格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

U-mobileの格安SIMをiPhoneシリーズで利用する方法をご紹介します

U-mobileの格安SIMってiPhoneでも使えるの?

  • Apple社iPhoneシリーズの一部で利用可能!

U-NEXTの運営する格安SIMブランド、U-mobile(ユーモバイル)。容量別プランのみならず容量制限無しで高速データ通信を利用できる「LTE 使い放題」プランなど、他社には無い独自プランを積極的に展開しています。そして、そんなU-mobileの格安SIMはなんとApple社のiPhoneシリーズでも利用することができるんです!

  • U-mobileの格安SIMなら、iPhoneをもっとお得に使える!

多くのiPhoneユーザーは、NTTドコモ、au、ソフトバンクといういわゆる携帯キャリアのモバイル回線サービスを利用しているはず。けれど、こうした携帯キャリアのサービスは月々の基本使用料が高額になってしまいがちですよね。なぜなら携帯キャリア各社ともiPhone向けのサービスとしては、月々の基本料金が6,000~7,000円程度のプランを設定しているから。長く使い続けているとこのような基本料金を毎月支払うことに慣れてしまいますが、決して安くはない基本料金を毎月支払っているんです。

けれど、こうした毎月の基本料金をもっと安くおさえることできる簡単な方法があるんです!それこそが、携帯キャリアから格安SIMへのモバイル回線サービスの乗り換え! そしてU-mobileの格安SIMサービスなら、iPhoneユーザーも乗り換えることが可能なのです。

とはいえ、iPhoneシリーズでのすべての機種でU-mobileの格安SIMを利用できるというわけではありません。そこで次の項目で、U-mobileの格安SIMを利用できるiPhoneシリーズをご紹介します。なお下記で「U-mobileの格安SIMを利用可能」として取り上げている機種は、いずれもU-mobileの公式Webサイト上で動作確認済として表記されているものです。

U-mobile格安SIMは、iPhoneシリーズのどの機種でつかえるの?

  • SIMフリー版のiPhone 6

SIMフリー版のiPhone 6では、U-mobileの格安SIMを利用することができます。ただしU-mobileの公式Webサイトに掲載されている情報によると、スマートフォン画面に「LTE」と表示されないなどの事象が発生する可能性もある模様。とはいえこれは単に表示上の問題ということであり、LTEを含めたモバイル回線を利用した通信を問題なく実行できるようです。

  • NTTドコモ版iPhoneシリーズでも利用可能

またiPhone5s/c以降のNTTドコモ版iPhoneシリーズでも、U-mobileの格安SIMを利用することができます。具体的な機種としては、iPhone5s、iPhone5c、iPhone6、iPhone6Plusが動作確認済みとなっています。

そしてこれらのNTTドコモ版のiPhoneシリーズでは、SIMロック解除の手続きを行うことなくU-mobileの格安SIMを利用可能! つまり、SIMカードを入れ替えるだけでそのままU-mobileの格安SIMを利用できるということです。なぜならU-mobileはNTTドコモ回線を利用した格安SIMサービスなので、特別な設定の変更を行う必要が無いのです。

それでは次の項目で、U-mobileの格安SIMをiPhoneシリーズで利用するまでの流れを詳しくご説明します。

どうすればU-mobileの格安SIMをiPhoneで使えるようになるの?

  • iPhoneシリーズでの利用手順をご紹介!

それでは、U-mobileの格安SIMをiPhoneシリーズで利用するまでの手順を詳しく解説します。

  1. U-mobileの格安SIMサービスに申し込む

まずはU-mobileの格安SIMサービスへの申し込みを行いましょう。U-mobileの格安SIMサービスには、U-mobile公式Webサイトから簡単に申し込むことが可能。申し込みフォームに利用者情報などを入力し、好みの格安SIMプランを選択するだけで簡単に申し込みを完了することができます。また音声通話機能付きの「通話プラス」の各プランに申し込む場合には、運転免許証やパスポートといった公的証明書類を事前に準備しておくとスムーズに申し込みを完了することができます。

さらに、U-mobileの格安SIMサービスには家電量販店などでSIMパッケージを購入することでも利用を開始することができます。SIMパッケージをつかってU-mobileの格安SIMサービスに申し込む場合には、店頭でパッケージを購入した後にU-mobileの公式Webサイトで「SIMカードご利用開始手続き」を行うことで利用を開始することが可能です。

  1. SIMカードをiPhone本体に挿入する

U-mobile公式サイトより格安SIMサービスに申し込んだ場合、通常は申し込み後の翌営業日にSIMカードが発送されます。居住地や道路状況などにもよりますが、通常は申し込み後3~5日程度でSIMカードが手もとに到着するはずです。そしてSIMカードが到着したら、早速SIMカードをiPhone本体に挿入しましょう。

他社から乗り換える場合には、SIMカードを入れ替えることになります。そして、iPhoneから取り出した乗り換え前のSIMカードをくれぐれもなくしてしまわないようにご注意を! 携帯キャリアや格安SIMブランドによっては、解約後にSIMカードを返却しなければならないこともあるからです。また万が一SIMカードを紛失してしまったり、指定された期日までにSIMカードを返却できない場合には数千円程度の損害金を支払わなければならなくなってしまうこともあるので注意してください。

  1. APN設定を行う

iPhone本体にSIMカードを挿入して本体の電源を入れたら、APN設定(アクセスポイント)設定を行いましょう。APN設定は、iPhoneなどのスマートフォンでモバイル回線を利用するために必要な設定。携帯キャリアでスマートフォンを購入した場合とは違い、格安SIMを利用する場合には自分自身でAPN設定作業を行う必要があるのです。

とはいえ、設定作業はとても簡単! 下記の手順にしたがって作業を進めることで、数分程度で設定を完了することができます。

  1. Wi-fiを「ON」にして、Wi-fiを利用してインターネットに接続する
  2. Safariなどのブラウザを開き、下記URLを入力してプロファイルのインストール画面を開く
    「umobile.jp/i6」
  3. プロファイルのインストール画面が表示されたら、画面右上の「インストール」をタップする
  4. 4桁のパスコードを入力する
  5. インストール完了画面が表示されたら、画面右上の「完了」をタップする

以上で、APN設定は完了となります

つづいて、設定画面を開き「モバイルデータ通信」をタップし、「LTE回線を使用」をONにすることでU-mobileの格安SIMをつかった最大225Mbpsでの高速データ通信を利用できる

ようになります。

これで、U-mobileの格安SIMをつかったiPhoneライフをスタートさせることができます!

  • MNPを利用するなら、事前の「MNP予約番号取得」が必要

上記の手順に加えてMNP(携帯電話番号ポータビリティ)制度を利用して他社から乗り換える場合には、乗り換え前の事業者から「MNP予約番号」を取得しておく必要があります。MNP予約番号は、現在利用中の携帯電話番号を維持したまま他社へと乗り換える場合に必ず必要となる番号です。事業者によって受付時間や申し込みからMNP予約番号発行までの日数が異なるため、MNP制度を利用する場合には早めにMNP予約番号発行の申し込みを行いましょう。

  • 乗り換えなら、解約手続きも忘れずに!

他社からU-mobileへと乗り換えた場合には、乗り換え前の旧サービスへの解約手続きも忘れずに行いましょう。また先ほど触れた通り、解約後にSIMカードを返却しなければならないケースもあります。返却期日を過ぎてしまうと損害金発生の可能性もあるため、解約後は必要に応じて速やかにSIMカードを返却しましょう。

  • 無料アプリでデータ通信量をチェック!

APN設定などが完了した後には、iOS向けのU-mobile公式アプリをダウンロードすることをおすすめします。U-mobile公式アプリは、高速データ通信の利用状況や高速データ通信容量の追加チャージを行うことのできるとても便利なアプリだからです。もちろん、U-mobile公式アプリは無料でダウンロード・利用することができます。

  • 「U-CALL」を利用して、通話料を節約しよう!

U-mobile公式アプリとあわせて、U-mobile「通話プラス」ユーザー向けの通話アプリである「U-CALL」もダウンロードしておきましょう。U-CALLは、国内通話が半額以下になるとてもお得なアプリだからです。

なおU-mobile公式アプリ、U-CALLはいずれもApp Storeからダウンロードすることが可能です。

iPhoneシリーズでU-mobileの格安SIMを使う場合の注意点は?

  • SIMカードサイズは「nanoSIM」を選択すること!

格安SIMサービスを利用する場合、気を付けなければならないポイントのひとつがSIMカードサイズです。SIMカードには、「標準SIM」、「micro(マイクロ)SIM」、「nano(ナノ)SIM」という3種類のSIMカードが存在します。そして、スマートフォンやタブレットの機種によって利用できるSIMカードサイズがそれぞれ異なります。そのため、格安SIMサービスに申し込む際にはSIMカードサイズの選択には特に注意が必要なのです。

ちなみに、先ほど取り上げたU-mobileの格安SIMに対応したiPhoneシリーズはいずれも「nanoSIM」に対応しています。そのため公式WebサイトからU-mobileに申し込む場合には、SIMカードサイズとしてnanoSIMを選択するようにしてください。また店頭でパッケージを購入する場合にも、nanoSIMを購入するようにしましょう。

  • au、ソフトバンク版iPhoneシリーズでは使用できない

先ほどご紹介した通り、U-mobileの格安SIMはSIMフリー版及びNTTドコモ版のiPhoneシリーズで利用できます。

一方で、au版及びソフトバンク版のiPhoneシリーズではU-mobileによる動作確認がなされていません。そのため、au版やソフトバンク版のiPhoneシリーズでは原則としてU-mobileの格安SIMを利用できないということになります。またSIMロック解除手続きをしたau版及びソフトバンク版のiPhoneシリーズについても、動作確認がなされていないためU-mobileの格安SIMの利用は避けた方が賢明でしょう。

今回ご紹介した通り、U-mobileの格安SIMはSIMフリー版iPhoneやNTTドコモ版iPhoneでも利用することができます。そしてU-mobileでは音声通話機能付きのSIMである「通話プラス」を月額1,480円(「ダブルフィックス」プラン基本使用料、税抜)から、データ通信に特化した「データ専用」を月額680円(「ダブルフィックス」プラン基本使用料、税抜)から利用することが可能です。そのためiPhoneユーザーで他社への乗り換えを検討中の人は、U-mobileへの乗り換えを選択肢のひとつとして加えてみては?