格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

U-MOBILEについて徹底リサーチしました

U-MOBILEってどんなものなの?

u-mobileとは

U-mobileは、USENから分離独立した会社、U-NEXTが手掛けるMVNO通信サービスの格安SIMです。SIMとは、通信に必要となる契約者情報等が入ったICカードの事を指し、携帯電話は、このSIMカードを指す事で初めて通信プランや電話番号などが反映され、「携帯電話」として使用ができるようになります。

U-mobileには他社格安SIMと同様に、「データ通信専用SIM」と「音声通話対応SIM」の2種類があり、通話は通話専用のフィーチャーフォンで済ませ、スマートフォンはネットやデータ通信のみに利用するという方は「データ通信専用SIM」を。スマートフォンひとつで通話もデータ通信もこなしたいという方は「音声通話対応SIM」を契約することになります。

 

U-mobileはドコモのエリア網を使っているので対応エリアが広く、格安SIMにはめずらしい速度制限のないLTE使い放題プランがあるのが特徴です。また、ダブルフィックスという、使うデータ量に応じて月額料金が二段階定額となるプランもあり、普段はそんなに使わないけど、たまにたくさん使う月があるという人には便利なプランです。

格安SIMは3大キャリアと比べて通話料が高くなりがちなのがネックですが、「U-CALL」という通話料を半額にしてくれる無料のアプリが用意されているので通話料請求がとんでもない値段に…という心配もあまりせずに済みます。

まさに「こういうのがあるといいなぁ」という部分をフォローしてくれる格安SIMといえるかもしれません。そんなU-mobile公式サイトはこちらからご覧になれます

 

U-MOBILEはどんな人におすすめなの?

u-mobileおすすめ

U-mobileはこんなところがこんな人におすすめ!というのをご紹介します。

 

【料金を気にせずたくさんネットを使いたい人】

U-mobileのおすすめはなんといってもLTE使い放題プランがあるところです。ですので、料金を気にせずネットを使いたいという方にもっともおすすめです。他社格安SIMにもデータ量無制限のプランがありますが、無制限のかわりにデータ通信速度が遅く設定されているなどのデメリットがあります。

U-mobileはそのようなデータ通信速度制限などは一切なく、他のプランと同様の高速通信のままでLTEが使い放題になるので、月のデータ量や料金を気にせず思いっきりネットを楽しむことができます。

 

【たまにネットをたくさんつかう月がある人】

ダブルフィックスプランという通信量1GB以下と1GB~3GBの二段階で定額になるプランなら、普段はあまりネットを使わないけど仕事や学校関係でたまにたくさんネットを利用する月があるという方におすすめです。このダブルフィックスプランなら、普段は安い料金のままで、たまに多めに使う月のみ月額料金が上がるという仕組みなので安心です。

このプランにすれば、普段はあまり使わないけど、たまに使うときのために常にデータ量が多いプランを契約し、使わなかった余分なデータ量が無駄になってしまう、ということもありません。

U-mobile公式サイトはこちらから

U-MOBILEのメリットとは?

u-mobileのメリットとは

U-mobileのおすすめポイントをご紹介します。

 

【高速通信が月額680円から】

高速通信なのに月額680円からというのは、他社の格安SIMでもあまり見ない驚きの低価格です。普段あまりネットを見ない方や自宅や会社でWi-Fiが使える方なら、1,000円以下という信じられない料金でスマートフォンを持てるようになります。

 

【LTE使い放題プラン】

格安SIMとしてはめずらしい使い放題プラン。しかもデータ通信速度は高速のままだというからなお驚きです。短時間のうちに大量のデータ送受信を行うと一定時間制限が入ることはあるそうですが、普通にネットを楽しむぶんにはあまりそのようなケースは起きないでしょう。この高速通信でのLTE使い放題がデータ通信専用SIMで2,480円、音声通話対応SIMでも2,980円というかなり安い料金となります。3大キャリアの10GB~のプランと比較した場合、5,000円近くの差がでることになるといえば、どれほどすごいかわかっていただけると思います。

 

【通話料半額アプリU-CALL】

格安SIMの悩みといえば通話料定額プランがないことです。そのため話せば話した分の料金がかかってしまい、気が付くとかなりの値段になっていることも…。U-mobileのU-CALLアプリを使えば、そんな通話料が通常の半額でかけられるようになります。

20円/30秒の通話料金が10円/30秒になれば、月合計1時間分通話をしたとして1,200円もお得になります。

 

【U-NEXTポイントが毎月もらえる】

音声通話対応SIMを契約すると、毎月U-NEXTポイントが600ポイントもらえます。このポイントはU-mobileを提供する株式会社U-NEXTが運営する動画配信サービス「U-NEXT」の動画視聴などで使うことができます。このサイトは映画などの最新作が配信開始されるのが他の動画サイトとくらべ早いのも魅力で、気になる映画や動画を600ポイント分無料で楽しめることになります。

ただし、LTE使い放題2プランを申し込んだ場合、付与ポイントは400ポイントになります。

詳細はU-mobile公式サイトからもご覧になれます

U-MOBILEのデメリットは?

mushimegane_onna

魅力的なメリットがあるU-mobileですが、デメリットもしっかりと把握しておきましょう。

 

【時間帯によって速度が遅くなる可能性あり】

これはどの格安SIMでも起こりうることですが、時間帯によって通信速度が落ちる可能性があります。格安SIMの場合、3大キャリアが使用している通信用の「帯域」というものを一部購入し、使用しています。格安SIM会社が購入した帯域を、その格安SIM利用者で分け合って利用している状態になりますので、3大キャリアと比べて利用できる帯域が少ない格安SIMは朝や夕方などスマートフォンを通信利用する人が増える時間帯になると通信帯域が混みあい、速度が落ちてしまうのです。U-mobileは帯域が比較的少ないMVNOなため、速度が遅くなる頻度が高いと言われています。

しかしU-mobile側もこの問題を重視していたため、最近は速度低下がかなり改善されて、以前のような通信速度が遅い時間帯が減ったといわれています。

 

【速度規制条件がある】

速度制限のないLTE使い放題などの格安SIMとしてはあまりない画期的なプランが魅力のU-mobileですが、この使い放題プランを利用中に速度規制がかかることがあります。

短期間のうちに大量の通信を行うと、一時的に通信速度がかなり低速に落ちてしまいます。こうなるともう動画の視聴などはほぼ不可能で、メールを行うくらいしかすることができなくなるでしょう。

無制限通信が可能とは言っても、頻繁に大量の通信を行うことはできないのがデメリットです。とはいえ普通にネットサイトを閲覧したり、アプリで遊ぶ程度なら規制にひっかかることはまずないでしょう。

 

U-MOBILEの他社と比較した時の強みはどこ?

比較

現在3大キャリアのスマートフォンを利用中の方の平均月額料金は約6,500円といわれています。スマートフォンを持っている人でも、積極的に様々なアプリや機能を駆使して使いこなしている人と、フィーチャーフォンからなんとなくスマートフォンに移行したけど、いくつかのアプリとメールくらいしか使っていないという人がいると思います。

様々な機能を使う人にとって、通信速度が安定しており、色々なプランが定額制の3大キャリアのスマートフォンはその月額料金を支払う価値があるといえるかもしれませんが、自分にとって必要な機能だけを使えればいいという人にとっては毎月の何千円という料金はかなりの負担になっている場合もあります。

 

そこで3大キャリアとU-mobileの大きな違いである料金を比較してみました。U-mobileは音声通話対応SIMの価格を表記しています。

Docomo au softbank U-mobile音声通話対応SIM
基本料金(プラン名) 2,700円(カケホーダイ) 2,700円(電話カケ放題) 2,700円(通話し放題)
インターネット接続料金 300円(spモード) 300円(LTE NET) 300円(S!ベーシック)
3GBプラン 4,200円 1,580円
5GBプラン 5,000円 5,000円 5,000円 1,980円
10GBプラン 8,000円 8,000円 8,000円
LTE使い放題2 2,730円-
LTE使い放題 2,980円
ダブルフィックス 1GB以下1,480円1GB~3GB1,780円

*現在LTE使い放題、LTE使い放題2に関しては新規申し込みが停止されています。

3大キャリアは通話し放題が定額プランとして月額料金に組み込まれていますが、U-mobileにはそのようなプランはないため、都度通話料が必要になります。無料で利用できる通話料を半額にする通話アプリ「U-CALL」を使うことで20円/30秒の通話料を10円/30秒にすることができます。LINEなどにある無料通話アプリを利用するのも良いのです。

U-mobileの最大の強みはやはりその安さです。速度制限のないLTE使い放題プランというものが他社格安SIMにはないものですし、料金が3,000円以下(税抜)というのも、3大キャリアや他社格安SIMと比べて圧倒的と言えます。

お得に格安スマホが手に入る。そんなU-mobile公式サイトはこちらからご覧になれます

U-MOBILEの気をつけるべきところは?

kyohi

U-mobileの気を付けるべきポイントは、「デメリット」の項目でも触れた通信速度についてです。改善され、以前のような「混み合う時間帯はまったくネットが使えない」という事態にはならないものの、時間と場所によっては通信速度が遅くなることがあります。

なるべく、通信が混み合うといわれる朝と夜の通勤・帰宅の時間帯を避けるだけでも快適にネットを楽しむことができるようになります。

また、ネット利用状況によって通信制限がかかる可能性があることも考慮しておく必要があります。使い放題プランだからとやみくもに色々な動画を見たり、容量の大きなデータをいくつもダウンロードするといったことを短期間に行うことは避け、いくつかダウンロードするものがあるときはデータ容量に応じて数日に分けるなどの工夫が必要です。

U-mobileはその安さがとても魅力的な格安SIMですが、通信品質が日や場所、時間によってバラバラで安定しにくいなのがウィークポイントでもあります。通信品質は今後もっと改善される可能性は充分にありますが、自分にとってスマートフォンは何をするために最もよく使うのがをしっかり考慮して選ぶ必要があります。

メールやメッセージアプリなど、大量のデータ通信を必要としないものをメインで利用するのであればこの安さでLTE使い放題プランがあるU-mobileは選択肢のひとつとなるでしょう。

ただし、仕事の都合などで頻繁にデータ通信を必要とするのであれば、時間によって通信品質が変わるのはちょっとネックになるかもしれません。

U-MOBILEの料金体系はどうなっているの?

dentakuotoko

U-mobileはデータ通信専用SIMと音声通話対応SIMのふたつの種類があります。通話専用のフィーチャーフォンで通話をして、スマートフォンはデータ通信のみに利用するならデータ通信専用SIMを、スマートフォンひとつでデータ通信も音声通話も利用するなら音声通話対応SIMが必要になります。

※以下すべて税抜き価格

SIMの種類 通信容量上限 基本使用料 SMS機能
データ通信専用SIM

 

LTE使い放題 2,480円 オプション+150円

 

1GB 790円
5GB 1,480円
ダブルフィックス 1GB以下  680円1GB~3GB 900円

 

SIMの種類 通信容量上限 基本使用料 SMS機能
音声通話対応SIM

 

LTE使い放題2 2,730円 あり
3GB 1,580円
5GB 1,980円
LTE使い放題 2,980円
ダブルフィックス 1GB以下  1,480円1GB~3GB 1,780円

データ通信専用SIMはネットの閲覧のみ使用できます。しかし、LINEなどのメッセージアプリを利用する際はSMS(ショートメッセージサービス)での認証が必要なので、オプションで月額150円を支払ってSMS機能をつけることになります。

音声通話対応SIMはSMS機能ははじめからついているので、新たにオプションをつける必要はありません。

データ通信専用SIMは1GBプランがありますが、音声通話対応SIMに1GBプランはなく、代わりに3GBプランが用意されています。

 

U-mobileはドコモのSIMフリー端末を使用することができますが、現在ドコモ以外のキャリアを利用している方や新たに端末を購入したい方はスマートフォン端末とセットのプランも用意されています。

スマホセット 端末名 端末分割支払金+基本使用料
スマホセットプランU-mobile通話プラスLTE使い放題2

 

Ascend Mate7 4,805円
ZenFone5 3,830円
ZenFone2 4,639円
Ascend G6 3,972円
Priori 2 3,130円(初月のみ3,510円)

U-mobile公式サイトはこちらから

U-MOBILEのデータ通信、通話、通信速度等について

電波と情報機器

高速通信なのにLTE使い放題という驚きのプランがあるU-mobile。このLTE使い放題は月のデータ通信容量に制限はないのですが、「短期間のうちに一定量以上のデータ通信を行うと速度制限がかかる」という注意事項が記載されています。

しかし、どの程度の期間でどの程度のデータ通信を行うと速度制限がかかるのかは公式に発表されておらず、利用者の声を集めても「3日間で1GBの通信で規制(速度低下)がかかるのではないか」という意見もあれば「3日間で1GBのデータ通信を行ったが規制がかかった速度ではない(普通の速度で利用できている)」「全U-mobileユーザーの利用状況で毎日制限容量が変わるのではないか」と様々な意見があり、公式には何もアナウンスされていないので真相を調べる術もありません。

しかしデータ通信の速度制限は確実にあるといえますので、いくらLTE使い放題といえど毎日大量のデータ通信を行えば速度制限がかかる可能性があることをしっかりと留意しておいてください。

 

U-mobileは格安な料金がアピールポイントではありますが、朝晩の混雑する時間帯になるとほとんど通信速度があがらなくなることが多く、その通信速度品質について不安視される声も多くありました。

それを受けて通信速度改善のためにサーバー強化が頻繁に行われ、以前のような混雑時にほとんどネットが閲覧できないという状況を打破し、かなり安定した通信速度を確保できるようになりました。日によっては通信速度が安定しないこともあるので、今後も引き続きサーバー強化などの対策に期待したいと思います。

 

U-MOBILEでiphoneを使う方法

u-mobileでiphone

現在、

●iPhone5c

●iPhone5s

●iPhone6

●iPhone6Plus

以上のiPhone端末はU-mobileの動作確認端末一覧にて、問題なく通信ができることが確認されています。

現在使用中のiPhone端末に入っている3大キャリアスマホからU-mobileSIMに乗り換える際は、現在利用中の会社で解約手続きを行い、U-mobileSIMを新たに契約して差し替えます。

 

現在使用中の電話番号を引き続き使用したい場合は、MNP(ナンバーポータビリティ)を利用することができます。MNPを利用する場合はMNP予約番号を入手した上でU-mobileに申込み、U-mobileが移行作業を行った時点で利用していたキャリア会社は自動的に解約となります。ただし、MNPを行うには手数料としてMNP予約番号1つにつき3000円が必要になります。

 

【MNPの乗り換え方法】

  • 今現在契約をしている携帯電話会社(ドコモ、au、ソフトバンク等)にMNPの予約手続きを行う事で「MNP予約番号」が発行されます。この手続きは、携帯電話会社のショップでもできますし、携帯端末や一般電話の電話、そしてパソコンからでも申し込みができるので非常に簡単です。

Docomo

利用方法 MNP予約受付窓口 受付時間
携帯電話 151 9:00~20:00
一般電話 0120-800-000 9:00~20:00
パソコン My docomo「各種お申込み・お手続き」ページ 24時間

 

Au / 沖縄セルラー

利用方法 MNP予約受付窓口 受付時間
携帯電話 0077-75470 9:00~20:00
一般電話 0077-75470 9:00~20:00
EZweb トップページ「auお客さまサポート」→「申し込む/変更する」 9:00~21:30

 

Softbank / ディズニー・モバイル・オン・ソフトバンク

利用方法 MNP予約受付窓口 受付時間
携帯電話 0800-100-5533 9:00~20:00
一般電話 0800-100-5533 9:00~20:00
パソコン トップページ「My softbank」→「各種変更手続き」 9:00~21:30

 

Y!mobile

利用方法 MNP予約受付窓口 受付時間
携帯電話/一般電話 STREAM S,Nexus5,ARROWS S,AQUOS PHONE,DINGO DUAL2,AQUOS PHONEes,STREAM,DINGO DUALを利用中の方→0570-039-151Nexus5,ARROWS Sを除く旧EMOBILEスマートフォン→0120-736-157 9:00~20:00
Emnet トップページ「料金&各種申込」 24時間
パソコン 「My Y!mobile」 24時間

 

2、MNP予約番号、クレジットカード、本人確認書類、メールアドレスを用意したうえでU-mobileに申し込みます。

3、MNP予約番号の確認ができ次第、U-mobileからSIMカードが発送されるので、到着したら端末に差し込んで完了です。

※MNP予約番号の有効期限は番号発行日を含めた15日間です。