00~20:00。

 

ただし、最後の「U-mobileにMNPで乗り換える場合はここに注意!」で取り上げる通りMNP予約番号を取得した場合には「MNP転出手数料」が発生します。

 

さて、MNP予約番号を取得したら早速U-mobileの格安SIMサービスへと申し込みましょう!

 

  • 必要書類を用意しよう

U-mobileの「通話プラス」へと申し込むには、まずは必要な書類を手もとにそろえておく必要があります。

U-mobileの格安SIMサービスへ申し込むには、「本人名義のクレジットカード」、「メールアドレス」、「モバイル端末(既に用意してある場合)」、「本人確認書類」を準備する必要があります。加えて、MNPを利用する場合には前述の「MNP予約番号」も必要となります。

なお「本人確認書類」としては、「運転免許証」、「パスポート」、「住民基本台帳カード」、「健康保険証」などを利用できます。また一部「本人確認書類」については、「公共料金領収書」や「住民票」といった「補助書類」が必要となります。

 

  • 申し込みをしよう

必要書類をそろえたら、いよいよU-mobile「通話プラス」への申し込みを始めましょう。

U-mobileの格安SIMサービスには、U-mobileの公式Webサイトから申し込むことができます。Webサイトから申し込みを行う場合には、下記の手順で申し込みを完了することができます。もちろん、すべてパソコンやスマートフォン上で完了できるので自宅などから簡単に申し込むことが可能です!

 

1.公式Webサイトのトップ画面から、「お申し込み」を選択

2.「通話プラスお申し込みはこちら」を選択

3.必要書類と利用規約を確認し、「以下に同意し、申込みをする」のチェックボックスにチェックを入れて「次へ」を押す

4.「MNP利用の選択」で「はい」を選択。また、MNP予約番号、携帯電話番号、MNP番号取得日付を入力。

5.その他、SIMカードサイズやプランを選択し、利用者情報とクレジットカード情報を入力して「お申し込み内容確認画面へ」を押下する

6.入力した申し込み内容を確認する

7.本人確認書類をアップロードする

 

以上7ステップで、U-mobileの音声通話機能付き格安SIMサービスである「通話プラス」への申し込みを完了することができます。

この他、U-mobileでは家電量販店の店頭でSIMパッケージを購入することも可能です。

 

そして申し込みが完了すれば、あとはSIMカードの到着を待つばかりとなります!

 

  • SIMの到着を待とう

Webサイトからの申し込みでは、申し込み完了後通常は申し込み日の翌営業日にSIMが発送されます。ただし、天候や交通状況によって到着が遅れてしまうこともあるので注意が必要。申し込む際には、スケジュール的に余裕のあるタイミングで行うことをおすすめします。

またSIMカードが手もとに届いた日が、利用開始日となります。

 

なおSIMパッケージを購入して申し込んだ場合には、手続き完了日が利用開始日となります。

 

  • 端末設定を行おう

SIMカードが到着したら、早速スマートフォンにSIMを挿入して端末設定を行いましょう!SIMフリースマートフォンでは、ユーザー自身でアクセスポイント名(APN)設定を行わなければモバイル回線を利用できないからです。

なおU-mobileのAPN設定内容は、下記の通りです。

 

・アクセスポイント名(APN)

umobile.jp

・認証ID(ユーザー名)

umobile@umobile.jp

・パスワード

umobile

・認証方式

CHAPまたはPAP

 

端末の設定が完了すれば、いよいよMNPで乗り換えたU-mobileの格安SIMでモバイル回線に接続できるようになります!

 

 

U-mobileへのMNP乗り換えはこんなに便利!

  • 今の番号のまま、乗り換えができる!

他社回線への乗り換えを検討する上では、電話番号が変わってしまうことは大きな懸念事項です。乗り換え先の新しい電話番号を友人や知人に連絡するのは、とても面倒な作業ですからね。そのため、ほとんどの人は「乗り換え後も今の電話番号を使い続けたい」と思っているはず。

そんな人には、MNPによる乗り換えのできるU-mobileの「通話プラス」への乗り換えはとても便利です。現在利用中の事業者へのMNP予約番号の発行申請はもちろん、U-mobileへの新規申し込みもWebサイト上で20分程度という短時間で完了することが可能! そのため、忙しい人でも簡単に乗り換えることができます。

 

  • 月額利用料金を大幅に節約できる可能性大!

U-mobile「通話プラス」なら、月額1,580円から高速データ通信の利用できる音声通話機能付きSIMを利用できます。そのため、通話料を合わせた総額としても月額2,500円程度まで節約できる可能性も高いです(※1)。一方で、NTTドコモ、au、ソフトバンクといった携帯キャリアによるモバイル通信サービスは月額6,000~7,000円というのが一般的。

したがって、携帯キャリアからU-mobile「通話プラス」へとMNPでの乗り換えをした場合には、月額通信費を3,500~4,500円程度も節約できるようになるということです。

※1.ひと月あたり、1回5分の発信通話を月5回行ったとして計算した場合基本使用料を合わせた総額は2,580円(税抜)。なお、通話料は20円/30秒。

 

このように、大きなメリットのあるU-mobileへのMNP乗り換え。しかし、実際に乗り換える場合には下記の点に注意することも大切です。

 

 

U-mobileにMNPで乗り換える場合はここに注意!

  • 「MNP転出手数料」が発生する

U-mobileへ乗り換える場合に限らず、MNP制度を利用して他社へと乗り換える場合には原則として現行事業者に対して「MNP転出手数料」が発生します。事業者によって金額は異なりますが、MNP転出手数料は税抜2,000~3,000円程度が相場となっています。

例えばNTTドコモからU-mobileへMNP制度を利用して乗り換える場合には、NTTドコモに対して2,000円(税抜)のMNP転出手数料が発生することになります。

 

  • キャリア向け端末では利用できない可能性もある!

モバイル回線の乗り換えを行う場合にはスマートフォンなどの端末も一緒に変更することもあれば、端末は変更せずにSIMカード(つまり回線事業者)のみを変更することもあります。

そして、現在いわゆるキャリア向けの端末を利用していて端末を変更せずにU-mobileへとMNPを利用して乗り換える場合には注意が必要です。キャリア向けの端末では、U-mobileのSIMカードを正しく認識せずにサービスを利用できない可能性があるからです。特に、NTTドコモ向けのAndroid端末、auやソフトバンク向けの端末では原則としてU-mobileのSIMカードを利用できません。

なお詳しい端末の動作確認状況については、U-mobileの公式サイトに掲載されている「動作確認端末一覧」を確認してください。

 

以上のように、注意点もあるMNP制度を利用したU-mobileの格安SIMサービスへの乗り換え。しかしこの注意点は、いずれもU-mobileへの乗り換えに限らず他社サービスへの乗り換えを行った場合にも注意を要するポイントです。

そのため注意点もおさえつつ現在の通信費とU-mobile「通話プラス」の利用料金を比較するなどして、自分自身にとってMNPを利用した乗り換えにどのくらいのメリットがあるのかを冷静に判断することが重要となります。